サドラーズウェルズ単語

サドラーズウェルズ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

サドラーズウェルズ(Sadler's Wells)とは、1981年アメリカ生まれ、アイルランド調教を受けた元競走馬・種である。
90年代00年代前半の欧州を、自分色で染め上げたノーザンダンサー息子の中でも最も成功した種の一頭。
名の由来は、ロンドンの著名な劇場「Sadler's Wells」から。

現役時代

ノーザンダンサーフェアリーブリッジボールドリーズンという血統。叔父ヌレイエフ、その他の近親にも*ジェイドロバリーら数多の名がいるラフショッド系という名系の出身である。

馬主ロバート・サングスターに購買されアイルランドヴィンセントオブライエン厩舎に預託されるという成功するノーザンダンサー産駒のパターンデビュー
2歳シーズンこそ2戦2勝と良績を残すが、3歳の始動戦で同厩・同馬主エルグランセニョールの2着に敗れ、2000ギニーを狙う裏ローテ行きとなってしまう。
GⅡ勝ちを挟んで迎えた2000ギニーを勝ち、同じマイルのセントジェームズパレスSを一旦次の標としたのを変更してジョッケクルブ賞(ダービー)に向かうが、後に相性抜群な関係になるダルシャーンの末脚に屈し2着に敗れた。
そうこうしている内に、2000ギニーで負かした*セクレトが英ダービーエルグランセニョールを撃破するわ、そのエルグランセニョールが怪引退するわでいつの間にかオブライエン厩舎のエースに押し上げられた。だねぇ。

次走は古相手のエクリプスステークスへ向かい、レースレコードを出してしぶとく勝利するとエースの看を背負ってキングジョージに向かうが、前年の英ダービーティーノソに敗れ2着。次走のベンソン&ヘッジス杯(現:インターナショナルステークス)でも4着と勝ち切れなかった。
続くフェニックスチャンピオンステークス(現:アイルランドチャンピオンステークス)では勝利し評価を戻すも、凱旋門賞では勝ったサガスから20身近く差をつけられた8着に敗。3歳限りで引退した。
通算成績は11戦6勝。現役時代は「2400だと甘くなる中距離」「エルグランセニョールにべたら小物」という評価で、アイルランドで種入りした時点ではそう期待はされていなかったのだが……。

種牡馬時代 

ところがぎっちょん、種としては1年からダービーオールドヴィック、古になって開眼したインウイングスらを出し、2年以降もモンジューガリレオハイシャパラル、*オペラハウス、*カーネギー、天才ハードラーイスタブラク……など数に名を輩出。欧州クラシック、古王道路線はあっという間にサドラーズウェルズ産駒に席巻された。
なんせ、リーディンサイアー13回連続獲得(1992~2004)、この時点でセントサイモンの通算9回獲得えている。
さらに1990年にも獲得しているため、通算で14回の英リーディンサイアー獲得は18世紀の大種ハイフライヤーの記録すらえての新記録となった。
このハイフライヤーの記録、近代競馬じゃえられないと言われた明期ならではの記録な上に、その時代でも血の閉塞で衰退確定というとんでもない記録であった。
実際、ハイフライヤー一気に衰退しエクリプスに勢を奪われた。それをえていくんだから凄まじいの一

更にその血は世界にも広まっており、北エルプラド、南チリでダシヤンター、南アフリカフォートウッド、豪州ハイシャパラル、英ガリレオモンジューがリーディングを獲得。
孫以降の名メダリストメダグリアドーロ(金メダル)、85年ぶりの名レイチェルアレクサンドラ欧州スピードモンスターフランケル南アフリカ絶対王者ホースチェスナット、オセアニアまれの怪物ソーユーシンク日本世紀末覇王テイエムオペラオーなどなど枚挙に暇がない。
他にもダート欧州芝・日本芝どこでも走ったシングスピールがその性質を伝えており、世界中どこでもサドラーズウェルズの血を引く種が活躍している。
さらにとしても凄まじい活躍をしており、日本だけでもフサイチコンコルドエルコンドルパサーシーザリオヘヴンリーロマンスエイシンアポロンすごい数の活躍が存在し、海外でも凱旋門賞を圧勝したサキーを筆頭に欧州・北で大量の活躍を出してリーディンブルーメアサイアーにくなど、もう世界中を塗りつぶしかねない勢いである。

産駒の傾向としては、心肺に長け、重馬場や起伏を苦にしないパワー、頑丈さや輸送にめげない精の強さを持つという欧州の申し子といった感じではあるが、バラシアのようなスピードのある短距離も輩出しており、北芝でも活躍がおり素軽さやスピードがないわけではない。
とはいえ重たいステイヤーが多いことは否定できず、実際に晩年から最近は*デインヒル・ケープクロスのようにスピードの勝った系統に押され気味になったりもしたが、ガリレオが優れたスピードを持つフランケルらを出し始めスピード競馬にも適応している。
日本での産駒はサージュウェルズくらいしか重賞勝ちは出なかったが、直系の孫の代にテイエムオペラオーメイショウサムソンといった名が出現した。さらに直系のひ孫にもロゴタイプという長くGⅠ路線を走り続けたが出現するなど日本産においても影を及ぼす種となった。

2008年に種引退した後は功労として々自適の日々を送っていたが、2011年に病死した。享年30歳。生命にあふれた彼らしい大往生であった。

血統表

Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic
1954 黒鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah
Natalma
1957 鹿毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator
Fairy Bridge
1975 鹿毛
FNo.5-h
Bold Reason
1968 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Lalun Djeddah
Be Faithful
Special
1969 鹿毛
Forli Aristophanes
Trevisa
Thong Nantallah
Rough Shod

クロス:Hyperion 4×5(9.38%)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サドラーズウェルズ

14 ななしのよっしん
2019/09/04(水) 22:55:37 ID: kaaLkHQBdw
>>9
いうほど多いか?ステイヤー
は多いけど
ステイヤーというのも

2600以上の距離勝ったのはサムソン、オペしかいないし
万葉、ダイヤモンドステイヤーズSとったのはいないよ
それどころかよくみたら1800や南部杯勝ったのもいる

まあ2500は長距離だからミヤベランベリはステイヤーだといいはられたらうなず
https://db.netkeiba.com/?pid=horse_sire&id=000a000d77&course=1&mode=1&type=2exit
15 ななしのよっしん
2019/09/06(金) 00:17:50 ID: f+9zkwDcW2
2500より距離伸ばしてあっさりまけるのをステイヤーと言いたくねえな
16 ななしのよっしん
2019/10/15(火) 10:43:21 ID: VIy+w4flS1
>>14 なぜか障を除けたがる傾向があるけどサムソン産が長距離向きのスタミナ血統である事に間違いはない
そもそも現代の芝地はステイヤーなんて活躍できないからな・・・

サムソン産が長距離勝ってないのはようは単純に弱いんだよ 長距離レースって出るまでがまず遠いのりなもんだから弱いはまず長距離レースに出れずに終わるダートや障行かないと結果でないってのはそういう事

ステイヤー種馬の代表格リアルシャダイ子供からライスを除けてみ?G2が二頭G3が一頭 終わりでっせ あいつでそのレベル 成績よくないステイヤーがもっと顕著 メジロマックイーンなんかを見るのが一番わかりやすいかな

>>15 もうそれは個人の感想レベル

ステイヤー談義もいいけど9コメツッコミどころはそこじゃなくてサムソンが重たいステイヤーじゃないみたいに書いてる所だろ 
どちゃくそ重たいスタミナ血統じゃない
デブってた菊以外3000以上で連対を外さない安定した強さを見せてて発勝
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
17 ななしのよっしん
2019/10/15(火) 10:50:21 ID: VIy+w4flS1
近代2500以上は途中まですっとろく走って直線でぶっとばして勝つって長距離とは名ばかりの運動会だからオペラハウス系に限らずしぶとい末足が自慢のクラシックサドラーは不利よ・・・
本質的には中距離ばかりになった今の長距離戦線では2500以上であっさり勝つですらステイヤーといって言いかどうか怪しい時代だ・・・
18 ななしのよっしん
2019/10/15(火) 11:04:09 ID: VIy+w4flS1
>>2 ダートアメリカで自身も産駒も芝キトゥンズジョイが産駒が欧州で年度代表になるわでリーディンサイアーに二回き安定しだしたしな 
オペラオーもいいけどオペラ関連のネーミングだと

サドラー(英国劇場)
インウィングス(舞台に出る役者が幕の前で待ってる状態)
シングスピール(ドイツオペラの形態)
ローエングリン(ドイツオペラ作品)
が好き
19 ななしのよっしん
2020/01/14(火) 17:36:13 ID: 6E1a16UtUt
>>9

オペラハウスの産駒にサムソンとオペ以外に
ステイヤーっているの?
20 ななしのよっしん
2020/04/16(木) 21:46:22 ID: VIy+w4flS1
>>19 スピードやキレは不足してるがスタミナにまかせたロングスパートが得意な先行が多いんだよオペラハウス産駒は
アクティブバイオオペラチーみたいに長距離でこそ強いが多いし障をスタミナで押し切るマジェスティバイオみたいなタイプも多い ミヤビランベリなんてホリスキーだからドが付くステイヤーオブステイヤー
距離で大きい所勝てないとステイヤーじゃない理論で言うならサムソンとオペ以外ステイヤーじゃないかもね はそういう極論が死ぬほど嫌いだけど 
たとえばステイヤー血統で産駒もアホ程スタミナなのに春天じゃなくて宝塚勝っただけのメジロライアンステイヤーじゃないなんて極論が簡単に作れる理屈って事だからな
ありえんでしょ

 オペラハウス自体は血統調べりゃすぐ分かるけどがつくほどのステイヤー血統で近親も兄弟も長距離でばかり活躍している

21 ななしのよっしん
2020/04/16(木) 21:50:55 ID: VIy+w4flS1
勝ちあがりで長距離勝ってるいないからステイヤー種じゃないって意見もあるが じゃあスプリンターか? 中距離か?って言うと別にそういう訳でもいんだよ 条件やオープン特別で出れるレースの数を考えりゃ失敗種の成績がダートマイルに偏るのは当然

その中でもオペラハウスは弱いでも勝てるレースの中ではスタミナと飛越の才められる障で活路を見出したしロングスパートの強い中長距離タイプも排出した

それは十分ステイヤータイプの種と言えるんじゃないかね?

この話で大事なのは「いやステイヤー種じゃないだろ」って反論を脳死でやるのではなく「じゃあ何なのか」という自分の意見を持って発表する事 文句や疑問だけでは話が進まない事だ
反論に中身がい、自分の意見がいとこうやってグッダグダの文句合戦に成り下がっちまうのよ 
22 ななしのよっしん
2021/04/12(月) 20:41:17 ID: 2c3RGqQj/V
>>13
極端でもなんでもなく正論だよね
特に1着以外は価値なしは
23 ななしのよっしん
2021/04/30(金) 18:09:57 ID: jQJDdgfMaN
競馬世界なんて優勝劣敗が付きやすい世界なんだから仕方ないと思う。