サッフォー単語

サッフォー

サッフォー(サッポー/Sappho)とは、古代ギリシャ女性詩人である。

概要

生涯についてはっきりしたことはほとんどない。生歿年もはっきりしないが、紀元前7世紀から6世紀のうちらしい。直情的な恋愛が特徴で、ピンダロス、アナクレオンとともにギリシャの抒情詩人に数えられる。女性との熱を詠ったため、現代ではもっぱら同性愛者として認知されており、女性同性愛者のことをレズビアンというのは、彼女レスボスで活動したことによる。今では古くなったが、サフィズム(女性同性愛)も彼女

彼女が本当に同性愛者であったかどうかは議論がある。男に振られて身投げをしたという話は非常にうそ臭いが、確かに結婚はしてもおり(親馬鹿丸出しのがある)、男性とのを拒絶していたわけではなかった。とはいえ、実際に女性に宛てたと分かる恋愛は、男性に宛てたと分かるものより多いのである。何にしろ、当時「同性愛」あるいは「異性」という概念自体が存在しなかったことには注意すべきである。なお、実際にサッフォーのに現れる女性の名には、アナクリアやアッティスなどがいる。

彼女悠久の時とキリスト教のせいで、まとめて小冊子分程度の断片群しか現存しておらず、どこからどこまでが彼女なのかも定かではない。その中でだいたい形を保っているのは、(女性との)の悩みを女神に願う「アフロディーテへの讃歌」と、「あの子を見るだけで私は死ねるような思いなのに、そばの男は何故にのごとくいられるの」(アナクリアへの頌歌)みたいなものがある。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サッフォー

1 ななしのよっしん
2010/10/25(月) 14:54:31 ID: h2OsUo66UO
百合女王だな
2 ななしのよっしん
2012/02/18(土) 03:15:21 ID: j24sk6R7gP
百合文学の始祖
3 ななしのよっしん
2013/09/12(木) 10:24:58 ID: 39SWsz4rj5
サッフォー=「女性子と享楽に耽る快楽義者でしかも最後は男性に振られて身投げをした」っていう「サッフォー伝説」を作り上げたのがフランス詩人たちであることは追加してもいいかも。
レズアニスムという言葉が生まれた19世紀後半に、ボードレールの「悪の華」発禁の「禁断篇」に含まれる「レスボス」を思い浮かべない人がいたとは思わないし。
もともとはプラトンとまで称された人で、しかし少なくともルネッサンスの頃にはそれを評価できる人がいなくなったような人だってことも。
プラトンの「師」と違う点を考察するのは面いんだけど、いかんせん伝説しか残っていないから実情にせまろうとすると困難極まりないね。
4 ななしのよっしん
2014/06/04(水) 01:14:47 ID: E62x0DxV4R
 レスボスといえば、オルフェウス琴が流れ着いた縁で優れた詩人が多く生まれたと聞く。
オルフェウスって冥界帰りの後ホモに走って、相手にされない女性の集団に襲われて死んでるんだよなぁ……
そして、琴が流れ着いたレズビアン発祥の地。これ呪われてんのとちゃうん?
5 ななしのよっしん
2018/03/17(土) 07:12:26 ID: 4Aja9B6D4E
女性だけの学校を作ってたことから、どうもこの人は同性愛じゃなかったように思える。
の大半は当時の生徒たちの為に作られたらしく、作や音楽も教えてたみたいだからその教材だったんじゃないか
そのものも、同性愛に傾倒する当事者というよりは、同性愛者を冷静に眺めた傍観者的な冷静さを感じてしまう
6 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 23:11:28 ID: mlQ9PuXWCP
>>5
なるほど百合いいよね…か わかる
まあそういうたわごとはさておき、実情ってそんなものだと思う
文才が豊かな女学園の教師が断絶とロマン百合の開祖みたいになっちゃった系の