サバイバルナイフ単語

サバイバルナイフ
1.4千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

サバイバルナイフとは、ナイフの一種である。

概要

ちなみにサバイバルナイフという言葉は知っていてもそれがどんなナイフなのかを知っている人は少ないはず。

人によって見解が異なる場合もあるが、一応以下のような定義がある

・大シーナイフ(折りたたみではない、に入れるタイプ
が厚く、頑丈である

元々サバイバルナイフはそれ一本で何でもこなし生存することを的としているので、のように使うこともめられるし、時には武器として使うこともめられる(ツバがついているのはこの為)。
それ故にが大で頑丈な必要がある。また物によってはグリップ(柄)が中で、テグスや釣り針、コンパスや着火具、十得ナイフ、簡易医療キットなどのサバイバルキットが収められるようにしてある。(コンテナと呼ばれる)
その他、一部の製品にはサバイバルナイフならではの特徴としての反対側、すなわち峰の部分が規則的な凹凸になっているものがある。これは「ノコ」と呼ばれ、金属などの理矢理切断する(というよりは破壊する)為のもの。
事故や軍隊であれば被弾などで破壊された車両航空機等から乗員が脱出する事が想定されている。

ニコニコ動画的には「涼宮ハルヒの憂鬱朝倉涼子が持っているようなナイフ」と言えば分かりやすいだろうか?

似たようなナイフとしてボウイナイフがあるが、元々ボウイナイフが変化したものがサバイバルナイフである為、両者の界は曖昧。

なおサバイバルナイフをマルチツールナイフ(いわゆる十徳ナイフ)と誤解している人も多いが、マルチツールナイフはアーミーナイフと呼ぶのが正しい。

ちなみにキャンプにサバイバルナイフを持っていく人がいるが、正直言ってサバイバルナイフは普段使いには全くといっていいほど適さない(が厚いから細かい作業がやりにくい etc...)
またキャンプなどで使用する為に持ち運んでいても、不適切(キャンプにそんな大きいナイフ必要ない)と判断されれば銃刀法に抵触する事もあるので要注意。

意外な欠点

サバイバルナイフは、同材料・同サイズナイフべて壊れ易いという、そのな外見からはおおよそ想像できない欠点を持つ。これは、コンテナを設ける為に、柄に身の軸を通せなくなる構造上の問題である。

また、近接戦闘銃剣としての使用においても、ノコ部分が、布などに絡め取られる事例も報告されており、これも見たからは想像もつかない欠点を持っている。

近年ではコンテナをしたもの、ノコをフルーツナイフを太めにしたような小振りなものが採用されるなど、現場によって取捨選択が多いのが現状である。

しかし、そもそもこのナイフは、サバイバルキット同様に携帯な予備の具、あるいは代用品としての使用が的であり、意図的に器用貧乏な設計なのである。言うならば中・大ナイフを中心に構成されたサバイバルキットなのである。

したがって、一般にこのナイフで何でも出来るとアウトドアに持ち込んでもノコギリやナタ、包丁には敵わないのは当然である。そこで遭難して、ノコギリやナタを失ってしまった時に必要になるナイフである。

だが上記のような欠点を持ってこそいるが、使い方・工夫次第では、器用貧乏さを万にできる。そんな男のロマンに溢れるナイフなのだ。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サバイバルナイフ

37 ななしのよっしん
2018/02/20(火) 00:26:25 ID: zfeVjbwhsh
 つか、サバイバルナイフって所謂『器用貧乏』ですらい。中途半端って表現が良く似合う。細かい作業するには向いていし、枝払いや焚き木の加工するには強度が足りないし。
 正正銘、ナイフ一本でサバイバル出来る人間て、ベア・グリルスとかそういうレベル人間だけだと思うわ。
 
38 ななしのよっしん
2018/02/22(木) 15:27:28 ID: dXlhgIR2Td
サバイバルナイフアウトドアナイフだと思ってたんだけどこの記事的には全然違うみたいね
39 ななしのよっしん
2018/09/06(木) 13:38:06 ID: qGz9oteHOy
 つか、ランボーナイフ自体れて今じゃ大ナイフって言ったらストライダーみたいなフルタングにパラコード脂パネルつけただけのものなのに、なんでサバイバルナイフの認識だけランボーナイフのままなんだか
40 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 18:14:07 ID: zfeVjbwhsh
>>39
ナイフに触れる人間がそう多くはないからじゃないか?アウトドアでもナイフ持ってくのってブッシュクラフトやる人ぐらいだし。
そもそも大ナイフ自体、実用性が余りいから存在自体が最趣味の領域なのも関係している気がする。
41 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 15:46:34 ID: ws90a7hJ7Y
サバイバルナイフ

サバイバルナイフという名称で、且つ大規模に調達されたものとしては、おそらくアメリカWW2の経験を元にして1950年代にデザインされた「エアーフォーサバイバルナイフ」が最初の物である。
狭いコックピットの中でパイロットが装備するため、なるべくコンパクトに、不時着時などでも多用途に使えるように設計された。
当初は複数社で製造していたようだが、今ではオンリオ社のみが製造しているようだ。
https://majorhykr.com/2018/06/21/a-short-history-of-the-air-force-survival-knife/exit

マスメディアは、昔は洋式ナイフの事を「登山ナイフ」などと称していたが、
インパクトを狙ってか、もしくは記者の誤認により洋式ナイフを「サバイバルナイフ」と呼称する動きが始まって、
「洋式ナイフ=サバイバルナイフ」という方程式が定着したようである。

しかし、マスメディアや大衆に誤ったサバイバルナイフ像が浸透したのは、映画等でサバイバルナイフ武器として手に活躍させたことや、ナイフ業界が実用性でなく見たを第一としたキャッチーデザインの「サバイバルナイフ」を大量に出回らせたことが遠因としてあり、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
42 ななしのよっしん
2019/08/24(土) 12:34:01 ID: zfeVjbwhsh
サバイバルに向いてるかは別として、ブッシュクラフトナイフ1本とかやるならフルタング構造だとすごく便利
43 ななしのよっしん
2019/09/17(火) 18:17:07 ID: AoOQ6RzSeF
サバイバルって事を考えると流石に、包丁、短いナタ、払い用マチェットノコギリ、手を大量に携帯するってわけにはいかないからね。
44 ななしのよっしん
2020/05/03(日) 21:42:39 ID: 17Ykjw0c0w
上の方に実際は実際はの方がどうのと言っているが
日本といえば含め、15cm位からのものも豊富だが、海外と言うとマチェットを始め小のカトラスやククリの類になり
だいたい30〜40cm、短い物でも25cm位はある代物になるのだ
厚い上に長いので当然クソ重い
そんな物を、他にも色々持つ必要装備がある軍人やら探検携帯してられる訳もないので、代わりに厚くて頑丈なナイフめられる訳だ
つまり、日本均的なに類する海外物というのは、実際はマチェット等ではなく大シーナイフと言う訳よ
45 ななしのよっしん
2020/06/09(火) 09:04:20 ID: zfeVjbwhsh
>>44
 軍隊で支給されるナイフ(銃剣兼用)が大なのはファイティングナイフを兼ねてるからやで。系列としてはフェアバーン・サイク戦闘ナイフ辺りの純戦闘用にユーテリティ持たせたという形なので、所謂野外活動用とは全く
別物。
 んで、大シーナイフサバイバルアウトドアに推奨されてるかと言うと全くそんな事はく、SASサバイバルガイド辺りだとパラン(マレーシア)やボウロ(フィリピン)と小ナイフサバイバルセットに同梱せよと書いてあったりするんだな。
 
 
46 ななしのよっしん
2020/06/09(火) 09:30:03 ID: zfeVjbwhsh
 ナイフには厚且つフルタング構造、鋼材の耐久性が必要と言ってるなら確かにその通りだとは思うけど、長が長い方が良いってのは違うと思う。
 1番使いやすい長さって何だかんだで全長(グリップ含む)20-25cm程度、長11-13cm辺りのラインだと思うで。上の方で上げられてるプッコナイフがこの辺のサイズ感だけど、厚且つフルタングならバトニングで割りにも使える。