コンビニ単語

コンビニ

コンビニとはコンビニエンスストア略称である。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアとは小売店の形態の1つ。コンビニエンスとは「都合が良い」「好都合」「便利」などを意味する英語である。コンビニエンスストアを直訳すれば「便利なお店」。
出店規模は小さく、前や大通り沿いなど人の集まるところに集中する。
どの店舗も日常的ににつきやすい位置なので最も身近なお店とも言えるだろう。
である故に置ける商品が少ないため売れない商品は次々と売り場から姿を消す。

自動販売機温泉と並んで日本で広く普及しているものであり、海外からの観光客に人気のあるものの一つである。

営業時間は24時間営業の場合が多い。
そうでなくともスーパーなど他の小売店よりく営業を開始し遅く営業を終了する場合が多い。
(※ただし、施設内にある場合はその施設の営業時間に準ずる。)
そのため前述の出店場所と合わせ、名前のとおり「便利さを売っている小売店」と言えよう。

な商品は食品・日用品・書籍・化粧品である。
他にコピー・各種料代理納収・宅配便受付・チケットの予約と発行・ATM設置など様々なサービスを行っている。
支払い方法も従来の現や各種カードの他に、SuicaEdyクイックペイなどの電子マネーも使えるところは多い。

店内の配置についてよく言われるのは、おにぎり・飲み物は入口から遠くに置くことで客を店のまで通し、
窓際に雑誌を置くことで店に客が多く入っていることをアピールしている」というものである。
一方、お菓子カップめん・日用品は店内の中央付近に置かれることが多い。
もちろん、これらの傾向に当てはまらない店舗も存在する。

大手コンビニにおいては直営店は極めて少なく、全体の95%以上が個人経営または法人が数店舗程度を束ねて切り盛りするフランチャイズ店である。このため、同じ看を掲げるコンビニでも細かい部分で差が出て来る場合がある。
店舗によって差があるのは生鮮品である。
よく売れる惣菜や賞味期限までが長いお菓子・飲み物にべ、緊急的な需要もそれを待つ期間も少ない。
スーパーより高い価格で販売するコンビニとしては特にリスクが高い商品であると言える。
そのためほとんどのコンビニは実施しておらず、実施したとしても一部店舗のみに留まる。
しかし、それを逆手に取り“生鮮品を売るコンビニ”として売り出しているところもある。
ただし、生鮮品を扱う店でも加熱前のを売るコンビニは見たことがない。あったら教えてください。

変り種としてはファミリーマートでは自動販売機おにぎりサンドイッチを販売する「自販機コンビニ」を増やしている。

また、典的なアルバイトの例としてコンビ店員が挙げられることも多い。

ちなみに、通常のコンビニ大学遊園地の誘致は一切しない。

「コンビニエンスストア」の定義

日本経済産業省の商業統計での業態分類としての「コンビニエンスストア」の定義は、 飲食料品を扱い、売り場面積30メートル以上250メートル未満、 営業時間が1日で14時間以上のセルサービス販売店をす。

Wikipediaコンビニエンスストア」の記事より引用

日本の「コンビニ」の歴史

1927年に、サウスランド・アイスカンパニーが製氷販売業として作られるこの会社が客の要望により日用品や食料品も扱うようになり後のセブンイレブンとなった。

同じくアメリカ・オハイオ州にJ.J.ローソン1939年に設立したおいしいミルクの店、ミルクショップローソンも日用品を扱うようになりコンビニエンスストアへと変化した、これらがコンビニの原点である。

実はアメリカローソン消失1959年には米国食品業界大手のコンソリデーテッド・フーズ社の下となり消失している。

日本においてはイトーヨーカ堂セブンイレブン1974年5月15日東京都江東区に「豊洲店」を出店、一年後、ダイエーがコンソリデーテッド・フーズ社と提携して1975年6月14日大阪府豊中市塚に「塚店」を出店した。フランチャイズ方式によるコンビニエンスストアは連続的な店舗設営を可とし、セゾングループファミリーマート長崎屋系列のサンクスといった複数のチェーンを生み出すこととなった。

その後品を増やしながら日本コンビニエンスストアは独自の進化を遂げることとなる。

最終的には日本においては百貨店スーパーコンビニエンスストアの業態が20世紀末まで済み分けることなりコンビニ日本の端まで出店することとなったのである。

その一方でアメリカにおいてはセブンイレブン1991年に経営破綻。アメリカにおいては大規模店舗に集客の利があったこと、利益率が向上しなかったことや高品質なサプライチェーンやPOS管理が行えなかったことから、欠品などが相次ぎなお一層の客離れをおこした。その後、アメリカセブンイレブン日本子会社となり、アメリカ内で店舗の消えていたローソン日本から逆出店する形で再び出現することとなった。

なお、アメリカでは買い物といえば世界最大のウォルマートなどの広面積を誇るスーパーマーケットチェーンによる販売や、アマゾンによる在宅までの宅配などが流となっている。

以上の経緯から21世紀現在においてコンビニエンスストアといえばアメリカで生まれ日本で独自の進化を遂げた小規模店舗のフランチャイズ方式チェーンし示す。

セブンイレブン日本国外の世界16カ現在展開しており、ファミリーマートローソンもそれぞれ海外進出を行っている。

便利で身近な日本コンビニは気がつくと世界に足を伸ばしていたのである。

また21世紀においては百貨店スーパーコンビニエンスストアの業態相互のハードルが低くなってきており、セブンイレブンにおいてはイトーヨーカ堂と同じ品の商品を入れるなどの変化もでてきている。

このことからもコンビニ進化終点はまだ先にあることがうかがえる。

曲としての「コンビニ」

  1. ブリーフ&トランクス (ブリトラ)が発表した楽曲およびその間連動画コンビニ(ブリトラ)
  2. cokesi氏作の初音ミクオリジナル曲コンビニ
  3. スガシカオが発表した楽曲。シングルNOBODY KNOWS」のカップリング

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コンビニ

145 削除しました
削除しました ID: gr6XE41f57
削除しました
146 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 00:49:29 ID: H/aW9CUKCW
コンビニなんて、店長クラスでも他にいきようがない人間だから下の人間に対して当たりの強いヤンキー上がりもいるんだろうさ
147 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 10:56:19 ID: 21G+LYVnw5
たしかにコンビニオーナーや、フランチャイズ店舗が店員バイトという下の者、立場の弱い者に対しておこなってきた法令違反は糾弾されるべき、という>>142は一理あるし、もその通りだと思う。
一方で、コンビニ本部がオーナーフランチャイズという下の者、立場の弱い者に対しておこなってきた、過酷なノルマとか、人手不足と言う視して、24時間を強制させる契約違反(人手不足のときは、本部から応援の社員が駆けつけるという契約になってるが本部は反故にしてる)についても、同様に糾弾されるべきとは考えるんだが、>>142はどう考えてるんだろうね?
フランチャイズバイトという弱いものにやってることだけ批判しといて、本部がフランチャイズという下のものやってることはスルーだなんて、まさかそんな都合のいい事は言わないよね?
148 削除しました
削除しました ID: C5l02HwSbP
削除しました
149 削除しました
削除しました ID: C5l02HwSbP
削除しました
150 削除しました
削除しました ID: 21G+LYVnw5
削除しました
151 削除しました
削除しました ID: Pc996lUzPE
削除しました
152 削除しました
削除しました ID: 21G+LYVnw5
削除しました
153 削除しました
削除しました ID: AmyWFCwM2V
削除しました
154 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 18:23:43 ID: c2b+ZonGfB
大手各社が人手不足にアレやるコレやるとか出してきたけど、「店舗従業員の給与・待遇を善する」と言った企業は一つもし。
これがコンビニ

コンビニで嬉々として大量買い込みして本部の搾取に加担するも、何も知らずにバイトに来るも頭おかしいレベル

急上昇ワード