サイコマン単語

サイコマン

サイコマンとは、漫画キン肉マン』に登場するキャラクターである。か昔に全人への々による裁きから逃れた人「完璧超人始祖」の一員であり、完璧・無量大数軍の一員・グリムリパーのの姿。

概要

当初は完璧・無量大数軍のグリムリパーとして登場した。この時点ではその正体は明かされていなかった。

一度バッファローマンに敗れて姿を消すが、悪魔将軍により墓場が解放され、銀のマスクスペインサグラダ・ファミリアにいるところを発見されるとその正体である”璧・拾式”(パーフェクト・テンス)サイコマンとしての正体を明かす。所持する絶対の器は「ダンベル」。

サイコマンとしての彼は、太古の昔に人としてのを正しく使おうと唱え、の座を捨てた男ザ・マン(現超人閻魔=ストロング・ザ・武道)に導かれカピリア線での全殺から逃れた人「完璧超人始祖」の一人。

本来「完璧超人始祖」は地上に出られない身だが、超人閻魔の信頼厚いサイコマンは特命で地上に出る事を許されている。しかし、体裁などもあり堂々と始祖を名乗って出る訳にはいかないため、表向きは無量大数軍所属の人「幻」グリムリパーとして行動している。この事実超人閻魔と始祖にしか知られておらず、ネメシスを含めた無量大数軍の面々には教えられていない。作中では無量大数軍そのものがサイコマンの活動のための隠れ蓑とさえ囁かれている。

人強度は、公式の発表はされていなかったが、後に「キン肉マン解剖 新装版」で1000パワー表された。
これは完璧超人始祖の中で最も低い数値である。

グリムリパー

完璧無量大数軍の第二の一人として現れ、鳥取砂丘の階段ピラミッドの戦いから参戦。

全身をの法衣のようなドレスに身を包み、丸い帽子をかぶっている。口調は丁寧であるが、完璧超人として他の人を見下す態度を取る。笑いはニャガニャガ。悪魔人たちからは「おネエ野郎」と呼ばれていた。

当初は4階リングにおいてスプリングマンと戦っていたがジャックチー流による掘削でピラミッドが崩壊、バッファローマンVSターボメンの試合が行われていたリングと合流し、両者合意の上でタッグマッチに変更される。ターボメンとのタッグチーム名はジョン・ドウズ(名無し)。

タッグチームではあるがターボメンとの合体技でバッファローマンスプリングマンディアボロスを苦しめる。しかし、バッファローマンが本来なら止められるはずがないツープラトン技を受け止めたのを機にそのパワー興味を持ち、そのパワーの正体を見極めようとする。タッグマッチはターボメンがディアボロスのロングホーントレインで敗れ、スプリングマンもターボメンのアースクラッシュに耐え切れず体が粉々に砕け、バッファローマンVSグリムリパーの一騎打ちに移行する。

バッファローマンとの戦いではグリムリパーは驚異の握サンダーサーベルなど次々と新技を繰り出しバッファローマンを追い詰める。一方のバッファローマン悪魔人時代のパワーを取り戻し、これに対抗。そのパワーでグリムリパーがターボメンの死体から取り出し右手に装着したアースユニットパワーを逆流させるが、8000万パワーえるパワーを吸収してしまったことでアースユニットは破裂。その隙をついたバッファローマンハリケーンミキサーからの十字架落としを決め、グリムリパーをKOする。

試合後、立ち上がったグリムリパーは完璧超人の掟に従い、バッファローマンに自分にとどめを刺すよう要ロングホーンに貫かれたグリムリパーの体は透けるように消え去ったが、バッファローマンにはその最期に違和感が残った。

サイコマン

墓場陥落後、特命のため、サグラダ・ファミリアでの活動中に銀のマスクから発せられたに場所を明かされ正体を披露。バッファローマンが感じた違和感は正しく、やはり死んではいなかった。負けたら死、という完璧超人の掟は完璧超人始祖である自分には適応されないと言い切っている。

基本はグリムリパーと同じ法衣のような勢な衣装帽子だが、カラーリング逆のを基調としている。

グリムリパー時と同じく道化師然としており常に相手を煽る。飄々と相手を馬鹿にして楽しむ性格はそのままに、冷・残酷さ・狂気・サディストっぷりが付け足され恐怖度が上昇している。

危険性が立つがその行動は始祖としての使命を果たすためであり、超人閻魔のただ一人の理解者として動き、そのためなら非な事も辞さない。シルバーマンからは「すぎた」と言われており、この変貌ぶりに心を痛めている。

なお、サイコマンの自室はかなりメルヘンチックである。

戦闘スタイル

グリムリパー時の衣装を自在に操る、サンダーサーベル、握などの怪力のほか、かつて正義人を苦しめたマグネットパワーを最大の武器として扱う。マグネットパワーの最初の発見者であり、ネプチューン・キングに伝授したのもサイコマンだった。ちなみに、ネプチューン・キングのことは「最低小物」「調子に乗った小悪党」とこきおろしており、強さに溺れて増長してしまったため完璧無量大数軍資格を剥奪している。

拾式義は相手を中に打ち上げ、複雑な関節技に固めたうえで頭からリング突させる「輪廻転生落とし(グリムリーインカーネーション)」。現在のサイコマンはマグネットパワーを使って中で技をかけている相手と地面との間で磁を発生させ、本来の技よりさらに破壊を増している。しかし、マグネットパワーに気を取られたせいで技術的な部分は以前より落ちてしまっている。

戦績

サグラダ・ファミリアに姿を現した後、追ってきたバッファローマンたちと交戦するかに見えたが、そこへ現れた悪魔騎士の1人・プラネットマンと戦うことになる。序盤はプラネットマントリッキーな技で攻められるもそれを悉く切り返し、自慢の握マグネットパワープラネットマンを圧倒する。さらに「人面プラネット」で人質に取られた元同僚にも全く容赦を見せずに攻撃を加え攻略。最後は、<幻>ファントムキャノンプラネットマンを粉々に砕き、終わってみればほぼ一方的な内容で勝利する。

その後はモニター越しにガンマンと幾度となく口論を繰り広げ、ジャスティスマンに対しては裏切りを見越して警告していた。その後、姿を消していたストロング・ザ・武道やネメシスが国立競技場に出現すると、生き残った始祖たちと共に移動。ここでも憎まれ口を続けるサイコマンに対し、憤慨したザ・ニンジャが攻撃を仕掛けてくるも、これを軽く一蹴してしまう。

"許されざる大(アンフォーギブン・ユグドラシル)"においてはサイフォンリング4階でブロッケンJr.と対決。想像以上のを見せるブロッケンに圧倒され、自身に匹敵する握や「サンダーサーベル」を「ベルリン」で切り裂かれたりと苦戦した時もあり当初は見下していたブロッケンへの評価をめる。しかし、徐々に本来のを見せるようになると地の差で圧倒するようになり、ブロッケンの両手の全てのをへし折ってしまう。そして、拾式義によって殺そうとした所でシルバーマンが止めに入ったため取り止め。すっかり興味シルバーマンへと向いてしまったことからすでに戦闘不能ブロッケンリフアップラムで投げ、さっさと試合を決めてしまう。

一時はシルバーマンとの再会を喜ぶも、お互いの信念の違いは如何ともし難く、説得して変心させようと試みるも失敗。完璧超人への帰還がわないと知ると涙を流し、そのまま信念を掛けてサイフォンリング4階で突する。

シルバーマン戦では、序盤はブランクのあるシルバーマンに対して攻勢に出るも、パーフェクトディフェンダーを駆使され攻め切れない。ならばと、執拗な顔面攻めによってシルバーマンの体を磁性体化し、マグネットパワーを使ってシルバーマンの動きを封じる。マグネットパワーの素らしさを認めてもらいたいことからマグネットパワーアピールした戦いをするが、シルバーマンは意に介さない。ついにマグネットパワーを組み込んだ拾式義「輪廻転生落とし(グリムリーインカーネーション)」でシルバーマンをしとめたかと思われたが、ブロッケンJr.戦で掘り返していた地面に落としてしまい、技は不発。逆にサンダーサーベルを利用されシルバーマンマグネットパワー効化されてしまう。マグネットパワーしの輪廻転生落としで逆襲に出るがマグネットパワーに頼り過ぎていたために本来の技の研鑽を怠っていた弱点を見抜かれ、最後はシルバーマンの弐式義「アロガント・スパーク」にてKOされる。

グリムリパー時も含めて合計四回も戦っている。新シリーズにおいて現在最多連戦数キャラ

プロフィール

過去

ガンマンシングマンとは険悪な関係で、彼らをからかうことが多く、ガンマンからは「殺してやりたい」とまで言われている。サイコマンの方は相手を化してその反応を楽しんでいる模様。あまり良い関係ではないらしい始祖メンバーの中でシルバーマンとは親密な仲で、尊敬出来る自分の一の理解者だと言っている。シルバーマンからも親友として見られ接していた。また、超人閻魔の事を閻魔さんと呼んでいる。

地球に秘められたマグネットパワー現在サグラダ・ファミリアがある地で最初に発見したのはサイコマンだが、その利用をほかの完璧超人始祖たちに持ちかけるも全員がそれを拒否。信頼していたシルバーマンにさえ利用するのではなく他の人がそれに触れないように自分たちが管理すべきと全に危険物扱いされてしまう。ザ・マンのみがその利用を認め、サイコマンに更なる研究をするよう促した。

サイコマンの真実

完璧超人始祖超人閻魔の11人こそが至高と信じて疑わず、彼らの導の下でこそ理想郷が作れるという信念を持っていた。マグネットパワーの研究もそのためであり、自分たちのかつての理想を遂げるためには始祖としての誇りさえ捨て去る覚悟を秘めている。

自分のためでなく仲間のために戦うその姿勢は、のちの正義人の姿にもダブる。

サイコマンが敗れ、超人閻魔完璧超人始祖を消し去る10個のダンベルが発動した際にはその影を自分のみに限定させ、他の始祖と閻魔が消滅するのを防ぐ仕掛けをしていたことを明かし、ただ一人消滅が始まる。

消滅のエネルギーは自分に向けなくとも、それこその仲だったガンマンシングマンに向けることは可だったが、「可哀想だから出来なかった。だから私自身に向けるしかない」と拒否。サイコマンにとっては超人閻魔と他の完璧超人始祖が消え去ることは、自分が消える事よりも許せなかったのである。

ゴールドマンシルバーマン以外の他の始祖が現在超人閻魔を「あやつ」と呼ぶ中、一「閻魔さん」と呼んでいたが、これは超人閻魔を認めていたわけではなく、その拠に消滅する際には明確に「さすが閻魔さん…いえ、当時のザ・マンが~」と呼び分けている。

また自分は優秀であると言ってはばからなかったが、消滅の間際には「こんな私を始祖に選んでくれてありがとうございました」とザ・マンに対し礼を言っていること、何より彼自身はシルバーマンのように強情でも自分の信念を曲げない人になりたいと吐露していたことから、本心では自分を卑下していたことが伺える。

最後はシルバーマンの腕に抱かれ、帽子のみを残してこの世から消滅。究極の自己犠牲ともいえるその最期は、親友であったシルバーマンから「君なら本物の正義人になれたかもしれない」と称えられた。

死後、その本当の姿をの当たりにしたキン肉マンたちも「誇り高い始祖の一員だった」と称え、実は過去にはゴールドマン悪魔将軍)からも「本当は新たな進化友情パワー)にもっとも近い始祖であり、自身でも気づいていたが、それを否定するためにマグネットパワーに走ってしまった」と評されていたことが判明した。

その胡散臭い言動や衣装から読者からは「いつか閻魔すら裏切るんじゃないか」「全ての黒幕はサイコマンでは」という予想が多かった中、まさかまさかの仲間思いの高潔な人であったことが最後の最後で判明し、その最期は多くの読者の心を打った。

おもな必殺技

幻>ファントムキャノン
完璧・無量大数軍としての必殺技。装束の裾に相手の足を取り込み、炎をわせながら敵をリング叩きつける。本来はグリムリパーとしての必殺技であるが、サイコマンの姿で放った場合は威がさらに増大されている。
巨握の(きょあくのて)
サイコマンの特徴である強な握の通称。バッファローマンとの対戦時はハリケーンミキサーを軽々と受け止め、握のみで皮膚をる、皮膚を掴んで柔道のように投げ飛ばしている。ブロッケンJrとの対戦時は彼の両手のを全てへし折っている。
八つ裂きハット
週プレNEWS連載時はキルハットという名称だった。コスチューム帽子についているを回転させ、相手を切り裂く。
イグニシォンドレス
逆立ちした状態で装束に炎をい、体を捻り体当たりで攻撃する。
ジョン・ドウズ・アロー
ターボメンとのタッグ技。装束でターボメンを包み込み、炎をわせながら相手に撃ち出す。MAXパワーの際は 「ハイキャパシティジョン・ドウズ・アロー」 となる。
幻のスケルトンボディ
身体を透明にさせてあらゆる攻撃をすり抜ける。
幻殺法スピア・ドレス
装束の裾をらせ針のように変え、高速で突進を繰り返し相手を切り裂く。
完璧超人秘奥義 サンダーサーベル
マグネットパワーを作り、そこで発生した稲妻を手に取り、巨大なエネルギーを秘めた武器として相手に投げつける。夢のタッグ編においてヘル・ミッショネルズが使用していた技だが、サイコマンが開発した技である。
サンダーサーベルスコール
マグネットパワーを全開チャージし、サンダーサーベルのように乱射する。
ロンゲストサンダーアロー
2本のサンダーサーベルを繋げて巨大な1本のとして放つ技。シルバーマンには、マグネットパワー攻略に逆利用されてしまう。
マグネットターン
相手に投げ飛ばされた際、マグネットパワーを帯磁させた相手を自身に引き寄せ、フライングニールキック叩き込むカウンター技。
マグネティカ・ボンバー
マグネットパワーを強に帯磁させた相手の防具をコーナーポストに取り付け、その後自身の腕とポストの防具からマグネットパワー放出。前後からマグネットパワーを受け動けない相手に強ラリアット叩き込みながらコーナーポストに相手を突させる大技。ヘル・ミッショネルズはこの技をヒントクロスボンバーを開発したという。
璧・拾式輪廻転生落とし(グリムリーインカーネーション
サイコマンのフェイバリットである義。マグネットパワーを照射して小規模なアポロンウィンドウを展開。そのアポロンウィンドウから噴出したマグネットパワーを操りリングマグネットパワーと化して、相手を胸に吸い付けてブリッジで上に飛ばし、中で追い抜くマグネットパワーで相手の両腕を交差させ、高く上げた己の脚でロメロスペシャルのように相手の脚を固め、脚の間から相手の手首を掴んでエビ反らせながらマグネットパワーリングに落下し叩き付ける。
かつてはマグネットパワーに頼らない技だったらしく、シルバーマン戦ではマグネットパワーにしたせいでリングの状態を見逃すというミスを犯している。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

完璧・無量大数軍

完璧超人始祖

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サイコマン

112 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 13:34:05 ID: VbTCGgdezk
始祖は物理効のペインマンや高硬度であやつでもない限り傷を付けられそうにないシングマン将軍でも一度しか捉える事が出来なかったカラスマン、硬度調整機を一撃で打っ壊したアビスマンや先読み異常ガンマンや全体的に隙がバカとかいるし、始祖は方向性の違いが上とは言い切れない部分がある。
113 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 05:42:44 ID: qvLwljova7
「いや他の始祖すらどうでもいい」って台詞の時、瞳の色がスクリーントーンだけどあの発言も本気だったのかね
なんかちょっと悲しい
114 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 06:00:13 ID: yw+wen6W5W
裏切ったり敗死してるから下憧れのシルバーマンからしたらどうでもいい
でも11人もいらない3人でいいって時にはいから…11人じゃないと嫌だったんじゃないかなあ…
115 ななしのよっしん
2019/07/05(金) 23:17:23 ID: WoOjOfif3K
できるなら11人でいたかったろうさ
それができないってわかってたから3人でもいいって……
116 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 13:11:58 ID: +a/19baWuZ
プラネット戦までの本心隠して余裕のある頃はcv中尾隆聖が嫌でも思い浮かぶんだけど
シルバー出てからの余裕のない絶叫っぷりはcv岩田光央でも凄い合うと思うんだ
117 ななしのよっしん
2019/07/24(水) 00:24:14 ID: IFH+xkC3im
人面プラネットが始祖だったら破壊できなさそうだよなぁ
シルバーマンさんあたりに説得されて泣きながら攻撃する絵が浮かぶよ

人面プラネット化したペインマンって破壊できるのかな……
118 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 21:27:46 ID: ytzQtQTD8L
は逆にく破壊しそうだと思う。
いつもの笑顔で「敵に利用されたままをよしとするものなど始祖には一人足りとていません!」と断言して。
ただし笑顔のまま涙を流して、だが。
119 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 23:44:23 ID: YcQSuB/VKO
いや、ペインマンの顔だと緩衝材のため攻撃が通じなくて
心臓部に出現させたら最強の防具に出来そうな……

という意味での「破壊できなさそう」だと思う
120 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 15:29:00 ID: ytzQtQTD8L
>>119
なんど読んでもそうは解釈できない文脈だし、
もしそういう意味での書き込みならサイコマンじゃなくてプラネットマンの記事に書き込まないか、普通
121 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 22:11:30 ID: QSVLO00Pzq
新作でマグネットパワーについてサイコマンは世を良くするって言ってたけどそれが正しいことに…(相はまだ分からないけど)やっぱサイコマン素晴らしい人なんだなぁ…再登場願う