サターンV単語

サターンファイブ

サターンVSaturn V)とは、アメリカ国立航空宇宙局NASA)で運用されていた打ち上げロケットである。

概要

Saturn V
用途 低軌飛行用有人打ち上げ機
S-IC 製造 ボーイング
S-II 製造 ノース・アメリカン・アヴィエイション
S-IVB 製造 ダグラスエアクラフト
S-IU 製造 IBM
初飛行 1967年11月9
最終飛行 1973年5月14日
総飛行回数 13回
仕様
全長 110.64 m (アポロ宇宙船積載時)
85.7 m (ブースター部分)
直径 10.1 m (S-IC, S-II
6.6 m (S-IVB, S-IU)
全重量 3,038,500 kg
搭載 118,000 kg (低軌
48,700 kg (

ヴェルナー・フォン・ブラウンが設計、フォン・ブラウン率いる開発チームマーシャル宇宙飛行センターMSFC)にて低軌飛行用有人打ち上げ機として開発した史上最大の使い捨て三段式液体燃料打ち上げロケット
ターンロケットシリーズの一つ。日本では、サターンV型サターン5型とも表記・呼称される。

全長は110mと世界最大であり、当時はソ連(現:ロシア)が開発中だったロケットであるN-1(全長105m)と双璧をなしていた。
な製造請負元は、ボーイング(第一段ロケット)、ノースアメリカン・アヴィエイション(第二段ロケット)、ダグラスエアクラフト(第三段ロケット)、IBM(計器ユニット)。

1961年1月10日に「C-5ロケット計画」が発表され、同年1月25日に開発を開始。1963年初頭にはC-5アポロ計画ブースターロケットとして正式採用され、その後めてサターンVと命名された。

サターンVは計15機が量産され、初飛行(アポロ4号打ち上げ)の1967年11月9日から最終飛行(スカイラブ1号打ち上げ)の1973年5月14日までの6年間、NASAアポロ計画(機体番号SA-501SA-512)やスカイラブ計画(SA-513)にて計13機が使用された。残り2機のSA-514、SA-515は未使用である。
現在は3機が展示用として博物館に保存されている。この3機は、試験用に開発されていた機体と、SA-513、SA-514、SA-515のそれぞれの第一段、第二段、第三段ロケットを相互に組み合わせて展示している。又、直立した実物大模型も存在する。

総開発費用は当時の貨幣価値で約70億ドル以上、1回の発射費用で約5億ドルであった。

機体構成

機体は、第一段ロケットS-IC)→第二段ロケットS-II)→第三段ロケットS-IVB)→計器ユニットS-IU, Instrument Unit)というように構成されている。アポロ宇宙船は計器ユニット上部に搭載される。

S-IC(S-1C)には、ロケットダイF-1が5基搭載されている。1基が中心に固定され、姿勢制御用の4基はジンバルに搭載されており、x-y軸のそれぞれ6度方向に推偏向が可である。

S-II(S-2)にはロケットダインJ-2が5基、S-IVBにはJ-2が1基搭載されている。S-IIはS-ICのように、1基を中心に固定して4基は推偏向可なようにジンバルに搭載。S-IVB(S-4B)のJ-2はジンバルに1基のみ搭載されている。

F-1エンジンはRP-1(高純度ケロシン)とLOX(液体酸素)を、J-2エンジンはLH2(液体水素)とLOX(液体酸素)を燃料としている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3v

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サターンV

7 ななしのよっしん
2013/02/06(水) 05:08:54 ID: yRKGT5fsAv
全体を巻き込む失敗を起こさないために
部品レベル検証して失敗させてるんだろう
そういう失敗を積み重ねたプロジェクト故に成功するんだろうな
8 ななしのよっしん
2013/11/28(木) 08:37:01 ID: um6wie/t89
推進的には人類が生み出した最強エンジンを搭載したロケットらしいが
さすがにデカイので上昇F-15に負ける模様
9 ななしのよっしん
2015/09/09(水) 13:57:04 ID: 6KQ4ikqezP
そりゃそうだ
モンスターエンジンを積んだスポーツカーバイクに加速で勝てないのと同じ
10 ななしのよっしん
2016/03/08(火) 00:03:37 ID: ebpoXAbXUJ
持ち上げる重量が半端じゃいからねぇ。

単純に燃料も持ち上げる荷物の質量を0と考えると(エンジンのみだけで考える)、F-15F100-PW-229エンジンだと第一宇宙速度まで100秒ほどかかるが、サターンⅤF-1なら1弱で到達できるぞ。
11 ななしのよっしん
2016/05/08(日) 13:31:55 ID: T73RX0/TpK
H-IIAの1段と、サターンVの3段
諸々だいたい同じなんだね
12 ななしのよっしん
2016/09/13(火) 17:17:44 ID: 2baDIZYICR
重さだけで考えたら、国際宇宙ステーションサターンⅤ3~4基で打ち上げられるのか…
13 ななしのよっしん
2017/02/18(土) 13:15:00 ID: e4nDOgFeOr
さすがと言うか…冷戦期だったとは言え、よくこんなもん作ったよな、アメリカのこういう面は素直に凄いと思うし、さすがアメリカと思う。
14 ななしのよっしん
2017/05/28(日) 21:29:59 ID: aiPFpg9/ac
>>13
いや、むしろ冷戦期だからこそ、って考え方もできる。
ソ連に先を越されないためにって言えば、議会も承認して
予算を出してくれるだろうし
15 ななしのよっしん
2017/08/30(水) 01:38:40 ID: al4+olmVXD
名高いスプートニク・ショックの流れだな。アメリカ科学ガンガン突っ込むようになったのはあれが原因なんで。
アメリカって本来はかなり保守的なで、必要ないことはあまりやりたがらない。フォードTとかM4シャーマンみたいに、そこそこの物を大量に作りたがる傾向が強かったんだけど、それじゃヤバイとなったのが冷戦以降。
16 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 16:19:33 ID: MoQ9+pKaQe
スペースシャトル以前の、アメリカアポロ計画を知っているか?