コーチン単語

コーチン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

コーチンとは、インドの地域。また、その地域に存在した王である。

概要

中世マラバールに存在した王である。別名、ペルンパダップ・スワルパム。

の登場は文書では現存せず、口頭での伝承の中に出てくるのみである。残存する中で最初に現れる文書では、伝説でチェラペルマルが彼の甥、もしくは息子へ王を分配したことが始まりとされる。

欧州に確認される段階では、ポルトガルインド来航時に、コーチン王は中央ケララ地方の多くを支配していた。北はポンナニプッカイタ、東はアナマラ、南はコーチンとポラッカドにまで伸長していた。エラナドのザモリンによってカルカタが征されると、王は宗権をされ始める。そのため、15世紀中は、中国明朝によって介入されとなっていたようだ。

ポルトガルからペドロ・アルヴァレスカブラルが来航すると、王ポルトガルとの間に友好条約を結びこの条約に基づいて工場が建設された。ヴァスコ・ダ・ガマが来航するとエラナドのザモリンとは一着あったものの、ポルトガル支援によって退けている。王ポルトガル支援を得て、玉座を維持し、ポルトガルコーチ港を建設して、防衛のために周囲に要塞を建て、この地を香辛料輸出の拠点として利用した。

その後、同盟はオランダに引き継がれ、途中、マイソールとなるも、後にイギリスインドの一つとなって存続。イギリス統治時代にコーチ港は南アジアで最も安全な港にまで発展した。インド独立すると、王インド連邦の一つに属し、行政地区の変遷を経てケーララ州となり現在に至る。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コーチン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • コーチンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!