コンモドゥス単語

コンモドゥス

コンモドゥス / アウレリウス・コンモドゥス・アントニヌスアウグストゥス(161年~192年)とは、ローマ皇帝で、アントニヌスの二代である。

概要

それまでの養子皇帝制ではなく(実態はほとんどなきに等しいのだが)、マルクス・アウレリウス・アントニヌスから世襲で皇帝になった彼の息子。12年の統治の末暗殺された暗君として評価されている。

コンモドゥスの治世

161年にルキウス・アウレリウス・コンモドゥスとして生まれた。マルクス・アウレリウス・アントニヌス子供は多かったもののほとんどが世し、一の息子として後継者として育てられ、生前に共治となった。

マルクス・アウレリウス・アントニヌスはドナウ方面でのゲルマン系の部族との戦いのさなか亡くなり、コンモドゥスは軍事行動を止めローマに帰還した。凱旋行進中、サオテルスという従者とキスを繰り返していたことが、人々に一の不安を与えたという。

コンモドゥスは帝国政府への不干渉義をとったが、そのためにたびたび命を狙われる羽になった。最初の陰謀はキラの扇動によるもので、甥のクィンティアヌスがその実行犯だった。さらにサオテルスが殺され、コンモドゥスはルキラ、クィンティアヌス、親衛隊長テルヌスを処刑し、ペレンニスがパテルヌスに代わって親衛隊どころか政府の管理まで行うようになった。

しかしペレンニスも185年、失脚し処刑され、従のクレアンデルがこれに代わった。クレアンデルはもとフリュギア奴隷であり、有能ではあったもののコンモドゥスの放蕩を支えていった。さらに187年に元脱走兵のマテルヌスによる暗殺未遂が発覚し、ますますコンモドゥスはの席から遠ざかるようになった。

190年にクレアンデルが失脚した。クレアンデルは、穀物管理官のディオニシウスに穀物不足の責任を押し付けられ、民衆の暴動の末、身の危険を感じたコンモドゥスに処刑された。しかしコンモドゥスはこのころから自身をヘラクレスと一体視して闘士に加わり、ローマが大火に包まれると、これ幸いとコロニア・コンモディアナに名をめたともいう。

そして192年の年末、クレアンデルに代わった従長エクレクトゥス、親衛隊長ラエトゥス、ルキアによる暗殺劇が行われた。当初は殺するつもりだったが、コンモドゥスはを吐き出し、仕方なくナルキッソスによって絞殺されたのである。

元老院はドミティアヌスネロ以上の暴君であったと遺体の引き渡しを要したが、次ペルティナクスハドリアヌスに遺体を移し、4年後セプティミウス・セウェルスによってとしての栄誉を授けられた。

こうしてローマは再度混乱に包まれていく。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コンモドゥス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • コンモドゥスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/22(木)00時更新