編集  

サスペリア単語

サスペリア

サスペリアとは、

  1. イタリアホラー映画
  2. 秋田書店1987年に創刊・発行していた日本少女漫画雑誌。名前は1.に由来。2012年休刊。

本項では1.について記述する。

概要

サスペリア (Suspiria) とは、イタリアホラー映画1977年製作開。
ダリオ・アルジェント監督の作品。通称魔女三部作」の第一作
アルジェントの代表作として数えられる。

用者の告白」を執筆したトマス・ド・クインシーが続編として発表した「深き淵よりの嘆息」所収の「レヴァナと悲しみの淑女」に登場する魔女(あるいは女神「三人のモチーフとしている。

嘆息の(マーター・サスピリオルム)
(マーター・テネブラルム)
涙の(マーター・ラクリマルム)

嘆息のは「サスペリア」に、暗は「インフェルノ」に、涙のは「サスペリアテルザ~最後の魔女~」に黒幕として登場している。

日本開時には「決して一人では見ないでください」という宣伝文句で一躍有名となり、その凄惨かつ妖美な内容で大ヒットした。
どれくらいヒットしたかというと行収入は12億円。このジャンルでは異例の成績で、1977年日本開された洋画では第5位にランクインしている。ちなみに1977年の洋画第1位は「キングコング」の30億円、邦画第1位は「八甲田山」の25億円だった。

どぎついくらいの原色を多用した美しい映像と、プログレッシブ・ロックバンドゴブリン(The Goblins)」による音楽により、怪奇かつ芸術的ホラー映画となっている。
人体破壊描写でも抉られた心臓が露わになり、降ってきたガラスに顔面をっ二つにされ、喉をナイフで切り裂かれる様が接写で映し出されるなど、過かつ画期的だった。とは言え単なるグロではなく、針に落ちてもがき苦しむ美少女プールで何者かに監視されているかのようなカメラワークなど、恐怖と不安を煽る映像は一見の価値あり。

2018年リメイク監督は『君の名前でを呼んで』のルカ・グァダニーノ、音楽レディオヘッドトムヨークが担当する。
設定を1977年西ドイツベルリンの舞踊団に変更、主人公をダコタ・ジョンソン、舞踊団を率いるブラン夫人をティルダ・スウィントンが演じるほか、オリジナル主人公を演じたジェシカ・ハーパーも出演。
日本開は2019年1月25日

あらすじ

バレリーナ志望の少女スージー・バニオン彼女は己の技術を向上させるため、アメリカを離れてドイツ・フライブルクのバレエ名門校に入学する。
到着したのは半で、しいに見舞われる中タクシーを呼び止めたスージーは猛の中で学校に向かう。玄関に辿り着いた時、入れ違いに一人の少女が飛び出し、中に向かって叫んだ。

「秘密が、の影に、アイリスが三本、を回して!」

そのままの中を走り去る彼女を訝しみながらもスージーはベルを鳴らすが、インターホン越しに応対した女性は「聞いていない、帰りなさい」の一点り。やむを得ずスージーは乗ってきたタクシーに戻って一夜の宿を探す。

一方、先程の少女パットは友人・ソニアアパートに逃げ込んでいた。ソニアのとりなしにも応じず、何かにひどく怯えていたパットだったが、不安げにの外を見た直後、の影がを突き破って襲い掛かる。
ナイフで滅多刺しにされ、心臓を抉られ、首をられて惨殺されるパット。助けをめて逃げ出したソニアもまた、パットを突き破った際に落ちてきたガラスに貫かれて死を遂げるのだった。

一夜明け、スージーは問題なくバレエ学校に迎えられる。校長出張で不在だったが、教師・タナーや副校長ブランシュが優しくをかけた。しかし昨殺人事件の捜刑事が出入りするなど、学内は物々しい雰囲気になっている。
パットを最後に撃したスージーは素直にその事を言、学校生活スタート。しかしその後、次々と不可解で不気味な出来事が彼女を襲うのだった……

トリビア

アルジェントのパートナーダリアニコロディによると、彼女の祖が幼い頃、バーゼルの音楽学校入学したが、実はその学校は密かに黒魔術を教える「魔女学校」だったという。この話を聞いたアルジェントが彼女と共に音楽学校に取材に訪れると「魔女」に遭遇。名乗る前から名を呼ばれ、更にダリアの祖について聞かれるという気味悪い出来事があった。
この体験を元にアルジェントは構想を開始。舞台バレエ学校変し、実際の「魔女」と呼ばれる人々に取材を重ね、本作が制作されるに至った。

が印的な学校セットで、外見はフライブルクの「の館(Haus zum Walfisch)」がモデル哲学者・エラスムスが住んでいた邸宅で、現在銀行になっている。
序盤の惨劇の舞台となるソニアアパートミュンヘン実在する建物だが、アールデコ調のな内装はセットである。
中盤でスージーサラが泳ぐプールミュンヘンの「ミュラー公衆浴場(Müllersche Volksbad)」。1901年に建設された歴史的建造物で、アール・ヌーヴォーの内装は評価が高い。現在でも利用が可

1980年アルジェントは続編インフェルノ製作舞台ニューヨークに移し、新たなる魔女による惨劇を描いたが、難解な内容もあって行的に失敗してしまう。特にアメリカでは開そのものがなくなり、お蔵入りという屈辱を味わう羽に。その後、三部作ラストを飾るサスペリアテルザ~最後の魔女~」制作されるまで、実に27年の歳を要した。「でも筆者は好きだよ。

監督の作品にサスペリアpart2」があるが、実は本作以前に撮影された全く別の作品である。要するに「サスペリア」のヒットに便乗した邦題で、「サスペリア本編どころか魔女とも関係がない。
過去に起きた犯罪がきっかけで始まる連続殺人事件を追うジャーロの名作で、評価は高い。近年では原題Profondo Rossoを踏まえてい深淵」というサブタイトルが入っている。

日本で大ヒットした要因に、配給会社・東宝東和による宣伝戦略が挙げられている。
先の宣伝文句は言うに及ばず、ショック保険なるものを用意。万が一映画を見てショック死したら1000万円支払いますというブッ飛んだ代物だった。
また「サーカム・サウンドなる音システムについても宣伝。ポスターによると「5分間に1回。あなたを直撃する恐怖の超音波とあるが、ひらたく言うと複数のスピーカーを使用したサラウンド方式の音である。名誉のために言及すると、当時映画館での臨場感はそれなりにあったそうな。

冒頭のタクシー内のシーンで、苦の表情を浮かべて叫ぶ男の顔が映っている。
心霊だとして当時大騒ぎになったが、実はアルジェントによる仕込みで、ちゃっかり本人が演じている。まあ普段から幽霊みたいに血色の悪いおっさんだけど。

関連動画

関連商品

魔女三部作


関連作品/音楽


関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A2
ページ番号: 125863 リビジョン番号: 2651818
読み:サスペリア
初版作成日: 08/05/22 09:52 ◆ 最終更新日: 18/12/20 13:50
編集内容についての説明/コメント: リメイクについて加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サスペリアについて語るスレ

2 : ななしのよっしん :2009/02/16(月) 18:40:08 ID: J7ndxvi4Nx
キモイウジプールが最悪。だがそれがイイ!!
3 : ななしのよっしん :2009/02/20(金) 08:51:46 ID: kDvT+MSOZm
そういやこの映画
昔、本物が映ってるてたけし超常現象USOによく出てたな
4 : ななしのよっしん :2010/05/09(日) 21:24:47 ID: ZlFvMlfR4U
>>2
1年以上も経ってる書き込みにレスするのもアレだが、
ウジプールサスペリアじゃなくてフェノミナじゃないか。
5 : ななしのよっしん :2012/03/13(火) 01:17:39 ID: nU351JLA6B
本物はあれ監督が意図的に入れたみたいだね
6 : タクサン :2012/10/01(月) 01:58:06 ID: EvVR9vjnb1
演の人、撮影当時すでに28歳くらいなんだよね。美人だけどもっと若い女優がよかった。
7 : ななしのよっしん :2015/01/08(木) 19:03:42 ID: e5TgKp+WOq
久しぶりに見ようと思ってDVD引っぱり出したんだが...

温度上がるとケースに絵が浮かび上がるの忘れててビビったw
8 : ななしのよっしん :2016/02/12(金) 23:34:20 ID: Ro5p9rEkIe
本物ってタクシーシーン
それとも別?
9 : ななしのよっしん :2016/06/25(土) 20:43:57 ID: Ro5p9rEkIe
序盤のタクシーシーンに映ってる監督の顔の話かな?
10 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 22:36:50 ID: gm9PmHBkGz
PART2も面い。だけど、もともと続編でもない上にこの作品より前に製作されたってどういう事だよ(笑)
11 : ななしのよっしん :2019/01/12(土) 15:49:30 ID: BkLl+0tVhc
https://www.youtube.com/watch?v=85VPBoJb978&app=desktopexit
公式】『サスぺリア1月25日開/本予告

今年リメイク版が日本開なんだ…歳食ったせいかこの手の情報に鈍くなったな。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス