コロンゾン単語

コロンゾン
注意 この記事はとある魔術の禁書目録の重大なネタバレが含まれています。
全体的にピクシブ百科事典の記述と一部似てますが、同一編集者によるもので無断転載ではないです。書き直し大歓迎。

コロンゾンとは、

  1. 20世紀に魔術師アレイスター・クロウリーが召喚した悪魔エノク魔術で喚起される30ものアエティールの内、10番のアエティール「ザクス」に横たわる《深淵》のであり邪悪な意識の集合体。
  2. ①を基にしたライトノベルとある魔術の禁書目録』に登場するキャラクター。コロンゾン自身は、アレイスター=クロウリーの2人ローラ」(実在したクロウリーの第二子ローラ・ザザ・クロウリーに該当)に憑依し、ローラ=スチュアートと名乗っているとるが…。
  3. ①を基にしたゲーム真・女神転生』のキャラクターヤダ、何このコロンゾンカッコいいを参照。

記事では「元ネタとなったコロンゾン」と「禁書録のコロンゾン」を解説する。

史実のコロンゾン

1909年に魔術師アレイスター・クロウリーが召喚した悪魔

喚起の理論ジョン・ディーエノク魔術、その中の魔術宇宙が基となっており、クロウリーが実践したのも、ディーが提唱した30もの「Aethyr(アエティール)」という高次領域から、「天使」「悪魔」等とも表現される高次意識体との交信・接触を試みるものであった。

クロウリーもディーの秘学に影を受け、既に「テクス」「リイ」と呼ばれるアエティールへの没入を済ませている。
クロウリーは喚起を一時期中断していたものの、聖守護天使エイワスの「」を聞いた事で、1909年に子のヴィクター・ノイバーを連れて作業を再開、ノイバーグと共に北アフリカし、残りの「体験」を成功させたのだった。

余談だが1909年は妻ローズクロウリーとの離婚で第二子ローラ・ザザ・クロウリーの親権を渡し、『明け』の秘儀を開して魔術業界を騒然とさせ、そしてかの万物照応表を記した「777の書」の初版が発行された、彼にとって動の年でもある。

333の悪魔「コロンゾン」の召喚実験

悪魔コロンゾンは〈明け団〉や〈〉における実践的な魔術師修行過程で、〈セフィロト〉間にわだかまる〈ダアト〉(クロウリーの体系では深淵と同一)を渡る際に、その深淵から結合を妨げる存在とされる。
ビナーは8=3位階すなわち「殿の首領(マジスターテンプリ)」に対応しており、コロンゾンの妨り越えることは、アデプトに課せられた試練である。

第14番の《ウティ》以外、喚起作業は特に支障もなく行われていた。しかし第11番の《イクー》で、深淵の「コロンゾン」の危険性を聞き、クロウリー達も万全を期した。

第10番のアエティールはザクスと呼ばれる
このアエティールは呪われており、霊視を得る者がその事を事前に警告されているため、筆記者のために予防措置を取ることにする。

邦訳《霊視と幻聴》より 

それは3羽のの血で「魔法陣」を描き、そのの「三角形」の中に入ったクロウリーと霊的なダメージを負うことなく一時的に同化するという理論であった。

ZAZAS ZAZAS NASATANADA ZAZAS」と有名な古の呪文を唱えると悪魔コロンゾンが降臨し、の中(三角形の外)に居たノイバーグを様々な手法で誘惑し始める。悪魔コロンゾンは美女、賢人、、様々なものに姿形を変えるがノイバーグは動じない。

ノイバーグは93聖守護天使エイワスに祈った。悪魔は「私は天使(エイワス)を知っているぞ。天使らの交渉は全て、不潔な魔女仮面に過ぎないのだ」と言った。

ノイバーグは悪魔に呼びかけを命じた。悪魔は自分の本質が「ディスパーション」(拡散,分散)であると告げた。しかし油断したと見たのかコロンゾンは魔法陣の円に砂をかけ、魔法陣の円を消し、人の姿を取ってノイバーグに襲いかかった。
コロンゾンと取っ組み合いになったノイバーグだが、持っていた魔術のおかげでなんとか元いたの中に戻すことが出来た。

そしてコロンゾンは「全ての物事は拡散である。拡散こそが物事の本質足り得る。10番のアエティールは付随物の世界本質がないのだ」と言う。
コロンゾンはそこからもしばし誘惑を続けたが、幾つか言葉をかわし、やがての血の効が切れたのかクロウリーの体から去っていった。

クロウリーはこの作業を乗り越え、〈8=3〉位階すなわち〈殿の首領〉に達した。

とある魔術の禁書目録のコロンゾン

史実通り1909年にアレイスター=クロウリーが召喚した悪魔

悪の諸溢れる〈クリフォト〉ではなく、秘なる〈セフィロト〉に隠された〈ダアト〉と同じ〈深淵〉に潜み、人の魂の上昇を途中で妨げる高次元存在とされている。
数価は〈333〉、拡散本質として「人と人の不和」を煽り世界の理の結合を妨げようとする。

禁書でもアフリカ旅行に赴いたクロウリーによって現世に呼び出された。この時にクロウリーが取った方法は、倫理的な問題で推奨されていない生物材料とした召喚儀礼だった。

当時、クロウリーは30もの〈アエティール〉と接触する事で「セフィラとセフィラの間」を越えようとした。そこで10番のアエティール〈ザク〉にわだかまる〈深淵〉をまたぐために〈深淵〉と同化することで、霊的なダメージを負うことなく的を達成しようとした。
その30のアエティールの内、10番にわだかまる〈深淵〉にいた存在がコロンゾンである。

魔法陣形成には三羽のの血が使われ、クロウリー自身を霊媒に召喚された。しかしコロンゾンはクロウリーの制御すら振り切ってその場に居た彼のヴィクター=ニューバー相手に、史実と同じような行動をとった。だがこれはクロウリー達の予想の範疇だったようで、あらかじめ付き従わせていたニューバーグが適切に機し、クロウリーの体から追い出されて事なきを得た。

成否はどうであれ、「獣の魔法名を持つ男」の制御を振り切った悪魔の名が魔術史に刻まれた。

『ローラ』への憑依

禁書におけるコロンゾン暴走は、〈黄金夜明〉創始者のサミュエル=リデル=マグレガー=メイザースexitが仕組んだ計画だったとされている。

明確な時期は不明ながら、クロウリーよりも前にメイザースがコロンゾン召喚に成功し、
初めて召喚されたふりをしてクロウリーを破滅に導け
契約を交わしていたが、その契約は失敗に終わり、メイザースとの契約も切れなかった。

その後、クロウリーの2人ローラ」(史実で言うローラ=ザザ=クロウリー)に憑依し、
ローラ=スチュアート
と名乗ってクロウリーを始末する為に策を巡らせていた。

スチュアート姓は、自称ハイランダーメイザースが「スチュアート王」の復活を願っていた事に由来する偽名。このファミリーネームを名乗るのは一種のサービスらしい。

普段はローラの長に隠れている。古い民間伝承では「女のには魔が宿る」とうが、純金髪留めを外すと伝承通り膨大なに「悪魔」の顔が浮かび上がり、自体が意思を持った生物のように蠢く。

なお、本性を曝け出した後も土御門元春から教わった妙な日本語は変わらなかった…。

コロンゾンの性質

コロンゾンは「世界自然分解」を標榜している。本来の耐用年数を越えても朽ちない人や器物や文明、そのような中途半端な秘を創ってしまった魔術が血栓のように蔓延しており、自然な滅亡の流れに身を任せず、不自然に生き残らせている。
世界の理の「外」にいるコロンゾンの的は、自然にある者を自然に帰し、次の誕生へ繋げるサイクルを作り出すこと、ただそれだけである。

しかし、コロンゾンはクロウリーのように魔術である位相の下地となった「科学世界」を考慮せず、下地科学の層はおろか、自らも含めた全てを一旦に帰す事をしている。

【新約とある】コロンゾンの使用魔術・力量

コロンゾンは〈セフィロト〉を自由自在に上昇・下降する事が出来る。

セフィロトの低層次元に溺れて上昇するしかがない下等な人間と異なり、下層に降りる事も厭わない。そのため、下層で活動する為の「の器」を自ら進んで獲得した。さらに人間が蓄えた科学智にも興味を示し、体系化された魔術も扱っている。

しかし、その特異性のために対応する徴が存在しない。守護天使も大天使魔神さえも、の強弱は別にしても性質上は今のコロンゾンを消滅させるには至らない。さらに言えば幻想殺しの器には対応しないので、弱点らしい弱点がない。

Magick:FLAMING_SWORD(燃える剣/フレイミングソード)

あらゆる数は等価。
が右の手に生のヌイト
有限の域を越えて広がる数価(かのうせい)を見よ。
が左の手に復讐ハディト
極小点はあらゆるを収斂・収束して一つの意味を作り出す。
すなわちここに
ラー=ホール=クイトの円にて限の加速から解放されし一撃を現世の表層に顕さん。

アレイスター=クロウリーMagick系魔術exit

1904年に到来する次なる〈ホルスの時代〉を支配するという魔術体系。その中の一つで、レイピアを構えるような仕から繰り出される極限の一撃。

史実におけるクロウリーの対応書〈777の書〉によると、 空気の短ではなく炎・電であり、ケテルより放たれるジグザグ閃光セフィロトの上昇/下降の原理を用い、一気に下に貫き通すことで得るクロウリーはこれとは別に「その本質は標的を確実に断ち切るエネルギーの塊。記号としては何度も左右に折り返しながら標的へ突き進むが近い」と記していた。

ミナ=メイザースく、上位3セフィラを守るために〈文字〉とともに配置され、分断して繋がりを断つ。あらゆる理の結合をバラバラにする悪魔にとって、使い勝手のよい魔術である。

ウニヘッドのハディト説と某ビリビリのヌイト説はどうなるのか……。

アエティール・アバター

ジョン・ディーエノク体系で30に区切った秘領域(アエティール)をもとにした

エノク文字配列エレメントの純属性にも手を伸ばしていたコロンゾンだが、長い時間をかけて膨大な長を蓄えており、に「天使」と呼ばれる化身を投影するに至っている。新約22巻では地脈・脈に蓄えられたを溶かして、広範囲に渡って同時多発攻撃を仕掛けた。

以下、〈The vision and the voice〉(霊視と幻聴)の邦訳書より読み引用

純粋属性

エノク属性魔術18と秘されし1の召喚文と表現される。
ディーが提唱し〈黄金夜明〉によって洗練されたエノク魔術体系だが、人間には決して到達不可能な領域の法則であり、メイザースですら実存世界では扱えなかった。

しかしコロンゾンは、エノクシークレットコールで純属性を実存世界に取り出して扱った。

参考:新約22巻、明け魔法体系、明け団入門より

【新約とある】活躍

初登場…というより正体バレは新約18巻。

しかし、2006年に発売された「電撃BUNKOYOMI」収録の番外編SS『とある三月の二〇一巻』では「サハラの一点で蠢くアレ」として存在が示唆されていた(他にも今後の伏線が散りばめられていたりする)。
また、新約14巻のネフテュス視点られた、かつてイシス・オシリス・ホルスと時代を区切った男が召喚した「も聞いた事のない大悪魔」もコロンゾンのことである。

クロウリーの「プラン」を妨する為に直属の魔術師烏丸」をスパイとして上里に送り込み、クロウリーにとってのイレギュラーである上里翔流学園都市に誘導するなど裏で暗躍していた。結果的に言えば、府はコロンゾンの予想以上に機し、学園都市インフラを壊滅状態に追い込んでいる。

エレメントの一件が収束した頃、イギリス清教の回収部隊を都市部周辺に送った。
実はその時に「積み荷」に紛れて秘密裏に都市内に侵入しており、「窓のないビル」にて上条との対決に敗れたクロウリーを「ダモクレス」を突き刺して殺した。
メイザースとの縁が切れることに歓喜のをあげたのも束の間。直後にクロウリーは10億人以上に分化してしまう。コロンゾンは全てのクロウリーを殺さなくてはならなくなった。

新約19巻の開幕数ページクロウリーによって『窓のないビル』と共に宇宙に打ち上げられた。
宇宙エイワスと交戦しつつ、学園都市全に制御する為に烏丸を霊媒にして操り、学園都市の統合データベースである今代の書庫(バンク)「プロセッサスーツ」を奪取。
囮として浜面仕上に予備のプロセッサスーツを着せたが、そのせいでプロセッサスーツ間の競合が発生して書庫にアクセス不可能となってしまい、仕方なく浜面を狙うことになる。

クロウリー達が府を解放した頃、コロンゾンはエイワスを倒した。そして外宇宙から地球圏に高速で帰還して『窓のないビル』を学園都市に落とし、遂に学園都市を消滅させた。

 

 

 

……かと思われたが、『窓のないビル』は高速で太陽圏外から地球に戻った為、ウラシマ効果が生じて本来の時系列からズレた「新地」へと墜落していた。
奇跡的な確率でしか起こり得ない現だが、クロウリーは計算ずくでコロンゾンを宇宙に放り出したらしい。

エイワス「ならばついでにもう一つ。……浦島太郎の孤独でも味わうが良い、デブリ野郎」

そこにいたのは、暇を持て余していた魔神達だった。
コロンゾンは新地に迷い込んだ挙句、魔神モチ退屈ぎとして戦闘に付き合うことに…。

新約20巻-新約21巻

魔神達との戦闘で疲弊しつつも新地から力技で脱出ちなみに娘々ネフテュスうっかり付いてきた)
しかしコロンゾンの帰還直後、クロウリーによって学園都市の機凍結され、もはや学園都市を乗っ取ろうが次世代兵器も次世代技術も全て利用できなくなった。

憔悴したコロンゾンは生まれたての子鹿のように地面にへたり込んでしまう。
そして、クロウリーに「宣戦布告」の言葉を叩きつけられた。

必ず(ローラ)は返してもらう。だから孤独ので首を洗って待っていろ、ゴミ虫」……と。

最後にはクロウリーに頭を思いきり踏みつけられ(※封印の魔術記号)、学園都市に封じられる。

新約20巻では、予め配備していたクリファパズル545exit神威混淆(ディバインミクスチャ)exitが活躍。後者は実際にクロウリーを負かしたほど効果的な霊装だった。

しかし新約21巻の〈黄金夜明〉の騒乱で、クロウリーは仕方なく学園都市の機を一時復活させざるを得ず、コロンゾンもこの好機に乗じて再び解放されてしまった。

インデックス
「でも、根拠になっているのは大悪魔コロンゾン自身の言葉しかない。世界の結合を妨げるあの悪魔が、聞かれもしない真実をそのまま話すだって?ありえないんだよ」
ローラ=スチュアートイギリス清教最大教として初めて資料の中に出てくるのは1909年。その後はずっと年齢不詳、変わらぬ美貌の持ちとして歴史の転換点で顔を出している感じだけど…」

烏丸
「何か不審な点でも?アレイスターが大悪魔コロンゾンを呼び出したとされる年と変わらないはずですが」

インデックス
「その時、二人ローラがこんな大きな姿に成長してると思う?最初にリリスが生まれたのだって1904年だったのに」

なら、これは誰?

抱きしめたであるはずの存在に刺されるクロウリー、そして彼の血にまみれるコロンゾン。

悪魔とは「囁く者」であり、誘惑し、持ち上げて一挙に絶望の淵に叩き落とす者。言葉の裏には意が隠されている。クロウリー達は悪魔の典的な性質にすっかり騙されていた。

新約22巻

悪魔上条に正体を摘されると、致命傷を負ったクロウリーを踏みつけ、狂喜する。そのを見て、怒りに任せて挑んだ上条クロウリー本式魔術Magickで塊に変えた
そして世界(万)の自然分解の儀『モ・アサイアの儀』の為に、まずオナーズオブスコットランドを使った人類の狂騒を処にして動き始めた。
その最中に浜面仕上と出会い「ダイアン=フォーチュンexitの復活」「浜面自身を捨て駒として扱う」ことと「儀式に必要な国家」等を交換条件に浜面を従え、行動を共にすることになる

その後、各方面に干渉しつつモ・アサイアの儀を進行させていた。浜面フォーチュンを見事復活させたが、コロンゾン側の状況は一向に好転せず、徐々に劣勢に陥り始める。
クイーンブリタニア号におけるアレイスター=クロウリー達の決戦では、クロウリーを相手にあと一歩というところまで追い詰めたが、アクセラレータクリファパズル545exit世界に第三のである〈人造の樹(クロノオト)exit〉の法則を埋め込んだ時の衝撃で、の器と本体が強制的に乖離し、幻想殺しで打ち消せる状態になってしまう。コロンゾンにとってもこれは全に予想外の出来事だった。

それでもまだコロンゾンは諦めなかった。浜面は今ならまだ殺されずに済む、まだ収められる、と叫ぶがそのはコロンゾンに届かず、コロンゾンはオナーズオブスコットランドを使用してイギリス全支配しそれをトリガーに全世界の狂騒状態を呼び覚まそうとした。

直前、浜面フォーチュンアネリを介して頼んでいた。

『頼む。大悪魔コロンゾンの生まれたこの世界を、壊さないでやってくれ!!』

彼は、最後にコロンゾンを救おうとした。

『……は』
『私の作ったモノが最後の最後に牙を剥くか』

結局それはフォーチュンの術式「the Hermetic Order of the Golden Dawn」で阻止された。

上条はコロンゾンに、最大限に優しい三つの要んで貰う、と降伏を勧めた。もっとも、コロンゾンは上条の勧告を一蹴し、自身の名と数価を名乗り、〈燃える〉を繰り出した。
A.A.A.に干渉して上条右手を切り落としたところで再び「三角形連結」が噴き出し、制御すら出来ず全てを破壊してしまった。

新約22巻 518ページ以降

何とか生き残ったコロンゾンはの器を取り戻し、再起を図ろうとした。

しかし、

「はははせいぜい苦しめ大悪魔
 まさか綺麗に死んで勝ち逃げできるとでも思ったのかね?」

の器の中に「異物」が入り込んでいた。

アクセラレータに看取られて死亡した後、イギリスに『帰還』して盛大に国葬され、くたばるべき時にくたばったと思ったのに、今更のこのこと出戻りなど出来ないとぼやく彼または彼女

そう、20世紀最大の変態魔術師アレイスター=クロウリーである……。

コロンゾンは思わず絶叫。徴である長い長い髪の毛ショートヘアーにさせられてしまう。もはやコロンゾンに導権はなかった。

余談

余談だが、新約21巻後に「インデックスローラ・ザザ・クロウリー説」が一部で話題になった。
というのもローラ=スチュアートデザイン(容姿)はインデックスが成長した姿で、インデックスクロウリーはや眼の色が一致している為である。まぁ、実際の設定がどうなのかは不明だが……。

件の卒業式SSは、他にもこれでもかと今後重要になる要素・伏線が盛り込まれていて、コロンゾンの初期構想なんてほんの一端に過ぎない。に恐るべしは鎌池和馬と言うべきか…。

関連動画

関連商品

関連項目

外部記事リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コロンゾン

5 ななしのよっしん
2018/06/13(水) 21:32:37 ID: leBx+7HZGQ
>>3
新約20巻で学園都市全域を使った封印だったことが判明

こいつアレイスター以上に失敗すれば余計にやっかいになるんじゃないか?
6 ななしのよっしん
2018/06/21(木) 16:07:39 ID: MZKC2XsiIY
>>4
それな
ぶっちゃけローラの頃から腹黒いけどそれだけじゃないだったし現時点でそこまで酷いことしたかな・・?アレイスターの体を乗っ取ったくらい?
アレイスターは掘り下げられて好きなキャラにはなったが簡単に許されちゃってる感はある
もっと一通みたいに憎しみぶつけるらがたくさんいたと思うんだが
7 ななしのよっしん
2018/07/24(火) 18:52:47 ID: rozsc1daRl
インデックスさんの記憶…
てか新地送ってなかったら学園都市被害出てた。

アレイスターを憎んでるらは今のアレイスターの状況を知らないしなあ
8 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 08:07:01 ID: fMsF2c/SJa
>>4
それな、って言いたいところだけど、それはメイザースの契約があるからだぞ
悪い事したら、その分良い事しなきゃならない
だから、できるだけ何もしないでいたんだろ

それにインデックスの頭の中に10万3000冊ぶちこみ、ステイルと裂(それとアウレオルス)をたぶらかしていた本人だということを忘れてないか?

>>6
アレイスターは許されたわけじゃないだろ
これまで悪いだったがこれからも悪いでなきゃいけないとは限らないし、何より学園都市を管理するにはアレイスターがいなきゃならない
抑えきれず本のまま私情ぶつけてアレイスター殺したら、結果、待っていたのはこれまで以上の大混乱でした、っていうのがに見えてるからな
それを理解してるから一方通行浜面もああいう対応してる
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
9 ななしのよっしん
2018/08/22(水) 02:23:07 ID: AaCs4ZfwlZ
a
10 ななしのよっしん
2018/10/10(水) 07:09:19 ID: AQ93zAaXuu
してないエイワスより強いのは確定してるのに勝てそうな気がするのは何故だろう
11 ななしのよっしん
2018/10/12(金) 23:36:59 ID: rsdvQ96N7g
MUGENザーザースザーザースナントカカントカザーザースってコロンゾン呼び出してたのか
上条さん、ふざけた幻想をぶち殺してください
12 ななしのよっしん
2018/11/01(木) 20:49:33 ID: TsccjZaoHl
アレイスター・クロウリー氏って馬鹿正直にテレマの王を夢見てて、
「そんな狂った首相なんてコロンゾンしかいねーよwwwww(意訳)」
とか言っちゃってるのよね
もしかすると学園都市(テレマの王)を乗っ取ろうとした行動理由の元ネタかもね
13 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 20:36:44 ID: rozsc1daRl
史実でもコロンゾンエイワス知ってるみたいだったけど、どんな関係性何だろうな
14 ななしのよっしん
2018/12/15(土) 00:48:12 ID: TsccjZaoHl
>>13
関係とは言えないけど〈コロンゾン〉=〈深淵〉はアデプトに義務付けられた試練で、
〈深淵〉えを果たした先にある8番のアエティール〈ズィド〉にエイワスが降臨し、クロウリーはエイワスとの対話を果たしたってことが邦訳書でも確認できるほぼ一の接点

あとクロウリーはマグレガー・メイザースが翻訳したゲーティアの注釈で「悪魔の未拡部分の具化」と定義してたが、この「高次の自己」説はアブラメリンの〈守護天使〉とエノキアンの〈アエティール〉=〈コロンゾン〉にもそれぞれ共通してたりする

急上昇ワード