サッカリン単語

サッカリン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

サッカリンSaccharin)とは、人工甘味料(合成甘味料)のひとつである。\サッカリ~ン/

概要

有機化合物
サッカリン
サッカリン
基本情報
英名 Saccharin
化学 C7H5NO3S
分子量 183.19
化合物テンプレート

1878年、合成したアメリカ化学者が知らずに手に付いたまま食事をしたところ、異常に甘かったことから発見された(ちなみに、ほかの合成甘味料も、多くが同様に偶然口にしたことから発見されている)。

砂糖べ同量で500倍の甘味を持つため、砂糖の消費に対する生産不足を解消しうる代替添加物として世界的に普及した。日本でも戦後、生産、輸入量が落ち込んだ砂糖の代わりに多く用いられた。

砂糖と違い、摂取してもエネルギーとならず、ゼロカロリーの減量(ダイエット)用甘味料としても注され、炭酸入りのゼロカロリーダイエット飲料など、多くの食料品に使われた。

しかし、ネズミなどを用いた動物実験により摂取による発がん性が危惧され、発がん性物質リスト入りと多くのでの使用禁止命の結果、先進国の食品会社の多くはサッカリンの食品への使用を止め、使用量は減した。その後の研究により、発がん性はサッカリンを合成する過程で生成された不純物、オルトトルエンスルホンアミドによることが判明し、サッカリンに発がん性はないとの見方が優勢となった。そのため、アメリカ中国ではサッカリンが飲食物に再び使われるようになった。

現在日本では、食品衛生法の規制が続いていること(大量摂取の抑制のため)、以前のサッカリンにまつわる「発がん性物質」の悪い印が拭えないこと、アスパルテーム、スクラロース、アセスファカリウムなどの別のノンカロリー・ローカロリー甘味料が台頭したことなどの要因で、内でのサッカリンの使用量、使用食料品ともに諸外較して少なめである[要出典]現在日本ではガム歯磨き粉に用いられる。

味が甘いとはいえ、大量に入れてしまうと苦くなるので要注意。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サッカリン

14 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 11:45:24 ID: x9a9gSNiLd
>>13 いやなんか近年リバイバル的にバリバリ使われてるっぽいが。

ところで、サッカリンサッカリンナトリウムは、体内で吸収された後にカルシウムと出会うとどうなるんだってばよ?
何だか近頃、サッカリン入りの歯磨き粉を使ってると(いや出来れば避けたいのだぜ?サッカリンソルトールも。歯磨き粉って甘くなくてもいいだろ?子供用じゃない場合。発泡剤配合の辛い歯磨き粉とか好きだぜ?あ、アルコールは嫌だが。)、と上・下マジで甘くなってきた様な気がするのだが。
不安だぜ。
15 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 12:26:30 ID: x9a9gSNiLd
サッカリン含有人工甘味料は腸内細菌を変化させ耐糖異常を起こしう
https://syodokukai.exblog.jp/21142498/exit

によると、どうもサッカリン、耐糖異常を起こすかなり高いっぽいぜ。ノンカロリー糖尿病に爆進レベルで。腸内細菌マウスでもヒトでも変わって高血糖になるっぽい。しかもマウスについて見る限り、わりと薄い濃度でも。
ああ、あと、上記URL記事にある腸内細菌とは違う側面についての話になるけれど、人工甘味料、代謝・分解されにくいのが多いだけに、何度も体を巡って(あるいはや他人体組織周辺にこびりついて)甘味受容体に刺を与えまくるのが多い感じがして(もちろんインスリンによるコントロールも効かないぜ。膵臓疲弊はすぐそこだ。…なのかも。)、そこんとこもちょっとヤバめ感あるな。サッカリンに限らず。

まぁあれだな。歯磨き粉・ジェルサッカリンにも要注意って事だろうな。
16 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 13:11:39 ID: x9a9gSNiLd
いやまぁ、ブドウ糖に対しては、インスリンコントロールは効くのであるが、甘味の元である人工甘味料に対して効かない。
そうすると、…甘い!(血糖値を下げるため)インスリン発動!
…まだ甘い!インスリン発動!
…まだ甘い!インスリン発動…まだ甘い!インスリン発動! (一方その頃… 副腎皮質「(実際の)血糖下がりすぎだな。筋肉分解して糖新生するか。やむをえん。コルチゾール発動。」)
体全体「「「あまーい!!!」」」(代謝されない人工甘味料(まぁ種類にもよるでしょうが)は依然として残存。体組織を分解しての糖新生によるブドウ糖が消費された後、条件がえば繰り返し。)
人の意識「うーん、何だか体が甘い感じがする…。血糖値が高すぎる感じがする…。あと心なしか筋肉が落ちてきている様な。」

まぁ、多分、ある日において多少のサッカリンを取る事は、そこまでの大事にならない事が通常かと思うのですが、お気に入り歯磨き粉を毎日健康のために使ってたりするとちょっとやばめかもしれないかな、と思います(マウスで摂取開始11週に耐糖異常発生。ヒト
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
17 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 13:18:40 ID: x9a9gSNiLd
あ、ちなみに、コルチゾールが大規模に発動する様な問題状況(筋肉をはじめとする体組織の分解)になった場合、「このケースにおいては(※限定重要)」機序的にはブドウ糖摂取が有効ではないかと思われます。体全体が甘ったるい感じがしても。
そうする事でコルチゾールの分泌が抑えられるのではと思われます(まぁ医学部の人とかのツッコミが欲しかったりしますけれどね(※あ、素人が思っただけなので、一応言っておきますが、問題事態が発生したら医師の意見をあおぐようにしましょう。)。ああ、こういう栄養学・化学物質に関する衆衛生って大事ですよね。
あ、そういえば1980年代には腸やらやらに甘味受容体がある事について知られていませんでしたっけ。今ではほぼ常識かと思いますが(…いや、「頭での味がする」とかって、それ普通にありうるものだったりしますよ?)。
そういう観点から、再度サッカリン等についての批判がされる必要があったりするのではと思ったりします。ああ、糖アルコールのいくつかについてもちょっと考察が必要な感じがしますね。)。
18 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 13:28:18 ID: x9a9gSNiLd
いや>>16>>17は、

>…まだ甘い!インスリン発動…まだ甘い!インスリン発動! (一方その頃… 副腎皮質「(実際の)血糖下がりすぎだな。筋肉分解して糖新生するか。やむをえん。コルチゾール発動。」)

以下の行から使えないわ。下垂体の反応についてすっぽ抜けてる。
このレスも含めての削除依頼出してきますね。
19 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 13:45:02 ID: x9a9gSNiLd
>>15について追記。(今度は誤りを含まないように注意して。)
ブドウ糖(グルコース)に対してはインスリンコントロールは効きますが、甘味の原因となっている人工甘味料に対しては通常効かないかと思います(インスリン細胞へのブドウ糖取り込みを促すものなので。)。
これが故に色々と問題が起こるのではと思われます。
20 ななしのよっしん
2019/11/23(土) 12:32:45 ID: 3J6mUy9bwA
だろレスしかねえ…
21 ななしのよっしん
2019/12/02(月) 10:16:22 ID: axkdLXGt5+
そもそもインスリンが分泌されるのは「甘いから」ではない…
22 ななしのよっしん
2020/03/30(月) 22:23:17 ID: 5AWYtRmM05
サッカリンの記事なのに甘さのないコメントばかり……高濃度かよ
23 ななしのよっしん
2020/04/30(木) 20:51:07 ID: 6gqtxFYKJl
甘味度って言う砂糖100とした数値でサッカリン70000
たかが甘味300ほどのステビアでさえみたいに苦いのだからサッカリンなんて苦いどころじゃすまないだろ

まあサッカリンなら5000倍希釈でも余裕でジュースにできるぐらい甘いだろ
つまり5リットルに対したったの1g
こんどやってみたいな

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック