サハラ砂漠単語

サハラサバク
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

サハラ砂漠とは、

  1. アフリカ大陸の北部一帯に広がる世界最大の砂漠
  2. バーブ佐竹の曲

である。この記事では1について記載する。

概要

南極を除けば、地球で一番大きな砂漠

東西5600km、南北1700km、面積1000万k

アフリカ大陸の三分の一ほどを占め、日本の26倍以上の面積を誇る。

実は砂漠と聞いてイメージする一面が砂のは20ほどで、岩石や細かい石が広がる地帯の方が多い。

サハラとはアラビア語で「坦な砂漠」という意味。

モロッコ、西サハラ、モーリタニアアルジェリアマリ共和国ニジェールチュニジアリビアチャド共和国エジプトスーダンなどの々に存在し、特にアルジェリアリビアエジプト土の大半を覆われている。

石油天然ガスなどの地下資の宝庫であり、今後発掘が進んでいくと見られる。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%8F%E3%83%A9%E7%A0%82%E6%BC%A0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サハラ砂漠

1 ななしのよっしん
2022/05/25(水) 15:21:41 ID: m1J1hdIgfz
サハラ→サヘルサバンナ

おすすめトレンド