サクラチヨノオー単語

サクラチヨノオー
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

サクラチヨノオーとは、日本の元競走馬・種である。
念をらす、そのためだけに生まれたかのような生を送った
名は冠名サクラ+当時最強横綱千代の富士+王。

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
サクラチヨノオー(ウマ娘)を参照してください。

概要

スーパーカーと呼ばれた英才マルゼンスキー牧場の誇る最高のサクラセダンセダンという血統。
サクラトウコウ、半サクラホクトオー、全サクラプレジデントセダンフォーエバーがいる。
サクラトウコウの大活躍を受けて配合され、生まれたのが彼であった。

1987年函館の新戦でデビューサクラ軍団戦でありながら仲違いして戦を外されていた小島太が彼の騎乗からサクラ軍団に復帰、血統や調教などの要素が勘案された結果
戦ながらなんと1.0倍という圧倒的支持を受け、それに応えるがごとく直線だけで3身半ちぎって圧勝。
その後は中山開催まで自重し、特別も軽く勝利。将来に備え府中を経験するべく向かったいちょう特別で不良馬場逃げたマイネロジックに敗れ2着とするも
この年は大に見舞われ日程変更続出、有にも負傷回避が相次ぎ6頭立てとなった朝日杯を快勝。親子制覇を達成し、週中に北海道に帰りの最期を看取った小島太にGⅠをプレゼントした。
しかし、なんとかいで勝つようなレースぶりからそれなりに強いがこれ以上の上積みは感じられないなど散々な言われようで評価は低く
とんでもない末脚で阪神三歳Sを圧勝したサッカーボーイに最優秀三タイトルを奪われたのであった。 

四歳の緒戦は共同通信杯四歳ステークスからだったのだが、ミュゲロワイヤルに先手を奪われるとそのまま逃げ切られ、自身は後ろから突っ込んできたにも次々抜かれて4着と連対すら外す敗を喫した。
やはり大物ではないのだろうかと、彼の資質を疑うが更に大きくなっていった。ちなみにここを逃げ切ったミュゲロワイヤルは3連勝を飾りクラシックロードの新かと思われたが
このあと脚を壊して引退した。脚の脆いリアルシャダイ産駒の悲しさである。
皐月賞に向け、弥生賞に挑むがここには東上してきた関西サッカーボーイがおり、人気サッカーボーイに奪われた。 
しかし、ハナを切ってスローに持ち込むと後方で伸び切れずもがくサッカーボーイを置き去りに逃げ切り勝利。1番人気間違いなし!…と思われたのだが
この年のクラシック中山競馬場装の影府中開催となり、スローに落として逃げ切った弥生賞はともかく他の府中実績があんまり特筆するほどでもなく、スプリングステークスを勝った5戦4勝のモガミナイン共同通信杯で負けていたという要素も加わり
またも2番人気となった。レースでは先行して行くが逃げが競り合いながら特攻したためペースくなり、キレがないことを過剰に気にしてしまったかめに仕掛けてりこみを図ったのだが
仕掛け故にバテたところをヤエノムテキとディクターランドの強襲に遭い、3着に敗れてしまう。
余談になるが、皐月賞となったヤエノムテキが前走で負けてしまった相手、それがクラシック登録がなくクラシック出走が出来ない、マルゼンスキーのような運命を辿ったスーパースターオグリキャップということが後々彼を苛むのだがそれはまた別の話だし彼の項で特記もしなくていい気はするので特記しない。
ラッキールーラプレストウコウハードバージべりゃ色々とマシだろう。多分。 

そして迎えた日本ダービー。東上しながら蹄のトラブル皐月賞をパスしダービー一本に絞ったが、NHK杯で4着に敗れたサッカーボーイが1番人気となったものの
基本的には混戦であり、2番人気ヤエノムテキも6倍台、3番人気のチヨノオーは…ちょっと離された9倍台のオッズとなっていた。
府中向きではないという評価なのか、いはキレに欠けるズブさが嫌われていたのか。それはともかく、彼は負けられない理由を背負わされていたのである。
マルゼンスキー念は論、ダービー前の5月12日、前年の有馬記念で致命傷を負い加療中だった、やはりダービーに出られなかったサクラスターオー尽き
彼の分の、弔い合戦だと営が燃えていた。彼はあずかり知らないことではあろうが。 
そうして始まったレースで、レコード連発していたのようなキレはないが持続性はある、要するにズブいステイヤー気質ということを活かすため、逃げのすぐ後ろで強気に先行。
直線に入ると坂上逃げを交わし先頭に立つが、内で彼をマークしていたメジロラモーヌシンボリルドルフ以来となるダービー2勝を狙う岡部幸雄騎乗のメジロアルダンが、残り200m過ぎで狙いすましたかのように鋭く抜け出しを図り、
さらに後ろからは末脚にすべてをかけたダービー初制覇を狙う柴田政人騎乗のコクサイトリプルが迫っていた。皐月賞のようにまた後続に飲み込まれるのか…?
否、断じて否。この日の彼と小島太は違った。小島太渾身の追いに応えたチヨノオーは、そのまま突き抜けるかに見えたメジロアルダンを再び差し返し、コクサイトリプルの追い込みも退けてゴールに飛び込む。
こうして、彼の走はダービー史上でも屈叩き合い・差し返し劇としてり継がれることとなったのである。
こういう言い方も陳腐になるが、念やスターオーの思いがバテそうな彼を押し込んだかのような走であった。タイムも素らしく、2:26:3という走破時計アイネスフウジン更新されるまでダービーレコードであった。 二年後に1更新されるなんても思わんから…
そして、日本一下手くそな騎手こと小島太は、初めてダービーを勝ったサクラショウリからきっかり10年後にダービー2勝を挙げた。
このダービーしく競り合った岡部幸雄が結局ルドルフの1勝、柴田政人引退間際にウイニングチケットでようやく一つ取れただけと考えると、小島太の不思議な何かを感じなくもない。 

しかし、彼のきはこのレースの後失われる。マルゼンスキー譲りの脚の弱さ故か不治の病である屈腱炎を患い丸一年休養。復帰したものの二戦して惨敗。屈腱炎が再発し引退となった。
としては初年度にナリタブライアンが制圧した皐月賞の2着サクラスーパーオーを出すなど決して悪くはないスタートを切ったのだが、トウコウにべるとキレのさが立ち、脚も脆いところが継承されてしまったが故か
いはサンデーサイレンスブライアンズタイムトニービンの時代に彼は時代遅れだったのか成功は出来ず2001年に種引退
功労として余生を過ごし、2012年の年始に亡くなった。27歳であった。

オグリキャップスーパークリークサッカーボーイのようにを集めるようなことはなかったが、ここぞでみせた凄まじいド根性は彼らの放ったきにも決して負けていない…はずである。 

関連動画

関連商品

サクラチヨノオーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

サクラチヨノオーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%A8%E3%83%8E%E3%82%AA%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サクラチヨノオー

5 ななしのよっしん
2021/02/12(金) 22:26:50 ID: 2fPPpLFzny
>>1
そう考えると4歳引退とはいえ結構な数のレースを怪なく走りきったスペシャルウィークは強かったんだなぁ
6 ななしのよっしん
2021/03/23(火) 09:01:48 ID: 4Qmw74OqvG
スーパーカーセダンの間に生まれたのが横綱とはこれ如何に
7 ななしのよっしん
2021/04/06(火) 23:22:20 ID: +QQPI9/zlp
シンデレラグレイで知った
凄く格好良くて感動したよ
8 ななしのよっしん
2021/04/26(月) 13:47:32 ID: +QXbFUZczh
CV小澤亜李じゃないのか……
9 ななしのよっしん
2021/05/16(日) 16:54:42 ID: JhzVU77gjI
なんかのドラマ主人公チヨノちゃんが、父親に名前の由来聞いてサクラチヨノオーだって言われて母親がキレるってのを昔観たんだけどなんだったかな
NHK天テレミニドラマとかそんな時間帯だった気がする
10 ななしのよっしん
2021/05/16(日) 19:02:36 ID: wZZbwVns5W
>>9
ググったらそのまんまウィキに記載されてる記事があったよ
ミニモニ。ブレーメンの音楽隊』って作品の「村ちよの」っていうキャラの話やね
11 ななしのよっしん
2021/05/17(月) 18:31:41 ID: fxlP1Ro/YD
>>6
まあでも、千代富士って如何にもな相撲取り体ではなかったからなぁ。
12 ななしのよっしん
2021/05/18(火) 12:31:15 ID: Oha7GHad1p
ヒシアケボノは名前通りだったけどな
13 ななしのよっしん
2021/05/29(土) 11:57:32 ID: +jmkFXDqAi
>>5
そのスペの子供以降が三代続けて(シーザリオエピファネイアデアリングタクト)だから全く影ないわけじゃなかったようだけど
14 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 08:37:56 ID: kY+XfbSlEf
>>11
千代の富士は、筋肉の塊のような力士でしたからね。小兵だったけど、自分より体格の大きい小錦を苦もなく寄り切っていたし。

急上昇ワード改