コタツ単語

コタツ

コタツ(炬燵、火燵)とは、SFであり、オーバーテクノロジー日本が生み出した捕獲系トラップ暖房器具である。
別名「堕落人間製造機械」「悪魔の発明」とも。

曖昧さ回避

概要

コタツコタツは一般的に庭において暖房器具として使われているが、その仕組みは未だにはっきりしていない部分も多い。
少なくともある種のオーバーテクノロジーが用いられていると言われ、そのためか使用の際、庭において何らかの問題が生じることもある。

コタツ内の間は通常の間とは間構成が異なっているとも言われており、そのような間に人体、生物が長時間触れることの是非に対して、学者の間でも見解が分かれている。

また、コタツに入っていた人間や物体が突然消失した(もしくはみ込まれた?)との報告もされており、
この危険性ゆえ一部からコタツの製造・販売中止のも出ているが、いまだ中止には至っていない。
さらに近年では、こたつと一体化してしまった「こたつむり」という人間も現れている。詳細は同記事を参照。

なお、にはこのコタツ間に対しての耐性があると言われている。

詳細

古くは室町時代からある暖房器具。最説明不要かもしれないが、熱に専用の布団をかけて温かい間を作り、そこに脚や体を入れて暖を取るという具である。「おこた」や「あんか」と呼称されることも。
およそ数年にも渡り日本人を暖め続けてきた装置であり、是非とも後世に永く伝えていきたい智の結晶である。かつては炭を燃やして熱にしていたが、今では電気式が流となった。
寒いに入るコタツは非常に心地がよく、「なぜこれが世界流行らないのか?」と疑問に思う人が多い。……実際のところ、ネットの発達や外国人観光客の増加によりコタツの存在が流出世界にとまる様になり、コタツを欲しがる人やお土産に購入していく観光客が増えているとか。
ちなみに日本固有の仕組みと思われがちだが、イランには同じように布団に脚を突っ込む「コルシ」という暖房器具があるとのこと。入ってみたい。

種類

、布団、テーブルの4つのパーツで構成されるコタツは、その種類や形、大きさで微妙に用途が異なってくるため、かなりタイプが多い。また、近年ではインテリアとして洗練された物や新たな機を付随された物もあり、その全てを挙げることは難しいため、ここでは代表的な種類のコタツを紹介していく。追記歓迎)

  • 電気コタツ
    恐らく日本の一般庭に最も多く置かれているであろう汎用決戦コタツ。電と適度な間さえあればすぐに設置でき、暖められる手軽さが売り。電動故に細かな温度調節が可で、自身にベストな状態を追求し易いのも強みか。
    最近ではサーモスタットによる自動調節機付きというコタツもあるとのこと。
  • 掘り炬燵
    脚を下ろすことが可になった固定コタツ。テーブルや机と同じ様に使うことが可。掘りの存在故に移動させることは不可能であるが、椅子と同じ要領で座ることができるので長時間入っていても疲れないのが良いところ。また、季節外にはテーブルを掘りの間に収容し、床としてスペースを広げられるというものも。
    ちなみに複数人で寝転がった場合には「脚の置き場の奪い合い」という隠れたイベントが発生する時がある。
  • 炭コタツ
    豆炭や練炭を用いて熱を出す昔ながらのコタツ。ロマン機体。手間や危険度の理由からコレを新たに使い始めるモノ好きはそういないかもしれないが、古いでは未だに現役をっていることも多い。
    一度火を入れれば半日は保つが、新たに火を入れるには燃焼器をコタツから出し、を捨て炭を入れ直すという作業を強いられる。また電気のように細かな温度調節ができないという欠点もあり、機的には電気に劣るという所は否めないだろう。
    しかし炭であるが故に電気代の節約には有効であり、また炭の遠赤外線効果は体を芯から温めてくれるという強みがある。そして何より炭を用いた日本のコタツであるということ、コレ自体が一番の魅情、雰囲気、流に拘りたいという数寄者には推奨である。

注意点

  • 「コタツで寝たら風邪をひく」とよく言われるが、大体ホントのことである。詳しい説明は割愛するが、これは下半身だけが暖かくなりすぎてしまい、体温調節が上手くいかなかったり汗をかきすぎたりすることが原因となる。
    なのでコタツに入る際は十分な分を摂り、どれだけ快楽的であろうとも睡魔に抗うようにすることである。
  • コタツで下半身だけ温まっても、上半身が冷えたままというのも健康には良くない。コタツだけに頼らず甚兵衛やセーターなどを着こみ、場合によってはストーブ等を併用して温度差を埋めることも必要である。
  • 炭コタツの中に入り込むと一酸化炭素にかかる恐れがある。温かいからといって全身を潜りこませるのは危険であり、小さいお子様やペットなどは特に注意が必要である。また定期的な換気も心がけた方がいい。

関連動画

関連立体

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コタツ

178 ななしのよっしん
2016/12/08(木) 08:18:43 ID: 7Z0uoHFzzX
過疎っているが失礼。
椅子に座るタイプこたつなんだけど、あれの保温対策ってなんかしてる?
入ってると冷めてくるからなんかしないとなーとは思うんだけど、いい案が浮かばない。
179 ななしのよっしん
2016/12/17(土) 21:36:27 ID: vfWtb6Q1XI
、休暇に入ったら実家帰ってエイリアンonコタツDOOMやるんだ…

本当ならそれで年越ししたかったんだが贅沢は言うまい
180 ななしのよっしん
2016/12/17(土) 23:08:03 ID: 9WOgRh8d+Z
こたつみかんの美味しい季節がやって来ましたな

>>178
ひだの多いコタツかけを使いつつ、イスの脚の間をふさぐ位しかないんじゃないかなぁ
181 ななしのよっしん
2017/01/31(火) 03:41:35 ID: riPdg7eX08
に掘りゴタツがあったが、うっかり寝てしまい、コタツ内に落っこちたことがある
が覚めたらが迫って、視界がだった恐怖
幼き日の、あの時の恐怖は忘れられない
182 ななしのよっしん
2017/02/24(金) 06:55:00 ID: PLqvgiyFEt
逆接のよ、逆説の霊よ
らの魔のを借りん

々に宿る日差しよ
命育む者を守り、命奪う者を引き裂け

めるは遠近の幻魔・・・アルテミス
ヒーリングショット

地面に刺さり・・下半身から温め・・・
( ˘ω˘)スヤァ

そんな神話的魔技を再現する禁断の魔具です。
183 ななしのよっしん
2017/03/12(日) 15:17:10 ID: 7g9v+8YjQH
> どれだけ快楽的であろうとも睡魔に抗うようにすることである。

 理
184 ななしのよっしん
2018/01/02(火) 11:47:23 ID: 8eJ6INCWV/
掘りごたつにさ長時間座ってても疲れないってあるけど
実際は膝曲げる関係上にエコノミー症候群になりやすいし
意外と踵が疲れる
185 ななしのよっしん
2018/06/11(月) 16:11:39 ID: NsAuIMYp2x
SCP-███「コタツ
OC:Euclid
が近づくと一斉に一般人庭に出現する。このオブジェクトを認識すると「入りたい」という欲求にかられ、抵抗は大変困難である。
このオブジェクトと接触すると自動的に内部が心地よい温度になり、対者(SCP-██-1と呼称)を捕える。また、一部のSCP-██-1は眠りについてしまい、覚めた時に風邪に似た症状をもたらす。

このオブジェクトには特別収容プロトコル」が用意されており、季節の変わりに収容が可になる。
186 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 18:41:11 ID: 75uauVIY1Q
こたつに入ったことがないので、こたつから出られない気持ちがわからない
そんなに気持ちいいのか
187 ななしのよっしん
2018/11/18(日) 16:26:44 ID: 1JhOK1cRnN
過去ログどが荒らしに荒らされてて