サドラ単語

サドラ

「サドラ」とは、特撮TV番組「ウルトラシリーズ」に登場する地球怪獣であり、ウルトラシリーズ史上初の「怪獣同士のタッグウルトラマン」の対決を行った怪獣のうちの一体。(もう一体は地底怪獣デットン

アボラスバニラや、レッドキングチャンドラー、キーラサイゴ等、怪獣二体が戦って生き残った方とウルトラマンが戦った展開は多かったが、怪獣二匹と同時に戦うのは初。(ガッツ人やフック人等のタッグとの戦いはすでに行われていた)

怪獣図鑑の中では「弱い者いじめが大好きな怪獣」と書かれている場合があるが、ウルトラマンメビウスウルトラギャラクシー大怪獣バトルでの大虐殺により、すっかり「かませ犬」役がについてしまっている。

サドラ、お前は泣いていい

通称は「岩石怪獣 

サドラ

岩石怪獣:サドラ
登場作品 帰ってきたウルトラマン
サブタイトル 第3話「恐怖の怪獣
体長/全長 60メートル
体重 24000トン
出身地 吹山

帰ってきたウルトラマンでのサドラ

第3話「恐怖の怪獣」に登場。

迷い込んだ人間に食べられてしまうと言う伝説が残る吹山に生息する怪獣であり、の正体。

両腕が鋼を切り裂く程の鋭いはさみになっている他、鋭い牙で硬い岩盤を砕く暴れん坊ながら、普段は吹山の濃いに隠れていると言うチキン野郎なところがあり(野生の本ともいえるが)、本当はテレスドンとして登場させる予定だったのにスーツ鬼畜ヒーローシリーズ等での酷使でひどい状態になっていたので何も手を加えていないのにということになったデットンと縄り争いをしている。

サーチライトになり、の中でも自由に行動出来る。

伝説同様、吹山に迷い込んだ登山者を捕食していた為、調にきたMATに発見されて捕獲されそうになるも、自慢のハサミで脱出したところにデットンと遭遇し、縄り争いの喧を始めた。

帰ってきたウルトラマンが現れた際は、デットンと協してシリーズ初の「怪獣二匹vsウルトラマン」の変則マッチをしかけたが、デットンが倒された後に、ウルトラスラッシュ(八つ裂き輪)により首を切断されて倒された。

帰ってきたウルトラマンウルトラスラッシュで倒した一の怪獣と言うことで切断技集ではレギュラーとなっている。

放送当時の書籍では「サドラー」と表記されることが多かったが、近年では「サドラ」が公式名となっている。

鳴きは『ウルトラセブン』第30話「栄れのために」に登場したプラチク人のを遅回ししたもの。

レッドマンでのサドラ

第26話、第28話、第116話、第117話、第118話、第119話、第120話、第122話、第125話、第126話、第127話、第131話、第133話、第134話に登場する。

そして「かませ犬」役へ・・・

時を経て、サドラはウルトラマンメビウス第5話「逆転のシュート」第8話「戦慄の捕食者」に登場した。

MATデータベースから新たに以下の特徴が判明している。

  • 体表から分泌した体液を間的に蒸発させ、自ら周囲にを発生させるを持っている。
  • 発生させた"電磁セクリションフォッグ"は強なジャミング効果を持っている。
  • 頭のに、のロレンチーニ器官に似た生体電流感知器官を持っている。
  • その器官により、の中でも迷う事なく、えさとなる登山者や敵を探すことが出来る。

第5話では、帰ってきたウルトラマンに登場したものとは別個体のサドラがボガールにより復活させられ、そのうちの一体が最初に吹山でGUYSと戦ったが、結局ボガール捕食されてしまう。

その後、に二匹のサドラが出現してウルトラマンメビウスと戦ったが、発生させたを、ガンフェニックス・マニューモードが発動した「ベンレーションボルテクサー」によって除去されたところで、メビュームシュートを受けて倒された。

更に2体のサドラが出現したが、ハンターナイトツルギにより殺された。

第8話にも5体のサドラが現れるが、画面に腕だけうつっただけでボガール捕食されている。

といった感じで順調にザコキャラフラグを立てていったサドラだったが、ウルトラギャラクシー大怪獣バトルにおいても、

といった大虐殺にあった。

ウルトラゼロファイトの第1話ではバット星人グラシエで甦りウルトラマンゼロに襲いかかるが、ストロンコロナゼロ初お披露の犠牲となってグドン共々フルボッコにされた。
グラシエの本命は後に控える地獄四獣士であり、全にかませ犬として扱われた形になる。

やられ役」「かませ犬」が全にについてしまっている・・・お前はないていい。

ウルトラゾーンでのサドラ

第1話のシチュエーションコント怪獣転校生」に登場。記念すべきウルトラゾーンに登場した1体怪獣である。CV山本匠馬

有名中学に毎年合格者を出す親の均所得もそこそこ高めの私立小学校の6年1組に転校して来た。相手を倒すことばかり考える「サドラ」や8万度の火炎を作る「ねつ液ぶくろ」を持つことを担任教師が説明している。

その他「サドラ」についての詳細はWikipediaの該当記事参照の事。exit

関連商品

関連項目

関連コミュニティ


関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サドラ

12 ななしのよっしん
2014/08/05(火) 21:46:05 ID: MqV4Qxz75a
サドラとグドンギンガでもやはりそれなりの強さだった(耐久値)けど
久々ウルトラマンとまともに戦えていい感じだったな。
特にサドラはなかなかに汚名返上してくれた。
13 ななしのよっしん
2014/09/21(日) 21:01:05 ID: Ex4pN8uwnr
ギンガSのサドラは強さはともかく、脚本ではかなり優遇されてたな。
14 ななしのよっしん
2014/10/07(火) 21:41:54 ID: 9aZRMjnx8M
サドラにはすっかり雑魚イメージがついたのにグドンはなど咬ませにされてもいまだに強という感じがする不思議。
ドンサドラと違ってなぜ強く見えるのか考えてまとめてみた。
・2話にわたって登場し、ツインテールタッグとはいえ一度はウルトラマンジャック敗北させ、防衛軍は東京を壊滅させてまで倒そうとした
・新世紀ウルトラマン伝説にも出ている
ウルトラマンFightingEvolution3で扱いやすい上に強い。攻略本ではゼットンタイラントとともに対ウルトラマンおすすめ怪獣に挙げられている
・ボガールになすすべもなく捕食されたサドラと違い、それなりに抵抗している
ゼットンが相手なら仕方ない。しかも不意打ちだった
ネロンガ相手にも透明化で翻弄される前は優勢だった
・何より、大量に出てきて一撃でやられるシーンはない

こうしてまとめるとやっぱりグドンは相手が悪かっただけと思える。
ギンガSで多少は名誉挽回できたサドラ今後に期待しよう。
15 ななしのよっしん
2014/10/08(水) 03:45:25 ID: pBhyO5SZ0I
・グドンの方が見たカッコいい
16 ななしのよっしん
2015/01/25(日) 14:21:57 ID: 8qOB2T7Tny
ウルトランスでレッドキングの次に活躍してた気がする。
味方ポジの方がいいのかもしれない。
17 ななしのよっしん
2015/05/20(水) 23:01:07 ID: 9aZRMjnx8M
敵で出ると雑魚なのに味方になると頼りになるという。
18 ななしのよっしん
2016/05/06(金) 20:36:36 ID: hoYrpAo+Ca
今日レッドマンではダンガーを独で倒したうえ、いあいつにも善戦していた
やはりメビウス大怪獣バトルサドラはだらしねえな
19     
2016/08/05(金) 19:24:13 ID: ydWVkN4oPb
>>14
あ、おい待てぃ
FE3サドラ居ないゾ
20 ななしのよっしん
2017/10/16(月) 12:38:15 ID: 7jEM93l7L7
JK食いな所はスルーされてるのな
21 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 20:17:45 ID: rvBKk1oDap
メビウスでの冒頭子供襲われてたけど、どうなったか何かモヤってするから個人的にガイズと直ぐ交戦になったから捕食未遂に終わったと解釈してる