サトノダイヤモンド単語

サトノダイヤモンド
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

サトノダイヤモンドとは、2013年まれの日本の元競走馬である。現在は種

な勝ち
 2016年菊花賞(GI)、有馬記念(GI)、神戸新聞杯(GII)、きさらぎ賞(GIII)
 2017年阪神大賞典(GII)
 2018年京都大賞典(GII)

名の「ダイヤモンド」はダイヤ流星から。

概要

言わずと知れたディープインパクトアルゼンチンのGIを3勝しているマルペンサという良血。セレクトセールにて「サトノ」の冠名で知られる高額GⅡコレクター里見治氏に2億4150万円にて落札され、デビュー前から注を集める。

デビュー11月京都2000mで上はクリストフ・ルメール。2億5200万で落札された同じディープ産駒のロイカバードとの「5億円対決」として話題を集める。結果は直線にてロイカバードを突き放し勝。

続く2戦も、後の重賞であるマイネハニー他を相手に楽勝。続くきさらぎ賞ではロイカバードとの再戦となったが、上のルメールが「は要らなかった」とるほどの3身半の圧勝。勝ちタイムラップ、着差どれをとっても優秀だったため、今年のクラシックはこので決まり!と普通はなるはずなのだが…。

3月皐月賞トライアル弥生賞では、良血エアスピネル・2歳王者リオンディーズ・出世レース若駒ステークスを快勝したマカヒキ突し、上ルメールマカヒキレースレコード勝利してクラシックの有補に躍り出る。ルメールがどちらを選ぶかが注されたが、本人く「新戦から乗り続けたで、ダービーを見据えて」サトノダイヤモンドを選ぶ。

そして皐月賞きさらぎ賞からの直行での参戦は皐月賞での結果が伴っていない(直行での優勝阪神2000mで行われた90年のハクタイセイまで遡り、以降は前年まで12頭が参戦して全て4着以下に敗戦)のだが、ファンはこのポテンシャルを信じてエアスピネルリオンディーズ・それらを破ったマカヒキらを抑えての1番人気。しかしゴール前でリオンディーズがヨレたことによる不利を受けたこともあり、共同通信杯の勝ちディーマジェスティマカヒキに敗れる3着。

続く日本ダービーでは、皐月賞より絞って-4kgの究極仕上げ。1番人気をディーマジェスティに譲るも、前走では先着されたマカヒキより上位の2番人気営もファンダービーこそは・・・の思いで見ていたのだが、最後の直線先頭に躍り出たと思ったところに内からルメールが乗り代わったでありダービー勝利川田将雅の乗るマカヒキが強襲を仕掛け、さらにマカヒキ体を合わせられた後に外側に膨れるロスもあり、再び追い上げるも8cm差の2着。レース後には後ろ足の蹄を落していたことが判明。皐月賞ダービーいずれも消化不良の内容に終わり(上にとっては「乗り代わったに自身が勝った事のないダービーを勝たれる」という皮な結果に)、悔しいとなる。

凱旋門賞へ向かうプランもあったそうだが、ダービーの落で痛めたの不安もあり内に留まって菊花賞へと向かう。トライアル神戸新聞杯では内に潜んでいたミッキーロケットに出し抜かれそうになる場面もあったが、それをクビ差交わして後続には3身差の勝利

迎えたクラシック終戦菊花賞皐月賞ディーマジェスティ人気を分け合う形になったが、1番人気に支持される。レースは初めは中団に位置していたが、ディーマジェスティが並びかけてくると2頭合わせて位置取りを上げていき4コーナーを回る。しかしサトノダイヤモンドはまだ持ったまま、対するディーマジェスティは4からムチを入れているほど手ごたえに差があり、直線でディーマジェスティ以下をく間に突き放す。そのまま勢いは止まらず、追い込んできたレインボーラインエアスピネルらを抑え、2身半差の勝。このにとっても初のGⅠタイトル上のルメールにとっても初の中央競馬クラシックタイトル、そして、凄まじい勢いで良血を集めながらどういうわけかGⅠを勝てず「そういう運命」とさえ言われた「サトノ」の里見オーナーにとっても初のGⅠタイトルとなった(余談だが、この後里見オーナーは憑き物が取れたかのようにGⅠタイトルを取ることとなる)。

次走は有馬記念にて初の古との対戦。2016年の古戦線を牽引してきたキタサンブラック、前年の覇者ゴールドアクター宝塚記念を制したマリアライト最強の2勝サウンズオブアースら実績のあるメンバーの中、発走直前に1番人気となる。キタサンブラックゴールドアクターが好位につける中、レース序盤はいつもの中団待機だが、上はペースが遅いと読んで3コーナー前でくも2頭に並びかける。そのまま最終コーナーを回った3頭は直線での叩き合いとなり、一度は突き放されたと思われたが、坂を上り切った辺りから再度加速。ゴールドアクター・そしてりにっていたキタサンブラックをクビ差競り落としてGⅠ2勝を挙げる。レース後のインタビューでは、新戦から乗り続け、の苦戦を味わい、自身初のクラシックタイトルをもたらした勝利したルメールし「競馬は時々難しいけど、今日素晴らしいです」とった。

2017年の大標・凱旋門賞でのスタミナ勝負を視野に入れて阪神大賞典から始動。大阪杯のGI昇格等で有が少なかったこともあり、単勝1.1倍の断然人気に支持される。序盤から先行の出入りがしくリズムを崩す場面もあったが、前年同レース覇者シュヴァルグランのすぐ後ろから最終コーナーを周り、残り1ハロン過ぎでこれを交わして1身半の勝。ナリタトップロードが記録したレースレコードにコンマ1差に迫る好タイムで古初戦を勝利で飾った。

迎えた天皇賞(春)。GⅠ昇格した大阪杯勝してきたキタサンブラックと再び突。外15番が嫌われたか2番人気となるが、キタサンブラックとの差は僅かで、メディアが喧伝した通りの2強対決。ヤマカライデンが刻んだあり得ないハイペースの中、2番手のキタサンを見つつ中団でどっしり構える。しかしが災いして終始外を回らされる嫌な展開。それでもの坂を越えた先で仕掛け、直線入り口ではキタサンブラックから2、3身の位置まで押し上げる。しかしそこから差が詰まらない。それどころか、キタサンに引き離される一方。残り200mで周りと脚色が同じになり、最後は長距離巧者シュヴァルグランも捕まえられず3着。一方のキタサンブラックはその2余り前で日本レコードを打ち立てる圧勝。ルメールが「キタサンが強すぎた」と言えば、池江師も「どう転んでも勝てなかった」と振り返った、敗というほかない結果に終わってしまった。しかしこも最速上がりでレコードタイムを大きく更新する走りは見せた。営がかねてから「3200mは適距離ではない」とっていたし、仕方ない。

凱旋門賞を見据えて宝塚記念は回避して調整。僚サトノノブレスと共にフランスへ飛ぶ。
初戦はお染みの前戦となったGⅡフォワ賞。6頭立ての少頭数となったこともあり十分勝てる・・・と思われたが、重馬場に加えレース中に軽傷を負いまさかの4着。凱旋門賞に暗が立ち込める。

若干人気を落としたが、それでも上位として迎えた凱旋門賞。しかし運の悪いことに、フォワ賞に続いて重馬場レースを迎えることになってしまう。それでもいつも通りの中団から、手応えはよく追走。4では外から先団を捉える位置まで押し上げる。しかしそこから全く伸びず、逆にズブズブと後退。結局18頭立て15着に敗れ、悲願は成らなかった。群から突き抜けた勝ちエネイブルとのの差を見せつけられる結果となった。

その後は長期休養に入り、明け5歳となった翌年の金鯱賞で復帰。不振だった欧州遠征からの休み明けということで1番人気を4歳世代のスワーヴリチャードに譲る。レースは中団から進むも直線では反応鈍く、先行したスワーヴリチャード逃げたサトノノブレスに追いつけず3着となったが、出走中最速の上がり33.7で(欧州遠征では見せられなかった)末脚を久々に見せた。しかし続く大阪杯では3番人気ながら7着と大きく負けてしまう。宝塚記念にはファン投票1位で選ばれ出走を決めるも、営からはしっかりとした強気なコメントが出ず、「もう燃え尽きたのでは?」とのも囁かれたりした。レース当日は復活を願うファン援を受け1番人気。第4コーナーでは中団から進出しにかかるも、直線では伸びず6着に破れてしまった。

京都大賞典から始動。このレースでは久々に切れ味が復活し、上がり最速の末脚で半身差し切り1年半ぶりの勝利を挙げる。その後予定通り秋天はパスしてJCに出走。ルメールアーモンドアイの騎乗が決まっていたので絶好調のジョアン・モレイラが騎乗する。3番人気には支持されたが、今度は前走の切れ味がなくアーモンドアイ世界レコードを眺めるだけの6着に敗れる(一応レースレコードよりタイムではあった)。ラストランとなった有馬記念は自己最低の6番人気まで転落し、レース結果もその通りの6着。最後まで3歳時のきを取り戻せずに引退、種入りすることとなった。

血統表

ディープインパクト
2002 鹿
*サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
1991 鹿
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
*マルペン
2006 鹿
FNo.1-w
Orpen
1996 鹿
Lure Danzig
Endear
Bonita  Francita Devil's Bag
Raise the Standard
Marsella
1997 鹿
*サザンヘイロー Halo
Northern Sea
Riviere Logical
Talonada

クロスHalo 3×4×5、Northern Dancer 5×5×5

ディープインパクト日本三冠馬にして日本のみならず世界で産駒が活躍している大種
ルペンサはアルゼンチンのGIを3勝。
Orpenフランスの2歳GIモルニ賞優勝

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サトノダイヤモンド

78 ななしのよっしん
2020/05/04(月) 21:52:36 ID: SOO0XgYfHQ
>>7 その人は何でも適当イチャモンつけてとにかくサトダイやこのページに来るファン馬鹿にしたいだけの人だから触れてやるな かかわるだけ損だ
79 ななしのよっしん
2020/05/04(月) 22:06:01 ID: SOO0XgYfHQ
フィエールマンは倒した相手がヴェイズ以外あまりにもショボすぎるしレースぶりもどこにも長距離要素がい そもそもが較できるじゃない というかよその較して見下す事が間違いではあるが・・・

たちが何て言おうと普通に需要もあるし300万でそれなりにいい肌を数集めれてるから後は結果待ちでしょ ここでグチグチ言っててもしゃあない
80 ななしのよっしん
2020/06/11(木) 20:41:05 ID: /v80DQQQIY
この阪神大賞典が初めてリアタイ競馬を見たレースだったから思い出深いなあ…この凱旋門賞惨敗が悔しくて寝れなくて結果寝坊したのも良い思い出
でも凱旋門賞行かなければもうちょいやれたのかなあとも思うし、そう思いたい自分がいる。
産駒がたくさんG1勝ってくれたら嬉しいなあ、厳しいかもしれんが
81 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 19:08:05 ID: 3oRz3ELjF9
劣化後だったとはいえ、2018年の古距離戦線を完走したことはもう少し評価されていい気がする。

地味ノーザンFのディープ産駒としてはほぼ初めてのケースだし、まともにレース使ってる点も好感度高い
82 ななしのよっしん
2020/07/16(木) 09:40:39 ID: SOO0XgYfHQ
セレクトセールの評判は高い 
血統はいい方だし 今はディープキンカメが欠けてるから譲りで美しい体の多いサトダイ産はなかなか売れてるようだ
どうにも産駆の体もゆったりとしてステイヤーっぽさが出てる気がするがはたして詐欺なのかちゃんと走るのか
83 ななしのよっしん
2020/07/16(木) 09:51:28 ID: SOO0XgYfHQ
セレクトセールで一億えたサマーハの2020は素人でもわかる凄い体してる
譲りの美しい体にシャケトラに抱える血統も良い
金子さんがそこまで出すという事はかなり期待も出来る

問題はステイヤーっぽくなりそうな事かなぁ
84 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 01:25:39 ID: BqrvAtpg/Y
になってもバブルガムフェロー産駒からダート適性くしたのを量産しそうって危惧してたが今のところ評判は良さそうだな
85 ななしのよっしん
2020/12/20(日) 21:26:04 ID: fbQChmug4R
ウマ娘おめでとう
86 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 09:39:57 ID: SOO0XgYfHQ
まさかサトミがゴーサイン出すとはな 現状最新の元ネタになるのかな
87 ななしのよっしん
2021/01/11(月) 18:06:38 ID: SOO0XgYfHQ
今サトノはサミーがやばすぎて競馬やってる場合じゃないから宣伝になるならなんでも食いつきたい所だろうしな 
キタサンブラックフィーバーでもまだ今までの損失を補えてない苦しい台所事情な北島さんも同じようなもんだが