サイバー・ダーク単語

サイバーダーク
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

サイバー・ダークとは、遊☆戯☆王デュエルモンスターズGXにて登場したカード群である。

概要

アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGXにて登場。
サイバー・ドラゴン」を使用していた丸藤亮が、ヘルカイザーとなった後にサイバー場のマスター鮫島を倒して手に入れた。その後は「サイバー・ドラゴンシリーズと「サイバー・ダーク」シリーズを合わせたデッキを使用し、次々にデュエリストを打ち破っていく。後に丸藤翔に手渡される。
裏サイバーやサイバー流裏デッキとも呼ばれる。

遊戯王OCGとしては2006年8月10日発売”CYBERDARK IMPACT”から登場。
モンスターは全部で7種類、下級が5枚で融合が2枚。さらに魔法が2枚ある。
モンスターは全て闇属性機械族かドラゴン族。機械族のサイバー・ダークは以下のを持っている。

このカードが召喚に成功した時、 自分の墓地レベル3以下のドラゴンモンスター1体を 選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃は、このカードの効果で装備した モンスターの攻撃アップする。
このカード戦闘によって破壊される場合、 代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

自分の墓地3以下のドラゴンを装備魔法にし、その攻撃だけ攻撃上昇する。
装備先としてはまず「ハウンド・ドラゴン」。通常ながら3で1700と高く、装備すれば2500になれる。
攻撃1500で、破壊された時に攻守1000生される「ドル・ドラ」。装備されたモンスターは、装備された時に効果が発動すると書かれてない限り、効果を失う。しかし、墓地に送られた時の効果は別でちゃんと発動する。
またドラグニティを装備しても、その効果を使用できるものがある。

融合モンスターであるレベル制限がなく、ドラゴン族ならなんでも装備できる。
Sin トゥルース・ドラゴン」「F・G・D」を装備すれば攻撃6000以上になれる。
フィールドから墓地の送られた時に効果が起きる「光と闇の竜」とドラゴン族の「/バスター」の生効果や「カイザー・グライダー」のバウンス効果も使える。
レベルを何枚も入れると事故の元になる。「ダーク・アームド・ドラゴン」やシンクロエクシーズモンスターを利用したい。
召喚時にモンスターの攻撃が半減するフィールド魔法ブラック・ガーデン」を採用した裏庭と呼ばれるデッキがある。元々、攻撃の低いサイバー・ダークには何の問題もなく、さらにドラゴンを装備するので一方的に攻撃で相手を上回れる。

欠点として必要な要素が多い事を上げられる。
ドラゴン墓地に落とさなければならない効果が使えない、さらにそれを装備したサイバー・ダークは装備したモンスターを破壊されれば弱体し、もちろんモンスター自体を除去されればそれまでである。
それでも上記のように様々な使いのある効果なので、これからドラゴンが増えればさらに多様な構築を考える事が出来る。

カード説明

以下、遊戯王カードwikiより。

2006年8月10日発売”CYBERDARK IMPACT”

サイバー・ダーク・ホーン/Cyberdark Horn
効果モンスター/4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
このカードが召喚に成功した時、 自分の墓地レベル3以下のドラゴンモンスター1体を 選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃は、このカードの効果で装備した モンスターの攻撃アップする。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、 その守備を攻撃えていれば、 その数値だけ相手ライフ戦闘ダメージを与える。
このカード戦闘によって破壊される場合、 代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

攻撃名は「ダーク・スピア」。自分の墓地3以下のドラゴンを装備し、攻撃上昇と身代り効果。貫通攻撃ができる。
貫通効果は高い攻撃を十分に生かせる。

サイバー・ダーク・エッジ/Cyberdark Edge
効果モンスター/4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
このカードが召喚に成功した時、 自分の墓地レベル3以下のドラゴンモンスター1体を選択し、 装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃は、この効果で装備したモンスターの攻撃アップする。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。 その場合、このカードの攻撃ダメージ計算時のみ半分になる。
このカード戦闘によって破壊される場合、 代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

攻撃名は「カウンターバーン」。自分の墓地3以下のドラゴンを装備し、攻撃上昇と身代り効果。攻撃が半減するが、直接攻撃をできる。
ハウンド・ドラゴンを装備すれば2500で、効果を使えば1250。

サイバー・ダーク・キール/Cyberdark Keel
効果モンスター/4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
このカードが召喚に成功した時、 自分の墓地レベル3以下のドラゴンモンスター1体を 選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃は、この効果で装備した モンスターの攻撃アップする。
このカード戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、 相手ライフ300ポイントダメージを与える。
このカード戦闘によって破壊される場合、 代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

攻撃名は「ダークウィップ」。自分の墓地3以下のドラゴンを装備し、攻撃上昇と身代り効果。戦闘破壊時に300ダメージを与える。
バーン効果は戦闘破壊時と狙いにくく、さらにダメージも少ない。

-サイバー・ダーク・ドラゴン/Cyberdark Dragon
融合・効果モンスター/8/闇属性/機械族/攻1000/守1000
「サイバー・ダーク・ホーン」+「サイバー・ダーク・エッジ」 +「サイバー・ダーク・キール
このカード融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが特殊召喚に成功した時、自分の墓地に存在する ドラゴンモンスター1体を選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃アップする。
また、このカードの攻撃は自分の墓地モンスターの数×100ポイントアップする。
このカード戦闘によって破壊される場合、代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

がいこくりゅうと読む。融合モンスター。攻撃名は「フルダークネスバースト」。
上記の下級3体を融合する。ドラゴン装備にレベル制限がくなり、高い攻撃上昇を狙える。墓地モンスター数でさらに攻撃上昇。身代り効果もある。
出すのは面倒だが高い攻撃と、機械サポートを使用すれば1キルも可

2007年5月12日発売”TACTICAL EVOLUTION”

サイバーダークインパクト!/Cyberdark Impact!
通常魔法
自分の手札・フィールド上・墓地から、「サイバー・ダーク・ホーン」 「サイバー・ダーク・エッジ」「サイバー・ダーク・キール」を それぞれ1体ずつデッキに戻し、「-サイバー・ダーク・ドラゴン」1体を 融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

較的簡単に融合召喚できる。

2017年6月3日発売”デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-”

サイバ・ーダークカノン
効果モンスター/3/闇属性/ドラゴン族/攻 1600/守 800
3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスター
戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカード墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキから1枚ドローする。

手札から捨てることで機械族のサイバー・ダークをサーチする効果、デッキからモンスター墓地へ送る効果、装備カード状態で墓地へ送られた場合にドローする効果を持つ。

サイバー・ダーク・クロー
効果モンスター
3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスター
戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカード墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

手札から捨てることでサイバーダーク魔法カードをサーチする効果、エクストラデッキからモンスター墓地へ送る効果、装備カード状態で墓地へ送られた場合にサイバー・ダークをサルベージする効果を持つ。

サイバーダークインフェルノ
フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備カードを装備した自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスター
相手の効果の対にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):自分フィールドの「サイバー・ダーク」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを持ちの手札に戻し、その後「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる。
(3):フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「融合魔法カードまたは「フュージョン魔法カード1枚を手札に加える。

-サイバー・ダークネスドラゴン
融合・効果モンスター/10/闇属性/機械族/攻2000/守2000
「サイバー・ダーク」効果モンスター×5
このカード融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地からドラゴンモンスターまたは機械モンスター1体を選び、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃は、
このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃アップする。
(3):相手が魔法モンスターの効果を発動した時、
自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を効にし破壊する。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サイバー・ダーク

58 ななしのよっしん
2017/07/29(土) 13:29:27 ID: 2JrOco2/Wg
新規サイダー近年稀に見る良い新規だと思うわ。
既存のサポートに特化させる事で既存を要らない子扱いにせずそこそこ強くしてる。
そのバランスサイエンとツインの立場がい表サイバーにも分けてくれませんかねぇ…
59 ななしのよっしん
2018/03/01(木) 00:22:58 ID: +UIdhg9AY2
インはともかくサイエンの立場までは考慮しきれんよ・・・
60 削除しました
削除しました ID: 4tSPzuB9zt
削除しました
61 削除しました
削除しました ID: /NgCt9fpTo
削除しました
62 ななしのよっしん
2018/10/24(水) 19:07:54 ID: fhoeDEKVlF
20枚のリンクスですら事故る…
OCG勢はよく40枚で回してるね
カノン引くか暗黒界の取引で上手く回ったらようやくスタートラインってレベル
63 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 12:58:13 ID: rnc2Z6e1lr
>>62
リンクスと違ってカードプールが豊富だからな
特にOCGだと簡単にドラゴン族を墓地に落とせる、この差は大きい
それに色々なテーマと組み合わせられるし
捕食植物ドラグニティヴァレットあたりが流かな

リンクススキルで効果でいいから、オーバーロードフュージョンを使わせてほしい
64 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 13:09:16 ID: uysJs7r5Hx
>>63
サイバネティック・フュージョンサポートなら一応・・・。
65 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 12:39:19 ID: lb0H9t2XYL
>>58
今や表サイバーは唐突な新規ラッシュで環境地雷になるポテンシャル
一方裏サイバーは一度の強化からそれっきりで結局更なるインフレにより淘汰された
今では随分と差が付きましたぁ・・・悔しいでしょうねぇ・・・
66 ななしのよっしん
2019/02/17(日) 23:16:17 ID: Lulbc7YYPH
てめぇ!…今から組んでるけど程よい強さで楽しく遊べるのは良いコトよ。
…遊ぶ相手は探すのは難しくなってしまってるけどね…。
67 ななしのよっしん
2019/10/20(日) 18:57:46 ID: dyps9yMHoG
OCGでは新規カードが追加されるもリンクメインの流れについてこれずに表とべて空気化するもリンクス次元に居場所を見つけて、そこそこのレベルで活躍中