ゴジラ FINAL WARS単語

ゴジラファイナルウォーズ

ゴジラ FINAL WARSとは、28ゴジラ映画である。

概要

 2004年12月4日開されたゴジラ映画監督北村ゴジラ生誕50周年作品。題名の「FINAL WARS」の通り、ゴジラシリーズの最終作として作られた。(しかし東宝の上層部く「ミレニアムシリーズの終焉」という意味らしい。)

シリーズに登場した怪獣たちが多数登場し、「X星人」「妖ゴラス」「号」など東宝特撮の要素が凝縮されている。その反面、北村監督の要素なのか人間アクションの場面が多いため、評価が賛否両論な作品としても知られる。

今作では「とっとこハム太郎」の同時上映はない。上映時間は125分。

行収入は12億6000万円、観客総動員数は100万人程度。残念ながら「シリーズ観客総動員数1億人」には届かなかった。だが、本作が開されると、ゴジラハリウッド殿堂入りした。日本キャラとしては初めてである。だが製作スケジュールのせいで東京映画祭への出品はできなかった。

なお、本作の約10年後にハリウッド版『GODZILLA(2014)』が開。更に2016年には『シン・ゴジラ』が開されたことでシリーズの命脈は保たれ、本作がゴジラシリーズ最終作になる事は免れた。

登場怪獣

冒頭のライブフィルム怪獣も含めると、

がいる。当初はメカゴジラキングギドラ・ゴロザウルスも出す予定だった。なぜ出さなかった。

登場人物

尾崎 一(演:松岡昌宏
地球防衛軍M機関に所属するミュータント兵の一人。階級は少尉
兵士としては非常に優秀であり、また「優しさがなくて一体何を守れる」を信念としている。
新・号の兵器管制を担当している。
音無(演:菊
国連から派遣された分子生物学者。
科学者とは思えない装をしており、尾崎からはモデル気取りと言われる。
自身の科学者としての優れた知性を活かし、人類とX星人との間の秘密を暴く。
ダグラスゴードン(演:ドン・フライ 吹き替え玄田哲章
地球防衛軍戦艦「新・号」の艦長。階級は大佐
荒くれ者だが部下からの信頼は厚い。
冒頭でマンダとの戦闘にてな戦法を取ったことにより軍法会議にかけられ懲罰房に送られたが、それ故にX星人に入れ替わられずに済んだ。
X星人を倒すべく、地球最強兵器ゴジラらせることを決意する。
X星人統制官(演:北村一輝
地球侵略しに襲来したX星人リーダー。元はに仕える参謀。
好戦的かつ残な性格で、X星人の穏便な作戦に不満を感じていた。
陰謀を暴かれた後、を射殺して地球総攻撃を開始する。
風間 勝範(演:ケイン・コスギ
地球防衛軍M機関に所属するミュータント兵。
「守ることではなく攻めることが自分達の使命」と考えており、尾崎とは時に反発する。
エビが嫌いらしい。(英語版ではベジタリアンと言っている)。
新・号では操を担当。
音無 奈(演:水野真紀
日東テレビニュースキャスター。美
宇宙連合発足を推進する醍醐事務総長に違和感を覚え、そこからX星人の陰謀を暴くきっかけを作ることとなる。
坂教官(演:船木勝)
M機関にてミュータント兵の訓練導をする教官。
自身はミュータントではないが、それに負けない身体を誇る。
子(演:水野久美)
地球防衛軍世界中に出現した怪獣との戦闘の揮を執る。
役名は「怪獣大戦争」に登場した波女史元ネタ
国木田少将(演:四方堂
地球防衛軍高官。に波サポートに回る。
小室少佐(演:
地球防衛軍高官で新・号の副艦長。
冷静沈着な性格でゴードンサポートをする。
田口 健太(演:須賀健太
左門の孫。富士山麓でミニラと出会い、左門とミニラと共にゴジラを追って東京へ向かう。ミニラの名付け親。
田口 左門(演:しげる
富士山麓で狩猟をしているマタギ健太の祖
山中で出会ったミニラ健太と共に連れ、ゴジラを追って東京へ向かう。
宮寺 八郎(演:佐原健二)
防衛博物館主任の古生物学者。北海道で発見されたガイガンミイラを美と共に分析する。
中盤では妖ゴラスがX星人の作り出した立体映像であることを暴く。
X星人(演:伊武雅刀
X星人の全権代表。
地球上に出現した怪獣を消し去り、さらに妖ゴラス衝突の危険を伝えたことで地球人から歓迎されるも、これらが自作自演であったことを暴かれ、最終的には参謀(統制官)によって射殺されてしまう。
醍醐太郎(演:宝田明)
国連事務総長。作中では日本人初の事務総長とされている。
事務総長専用機で移動中にラドンに襲われ消息不明となるが、X星人によって救出された・・・・・と思われていたが、実はこのときにX星人が変装した偽物と入れ替わっていた。
偽物は美奈たちの手によって正体を暴かれ、後に射殺される。
小美人(演:長澤まさみ大塚ちひろ
インファンに住むモスラに仕える妖精
1万2000年前のガイガンモスラの戦いのことを尾崎たちに伝え、さらに尾崎には邪悪な者の血が流れていることを警告しインファンのお守りを託す。
前作の「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に登場した小美人と演じた役者は同じだが、別人である。モスラともども使いまわしとか言わないこと。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9%20final%20wars

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゴジラ FINAL WARS

295 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 19:43:57 ID: u9Zvdp93T3
FWが出来が悪いのは確かだけどコンセプト自体は魅せ方次第でいくらでも面くなるから悪くなかった
って怪獣黙示録で示してほんのちょっと再評価された印

というわけでアニゴジ製作委員会は前日譚の作家にオラティオ号のその後を描いたノベライズの発注するんだよあくしろよついでにFWじゃ出せなかった特殊な出自の怪獣の出演もよろしくな!
296 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 19:48:04 ID: u9Zvdp93T3
oh…既に同じ事を3ヶ前に書き込んでた…
297 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 19:39:43 ID: 68Iynd1qjJ
別に映画そのものが最高だ!!とは言わない・・・というかとても言えたものではないけれど、
映画の出来でべて「良い映画」を見たいなら「MAD MAX FuryRoad」筆頭に
映画として傑作」と呼ばれてるのを見ればいいとは思うんだよね

ゴジラ映画の見方は人それぞれだし、自分の好みのゴジラを押し付けることはしないけど
「強いゴジラ映像で見る」という点に関してはFWはちゃん抑えてくれたと思うよ
浅田英一監督特撮の見せ方もかなり良いというのも加えておく

ただそれ以外で致命的におろそかな部分も多いから、そこでこの映画が嫌いっていう意見も解る
298 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 21:13:26 ID: v9oGIqm597
「強いゴジラ」を見るのにこれほどいい映画もないと思うんだけどな。
序盤、人類が超兵器を使ってもなお苦戦する怪獣たち(エビラを除く)をバッタバッタとぶっ倒して行く爽快感とか今見てもすごい
それに、最後人類への怒りをいったん抑えてミニらとに戻った姿は「ゴジラ息子」でのゴジラも彷彿とさせるし。
”それまでのゴジラのありとあらゆる要素を詰め込んでめっちゃ強くなったゴジラ”って感じがした。
299 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 20:31:40 ID: 8EOiCDYftE
ゴラスの落下を予見して迎撃熱線撃って傷&そこから戦闘(元々が寝起きからのトラアスロン並みの怪獣プロレス地球横断)とか、同じくゴラスを撃ったアニゴジとは設定違うにしてもフィジカルお化けすぎる。
300 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 21:16:58 ID: a+2EANech3
強いゴジラは見物だけどその分敵怪獣全にかませになってしまうのがなぁ
301 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 13:51:32 ID: VqQ0SsuywF
役をよいしょするための敵をただただ一蹴していく話って書くとなろう系じみてくるか…
まあその分苦労する役割を人間サイドに当てたのかもしれんが
302 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 19:27:38 ID: 3VY3m8vQDR
見直してみたら序盤の対マンダ戦とか「オペレーション・ファイナルウォーズ!」のシーンとか麻薬ドバドバ出そうなくらい燃えた。BGMはほんまええぞこれ
一方で嫌いなシーンはとことんいらんなってなる。ラドンを襲う前の外人たちのギャグは記憶から消したくなるほどつまらないですね…一周回ってB級映画ってこういうシーンあるよネって気持ちになれて逆に好き、かも
303 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 23:37:10 ID: iBawhfURJw
総評としては低いかもしれんが、「人類が生み出してしまった過ちが、それ故に逆に希望になる」「カイザーギドラ戦で一時的に手を組む→戦闘終了直後に助けたはずの号に即熱戦ぶっぱするゴジラ」「お互いに和解する次世代」
ここらへんがエモエモエモなので他の欠点帳消しにしてもいいぐらい好きなの
304 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 10:07:20 ID: 7UaaO+JA4I
ファイナルで「そうそうこういうのが見たかったんだよ!」って気分で
シンゴジアニゴジで憤が溜まってた身としては
キンオブモンに救われた。やっぱ北村監督は正しかったわ

急上昇ワード