サバンナ単語

サバンナ

サバンナとは、以下のような意味を持つ

  1. 季と季がある熱帯地域に存在する原。サバナ、サヴァナともいう
  2. 上記のものがある、気区分の一つ(サバンナ気、サバナ気候とも)
  3. サバンナキャットのこと(サーバルとイエネコとの交雑種)。 →サーバル
  4. お笑いコンビの1つ
  5. デュアルランドの1つ。であり地でもある。

    ここでは、1と2について述べる

概要

サバンナは基本的に原であり、季と季が交互にやってくる。に有名なところではアフリカ原地帯が該当しており、熱帯原の呼称となっている。基本的に季ではが枯れており、季になるとが一斉にを咲かせ、種子を実らせる。そのため、アフリカ動物たちは季に栄養を蓄えるものが多い。

そして、サバンナの気、つまりサバンナ気とは、ケッペンの気候区分の一つであり、上記のような原が広がっている地域の気帯のことをす。基本的にはもっとも寒い均気温が18℃以上 、年間降量が限界以上あり、最小均降量が60mm未満かつ(100-0.04×年間降量)mmであることの3つが条件となる。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サバンナ

1 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 21:08:54 ID: vJEHVIjCkf
サバンナ動物って首がながい動物が多い気がする
2 ななしのよっしん
2017/11/28(火) 11:06:04 ID: 6kr5NBM5i2
>>1
それは…ヤギね!
3 ななしのよっしん
2017/11/28(火) 11:25:32 ID: jd+CPSNq7b
>>1
季があるから木がまばらで木に登るより地上から首を伸ばした方が効率がいいとか長い首が邪魔にならないからかな

急上昇ワード