サウジアラビア単語

サウジアラビア
基礎データ
正式名称 サウジアラビア
المملكة العربية السعودية
Kingdom of Saudi Arabia
公用語 アラビア語
首都 リヤド(Riyadh
面積 2,149,690km2世界第13位)
人口
(’17
3300万人(世界40位)
通貨 サウジアラビア・リヤル(SAR)
政治体制 絶対君主制
時間帯 UTC+3

サウジアラビアSaudi Arabia)とはアラビア半島に位置する王アラビア半島のほとんどの面積を占める大である。
湾岸諸国の1つとして知られる。

東西南北順に、ヨルダンイラククウェートバーレーンカタールアラブ首長国連邦オマーンイエメンアラブ8カと陸続きのを接している。[1]。産油として有名。

概要

正式名称はサウジアラビア
現代社会ではしくなった絶対君主制で、首相国王が兼任、1万人をえるサウードの王族が政治の要職を占める。現国王はサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ

土のほとんどが砂漠首都リヤド砂漠のどん中にあり、季には最高気温が40度をえるため、首都が避暑地のターイフに移される。一方で季の最低気温は0度近くまで下がるという過酷な気

最も有名な都市西部に位置するメッカである。ムハンマド生誕の地として世界イスラム教徒にとって最高の聖地であり、一生に一度はこのメッカにあるマスジド・ハラーム(カアバ殿)に赴く「ハッジ(حجّ:ḥajj、巡礼)」イスラム教徒に課せられた五つの課題「五行」の一つになっている。ただし財・体のある者のみが行うもので、理にするものではないとされている。
またムハンマド死没の地である第二の聖地メディも擁しており、イスラームの三大聖地のうち、エルサレムを除く2つがサウジアラビアにある。

経済を支えるのはなんといっても石油で、世界最大級の石油埋蔵量、生産、輸出を誇る。の収入の8割以上を原油・石油に依存している状況で、その一方で原油価格によって経済が大きく左右される不安定な状況でもある。

民の大半はスンナ派である。
ペルシャ湾を隔ててイランと接するが、イランシーア派の大となっており、両は大変仲が悪い。

文化

非常に厳格なイスラム国として知られており、実質的にイスラムの経典であるコーラン憲法、シャリーアイスラム法)が法律となっている。

80年代には男女が席を同じくする映画館の営業を禁止し、娯楽が大変乏しい時期があった。どうしても映画を見たい場合にはわざわざ近隣諸に出てまで見に行ったという話がある。
だが90年代に入り、日本からアニメを大量に買いつけてローカライズしてテレビ放送した所、これが大ヒット。これについては現在でも議論の種になっているが、現在では偶像崇拝には当たらないという見解が一般的である。アメコミなどの漫画ゲームも、規制こそあるがそれなりに流通している。

とは言え、旧来のイスラム法に準じ、細々とした規制は多い。
特に女性は、外出の際は全身を覆うアバヤと呼ばれる衣装を着用することが義務付けられている。婚前交渉は死刑など、男尊女卑的な法律は厳として存在しており、生きていく上での制限はかなりのものである。
悪く言えば旧弊なこれらの法律に加え、打ち・斬首・石打ちといった処刑方法は、深刻な人権として世界から批判を受けている。なおこれらの法律外国人にも適応される。

一方で後述する経済発展計画に伴い、「穏やかで開かれた」への緩やかな変化が見られつつある。

2017年2月16日サウジアラビア初となるコミックコンベンションが開催。男女コスプレエリアを別とするなど、様々な制約が課された上での開催だったが、多くの来場者で盛り上がった。

2018年6月24日には女性自動車運転が解禁。事前免許を取得した女性ドライバーは数千人にのぼり、今後600万人の申請を見込んでいるとのこと。
概ね民からの反応は好意的だが、保守批判的な立場を貫いている。

日本との関係

サウジアラビア日本最大の原油輸入先で、全輸入量の約3割を占める。日本との外交関係は1955年立され、良好な関係が続いている。

2017年、従来の石油産業に依存しない経済発展計画として「サウジビジョン2030」が発表。日本サウジアラビアが各種分野で連携しつつ、より開かれたすという、従来の政治方針からすれば非常に画期的なプロジェクトである。
ちなみにこれを推進するのはムハンマド・ビン・サルマーン皇太子アニメ好きを言する、王族としてもしくオープンリーで柔軟な政治家である。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ただしバーレーンとは、上の(King Fahd Causeway)と結ばれている

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サウジアラビア

128 ななしのよっしん
2019/04/11(木) 06:32:03 ID: sISHjZ0tWL
>>123
×レッドチームアピール 〇イスラエルアンチアピール
最近ではゴラン高原軍事占領→領土組み込みも勝手に認めてしまったし
アメリカがあんなやりたい放題のイスラエルマンセー国家ではを失うのも仕方ないね

ただアメリカにとってサウジはいろんな裏仕事で資を出してくれる便利な財布だから
簡単に縁を切らせてはくれないだろうし、サウジ側としてもアメリカを敵に回したくはいだろう

>>126
クウェート国民はよくイラクまで飲みに行くそうだ。昔はフセイン政権が世俗義だった影
宗教的制約が緩かったから、今はアメリカが乗り込んで何でもアリになったから
129 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 22:30:06 ID: aOG7ffpVQ7
世界2位の産油エジプトインドネシアパキスタンバングラデシュなどの出稼ぎ労働者が多い。
日本人向きの観光地ではない。
130 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 20:24:26 ID: 0JFKK01CwH
メッカを抑えてイスラム圏の盟を自認していながらも

内に異教徒である米軍を駐留させる、親米故にユダヤ義的な言動はしない、宗教君主制とはと油であるはずの共産国家であるソ連中国とは友好関係

マキャベリズムのお手本みたいな国家だよな
131 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 23:02:14 ID: aOG7ffpVQ7
ウジクウェートの人々はチョコレートケーキなどをよく食べるらしい。
肥満が深刻化している状態。
132 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 01:15:18 ID: aOG7ffpVQ7
ウジクウェートでは飲が一切認められないから、飲酒運転の罰則はない。
他のイスラム国ではカート認められてるが、サウジでは持ち込みができない。
133 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 23:52:07 ID: aOG7ffpVQ7
厳格なイスラム国ではあるが、銀行から利息を取るのは違反になる。シャリーアに基づくためか消費税などはない。
134 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 06:24:17 ID: Sb/FPLsynp
油田に火を放てば死ぬ
135 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 23:03:27 ID: aOG7ffpVQ7
世界有数の石油大だが、デーツやコーヒーなどの栽培も盛ん。
国会を開いたことがない。
136 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 15:38:41 ID: 3mmFrM/CQs
>>111>>114
分かり易く言うと、南ベトナム親米独裁政権が現代まで生き残ったようなもん
米国を付けられないように立ち回っているし、
お陰で民主党大統領も黙認してきたようだけど何だかな〜
まあ、日本人が喧すると灯油ガソリンも使えなくなるんで、偉そうに意見も出来ないんだけど
137 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 16:54:11 ID: 0JFKK01CwH
サウジアラビアイランの対立は

アラブVSペルシア
スンニ派VSシーア派&アラウィー
君主制国家VS共和制国家
親米VS反米親露親中

かなり強引に二分化するとこういう対立構造になる