サイケまたしても単語

サイケマタシテモ

サイケまたしてもとは、週刊少年サンデーにて連載されていた 福地翼原作漫画作品である。

概要

週刊少年サンデーにて2014年32号から2019年4・5合併号まで連載されていた漫画作品。

単行本は全15巻刊行されている。

あらすじ

葛代斎下は、将来の夢も特別なもない、どこにでもいる…というよりは、どこでも空気扱いされかねない、地味中学三年生。
で退屈な毎日を過ごすサイケだったが、ある日、幼なじみ蜜柑事故で死んでしまう。

絶望したサイケが池に転落すると、蜜柑事故で死んだ“今日”が再び始まった。
蜜柑を救うべく、問題の“今日”を繰り返すサイケだが…?

あなたにはやり直したい一日はありますか?

登場人物

葛代斎下(くずしろ サイケ
 本作品の主人公。時間逆行者。
 「が発動した日の午前7時に戻れる」。発動条件はモグラ池で溺れ死ぬ事。
 尚、モグラ池以外での溺死でも発動した事がある。

 逆行の際に記憶を持ちこせる。このを用いて蜜柑を助けるために奔走する。
 その後、蜜柑を救いだせた事によりそれを契機に
 幼い頃に夢見た 弱きを助け悪を挫く『ヒーロー』になるべく活動を始める。だが、細なことにも何度も逆行を繰り返した事がとなり、体のある部位に負荷が蓄積し…。

蜜柑(からたち みかん
 サイケ幼馴染、美術部所属。
 絵を描く事が好きで既にそのに進むと決めており、夢に向かってっすぐ進んでいる。
 夢がい事を悩んでいたサイケ
 いつかサイケにもにも負けない自分だけのやりたいことが見つかると発破をかける。
 しかし、その帰りに突然交通事故に遭い命を落としてしまうのだが、サイケの奮闘により生還する。
その後、者同士の衝突などに焦点が向かうようになったため、一時期出番が減少したが、とある過激派者により、哀しい形で出番が増加することになる。

氷頭栄治(ひず えいじ)
本作品の準主人公。物品の性質を発スチロール状に変換する者。その他、サイケなどの者と、者でないものを見分ける特技を持つ(この特技は、他の人物も使えたが、そのうちの一人は絶命。)
ツリ目で表情の変化が少なく、感情が読みにくい。良くも悪くも自分をあまり大切にしない節があり、登場当初は素行の悪さや父親との関係悪化により、家族と離れ、一人暮らしをしつつ、狩りのようなことをしていた。

 サイケとの一戦や彼の救援活動などを見てからは、サイケの最期を看取りたい(あぶなっかしい彼を最期を迎えるまでサポートしたい)と述べ、サイケを自分なりにサポートし、時にはサイケ外の人物もすすんで支援する描写を見せるようになる。
はじめは冗談交じりの言葉で最期を々といっていたが、物語が進むにつれ、身勝手な者による多数の犠牲者発生・サイケの決死の酷使などが重なり、本当に最期を看取ることになりかねない事態になってしまい、静かに大泣きしたことも。

アナ・エガートン
本作品の準ヒロイン。物品の性質を(伸縮可な)ガムテープ状に変換する者。一見、想だが、感情豊かなうえにリアクションも大きい、面
一時期は、者を警察などに代わって取り締まる、自警団のような組織に所属し、サイケたちと敵対するが、後に和解。その後は、氷頭と凸凹コンビのようなやりとりをしつつ、サイケをフォローするようになる。

関連商品

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サイケまたしても

1 ななしのよっしん
2018/08/17(金) 20:39:56 ID: dSwFW6HpsM
記事作成お疲れさまです。
2 ななしのよっしん
2018/10/26(金) 17:27:55 ID: I/hqINZ3r2
見た地味だけど内容はかなりってる作品 
物としてもタイムリープとしても。
中々プッシュされないままあと8話で完結するってのはモヤモヤする。サンデーコナンばかり贔屓しすぎなんだよ。
てかうえきの人なのになんか扱い雑すぎない?
3 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 01:00:37 ID: dSwFW6HpsM
雑というよりは、主人公の発動条件が少々(?)重いから、プッシュしづらいのかもしれない。

急上昇ワード