サイクロップス単語

サイクロップス
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

「サイクロップス」CYCLOPS)とは、悪の驚異から人類を守り、人類とミュータント平和的共存を実現するために組織されたミュータントヒーローチームX-MEN」のリーダーを務めるマーベルコミックスアメコミヒーローである。

I am an X-MEN! Don't even think about it!

コードネーム元ネタである一つ巨人については「サイクロプス」の記事参照。

概要

本名は「スコット・サマーズ」。

ミュータントヒーローチームX-MEN」の初代メンバー5人のうちの1人(残りは「ビースト」「エンジェル」「アイスマン」「マーベルガールジーングレイ)」で、群像劇スタイルで多数のキャラクターが登場する「X-MEN」において主人公といって差し支えない人物。

コードネームは、を開けているだけで出るビームを制御する為のルビークオーツ製のバイザーを着用している姿が一つの様に見えることからつけられたものである。

カナダアンカレッジ出身の男性で、子供の頃、両親と生まれたばかりのアレキサンダーの四人で小飛行機に乗っていた際に両親が銀河帝国シャイアによって拉致され、アレキサンダーは別の養の元へと貰われていった為、孤独の少年期を送った。十代半ばの頃に、両から強破壊光線「オプティックブラスト」と言うビーム放出するが発現した事でミュータントである事が発覚し、プロフェッサーXが宰する学園の生徒になった。

彼のトレードマークの一つバイザーは、幼年時に事故で追った傷がを損傷させている事が原因で、を開けているだけでオプティックブラストは常時から出ている状態になる為、制御装置として装着している。なおオプティックブラスト自体は(後付設定ではあるが)太陽線を吸収したサイクロップスが異次元エネルギーを両に開けたホールから開放している為、プライベートでは太陽線をカットする素材で出来た普通サングラス状のものをかけている。論この場合は出調整が出来ない。

初期メンバーウルヴァリンは通称の「スリム」で呼んでいる。これはX-MENとしての活動を始めた際に190cm長身ながら約80キロと言う痩身だった事ことが元で、「X-MEN」第1話でプロフェッサーXが新しく学園にやってきたジーングレイにサイクロップス・ビーストエンジェルアイスマンの4人を紹介する際に

HANK McCOY, KNOWN TO US AS THE BEAST!
BOBBY DRAKE, NICKNAMED ICEMAN!
SLIM SUMMERAS, OUR HUMAN CYCLOPS!
AND WARREN WORTHINGTON THE THIRD, WHO IS CALLED THE ANGEL!

と、プロフェッサーXからも本名のスコットではなく、スリムと呼ばれている。

女性遍歴に定評があり、様々な女性キャラから言い寄られてる。尊敬するプロフェッサーXの元で、人類とミュータント平和的共存の為に戦う日々を送る中で、ジーングレイ愛し合うようになるも、ジーンダークフェニックスとなって自決した事で学園を離れ、先で知り合ったジーンにそっくりなマデリーン結婚し、息子ネイサンをもうけている。しかしマデリーンは、ミスターシニスターが用意したジーンクローンである事が判明した上、ゴブリンクィーンとなったマデリーンインフェルノ事件終結時に死亡した為、復活したジーンとよりをもどし結婚したが、ジーンとの間にレイチェルをもうける事もなく、マグニートーの偽者ゾーン」にジーンが殺されてしまい、以前からアタックをしかけていたエマフロスト仲になっている。

現在は、ミュータント国家ジェノーシャが大虐殺により崩壊した事や、マグニートスカーレットウィッチ暴走により、マグニートプロフェッサーXを含めた多くのミュータントを失ったハウスオブM事件、その後に発生した二人バルカン生存していたが、クラコア事件の際にチームが壊滅した為、隠ぺいしようとしたプロフェッサーXにより世界中の記録から消去されていた事が発覚した件を経て、プロフェッサーXの人類とミュータント平和的共存の理想を捨て、ミュータント名すものは殺も辞さないと言うマグニート的な思想でミュータントを保護する独立国家ユートピアを作り上げ、ナイトクロラー息子ネイサンことケーブルの戦死、旧友ビーストウルヴァリンの離脱を経て、ユートピア国家元首としてミュータントの為に戦っていた……

しかし、滅びにしたミュータントを救いたいと願い、その希望である少女ホープとかつてジーンを苦しめたフェニックスフォースを巡ってアベンジャーズと対立。
コロッサス・ネイモアマジックホワイトクィーンと共にフェニックスフォースを手にし、強大なを持ったフェニックスファイブへと変貌する。
フェニックスフォースの副作用人間性の喪失が始まっていた事も在り、その世界暴力を根絶した形、「パックス・ユートピア」を実現しようと行動を開始。
アベンジャーズ牙にもかけぬ強さで、理想を実現しようとするも、その強引なやり方に、味方であるはずのミュータント達までもが叛旗を翻してゆく。
追い詰められたサイクロップスはあろうことかフェニックスフォースを奪う為にエマを手にかけ、最後まで説得を試みたプロフェッサーXをも殺
全てのフェニックスフォースを得て、全てのヒーロー、全てのミュータントと死闘を繰り広げる。
最終的に敗れてしまうものの、フェニックスフォースがスカーレットウィッチホープによって拡散し、その影ミュータント達が再び増え始めた事により、はからずもサイクロップスの願いであるミュータントの再生は果たされたのであった。
 敗北後は捕らえられに閉じ込められるものの、すぐさま脱獄してミュータントを守るための戦いを再び開始しする。

その姿に「スリム」の印い。

家族構成

不幸家族設定の多いマーベルユニバースの中でも、とびきりの”普通に生きる事が出来ない一族”サマーズについて説明する。なお、遺伝的に同一人物とか、未来から来た子供のはずなのに妻が死んだとか、別の世界血縁者とかはマーベルコミックスではよくある事なので気にしてはいけない。またこれらの設定は、死んだはずのキャラが実は死んだのは偽者だったりクローンだったりで本人は生き返ったとかが当たり前におきる世界ゆえ、編集長やライターが変わると変更になる可性があるのを前提としておく事。 

両親 

コルセア(Corsair)/クリストファー・サマーズ

キャサリン・アン・サマーズ

兄弟

ハボック(Havoc)/アレキサンダー・サマーズ

バルカン(Vulcan)/ガブリエル・サマーズ

アダム・ネラマニ

嫁・恋人

ジーン・グレイ

マデリーン・プライアー

エマ・フロスト

子供 

ケーブル(Cable)/ネイサン・クリストファー・チャールズ・サマーズ

ストライフ

フェニックスII(PhoenixII)/レイチェル・サマーズ

X-MAN/ナザニエル・グレイ

ルビー・サマーズ

メガン・サマーズ

ホープ・サマーズ

ジョナサン・リチャーズ

トレバー・フィッツロイ

主人公(笑)から主人公へ

全身タイツに一つバイザーといったオールコスチュームや、幸薄い一族であること、リーダー適正はあるが頭の硬さにより柔軟な判断ができない事があったり、そのものが先頭をきるよりも後方からぶっぱした方が良いという点などから、ハルクの敵キャラからマーベルユニバースを代表するヒーローになったウルヴァリンべられるなどして、一時期は主人公(笑)的な扱いをうけていた。

カプコン格闘ゲームでも、ウルヴァリンが「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」まで全作に登場した上に、アダマンチウムを失ったウルヴァリンクローンX-23などの類似キャラクターも登場する中、サイクロップスは何作か出演できずにいる点も、主人公(笑)的な扱いの一つになっている。

ハリウッド映画版「X-MEN」はさらに顕著で、まさに主人公な描かれ方をしているウルヴァリンに対して若造キャラになっており、シリーズ3作では、サイクロップスを演じていたジェームズ・マースデンが同時期に「スーパーマンリターンズ」の撮影に参加していた為にスケジュールがとれず、映画がはじまって間もなくフェニックス化したジーンに殺されて登場しなくなり、最後には墓がでてくるという有様だった。

原作の方では、ユートピア国家元首として頼れる存在となっており、また破壊することができないと言われていたアダマンチウムを破壊するなど、そのにも磨きがかかっている為、群像劇役を務めるキャラにふさわしい人物となっており、主人公(笑)キャラではなくなっている。 

格闘ゲーム

格闘ゲームプレイアブルキャラクターとして、カプコン

といった格闘ゲームに登場している。

※「MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES」には、プレイアブルでないスペシャルパートナーとして登場している。

キャラクターとしては、一部ゲームで初期カーソルキャラに設定されている事から解るように、

と言う波動昇タイプの扱いやすいキャラとなっている。

シリーズが進むと、サイクロンキックと言う移動攻撃技も使えるようになる。

オプティックブラスト三方向に撃ち分け可中でも使用出来る事、そしてハイパーコンボが1画を占有する太さの「メガオプティックブラスト」と言う点から遠距離戦に対応できるうえ、ボタン連打でヒット数があがるライジングアッパーカットをからめたコンボなど接近戦にも強い。

シリーズが進むと、技後にビームを放つ度をレバー操作できる「スーパーオプティックブラスト」が登場する。

息子を含む4強以外は勝負にならないとまで言われた「MARVEL VS. CAPCOM2」でも4強に継ぐ強さを誇っており、ジャスティン・ウォンマブカプ2背水の逆転劇を起こした際の使用キャラでもある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

関連人物

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サイクロップス

70 削除しました
削除しました ID: hy5zBr9fj8
削除しました
71 削除しました
削除しました ID: y4VAwXSyEX
削除しました
72 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 00:54:07 ID: oFXRsQtZ6r
マーベルナウとかだと全にヴィランレベルブラックさでヒーローの面影もないからすごい
セリフとか行動原理はかっこいいんだけど
73 ななしのよっしん
2017/12/23(土) 12:07:38 ID: BqBKUtNqZr
心優しい若き理想→時に強硬手段も用いる強導者→暴走する独裁者
まあよくもここまで変わっちゃったよなぁ。色々ハードモードすぎたのもあるんだけど…
過去世界からやってきた若サイクが、理想に燃える若きヒーローたちの集まりであるチャンピオンズに加入したの見ると、涙が出そうになるわ。
74 削除しました
削除しました ID: cbUO8lE6Eh
削除しました
75 ななしのよっしん
2018/04/17(火) 20:12:18 ID: KSXJmhxjXX
オプティックブラストのオプティックってオプティマス的な意味かと思ってたら普通に「資格の―」という意味だったのか(無知
76 ななしのよっしん
2018/04/25(水) 15:51:18 ID: 0ptM+qveAM
読める範囲で原作読んだけど、あまり「スットコ」とか言って馬鹿にする気にはなれんわ…
マーべルってかXメンの長い歴史の中で散々、人類と共存しようと頑ってきてるのに結局なにも善できなかったし
アベンジャーズミュータントの事は守ってくれなかった」って言うのが実際その通りだし…
77 ななしのよっしん
2018/05/02(水) 12:25:01 ID: oFXRsQtZ6r
まあ何十年もの壮大な後付けのせいもあるけど一番やらかしてるのはチャールズかなぁ…デッドリー・ジェネシスの件とかそりゃみんなキレるわなっていう
今や野蛮で粗暴だったはずのウルヴァリンが良心になり優等生で秀才だったサイクロップステロリスト扱いの指名手配犯っていう
ちなみにケーブルは「マグニートーの理想が成就した未来世界の存在は確認出来ない」とも発言してるから今後もX‐MENの受難はまだまだ続くという……
78 ななしのよっしん
2018/07/23(月) 13:56:56 ID: nqk5qAtg+5
デップーに(一だけ)出演おめでとう
79 削除しました
2019/04/11(木) 22:15:17 ID: q4v9EJ35H4
削除しました

急上昇ワード