コカコーラヨーヨー単語

コカコーラヨーヨー

ヨーヨーヨーヨーメーカー・ショップ一覧Russell Promotions > コカコーラヨーヨー
ヨーヨーヨーヨーの機種一覧Duncan Toysダンカン・プロフェッショナル > コカコーラヨーヨー
ヨーヨーヨーヨーメーカー・ショップ一覧マツイ・ゲーミング・マシン > コカコーラヨーヨー
ヨーヨーヨーヨーの機種一覧FRESHTHINGSサムシング・プルミエール > コカコーラヨーヨー
ヨーヨーヨーヨーの機種一覧FRESHTHINGSFRESHTHINGS・タイプ0 > コカコーラヨーヨー

コカコーラヨーヨーとは、コカ・コーラとのコラボレーションヨーヨーである。

本記事では、ラッセルによる第1期~第3期コカコーラヨーヨーを中心に、他社や復刻版についても併せて記述する。

ラッセル

ヨーヨーメーカーRussell Promotionsが、コカ・コーラとのタイアップして販売していたヨーヨー

展開は、1976・1979・1984年とほぼオリンピックイヤー毎。
オリンピックライセンスを受けているのは80年のモスクワオリンピック(ボイコット時にどうしたのかは不明)と、84年のロサンゼルスオリンピックの時である。

当時の販売ルート駄菓子屋で、店頭価格は300-500円ほど。これとは別に、コカコーラの王冠に当たりマークがあると、専用のヨーヨーホルダーや、特製のヨーヨーがもらえた。

後述のプロモーション方法が話題を生み、70年代の第2次ヨーヨーブームを巻き起こした。

機種

名前が同じ機種でも、年度によって形状や性が異なる。

全機種、木製固定軸

1976年版

1979年版

モスクワオリンピックライセンスを受けており、裏面に五輪マーク日の丸が描かれている。

1984年版

ロサンゼルスオリンピックライセンスを受けており、イーグル・サムが描かれている。
その前年、コカコーラスプライトファンタロゴが印刷されたヨーヨーも販売されている。

プロモーション

当時、コカコーラ玩具を同時に扱っているのは駄菓子屋などの個人商店やスーパーだった。

ラッセルプロモーターは、各商店を回り、子供達を集めてヨーヨーの技を披露する(いつ来るかは告知されないことが多く、運が悪いと会えないこともあった模様)。
ヨーヨー子供達の間で話題となり、十分口コミで広まったところに、その商店で大会を開く。
競技種は「散歩(ウォーク・ザ・ドッグ)」や「輪投げ(ループ・ザ・ループ)」の耐久戦がで、優勝者には、帽子ヨーヨーケース、特製ヨーヨーなどの賞品がもらえた。

単体で買えるものの他に、コカコーラの王冠にある「当たり」マークを送るともらえる特製ヨーヨーもあった。

このプロモーターは基本的に外国人で、チャンピオンを名乗ってはいるが、その根拠は不明だった。
当時は全大会も世界大会もなく、「チャンピオン」を公式認定する場がなかったのである。

マツイ・ゲーミング・マシン

2005年頃、マツイ・ゲーミング・マシンが上記のコカコーラヨーヨーを復刻販売した。
デザインは当時とほぼ同じだが、軸周りが金属軸・プラスティックベアリングとなり、スリープ時間が増したために、とても使いやすくなった。

単品販売されたのは、1976年版「プロフェッショナル」を元にしたもの。

ほぼ同種のヨーヨーが、2005-2006年の復刻版コカコーラおまけで付属。1976年版が2005年に、1979年版が2006年に復刻され、抽選や優勝者限定だった「バタフライ」「ギャラクシー」もシークレットで登場していた。

このように、当初は復刻版だったが、のちに色を変えたアレンジ版がリリースされる。
ラッセルシェイプ版は、エンボスでなくプリントであることもあいまって、さまざまな印刷のものが登場した。
中には、ドクターペッパーのコカコーラヨーヨー」という、一見すると違和感のあるものも(ドクターペッパー日本での販売は、現在コカ・コーライーストジャパンが担当している)。

これらのモデル2009年頃を最後に一般販売を終了しているが、現在コカ・コーラ関連のイベントで配布されていることがあり、ノベルティ用として生産が継続されている模様。

すなわち、コカ・コーラライセンスを取得したヨーヨーではなく、コカ・コーラノベルティとして発注したヨーヨーという、ある意味正銘の「コカ・コーラヨーヨー」の立場を得たことになる。

2010年頃、全新規造形のコカコーラヨーヨーが作られる。
大径ベアリングワイバタフライと近年の競技ヨーヨースタンダードに準じているが、初心者向けであり、競技使用に耐えるものではない。

ボディカラーは淡い緑色で、コカ・コーラガラス瓶を思わせる。

ダンカン

ダンカン・プロフェッショナル」の、コカコーラバージョン
プロフェッショナル」は、多種多様なタイアップノベルティモデルが存在するが、その中にコカコーラも入っている。

は、オリジナルプロフェッショナルと同じ。

FRESHTHINGS

世界チャンピオン鈴木裕之が手がけるヨーヨーブランドFRESHTHINGSも、タイアップモデルの一つとしてコカ・コーラヨーヨーを販売している。

機種は「サムシング・プルミエール」を引き戻し仕様にしたものと、「FRESHTHINGS・タイプ0」が存在する。

公式タイアップ商品であり、コークストアで購入可

その後への影響

コカコーラヨーヨーブームは短期間で終わったが、「町にヨーヨーチャンピオンがやってきて、ヨーヨーの技を見せる」というイメージは強に残っており、その後の他社プロモーションにも影を与えた。

ハイパーヨーヨー

ラッセルダンカンの「プロモーターのデモンストレーションで客を呼び、トリック解説やメンテナンス方法などを書籍で丁寧に行う」というスタイルを受け継いだ。

ただし、大量のプロモーターが各店舗を回る方式ではなく、メインプロモーターを1人起用し、テレビや雑誌で一気に宣伝する方式をとった。駄菓子屋に来たラッセルプロモーターは、名前も知らない「外人」だったが、ハイパーヨーヨープロモーターは中村名人だともが知っており、だからこそカリスマ性を持っていた。

その頃には交通網も発達したため、ヨーヨーの大会は地域毎に数カ所で行えばよいようになった。
地元の店舗は、販売と「トリック認定会」を担当する形になった。

チャンピオン」の根拠が不明だったラッセルヨーヨーに対し、ハイパーヨーヨープロモーターは、世界大会や全大会、またはプロのパフォーマーとして実績のある人物が選ばれている。
第1期の中村名人は(規定トリック部門だが)世界2位、第2期の長谷川貴彦世界チャンピオン+ナショナルヨーヨーマスター。第3期プロモーターのうち、リュージ(ジョン・アンドウ)とタイガ(川田祐)は世界チャンピオン経験者で、残りもプロジャグラーから選抜されている。

2010年代

2000年代は、バンダイが撤退し店舗販売のルートが絶たれたことで、ヨーヨーの販売は専門店によるネット通販流になっていった。
そのため、「ヨーヨーを売るためのデモンストレーション」という概念があまり意味をなさなくなり、デモンストレーターは、純に技を見せるための存在となった。

2010年頃になると、第3期ハイパーヨーヨーがちょっとした人気となり、その頃にヨーヨー専門店や輸入代理店も、店舗への卸しルート確立させた。
すると、卸し先の店舗にヨーヨープレイヤーが出向き、デモンストレーションを行うことも増えてきた。

すなわち、ショッピングモールや家電量販店に「ヨーヨーチャンピオン」がやってきて、ヨーヨーを披露し、お店でヨーヨーを買ってもらうという、ラッセルヨーヨースタイルが復活した。

コカコーラヨーヨーを知るかつての子供達は大人になり、自分たちが子供を持つ年齢になっている。
彼らは思う。あの「チャンピオン」は、どうせ業者の回し者だろう。

その通り、彼らの多くは販売業者の社員である。
しかし、コカコーラヨーヨーの時とは明確に異なる部分がある。
彼らは正正銘のチャンピオン世界チャンピオンで、下手すると複数回受賞していて、あまつさえ複数人束になってやってくることである。

もう、外からチャンピオンがやってくる必要はない。
コカコーラハイパーヨーヨーをしていたかつての子供達は、本当に世界チャンピオンになり、ヨーヨーを作ったり売ったりして働くようになったのである。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%82%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コカコーラヨーヨー

1 ななしのよっしん
2017/04/21(金) 16:29:19 ID: 7vPvzDSD7Q
記事あったんだ
昔復刻版持ってたけどうまく遊べなかったw