コピープロテクト単語

コピープロテクト

コピープロテクト、もしくはコピーガードとは、コピーを未然に防ぐシステムの総称である。
デジタルコンテンツの複製を防止する的でハードもしくはソフトに搭載される。
大概は著作権の保護を的としているが、コピー機での銭の複写禁止などそれ以外の犯罪を防止する的で搭載されることもある。
コピーガード、コピープロテクト、コピーコントロールアクセスコントロールなどはほぼ同じ意味で使われており、これら似たようなものを内包する広義の意味ではコピーガードという言葉が使われやすい。しかし厳密にいうとアクセスコントロールは非常に似ているが違う意味をもった言葉である。

概要

現在は様々なコンテンツに様々なコピーガードの技術が導入されている。しかし一昔前のコンテンツコピーが容易であり簡単に複製が作成されていた。

例えば大昔のPCソフトフロッピーディスクを媒体としていたが、これはちょとした細工でコピーが容易になるため知人間での安易な配布、交換が横行していた。
また、ファミリーコンピュータという家庭用ゲーム機の元祖ともいえるマシンが存在したが、この頃からソフトを複製する機械が大々的に広告をうたれて販売されていた。これがマジコンの始まりといっていいであろう。
他にも昔の映像の記録媒体であるVHSは商用の映像作品においては複製時に映像が変化してしまうコピーガードという機が盛り込まれてあったが、コピーガードキャンセラーという機械を用いることでそれを避けることが可であり、この機械が堂々と販売されていた。

1990年代からは本格的に法が整備され始め、上記のコピーガードキャンセラーやマジコンのような機器の販売は規制されていく(場合によっては利用も)。
さらにPCを中心としたデジタルコンテンツの普及が爆発的に広がったため当然ながら様々な種類のコピー防止技術も生まれた。

しかし様々なコピープロテクト回避技術が次々に生み出され、それが塞がれ、突破され、その手段が開され、また対策が立てられ、といたちごっこであるのが実情であり、その合間を縫うようにしてあらゆるジャンルのあらゆる製品がコピーされて利用されている。
中にはそのことについて罪悪感を抱いていない大人も大勢おりまれにネットTVニュースで取り上げられることもある。

また、前時代のコンテンツは媒体自体が時代遅れになると共に企業にとっても過去の遺物となりコピーガード技術の導入や刷新はうやむやになり、法律での包括的な保護に頼っていることが多い。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コピープロテクト

1 ななしのよっしん
2015/05/06(水) 05:05:12 ID: f2c/HMWDcR
大戦略の核ミサイルマウスmk.7、バルキリーとかのコピープロテクトとして用意されてる敵専用兵器が魅的で逆にこっちバージョンをやって見たいと何度思ったか