コバルト文庫単語

コバルトブンコ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

コバルト文庫とは、集英社が発行していたライトノベル少女小説)のレーベル

2018年限りで書籍での刊行を終了し、2019年から電子書籍専門レーベルに移行した。実質的にはライト文芸レーベル集英社オレンジ文庫2015年創刊)が後継レーベルとなっている。

概要

1965年から1971年にかけて刊行された「集英社コバルトブックス」が前身であり、1966年創刊の少女小説誌「小説ジュニア」が体。1976年に「集英社文庫コバルトシリーズ」として創刊された。集英社文庫の内部レーベルみたいな表記だが、実際は集英社文庫の創刊はその1年後の1977年であり、こっちが集英社文庫の前身である。1982年に「小説ジュニア」が「Cobalt」に誌名を変更してリニューアルし、1990年に「コバルト文庫」として正式に集英社文庫から独立した。

1991年に非少女小説レーベルとしてコバルト文庫から分離独立したスーパーファンタジー文庫は、その後スーパーダッシュ文庫ダッシュエックス文庫に引き継がれて少年向けライトノベルレーベルとして継続中であり、そちらの事実上の前身にもあたる(正確にはスーパーダッシュ文庫スーパーファンタジー文庫兄弟レーベルとして誕生し同時に刊行されていた時期があるので、現在ダッシュエックス文庫がコバルト文庫から直接繋がっているわけではない)。

自前の新人賞(短編賞)であるノベル大賞1983年開始、現在集英社オレンジ文庫の新人賞として継続中)は長い歴史の中で多数の作家を輩出しており、倉本由布、藤本ひとみ前田珠子、若木未生、桑原水菜、榎木洋子、夏菜、高遠砂今野緒雪須賀しのぶ葉月青木祐子など錚々たる名前が並ぶ。直木賞作家恵、山本文緒、角田代(名義)などもここからデビューしている。変わったところでは涼元悠一もここの出身。長編賞としてロマン大賞1992年-2014年)もあり、毛利志生子や瑞恵がこちらの出身。

少女向けレーベル全般に言えることだが、人気作品の巻数がどんどん多くなっていく特徴が顕著であった。90年代00年代頃には中堅どころのタイトルでも気で10巻をえる作品が多く、看シリーズともなれば30巻、40巻をえる場合もあった。また基本的に1話完結巻数表記がため、シリーズえる際に順番が解らなかったり抜けに気付かなかったりという事態が非常に起こりやすい。最も冊数が出たシリーズは、おそらく全部合わせて75冊ある『炎の蜃気楼シリーズだろう。

80年代から90年代には氷室冴子、久美沙織新井素子など、90年代から00年代にかけては前述のノベル大賞出身作家らを擁し、少女小説レーベル女王、他を寄せ付けない最大手レーベルとして長らく君臨していた。00年代には『マリア様がみてる』の大ヒットで多数の男性読者も獲得している。

しかし00年代後半あたりから新たな人気シリーズをなかなか生み出せなくなっていき、2010年代に入ると、『マリア様がみてる』『伯爵と妖精』『の王』『ヴィクトリアン・ローズテーラー』などの人気シリーズが続々と完結していってしまう。結果、2014年あたりから刊行点数が減り始め、2015年集英社オレンジ文庫の創刊を機に、人気作家も続々とそちらへ移行して一気にレーベルとしての規模が縮小してしまう。2016年には体であった「Cobalt」も部数低迷で休刊となってしまった。

2017年には『コバルト文庫40年カタログ』が刊行され話題となったものの、縮小の流れは止まることはなく、2018年12月末に出た2冊を最後に、40年以上に渡った文庫レーベルとしての刊行に幕を下ろし、2019年から電子書籍専門レーベルへと移行した。電子書籍のみとはいえ現在も新作が出続けているためレーベルとしては存在しているが、前述の通りノベル大賞も集英社オレンジ文庫の新人賞となっており、実質的には集英社少女小説から手を引き、より上の世代をターゲットにした集英社オレンジ文庫に移行としたと見るべきだろう。

長い歴史の中で数多くのヒット作を生んだが、レーベル作品のアニメ化にはあまり積極的ではなく、アニメ化された作品は『炎の蜃気楼』『マリア様がみてる』『伯爵と妖精』の3作品しか存在していない。

ニコニコ大百科に記事のある作品一覧

その他、代表的な作品

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E6%96%87%E5%BA%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コバルト文庫

3 ななしのよっしん
2008/08/06(水) 00:26:54 ID: 7G54+orXyO
ジャパネスクとかシリーズとかは読んでたけどなぁ
4 ななしのよっしん
2008/10/10(金) 15:36:54 ID: WPpBvI4462
須賀しのぶはともかく高遠はどうよw
いや、レイティアの頃は確かに面かったんだがなあ
5 ななしのよっしん
2009/01/16(金) 19:23:37 ID: bwkuQMxKi9
蜃気楼は一時、完結を疑っていた
6 ななしのよっしん
2010/07/31(土) 22:04:22 ID: kfD9QSZDn8
>初期には川端康成枝、豊田有恒、三浦哲郎、夢枕獏などの本がラインナップに紛れ込んでいたりした。

夢枕獏は「ねこひきのオルオラネ」とかのファンタジーだからなぁ。少女向けって事では違和感いと思うが。
7 ななしのよっしん
2012/07/05(木) 18:35:11 ID: O736lAANVU
高遠さんは純情少年物語が最高傑作
異論は認める
8 ななしのよっしん
2014/04/17(木) 21:08:25 ID: 9GpRjzZGrF
ジャパネスシリーズとか好きで読んでたけど
いつ頃からかファンタジーが増えて気が付きゃBLばかりが立つようになった
コバルトBL専門文庫に成り果てたかと思ってたけど、ファンタジーも一応残ってるのか
9 ななしのよっしん
2014/09/12(金) 04:21:26 ID: t/lPFwEEbR
とりあえず関連動画などを

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9650366exit_nicovideo
10 ななしのよっしん
2015/02/15(日) 13:35:23 ID: toiYMEC2XJ
久々コバルト文庫の棚見たら絵がほとんど同じ系統に見えた。
数年前までもうちょっとバラエティに富んでた気がするんだけど。
11 ななしのよっしん
2018/07/25(水) 23:18:43 ID: 9UUUFp0nC7
個人的にコバルト文庫といえば新井素子とか火浦功イメージ
12
2019/02/08(金) 08:02:06 ID: 2ueEUP84i4
とうとう電子書籍のみに。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1902/04/news091.htmlexit

過去のオススメ記事