コサック単語

コサック
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

コサックとは、キプチャク原(ウクライナ沿からウラルまで)にいた半農半軍の集団である。現代ウクライナ人は自分たちのルーツの一つであると認識している。

概要

自然発生したもともとのコサック。リトアニア大公や共和ポーランド=リトアニアにとりこまれテュルクイスラーム国家への対抗手段としておかれたコサック。ロシア大公シベリア開拓に使った屯田兵としてのコサック。これらをすべてコサックと呼ぶ。

部族というより軍団であり、そこも含めてモンゴルテュルク系遊牧民の影を強く受けたスラブ人集団である。

コサックの起源

古来よりキプチャク原には、フィン・ウゴル系、ペルシア系など多くの民族が暮らしていたが、ハザールやペチェネグ、キプチャクなどの国家がたちテュルク民族が優勢になった。さらにモンゴル帝国こり、モンゴル人がやってくることもあったがこれもテュルク民族に吸収され、モンゴル帝国の流れをテュルク国家ジョチ・ウルスの時代となった。

ルーシ諸からショバ代を巻き上げていたジョチウルスは、内部抗争で急速に勢を失う。同時に、北の方では共和ポーランド=リトアニア)がルーシの要部分やウクライナにかけてを征し、東方ではノヴゴロドを飲み込みモスクワ大公をつけていた。

このキプチャク平原にコサックはどこからか現れた。つまり、コサックの起はよくわかっていないが、この頃共和で地位を失った貴族盗賊の類、モスクワ大公国から逃げ出した農などの説がある。その血統についてもテュルク帽子族の子孫である、キプチャクの子孫である、ハザールの子孫であるなどいろいろの説はあるが、北方に成立したルーシもノース人の王様(リューリク)がテュルク系の王号(カガン)を用いて雑多な民族をまとめただったので土地柄コサックもそんなもんでしょう。

ともかく、大の隙間となったキプチャク平原にスラブ正教の愚連隊が出現、テュルク系をお手本に半遊牧化しつつ組織化されてコサックとなったということで。

ウクライナ・コサック

共和の配下に組み込まれ、たびたび反乱を起こした。ウクライナ人の心の先祖。ロシア帝国を使って独立したかに見えたが結局ロシア帝国に取り込まれるか滅ぼされた。

ロシア・コサック

ロシア帝国に取り込んだコサックとそれを真似をして作った屯田兵団。革命期に軍に参加したり独立を図ったりしたので反革命義者としてソヴィエト時代に弾圧された。最近はプーチン愛国的集団だったと評価するように導しているため、コサックの子孫の復権とともに、愛国集団に入りたい愛国ロシア人を吸収して復活しつつある。

コサックの風俗

シーチと呼ばれるを拠点としたコサックと貴族化して町に住んだコサックでは違いがあるはずだが、一般にコサックといえば一部を残して剃り上げた大五郎カットヒゲしいダンス帽子、遊牧民的な騎の扱い、楽器などテュルク民族の影を強く受けたような風俗イメージされる。

関連動画

コサックに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

コサックに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

コサックに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コサック

1 ななしのよっしん
2016/11/28(月) 01:20:53 ID: UI+pwMm89s
コサックダンスは有名だが“コサック”がそもそも何なのかは結構複雑な背景があるのだな。
2 ななしのよっしん
2017/05/31(水) 03:51:17 ID: PJIAebfyH7
等な社会がモットーだから、"代表者"(ヘーチマン)は居ても"部族長"は居なかったという
民主的っちゃ民主的だけど、ナチに匹敵するくらいのユダヤ人虐殺を行ったり野蛮な所も立つ
3 ななしのよっしん
2018/10/14(日) 00:46:51 ID: Y77YoAtOfy
KOEI(現コーエーテクモ)のSLG『L'EMPELEUR(ランペルール)』で、史実の帝政ロシア領の内、『ロシア帝国』領として設定されている地域(≓ロシアヨーロッパ)で都市戦略時に流れるBGMは、『コサック達の宴』と命名されています。
ロシア帝国領の都市が、フランス他の他に占領された状態で2・5・8・11月イヴェントフェイズを迎えると、コサックが暴れて当該都市に駐留する軍人が統率する兵及び、都市所属の予備兵を減少させる)イヴェントが発生する場合もあります。
都市戦略時に、占領中のロシア帝国領内の都市へ食料や物資を輸送すると、コサックに略奪されて到着時に減する場合があります。
ロシア帝国軍人のプラトフ(マトヴェイ・プラトフ)はドンコサックの首領(アタマン)です(彼の騎兵は最高のAに設定されていますが、各騎兵差別化は為されていません)。
関連項目に『ランペルール』の追加を提案します。
4 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 14:48:58 ID: mf0EtH17BQ
ラノベか凍土のカナン』は日露戦争終戦後、大日本帝国騎兵大尉主人公ウクライナコサック人の少女(幼いころロシア貴族女になった)に婚され、彼女の頼みでロシア帝国内にコサック独立国家を建するお話
大日本帝国側は最初からそれが分かった上で、対ロシアや他の列強と戦うための緩衝国家をつくるためコサック国家に協するよう主人公に密命を下す)
コサック国家のためにはが必要で、イギリス騎兵ユダヤ人を通じてユダヤ資本を引っってくる(ユダヤ人祖国をつくることが条件)
主人公ロシア帝国内の流刑者用のをつくるというロシア帝国への忠を表向き見せていたが、現地の事務役として雇った人間共産主義者で送られてくる流刑者も共産主義者がほとんど
本来ならば混ざり合うことなどあり得ないユダヤコサック共産主義者という三種の民を一人の日本人がまとめあげて小さなをつくっていくストーリーです
作者ガンパレード・マーチでおなじみの芝村裕吏さん。本作はラノベマージナル・オペレーション』の約100年前を描いた物語であり、本作を大きな
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)