ゴルドルフ・ムジーク単語

ゴルドルフムジーク
  • 9
  • 0pt
掲示板へ
ネタバレ注意 ※※注意※※
この記事は、FGO第2部についてネタバレしています。
続きを読む方は注意して下さい。

 

 

 

ゴルドルフ・ムジークとは、Fate/Grand Orderの登場人物にして汎人類史の希望である。

概要

初登場は第2部プロローグ、カルデアが新体制へ移行する運命の時。
外部の手が入ると共に新所長がやってくるという事は以前から伝えられていたが、どのような人間であるかは本編まで伏せられていた。
一わかっているのは魔術協会から派遣されてくるという事のみ。既存のキャラならロードエルメロ二世?あるいはアルバケイネス先生はたまた全な新キャラ?……いずれにせよ新所長のキャラクター次第でこれから先の運命は決まる。どのような人物が就任するのか、プレイヤーであるマスター達は皆戦々恐々していた。
そうして不安と共に迎えたプロローグダ・ヴィンチちゃんの口からられたのはムジークというどこかで見たような名前。数タップ後に現れたのはどこかで見たような姿のチョビDEBU。
人理継続保障機関フィニス・カルデア新所長ゴルドルフ・ムジーク(28、満を持しての登場であった。
不安に苛まれていたマスター達の多くが「…勝ったぞ。この戦い、々の勝利……!」 と確信した間である。

顔を見せるや否やカルデア職員達を武で脅し引き継ぎを押し進めようとするのだが、この間にもアドリブに弱い面が露呈したり、肝心な部分をコヤンスカヤ秘書頼みにしていたり等々、プレイヤーの期待を後押しするかのような行動を次々と披露してくれた。こうして新所長はほんの僅かの間にすべきダメ人間というポジションを得、第2部における信頼と希望を一身に背負った存在と相成ったのである。
……この辺りの希望は直後に登場した外道麻婆によって打ち砕かれるのだがそれはまた別の話。

その後、本性を現したコヤンスカヤ達が施設を強襲。カルデアは陥落し、用済みとなった彼もまた始末されてしまいそうになる。立香たちは通信越しにその状況を把握するのだが、そんな事は露知らず、数多の殺戮猟兵たちに追い詰められた恐怖絶望のあまり「にも認められなかった。されなかった」という本音を吐露する。
ーー奇しくも、それはかつて同じ立場にあった彼女が最期に振り絞った叫びと全く同じものであった。
決して看過できない言葉をにした立香とマシュによって救出され、シャドウ・ボーダーへと避難し虚数世界へ潜航。こうして彼もまた、異聞帯との戦いにおけるメンバーの一員となった。

この先、前人未到の聖杯探索において彼はどのような活躍をするのだろうか。ハロウィン水着イベントバレンタインにおいてどんなリアクションを取ってくれるのだろうか。今後の活躍に期待である。

能力・人物評

性格は尊大かつ傲慢、そのくせ根は臆病で何かあるとすぐ他人を頼りにしようとする小心者。一見すると人間のクズであるが、行動を鑑みると性格、実共に一概にはそう言えないことが分かる。

  • 銃火器で武装した兵隊を率いて入所する事により実質的な武制圧、その上での退職勧告という暴挙

    魔術師にありがちな現代技術への軽視がく、柔軟な考えを持ち合わせている
    実は旧スタッフの再就職先も手配済み
  • 戦略については敏腕美人秘書タマモヴィッチコヤンスカヤ頼り切り

    自分にい技を他者の助で補うという理性秘書の言う事に大人しくを傾ける素直さも持つ
  • 協会から大した価値がいと見做され、部門毎に売却されかけていたカルデアをまとめて買い取り分割阻止。組織を人体に例え、全体の在り方や連携の重要性を説く

    私財を投じて購入したために門として後がい状態。良くも悪くもカルデアとは一蓮托生
  • 裏切られた兵隊たちに追い回され、這々の体で逃げ回るという無様

    サーヴァント級の殺戮猟兵を相手にして、防戦ながらも生き残るという確かな実

……などなど、有能さと無能さそれぞれを絶妙なバランスで誇っている。また、魔術師としても趣味人としても結構な多才であり、かなり実用的なスキルが多いのも特徴である。

異聞帯においてはシャドウ・ボーダー内にて総揮を担当。基本的には経験者である立香ら旧スタッフたちに任せっきりであるが、ひと度アクシデントや命の危機に直面した時には「生き残る」方へ全かつ即座に判断を行う。
臆病すぎるきらいはあるものの、その判断自体は非常に的確。勇敢ではあるがなにかとしがちな「冒険野郎」である立香たちと合わせるには丁度いい塩梅であるとも言える。

性格面ではお貴族様ゆえの思い上がりや神経さは持ちつつも、不安定な状態となったマシュを気遣う素振りを見せたり、一般人魔術撃しかけると「そいつの人生を狂わすつもりか!?」と秘の漏洩より個人の心配をしたりと、周囲への配慮をそれなり以上に持ち合わせている。実際の所、魔術師としてはかなり良心的な対応を見せる場面が多い。また、シャドウ・ボーダー内ではフォウくんに手ずからエサを与えている事が判明している。(フォウくんは基本的に主人公マシュにしか懐いていない。「再学習」し始めているとされる彼が少なからず心を許しているという事は……)
序章においての功名心に逸る行動は「低く見られがちな名に功績をすため」とあるが、その裏では「にも認められてない、からもされていない」というコンプレックスを抱いており、功を焦るのもそのため。少なくとも根に近づくためという意識は持っていない様子。

…つまるところ、魔術師に向いていない人なのではないだろうか。

余談

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゴルドルフ・ムジーク

226 ななしのよっしん
2020/05/06(水) 01:05:55 ID: Y+8W+M777g
もしかして型月で一番の善人なのでは。
227 ななしのよっしん
2020/05/08(金) 01:12:36 ID: bzSKP3nJR7
型月世界トップクラス善人
どうしてこんな魔術師らしからぬ性格(誉め言葉)で時計法政科とかいうろくでもないことに絡みまくる魔を生き抜いてきたんだ……
228 ななしのよっしん
2020/05/16(土) 20:00:56 ID: nFPTVu5JZY
型月魔術師にとってホムンクルスは基本具みたいなもんであるわけで
そいういう存在との別れに意味を見いだせる時点でもう魔術師として異端すぎるよ
229 ななしのよっしん
2020/07/28(火) 20:49:50 ID: LrG1V5THgy
ホムンクルスを労って皆でハワイ旅行行く位だからなあ・・w
この辺は本当ならばホムンクルスが短命な問題を何とかしようと模索もしていたのではないかとか妄想してた
230 ななしのよっしん
2020/07/30(木) 20:48:10 ID: +0VMQcnZXu
後期OPの新所長がカッコいい反面陰りがあって
この先のストーリーどうなるのか不安で怖い・・・
231 ななしのよっしん
2020/10/01(木) 15:49:10 ID: wlUk2Grexj
北欧子供達に生きろと褐を入れたのって多分だけど、子供の命が尊いと考えてるのは論の事だけど、やっぱり短命だったトゥールと重なったのも理由なんじゃないかと今にして思う
232 ななしのよっしん
2020/10/25(日) 01:23:50 ID: LrG1V5THgy
からもされないまま死ぬのは嫌だ』と初登場時に言ってたけど、今はもう自分を愛してくれる人達の存在がいる事で自己が犠牲になる事もわなそうだから怖くなってきた・・・(実際ケーキを盛られた時はぐだの命を優先して自身が死ぬつもりだったし)
233 ななしのよっしん
2020/12/11(金) 06:54:43 ID: 8TaRuLLPFO
知れば知るほど汎人類史の徴のようなオッサン
234 ななしのよっしん
2020/12/12(土) 12:18:24 ID: hE8+i91O/V
ペンウッド卿と同じ末路を辿るのだけは……
235 ななしのよっしん
2020/12/16(水) 03:16:57 ID: LrG1V5THgy
性格こそ正反対だけど心の根っこの部分がぐだとそっくりなんだよね、その辺もフォウ君もわかってるのかぐだへの懐き具合と所長への懐き具合が大体同じなのが

急上昇ワード改

2021/04/20(火)02時00分 現在