コロネーション単語

コロネーション

1、Coronation〔英〕:戴冠(式)、即位(式)

2、コロネーション(Coronation V)とは、世界シスコンブラコン希望20世紀中ごろのフランスの競走である。英名のVは同名の過去に4頭いて5頭ということを示している。
なお、イギリスにはコロネーションステークスとコロネーションカップというGIレースがあるが、前者はヴィクトリア女王即位、後者エドワード7世即位を記念して設立されたレースであり、マンノウォーステークスやセクレタリアトステークスのようなを記念して設立されたレースではない。

ここでは2について解説する。

ヤバイ。血量ヤバイ。まじでやばいよ、マジヤバイ。

まずこののヤバさをるには競走の配合理論から言及する必要がある。

競馬史をる上で絶対にはずすことのできない人物に、マルセル・ブサックという人物がいる。
このブサックという人はサラブレッドの配合理論確立させたとっても凄い人なのであるが、その過程で“おかしなこと”もいろいろやっているのだ。コロネーションはその“おかしなこと”の極致ともいえる存在だ。

インブリード”という言葉がある。これは共通の祖先を持つ同士を掛け合わせることによって、その祖先のの特長を持ったを産み出すことを狙った試みで、俗に言う近親交配である。考え方としては、「○○(祖先)の血を掛け合わせたら、○○と同じぐらい強いが生まれるんじゃね?」という発想である。
なお、個別のインブリードについては○○(共通の祖先)のクロスと呼ばれている。
一例として、クロスの宝庫と呼ばれるエルコンドルパサーの血統を挙げてみよう。赤字になっている名前がクロスしている祖先である、












エルコンドルパサー






Kingmambo

Mr.prospector
Raise a Native Native Dancer
Raise you

Gold digger
Nashua
Sequence


Miesque

Nureyev
Northern Dancer
Special

Pasadoble
Prove Out
Santa Quilla






サドラーズギャル


Sadller's wells

Northern Dancer
Nearctic
natalma

Fairy Bridge
Bold reason
Special


Glenveagh

Seattle Slew
Bold reasoning
My charmer

Lisadell
Foril
Thong

まず上の図を見ると、エルコンドルパサーから3代前と4代前にノーザンダンサークロスが発生している。これをノーザンダンサーの3×4のクロスという。
次に、ネイティヴダンサーは実は図に載っていない5代前にも名前が出てくるので、ネイティヴダンサーの4×5も発生している。
さらに、スペシャルリサデルは全姉妹(両親が同じ姉妹)にあたるため、スペシャル,リサデルの4×(4×3)のクロスもある。
血量の計算式はここでは省略するが(クロスは○×で表現されるが、血量は掛け算ではなく足し算である)、エルコンドルパサーの血統のうち25.00%スペシャルリサデルの姉妹由来、18.75%ノーザンダンサー由来、9.38%ネイティヴダンサー由来と言うことになる。

近親交配にはデメリット面も多く、遺伝子の多様性が損なわれるため、死産や虚弱体質、気性難が生じやすいとされている。人間の近親交配は人類そのものの遺伝子プール自体が多様なためあまりは生じにくいらしいが、たった3頭の始祖から発展したサラブレッドでは落にならないのである。
エルコンドルパサー自体もウイポダビスタのような競馬ゲームで牧場長が「危険な配合」と言ってくるような大分ヤバい血統なのだが、コロネーションはそれを越えている。



Coronation V

Djebel
Tourbillion
Loika

Esmeralda
Tourbillion
Sanaa

Tourbillion2×2(血量50%

なんと両親の父親がどちらもトウルビヨンなのである。これは人間に例えたら違いの兄妹愛し合った結果生まれた子供がコロネーションということになってしまう。サラブレッド父親が同じでもきょうだいとは言わないとか言わないのそこ。
単一クロスで血量が50%も行ってしまうこんなクレイジーな配合はまともな生産者ならもやらない。この記事を読んでいる諸も牧場長に止められたはずだ。
ウルビヨンもブサック氏の生産で現役時代はダービーを制覇、種になってからは多数の名を産み出しリーディンサイヤーになったほどのである。ブサック氏としてはトウルビヨン再びという願いがあったのかもしれない。

出生~競走馬時代

こうしたマジキチな血統背景を持ったコロネーションだが、事に誕生し虚弱なところも特に見られなかった。
だが、異常に気性がしく、デビュー自体が危ぶまれるほどだったが、調教師が満身創痍になりながらもなんとかデビューまでこぎつけた。禁断のの末に生まれた子供はツンギレ少女でした。

2歳のデビュー戦ではツンギレっぷりを発揮あちこちよそ見をする落ち着きのないレースぶりながらなんとか勝利、 次走はイギリスに遠征してそこでも勝利、3戦ではなんとレコードタイムを2.4も縮める圧倒的な走りで快勝。
その後フランスイギリスのそれぞれ2歳王者決定戦であるモルニ賞、チェヴァリーパークステークスに出走したのだが落ち着きのなさが出てしまいどちらも敗北、結局この年は5戦3勝の成績で終える。

翌3歳はプール・デッセ・プーリッシュ(1000ギニー、日本桜花賞に相当)から始動。やはりツンギレが発動したのだが、持ち前のスピードなんとか1着同着に。その後は英オークスオークスに挑むもお約束ツンギレどちらも2着に。
次走は凱旋門賞と決まったのだが、実はこの頃の凱旋門賞は今ほど権威の高いレースではなかったのだ。
しかしオーナーブリーダーである以前に大実業であったブサック氏が、コロネーションの出走するレース世界一レースにしたいと言うことで各方面に働きかけ、結果当時としては世界最高賞2500万フランを誇る賞とすることに成功したのだ。なんという親馬鹿っぷりか。
いよいよレース本番を迎えたコロネーションであるが、いつものツンギレっぷりがなりを潜めなぜかしく落ち付いており、直線で4身半突き離して圧勝してしまう。コロネーションがまともに走ったのはこの凱旋門賞だけと言われている。
マッチポンプに成功したブサック氏も大喜びだったそうな。

翌年4歳時は特にることはない。重賞を制覇してクイーンエリザベスステークスで2着になったぐらい。そして周囲の(特にブサック氏の)大きな期待背に現役引退、繁殖としての生活がスタートする、はずだった。

暗転の繁殖時代

引退して自身のような名を産み出す事を期待されたコロネーションであるが、ある問題点が見つかってしまった。
とにかく子供が生まれないのだ。種付けしてもいつも不受胎、受胎しても子供は死産。そう、極端なインブリードがコロネーションにもたらしたは気性難だけではなかったのだ。コロネーションは生殖に先的な問題があったのだ。
10年以上不受胎や死産が続き、まともに生まれた子供は一頭もいなかった……
この結果に失望したブサック氏はついにコロネーションを牧場から追い出してしまう。その後のコロネーションの行方誰も知らない

この々に教えてくれることは、極端な近親交配の成功例と失敗例だけではない。
人間の勝手で交配され、産み出され、消費され、捨てられていくサラブレッドの負の側面を々に教えてくれたのではないだろうか?
そして付け加えるならば、きょうだい同士で愛し合ってもそう簡単には幸せになれないよという残酷な現実である。 

関連動画

コロネーションに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

コロネーションに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

コロネーションに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コロネーション

7 ななしのよっしん
2012/10/25(木) 23:31:37 ID: t4YVgPFDoY
ある意味サラブレッドの血統をる上では欠かせない

あとエルコンのインブリードのとこで間違いがある
Spesial(Lisadell)のクロスは4×(4×3)=25%
3×3×4ではなんJ民が喜んでしまう
8 ななしのよっしん
2012/11/05(月) 23:06:48 ID: YLB/eEDv1s
>>7
なんでや!阪神関係ないやろ!

…訂正しておきました。
9 ななしのよっしん
2013/01/09(水) 00:20:50 ID: NbGtDVgaLC
エルコンのトンデモな配合を実行してた…

「ウェンブリーの2012」
ttp://db.netkeiba.com/horse/2012103532/
人間だといとこ同士の子供だからあまり問題ないけど、競走だとどうなるんだこれ
10 ななしのよっしん
2013/02/19(火) 00:46:12 ID: GBKZ3JfBNB
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/5059/e2_4a_rise.htmlexit
コロネーションの配合は単なる狂気の配合では断じてない。
ブサックの独創的かつあまりにも革新的配合理論完成系なのだ。
実際当時のブサックはこれほどではないにしろ常識的にはあまりにも強い近親交配から生み出された多くの強によってヨーロッパ競馬を席捲していたのだから、彼の配合を単に馬鹿げた配合だとするのは理があり過ぎるというもの。
11 ななしのよっしん
2014/04/21(月) 18:09:23 ID: oNwR+f8Wik
>>9
ビッグレッドが競り落として、名前もついて今はデビューさせようと何とかしてるみたいだね。
体重が死ぬほど軽いらしい。でこの季節で380kgいとは、同じステゴ産駒のレッドリヴェールが大柄に見えるレベル……
デビューして欲しい、とサッカーボーイファンの期待を背負っているようだけど、どうなのかなー。
12 ななしのよっしん
2017/04/22(土) 00:57:33 ID: UK1icaditq
最近だとサンデーの3×3なんかが結構増えてきた感があるな
13 ななしのよっしん
2018/01/27(土) 17:11:53 ID: C7kTnZGcy0
サッカーチョウサン
ttp://db.netkeiba.com/horse/2016103968/

実質ステイゴールドの2×2のクロス
全きょうだいもいる

チョウサンは思い入れのあには入れ込むから、こういう配合のは他にもいる、増えるかも


ついでに話題になったシンボリクリスエスの1×3 ショウナンパリオ
ttp://db.netkeiba.com/horse/2015105719/
すぐに乗になったのはよかったといえるかな
14 ななしのよっしん
2018/11/01(木) 03:56:04 ID: Uamj0F//Y1
このの記事があるとは とはいえみんなインブリードの濃いコロネーションインブリードの是非の話ばっかでこの自体の話は興味ないのな いちおう親子凱旋門制覇の名なのに
15 ななしのよっしん
2018/11/15(木) 23:11:15 ID: jrtj4MhAlL
記事では触れられてないけど、ラインテディTeddy)の4×4=12.5も入ってるから、ブサック何考えてんだ、と。
16 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 10:18:01 ID: Uamj0F//Y1
たった3頭の始祖から発展したサラブレッドって書き方だと何かアレだな 始祖自体は何十等もいた訳で 
まぁ始祖の中でもぶっちぎりトップのゴドルフィンバルブの遺伝子プールが全体で13パーもあるのだからバイアリー以外の遺伝影は高いだろうけど