コンバイン単語

コンバイン

コンバイン(Combine)とは、英語で「兼ね備える、化合する、連合組織」などを現す言葉である。

この記事ではに刈り取りと脱穀を兼ね備えた農業機械について解説している。

Half-Lifeシリーズに登場する連合組織についてはコンバイン(Half-Life2)を参照。

概要

成熟した穀物を製品化するためには刈り取り、脱穀し、選別する過程が不可欠である。この過程を自走しながら自動的に行う農業機械がコンバインである。
コンバインは先頭ので稈(茎)を刈り取り、機体内部の輸送装置で脱穀部へ送って脱穀。食に用いるや麦など粒の部分を選別して機体内に貯め、脱穀後の穂や稈を機外へ排出する機を有している。

コンバインは、その機により「自脱コンバイン」と「普通コンバイン」(又は汎用コンバイン、コンバインハーベスター)の二種類に分けることが出来る。

自脱型コンバイン

日本の稲作に最適化されたコンバイン。穂先の部分のみを取って脱穀部へ送り、稈は脱穀にかけず、そのまま排出される。

普通との外見上の違いは、線状に植えられる苗にあわせて刈り取り部が縦の溝状に並んでいること、脱穀にかけないため稈の輸送部が一部露出しているところなどを挙げることができる。また稲が行われているわがの田では地面の耐性が低いので、接地圧の低いクローラ(履帯無限軌道)によって自走するものが流となっている。脱穀部は昔ながらの人脱穀機と同じような回転胴があり、それに付いたU字状のこぎで穂と粒を分離する構造となっている。自脱型コンバインの例

刈り取り部の幅は、普通「条」という単位であらわされる。例えば「2条刈」と言った場合は、稲を巻き込んで刈り取っていく部分が二列並んでいることを意味する。注意する点は、先述の溝の数ではないと言うこと。2条刈は一つの溝に2列の刈り取り部があり、3条刈と4条刈はどちらも二つの溝があってそこに3列または4列の刈り取り分がある。右図は4条刈の例。

自脱コンバインで最も大きいのはヰセキの7条刈で、次いでヰセキを含む各メーカーの6条刈。社団法人日本農業機械化協会が発行している「農業機械化広報」メールマガジンによれば、平成16年2004年)に販売された自脱コンバインは、4条刈以下のものについては本州以南の地域で、5条刈以上の大機については北海道において売れ筋と成っている。これは一戸当たりの田畑耕作面積が都府県と北海道で大きな差があるために起きている現である。

農水省の「農地に関する統計」によると、都府県の一戸当たりの耕作面積が約1.4haなのに対し、北海道は約20haとなっており、この北海道とほかの都府県の耕地面積の差からくる農機具の大きさの違いは、トラクターなど他の製品にも概ね当てはまっている。北海道日本全体の耕作地の25%を有しているのにべて、メーカーの顧客となる農家の割合は2.5%と極めて少なく、そのことが大出・大な農機の開発をメーカーわせる原因ともなっており、北海道海外製品が多く利用されている背景ともなっている。

 しかし、自脱コンバインは日本独特のものであり、東北北陸九州農家においても大機種の需要は見られることから、メーカーも大製品の開発・生産を維持できるように努している。

長所

  • 作業過程での粒の損失が少ない
  • 普通コンバインよりも、粒と穂との選別が高い

短所

普通型コンバイン(汎用コンバイン、コンバインハーベスター)

多くので使われているコンバイン。自脱が稲作専用であるのに対して、こちらは麦、トウモロコシなど様々な穀物に対応できるようになっている。

刈り取り部(カッター)には稈を切断すると、刈り取った作物を機体へ誘導する為の回転するリールが備えられており、これは作物によって違う構造になっている。また海外メーカー製はいたで作業するために走行部が輪になっているのに対して、メーカー製(ヰセキやクボタなど)は田んぼでの作業を想定し、自脱と同様にクローラを装備している。

刈り取られた作物は穂や稈ごと脱穀部へ輸送される。脱穀部にはスクリュー状のが付いた回転があり、そこを作物が軸方向に通過しながら脱穀、次いでふるいによる選別がされる仕組みになっていて、粒だけが機体内部に貯められる。稈や穂は貯蔵部に落ちずに機外に排出される。

刈り取り部の幅はメートルで表される。普通コンバインの刈り取り部は容易に脱着と交換が可であるので、作業内容に応じて変更することが可。作物に応じてそれに適した様々な刈り取り部を使えるようになっている。刈り取りと脱穀には密接な関係があり、脱穀える刈り取りを備えても処理しきれない。また刈り取り部や脱穀部に供する動エンジンによってまかなわれているが、広い刈り取り部を装着し単位時間当たりの収穫を高めると、それに応じた脱穀や高出エンジンが必要になってくる。そのため、購入する場合にはよく効率を考えて、面積と、必要とする処理に応じた規模のエンジンを搭載したコンバインを選ばなければならない。

日本における需要や使われ方は、やはり北海道と都府県で違いがある。前述した「農業機械化広報」によれば、北海道では刈り取り幅1.5m~2.5mが最も多く、次いで3.5m以上、1.5m未満、2.5~3.5mの順に売れているが、都府県ではそもそも普通自体があまり売れていない。3.5m以上は都府県では全く売れておらず、2.5m~3.5mは都府県全て合わせて北海道と同程度。それ以下の物になるとある程度売れているが、平成16年に売れた普通コンバイン全体で見ると1/3以上は北海道へ出荷されている。これは面積の違いだけでなく、作付けされている品種の違いも影しているだろう。特にコンバインを必要とする稲作農家にとっては下記にまとめたような短所もあり、普通より自脱の方が利用しやすい。

ただし普通コンバインにも用途はある。刊誌「機械農業」によれば、稲藁のバイオマス需要に対応するために、既存の農機を使ってより少ない手間で稲藁を燥させロールベール(円柱状の藁束)化する方法が紹介されているが、これは普通のコンバインを収穫に使うものである。また同じ作物を生産し続けると土壌の異常「連作障」がおきてしまうが、それを防ぐ的で輪作を行う場合、普通の方がトウモロコシ、麦、大豆ソバなど様々な作物に対応できることから利用しやすい。

長所

  • 作業率が高い
  • 輪作に向いている

短所

  • 粒の損失が自脱より多い
  • 自脱より粒の選別は低い

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コンバイン

2 Moro
2010/06/07(月) 23:50:39 ID: E9H+GqMulz
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%9D%E3%82%A4
3 ななしのよっしん
2011/03/21(月) 02:03:24 ID: SvcFEWwFWN
メタナイッ
4 ななしのよっしん
2011/03/21(月) 02:09:25 ID: e0fRx/q4Gh
レェェェッツ
5 ななしのよっしん
2011/03/21(月) 02:10:31 ID: h9u8zNkuD+
コンバインOKコンバインOK
6 ななしのよっしん
2011/03/21(月) 02:17:51 ID: cEGCm7jcGU
コンバイン 123
7 ななしのよっしん
2011/11/05(土) 22:42:31 ID: xvYt0YH2f3
メタナイッ
ウリャリャリャリャッ
これも宿命だ(笑)
8 ななしのよっしん
2012/04/11(水) 23:51:05 ID: xGUOELm5Gw
ヤンマーコンバイン
9 ななしのよっしん
2012/05/10(木) 20:54:18 ID: UUx0PvLVhq
ハーフライフ2コンバイン
スマブラXメタナイトで下スマッシュばっかやる戦法orプレイヤーの呼称もコンバイン
10 ななしのよっしん
2012/09/12(水) 01:37:44 ID: FjlV28NZOa
なにこの詳しすぎる記事w

農機ってあんなにかっこいいのにマニアが少ないんだよなあ
特にコンバインキャタピラとか脱穀するとこが丸見えなところとか
すごくかっこいいと思うんだけど
11 ななしのよっしん
2013/04/29(月) 15:28:18 ID: H9sbvQkzVk
大規模農場にあるようなでっかい機械なら魅を感じない事もないが
周りは小規模な農家ばっかりなんでかっこいいとは思わんなあ
そういう意味で日本ファンが生まれにくい環境だと思う