コンプティーク単語

コンプティーク
2.5千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

コンプティークとは、KADOKAWA角川書店)発行の刊のゲーム雑誌である。通称コンプ。関連雑誌としてコンプエースがある。

概要

 当初は輸入ゲームショップの「コンプティーク社」の雑誌部門として立ち上がり、編集はコンプティーク社の編集部門に所属する編集が、発行は角川書店が行うという形式だった。後にコンプティーク社が倒産したため編集部は、角川書店子会社角川メディアオフィス」が設立された際に移籍する。

 1983年11月にザテレビジョンの増刊として、隔刊として創刊。当初はパソコン雑誌という位置づけであったが、編集方針が定まっていなかったからか、売れ行きが伸びなかった。

 転機が訪れたのは、1985年7・8月号でのこと。ファミコンゼビウス無敵コマンドをスクープ、これにより売し、雑誌としては異例の増刷を行うまでに爆発的な売り上げを見せた。この勢いを買って、1986年刊化、さらに様々な誌面展開を見せる。

 しかし順調に進んでいたコンプティークにも震が走る。1992年角川春樹・歴兄弟が経営方針を巡って対立、歴が退社し、当時のコンプティーク・マル勝を編集していた角川メディアオフィスの編集スタッフほぼすべてがメディアワークスの設立に参画する。スタッフがいなくなってしまっては雑誌が出せなくなるため、急遽外部の編集プロダクションに委託し、何とか発行を続けることができた。とはいえほとんどの連載が作家ライター漫画家ごとそのまま電撃系に行ってしまったため、誌面の大幅変更をせざるを得なくなった。

 それでもスタッフの入れ替えや誌面構成の見直しを繰り返し、後に現在のようなギャルゲーエロゲー紹介と、そうしたゲームコミカライズなどの漫画を中心とした誌面構成へと変化していった。2004年からは「らき☆すた」(美水かがみ)の連載が開始、コンプティークの看作品となっていきアニメ関連の特集も増加した。2008年には創刊25周年を迎え、また昔とは誌面構成が変わったとはいえ、現在一残っているパソコンゲーム雑誌となっている。

 2013年には創刊30周年を迎えたものの、近年のPCゲーム不況の煽りを受け発行部数5万部を割るなど退潮を余儀なくされており、2013年に誌面の小リニューアルを測り、いくつかのコミックが終了し、徐々にアダルト関連のゲームは減っていたもののPCゲーム関連の連載や特集はもとより記事掲載がされなくなった。コミック場面へのニンジャスレイヤーが連載開始している。2013年10月号では自社コンテンツの1つである「艦隊これくしょん」の別冊付録を付けたところ、書店に行列ができるなど、各地で売が起きる騒ぎとなり、前述のゼビウス裏技記事以来28年ぶり2度の重版が行われることになった。

 2013~2016年まではFate関連、艦これソーシャルゲームWebメディア初音ミクボカロ)中心の誌面ではあったが2018年にはバーチャルユーチューバーvtuber)をいちく取り上げて記事・特集化し、2019年現在には常連特集となっている。また本誌以外vtuberに特化した2018年には増刊誌「Vティーク」を不定期刊行している。

2020年現在の誌面の中心(特集)はVtuber艦これFate関連、ソーシャルゲーム、その他の順の割合が多くなっていたが、2022年現在Web小説由来の盛により、Web小説コミカライズファンタジー漫画異世界コミックなどの漫画連載も増えている。

連載中の作品(下線は記事がある作品)

過去の連載作品

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コンプティーク

51 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 03:04:07 ID: i2fpGvsVRZ
アズールレーンへのコンプレックス爆発させたのか
コンプティーク)だけに(ギャグ
52 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 03:11:44 ID: 7QKToANdRd
何も独断で決めてるわけじゃないだろう
アイちゃん側とも論話し合ったろうし
53 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 12:56:53 ID: 8NBUXD560r
>>47
そりゃサブカル雑誌でありながら世間の流行よりも編集部の意思を優先させる時点で(コンプ編集部は)アホでしょ。
>>52
話し合った(コンプ側の一方的話し合い
54 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 23:44:03 ID: UBhrylf1ie
サブカル雑誌の時代ももう古いか…
55 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 00:01:48 ID: UBhrylf1ie
私たちのしんだ、楽しかった物が徐々に老害化していくな。
新しいこと、危険を伴う物が怖くなる。
年を重ねるとはそういう物だとしても
メディアがそうなれば、身内にしか相手にされなくなる…
その先に陰惨な未来しか見えずとも、自分の居場所を取られるのが怖い

としておこう。
56 ななしのよっしん
2019/12/11(水) 22:11:47 ID: btWVbe4oCt
最近はVtuber、特ににじさんじゴリ押し立って来たな
57 ななしのよっしん
2019/12/18(水) 00:14:21 ID: 3M05LVKnet
>>56
ホロライブアズールレーンコラボ.LIVE炎上中、といくと自然にじさんじゴリ押しせざるを得ない
でも一部メンバーアズールレーンやっているし、ビリビリ動画に進出しているからもう時間の問題だね
58 ななしのよっしん
2022/02/19(土) 11:27:48 ID: o2oQeln+O9
>>30
当時も何周年だが編集部に過去の雑誌が残ってないとか言ってた気がするな…ギャルゲ雑誌時代しか知らけど。
同じゲームを表あけるりよあけなと別の見出しをつけながら、コンプの両隣にGマガとゲーマガが並んでた。

可憐がVtuberになっている位だから、本屋の置く場所は変わっても3雑誌の並びは今も変わらんのかな?
59 ななしのよっしん
2022/05/10(火) 13:59:30 ID: 5eAl61nB17
そういえばコンプティークから艦これが撤退する事が発表されたら、一部提督達から「コンプティークは迷走気味だし艦これを手離したから今後は低迷一途だろう」としてたが、艦これ撤退した後コンプティークスバル効果で重版が決定した時フフッってなった。
60 ななしのよっしん
2022/05/15(日) 22:00:52 ID: UD25DEEKyD
イベントについて書くな!って田中の代わりにクレームつけられたとなれば載せなくなりますわな
出版社の責任として虚偽情報は流せないもの

なおウマ娘扱ったら重版かかるほど売れた模様
艦これももうかつての勢いはないんだね