コンパック単語

コンパック

コンパック(Compaq)とは、

  1. かつて存在したアメリカパソコンメーカー。コンパックコンピュータ
  2. ヒューレット・パッカードパソコンブランド

概要

1982年に、テキサスインスツルメンツ社(TI)のロッド・キャニオンジムハリス、ビル・マートの3人が設立。
翌年に最初の製品であるCompaq Portableを発売した。これはIBM-PC互換機で、小CRTモニター(グリーンモニター)、本体、キーボード形の筐体に収めたものだった。持ち運びできることを売りにしていたものの、重量は12kgあり、手軽に持ち運ぶものとは言えなかった。

その後、IBMの純正機よりも高性な互換機を販売していくことで、パソコンシェアIBMを追い抜き、世界トップへと躍り出た。

1990年代に入ると、台湾メーカーなどによる低価格PCの投入に苦戦するも、社内革を実施して低価格でのパソコン販売を実現、AMDサイリックスなどの低価格な互換CPUを採用することで1000ドルでパソコン提供できるようになった。
同じころ、DOS/Vの登場でハードウェア改造なしに日本語表示をIBM-PC/AT互換機で可となったことで、日本へも本格進出、船襲来として恐れられた。
その後、日本パソコン均価格が一気に下がったことで、「コンパックショック」と呼ばれた。日本メーカーの多くも価格競争に勝つために独自規格を捨て、IBM-PC/AT互換機へと転換することとなった。最後までPC-9800シリーズを貫いていたNECも、2000年に最後の製品を出して全に捨てることとなった。

1990年代後半に入ると、サーバーや本格的なシステム製品への進出を図って、デジタル・イクイップメント(DEC)社などの買収をするも、従来のパソコンとのシナジー効果を得る方法を見いだせず、逆に低迷することとなった。

2002年に、ヒューレット・パッカードが買収、吸収合併されることで、企業としてのコンパックにピリオドを打った。

現在ではパソコンブランドとして、コンパックの名は残されている。 

関連動画

コンパックに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

コンパックに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

コンパックに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コンパック

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • コンパックについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!