ゴジラ-1.0単語

136件
ゴジラマイナスワン
4.0千文字の記事
  • 17
  • 0pt
掲示板へ

戦後日本
ゼロから
マイナスへ。

G -1.0

生きて、抗え。

ゴジラ-1.0とは、2023年11月3日開の日本映画である。
でも、『GODZILLA MINUS ONE』のタイトル12月1日より開。

2024年1月12日には全編をモノクローム編集した特別版『ゴジラ-1.0 マイナスカラー』が期間限定開され、同年4月19日には応援上映会も実施予定。

概要

-史上最悪の“絶望”が襲来する-

実写ゴジラ30作品の記念作となると同時に、ゴジラ生誕70周年記念作品でもある。
それに加えて令和に入ってから最初のゴジラ映画ともなる。

監督は『三丁目の夕日シリーズや『アルキメデスの大戦』、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』等を手掛けた山崎貴が担当。

本作の撮コロナ禍2022年2月に翌年開予定作品として、“超大作怪獣映画”のエキストラ募集が開始され、一時「ゴジラの新作か?」と話題になったものの、その時は監督が明かされただけでゴジラ映画か否かは明かされなかった。撮は約3かほど行われ、22年6月中旬ごろにはクランクアップしたと報じられている。

後に22年11月3日ゴジラフェスにて、新作短編の「ゴジラvsガイガンレクス」や「フェスゴジラ3 ガイガン来襲」の開の後にGodzillaのGを模したロゴマーク開され、本作の存在が明かされ「とてつもないゴジラす」という監督コメント開された。

その後しばらく情報かったが、2023年6月12日Twitterアカウントが開設され、その日から前作『シン・ゴジラ』から時代を遡る形でゴジラ映画紹介していく形を採っており、ファンの間では計算上『ゴジラ(1954年)』の紹介が行われるであろうウルトラマンの日にあたる7月10日前後に何かしらの情報が解禁されるとの見方が強まった(7月10日ゴジラ産みのの一人である円谷英二戸籍上の誕生日でもある)。

そして来る7月11日、翌12日午前4時の特報解禁がアカウントにて予告され、本作のティザー映像および正式なタイトル開された。

演には『GHOSTBOOK おばけずかん』で山崎作品に出演し、ゴジラ映画には初出演となる神木隆之介が据えられ、ヒロイン役を浜辺美波が演じる。この組み合わせは偶然にも同時期のNHK朝ドラの『らんまん』と同じである。
この他に吉岡秀隆のように山崎作品にお染みの顔ぶれだけでなく、佐々木蔵之介山田裕貴青木崇高安藤サクラらも出演する。

同年11月8日には山崎監督本人が執筆したノベライズ版も刊行されている。

DVDおよびBlu-ray2023年5月1日発売予定。

内容

本作最大の特徴として、シリーズで初めて『ゴジラ(1954年)』の開年にしてこれまでのゴジラ誕生の基準とされてきた1954年よりさらに7年近く遡った第二次世界大戦終結から約2年後の1947年頃の日本舞台となっている[1]

その内容も、尾冷静かつ論理的ゴジラの対処に当たった政治家自衛隊員の活躍が中心の政治劇としての側面が強かった前作『シン・ゴジラ』とは対照的に、本作はほぼ全編に渡って主人公を含めた民間人(あるいは元軍人)の視点のみ[2]物語が進められて行く。

それだけなら過去ゴジラシリーズでも別にしいものではなかったが、本作ではその一般人でしかない人間達が終戦直後の自衛隊54年版でいう防衛隊)はおろか自衛隊の前身である警察予備隊もまだ組織されていない防備な状況の中で現れたゴジラという未知の強大な存在によって翻弄され、その災禍の末に突きつけられる圧倒的な恐怖、悲哀、そして絶望を描いた極めてハードかつシビアなドラマで構成されており、ゴジラが暴れるパートにおいてもゴジラの破壊活動によって大勢の人間の命が奪われていく様が直接的に映されるショッキングシーンも多いなど、シリーズ全体で見ても1954年の『ゴジラ』と同等かそれ以上に重苦しく、緊迫感に満ちた作品となっている。

一方で、そんな絶望的な状況を乗り越えて残された者達が日本未来を守るために今持てる全てのを合わせてゴジラに立ち向かっていく姿も描いた決してただの悲劇で終わらない感動作に仕上がっている。

加えて昭和レトロおよびミリタリー物を得意とする山崎氏らしく、遠くなって久しい昭和時代の日本の雰囲気、旧日本軍兵器を限りなく正確に再現して描いて見せている点も本作の大きな見所となっている。

山崎貴とゴジラ

監督を務める山崎貴ゴジラを演出したのはこの作品が最初ではなく、2007年の『ALWAYS 続三丁目の夕日』の冒頭でCGを用いたゴジラを出演させたのが最初となる。この時期は丁度本家ゴジラシリーズが休止期間であったため、久々邦画スクリーンゴジラが現れた事例となっていた。

その後、2021年5月19日埼玉県所沢市西武園ゆうえんちリニューアルオープンに合わせて稼働したライドとしては世界最初となるアトラクションの『ゴジラ・ザ・ライド』において短編映画並みの本格的なゴジラを演出している(ライド以外のアトラクションは西日本でこれより先に複数あった他、過去サンリオとのコラボもあったが当然山崎は関与していない)。
こちらには、ゴジラの他にキングギドラも登場しており、このアトラクションのためにデザインされたオリジナルゴジラフィギュアなども販売されている。

本作に登場するゴジラデザイン面に関しても、先に作られていたライド版ゴジラとの類似性が摘されている。

ちなみに山崎自身はシリーズの中で2001年開の『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』がお気に入りとしており、『続三丁目の夕日』に登場したゴジラデザインはその2001年ゴジライメージに近いものとなっている。

興行成績・評価

国内

開直後より前作に当たる『シン・ゴジラ』に勝るとも劣らぬ山崎監督の持ち味が存分に生かされた物語的にも特撮的にも完成度の高い傑作映画として、シリーズファンだけでなくそれ以外の一般客層から見ても非常に大きな評価を得ており、開から3週間はランキング1位キープし続け、そして開5ヶ後の2024年4月には行収入70億円の大台を突破した。
これは2023年開のアニメを除く邦画作品としては同年度ランキングNo.1の記録であり、それにより本作は2023年で最も売れた実写邦画作品にいた。

そして2024年3月8日に開催された日本アカデミー賞発表会において本作が2016年の『シン・ゴジラ』に続いて最優秀作品賞を受賞。
それ以外にも脚本賞、美術賞、撮賞、編集賞を含めて合計8部門の賞を獲得している。

これほどのヒットを受けてか、2023年11月開から約半年近くが経過した2024年4月まで異例のロングラン上映が続けられている。

海外

日本以上に凄まじいと言えるのが海外での評価であり、12月からの全開後は開から僅か5日で1436万ドル2023年12月レートで約21億円)を稼ぎだし、『子猫物語』が持っていた全における歴代実写日本映画記録を34年ぶりに塗り替えた。

当初はだいたい1週間程度の限定開を予定していたが、あまりの反の大きさにどこの映画館でも長くて1ヶ近い開期間の延長が行われ、それから全館開終了まで5600万ドル以上の行収入を叩き出した事で本作は全で売れた海外映画ランキングの第3位まで上り詰めた。
米国以外のイギリスフランスなどの欧州でも本作は極めて高い評価を得て多くの観客を呼び込んだとされ、最終的には全世界での行収入は100億円をえたと言われている。

映画業界の関係者からの反応も上々で、ギャレス・エドワーズマイケル・ドハティなどこれまでMVシリーズに携わった者も含めた向こうの監督達も本作の出来栄えを称賛した他、あのスティーブン・スピルバーグに至っては山崎氏と会った際に「自分は3回くらい見た」と彼の前でったという。

海外における数多くの賞レースでも本作は様々な賞のノミネートおよび受賞を果たしており、遂にはアメリカ2023年開の映画を対にした第96回アカデミー賞選評の視覚効果賞補に本作がノミネートされる事となり、これだけでも邦画としては前代未聞の慶事であったが、2024年3月11日アカデミー賞選評発表会にて正式に視覚効果賞の受賞が決定。
監督がVFXを兼任する形での受賞は『2001年宇宙の旅』のスタンリー・キューブリック以来実に55年ぶりの快挙である。

キャスト

スタッフ

関連動画

関連静画

お絵カキコ

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *これまでのシリーズの中で『怪獣総進撃』や『ファイナルウォーズ』、『アニゴジ三部作』など、開年よりも未来の時代を描いた作品はいくつかあったが、回想シーン以外で年代設定そのものを現代から逆行させているケースは今回が初。例外的に劇中でタイムトラベルが行われた『ゴジラvsキングギドラ』にて1945年前後の時代が舞台になったシーンが存在する
  2. *日本政府および占領軍の意向や施策についてはあくまで台詞で言及される程度
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

  • なし

【スポンサーリンク】

  • 17
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

機獣新世紀ZOIDS (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: 青蛙 「静岡ホビーショーにて公開の『リアライズモデル』ブレードライガー&ジェノザウラーをよろしくね」
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゴジラ-1.0

2267 ななしのよっしん
2024/05/18(土) 09:31:36 ID: LXAmAULO7U
アストの話はユアストの方で。
ってかあれ「大人になれwww」とかいうヤツを主人公が「ゲームもまた現実だよバーwww」ってぶちのめす結末だから、ストーリーとしては一応ゲームを肯定してるはずだが。
話としてつまらなかっただけで。
まあ山崎監督はちゃんと「ドラクエ知らんから理」って断ったんだから、理矢理作らせた人選側の問題もあるだろう。
嫌々作ったユアストが名作になっていたら今後も専門外のジャンルばかりを押し付けられて、ゴジラ-1.0が世に送り出されることもなかったかもしれない。
だからドラクエファンには笑いが、あれで良かったと思うよ。
人選ミスった連中も少しは懲りただろうから。
👍
高評価
3
👎
低評価
9
2268 ななしのよっしん
2024/05/18(土) 09:46:45 ID: 7zWlsrBwUm
なるほど受けた仕事でも嫌だったらにやらずに雑でいい加減にやってもいいと
👍
高評価
2
👎
低評価
10
2269 ななしのよっしん
2024/05/18(土) 10:12:54 ID: LXAmAULO7U
顰蹙買うのを承知で言うが、嫌な仕事を押し付けられるのを防ぐ手段としてはアリだと思うぞ。
まあ山崎監督がどういうつもりだったかは知らんが、雑にやろうと丁寧にやろうと、専門外の仕事じゃいずれボロが出るからな。
とりあえずにとって重要なのは、ゴジラ-1.0が大好きだってことと、この映画が大ヒットしてめでたいってことだ。
そしてここはユアストじゃなくてゴジラ-1.0の記事だ。
👍
高評価
8
👎
低評価
1
2270 削除しました
削除しました ID: 1YJ1Bc18xi
削除しました
2271 削除しました
削除しました ID: 1YJ1Bc18xi
削除しました
2272 ななしのよっしん
2024/05/19(日) 21:35:24 ID: NIIjLFuSjl
映像クオリティは本当に凄かったし、に作ってはいただろう
ただ視聴者めているものと噛み合わなかった不幸事故だったというだけで
👍
高評価
4
👎
低評価
0
2273 ななしのよっしん
2024/05/19(日) 21:40:58 ID: YaRxEIKwUo
マイゴジは気に入ってるがユアストは絶対許さん
あれでゲームを肯定してるつもりなら尚のこと立たしい
ドラクエかつゲームファンとしてあれを肯定するつもりは断じて一切ない
でもそれはそれとしてマイゴジは好きだ

監督名前だけで評価の白黒はつける気はないなぁ
👍
高評価
3
👎
低評価
5
2274 ななしのよっしん
2024/05/19(日) 21:45:06 ID: 8w6mSwwc1A
まだスレチのユアス擦りやってんのかよ…
恥も飽きも知らないんだな
👍
高評価
6
👎
低評価
1
2275 ななしのよっしん
2024/05/19(日) 21:46:57 ID: LTAyvI3rhl
まあ正直自分はドラクエに詳しくないから何とも言えないし同情はするけど、
山崎監督オスカーを獲った時にアンチが延々と恨み節を吐いていたのは陶しいしチラ裏にでも書いとけと思った
👍
高評価
6
👎
低評価
2
2276 ななしのよっしん
2024/05/20(月) 14:58:29 ID: ScWZ8C1ZGE
日経の記事でログインしなきゃダメだけど、面かったので。
今回吹き替えかったのは「現地」の摘だったみたいですね。

アカデミー受賞『ゴジラ-1.0』 海外で培ったネットワーク財産

https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00988/00003/?n_cid=nbpnxr_twbn#loginBackexit
👍
高評価
1
👎
低評価
0