サムライスピリッツ零SPECIAL単語

サムライスピリッツゼロスペシャル

サムライスピリッツ零SPECIAL(またはサムライスピリッツスペシャル)とは、2004年4月22日より稼動したアーケード対戦型格闘ゲームである。略称サムスピSP・サムSP・SP・スペなど様々。
MVS。開発はエンタープライズ(開発スタッフは後に独立エクサムを設立)、販売はSNKプレイモア

庭用版は2004年7月15日庭用ネオジオ版(AES/NEOGEO)が発売されているが、諸般の事情による仕様変更及び、それに付随して引き起こされているバグ等がある為(後述の庭用移植騒動」を参照)、移植作品は長らく発売されていなかった。しかし2017年9月14日、ついにPS4PSVita向けのDL配信が行われ、アーケード版の稼働から実に13年を経て、ようやく移植に実現している。

ここではアーケード版(MVS)及び、DL配信版の仕様について記述する。

概要

武器を駆使して一対一で闘うサムライスピリッツシリーズの一つであり、「サムライスピリッツ」の調整版。キャラ総数は28人で、主人公は徳サムライスピリッツにはかった残虐表現が復活している。

コンボよりも差し合いや一撃重視のゲーム性となっている。キャラバランスの調整や各種システムの調整により、読み合いを制することさえ出来れば較的シンプルな操作で火力を生かした一発逆転が可である等、今なお根強いファンが存在する。

現在東京都では中野TRF高田馬場ミカドでも不定期に大会が開催されているのをはじめ、各地域のゲームセンターで定期的にイベントが開催されており、本作の職人気質な"ガチ勢"の強さは、今もなお衰えていないと言われている。

キャラクター

サムライスピリッツラスボス日輪守旺と歴代ラスボス天草四郎時貞・無月郎・羅将ミヅキが通常使用キャラとして追加された。パピー単体は使用不可能三九六と河内夢路は存在そのものが削除された。今作でキャラを調整した結果、キャラ差はサムライスピリッツよりも縮まった。

ランクとしては大分類すれば右京・腐れ外道の2強とミヅキ・炎邪の2弱というのが一般的な見方ではあるが、弱キャラが強キャラに対して全く勝てないということはなく、やりこみ次第で勝機を見出せるバランスとなっている。実際にはトライアミューズメントタワー第10回裏塔劇では炎邪が、高田馬場ミカド大戦2014ではミヅキが優勝している。

基本操作

Aボタン:弱り Bボタン:中り ABボタン同時押し:強り Cボタン:蹴り Dボタン:各種特殊動作
踏み込み(ダッシュ):→→ 引き込み(バックステップ):←←
防御崩し(投げ):相手付近で→または←+CDボタン同時押し
不意打ち(中段):BCボタン同時押し
小追い討ち:相手ダウン中に↓要素+BCボタン同時押し
大追い討ち:相手ダウン中に↑要素+BCボタン同時押し

防御崩し(投げ)

相手付近で→または←+CDボタンを同時押しすることにより、相手を掴んでよろけさせる(防御崩し)。ここでボタンを押すとダメージを与えることができる(崩しり)。レバー→は相手を前方へよろけさせる「突き飛ばし」、レバー←は相手を後方へよろけさせる「引っり」となる。これら一連の動作を総称して「投げ」(通常投げ)と呼ばれる。ダメージ量は全固定。踏み込み中でも止まらずにレバーを入れたまま出すことができる。

特殊動作

バーとDボタンの組み合わせで特殊動作をすることができる。これらは投げを効化する効もある。
←+D:下段避け レバー左下+D:後転 ↓+D:伏せ レバー右下+D:前転 →+D:跳び込み

伏せ・前転・後転はキャンセルで、特に後転のキャンセル受付時間が長い。腐れ外道は前転から外道の烙印押し、骸羅は後転から円心殺など相性が良い。

三角跳び・三角降り

ナコルルガルフォード・半蔵・閑丸・リムルル・破沙羅・火蒼月・ミナ・レラ炎邪邪・天草ジャンプ中に画面端を蹴ってもう一度相手側にジャンプをする三跳びができる。

また三跳び可キャラは相手をえてジャンプした時に、レバーを相手方向の要素(右側にいる相手を跳び越えた場合はレバー左上または左または左下)と攻撃ボタンを同時に押すことによりを蹴って急降下しながら攻撃することができる。

システム

剣気ゲージ

の下にあるゲージで攻撃を示しており、この値が大きい時ほど与えるダメージは大きい。武器攻撃によりゲージは減少し、何もしなければ回復していく。すなわちコンボ補正の役割もある。怒り状態になると上限値が上昇し、怒り爆発では上限値がさらに上昇するため、この上限値アップの状態かつゲージフルの時に攻撃がヒットすると甚大なダメージを与えられる。投げ技は基本的に気の影いが、破沙羅の友引など影を受けるものもある。

怒りゲージ

画面下に「怒」と書いてあるゲージダメージを受けると増加する。これが一杯になると怒りが頂点に達してキャラの肌がくなり怒り状態となる。怒り状態が終わるとゲージ量は0に戻る。怒りゲージの増加はキャラによって差がある。怒り爆発が終わるか地に入ると怒りゲージ消失する。

怒り状態

怒り状態になるとゲージの上限値が上昇し、武器飛ばし技の使用が可になる。一定時間が経過するか武器飛ばし技をヒットさせると怒り状態は収束する。怒り継続時間はキャラによって差がある。怒り状態のままラウンドを終えると次のラウンドは怒り状態から始まるが、怒り継続時間は0からカウントされる。

武器飛ばし技

怒り状態または怒り爆発中に使える必殺技コマンド236CDダン同時押し。ヒットすれば武器はランダムの方向へ飛び、相手は素手状態となる。怒り状態でヒットすると怒りゲージは元に戻り、怒り爆発中のヒット爆発ゲージが消滅する。

武器捨て挑発

スタートボタン3回で武器を地面に置き素手状態となる。素手状態では著しく必殺技が制限され、武器が関与しない必殺技のみ使用できる。素手状態では自決・怒り爆発・絶命義・一などが不可能だが地は使用可リムルル蒼月は武器捨て挑発でダウン追い討ちができる。

武器拾い

自分の武器が置いてある位置でAボタン。武器拾いの間は敵に狙われないよう注意が必要。ちなみに武器拾いができる位置で防御崩しをすると武器拾いで防御崩しのモーションをキャンセルすることができ、防御崩しでよろけている相手に強りなどの発生が遅めの攻撃を加えるチャンスが生まれる。

鍔迫り合い

鍔迫り合い判定を持つ技同士が接触すると一定条件のもと発生。先にボタンを10回押したキャラ勝利となり、負けた側は武器が飛ばされる。発生は1つの対戦に1回のみ。

自決

コマンド4632+スタートボタンで相手のラウンド勝利となる自決をする。自決をしても何も得られるものはない。敗色濃厚で自分が怒り状態のときは、相手が怒りを冷めるのを待たれることがあるので次ラウンドを少しでも有利にするためにも自決を選ぶことがある。

弾き返し

コマンド2146+Dボタン(4は省略可)。弾きは通常技のり攻撃をいなして相手を硬直させ攻撃のチャンスを作ることができる。下段と蹴りは弾けない。中りを弾くと相手の硬直時間が最も長く、強りまたは踏み込みり攻撃を弾くと相手の武器が飛ばされる。

白刃取り

素手状態でコマンド2146+Dボタン(4は省略可)。白刃取りは通常技の武器攻撃を素手で受け取り相手の武器を飛ばしてダウンさせる。下段の武器攻撃は白刃取りができるものとできないものがある。弾き返しよりも隙は少ないためリスクは低い。

瞑想

バーニュートラルでDボタン瞑想すると怒りゲージを消費して体の上にある「」のゲージが上方へ移動する。ゲージが上昇すれば継続時間と一ダメージが段階的に増加する。消費の速さキャラによって差がある。怒り状態では瞑想できない。

無の境地

以下の条件を満たせばBCDボタン同時押しによって地に入ることが可

地に入るとキャラカットインが入り怒りゲージが消滅してゲージとなる。ゲージが減少し始めて消滅するまでが地状態であり、相手の動きが原則として4倍スローとなる。そして攻撃ののげぞり状態も4倍になるため常時にはできないような連続技を決めることができる。しかし例外として怒り爆発の発動や絶命義の突進はスローの影を受けない。地に入る間は投げ無敵となっているので、投げ狙いの踏み込んできた相手に合わせて発動する手もある。時間経過・ラウンドの終了・ダメージを受ける・一の使用によって地は解除され、ゲージが消滅する。

一閃

地中にBCDボタンを同時押しすることにより突進技である一が使用可地のスローで大きくのけぞっている相手に連続技として繋げたり、地上付近にいる中の相手に当てることができる。ヒットすれば一定ダメージを与えられる。突進距離は画面端から画面端の相手に届くほど長いが、一を出した間に地が解除されることには注意が必要。一ダメージ気の影を受けない。

地中に攻撃を当てられるだけ当ててから突くのが理想。しかし地中の地上連続技は爆発で抜けられやすいことから、怒りゲージのある相手には一の隙を見て地に入り一を決めるのが一般的。

怒り爆発

怒りゲージが存在する時にABCボタン同時押しによって怒り爆発が可。特徴は以下の通り。

怒り爆発は地上のけぞり状態でも発動できるため、地からの連続技や弾き返しの硬直など大ダメージが予想される時に爆発したり、また時間切れ負けの回避にも利用できる。爆発の波動にダメージはないので地中の相手にヒットさせても地は解除されない。キャラによってはガード不能を利用した連続技をすることもできる。時間経過・ラウンド終了・武器飛ばし技のヒット・絶命義の発動で怒り爆発は解除され、爆発ゲージは消滅する。

以上により、怒り爆発地は1つの対戦でどちらか一方かつ一度しか使用できない。どちらを使用するかは対戦状況により判断することになる。

絶命奥義

以下の条件を満たせばコマンド214CDボタン同時押しによって絶命義を発動することが可

発動すると一ストップモーションが入ってから相手に突進する。これがヒットすれば相手をロックして専用のBGMが流れ各キャラ専用の演出へ移行し、相手の残り体に関係なく勝利となる。突進距離は画面の約半分ほどで、ストップモーションと突進の出始めは無敵なので相手の飛び込みや投げに来た相手に有効。発生はそれほどくはないが、中り背面ヒットからのキャンセルジャンプりの深当てから連続で繋がる。キャラによっては固有の連続技で繋げられる。

対人戦では連続技で繋ぐよりも相手の動きを読んで単発で出して決めるパターンが多い。時間切れ負け回避の怒り爆発から体が逆転したので時間を進めるため絶命義を出すこともある。ヒットすれば勝利確定なので条件が整えば試みるべき。ガードされても隙はさほど大きくはないが、地中の相手からは一が確定する。

テクニック

ジャンプ攻撃と地上攻撃を繋げる方法

ジャンプ攻撃は立ち状態の相手に正面から当ててものけぞり状態が短いため、そのまま地上攻撃へ繋ぐことはできない。これを繋ぐにはジャンプ攻撃を着地スレスレで当てることにより地上攻撃と同等ののけぞり状態となり、地上での技が繋がるようになる。これを「深当て」と呼び、ジャンプり→地上強りやジャンプり→地上中りなどが可になる。
相手がしゃがみ状態や背面状態でジャンプ攻撃を受けた場合は深当てせずとものけぞり状態が長くなるため、地上攻撃へ繋ぐことができる。

目ジャンプ(目押しジャンプ)

ジャンプには着地した際に着地モーションが設定されていて、これは隙となり相手に狙われてしまう。これを回避するには着地の間にもう一度レバーを上要素に入れてジャンプすれば隙を消すことができる。着地によく投げられるようであれば押しジャンプを意識することが必要。
ちなみに地から中の相手にジャンプ攻撃を数発当てる場合、レバー入れっぱなしとジャンプとでは明らかな時間差があるのでジャンプで飛ぶようにしたい。

弾かれキャンセル

ほとんどの武器攻撃は相手にガードされると武器を押し返されたような弾かれモーションとなり、これが隙となる。この状態で必殺技を入することによって弾かれモーションをキャンセルすることができる。多くの場合は強りをガードされると反撃を受けるが、弾かれキャンセルをすることで読み合いが起こり反撃を受けにくくなる。
キャンセル必殺技属性であればよいので、無敵が付いている必殺技や弾き返しでもいいし怒り爆発もできる。相手が反撃するとみて絶命義を出すという手もある。なお、ガードされると振り抜きモーションになる武器攻撃は弾かれキャンセルができない。

予約入力

自分が動けない状態(攻撃を受けている・ガードしている・攻撃しているなど)ではコマンドを入した後にボタンを連打することにより、動ける状態になった間に技を出すことができる。また踏み込みと引き込みも予約入が可で、レバーの2回を入れっぱなしにしておくことで時に行動へ移せる。リムルルのコンルノンノ→ダッシュ大追い討ちや火の焦熱魂(BまたはC)→ダッシュりなどは技の終わり際にレバーを入れておけば成功しやすくなる。

関連動画

CPU戦

全10ステージステージ6まではラスボス勢とレラを除いたキャラランダムで割り当てられる。レラCPU戦に一切登場しない。ステージ7以降はボスラッシュとなり、天草四郎時貞・無月郎・兇日輪丸旺・羅将ミヅキとの対戦になる。
CPUはこちらの打撃や投げを超反応で弾いたり回避するので、パターンにハメた攻略が必要。またミヅキ以外の歴代ラスボス戦は絶命義か一ヒットさせなければ次のステージに進めず、勝ってもゲームオーバーとなる(特に一番キツいのが郎戦と言われる)。

またネームエントリー時には特定の名前を入すると、キャラクター爆発したりっ二つになる小ネタも存在する。

設定

設定によって残虐表現に差がある。設定変更はゲームセンター側への要望が必要。

本作品に関する諸騒動

本作はゲーム本編以外にも、稼働当時様々な諸問題を抱え注された作品でもある。
以下に、本作をる上で話題に上がる2つの諸騒動について記述する。

家庭用移植騒動

本作はゲームの出来そのものは評価されたものの、その残虐演出への反に端を発した庭用移植に際し、様々な問題を引き起こしたいわく付きの作品としても知られる。
以下に、所謂「SP騒動」とされた当時の騒動の一幕を記す。



・これまでのサムライスピリッツシリーズには一部キャラを除き普通に胴体切断等の演出はあったが、今回は全キャラクターにその演出が解禁。加えて絶命義の演出はその最たるもので、特に妖怪腐れ外道、首り破沙羅の演出は過で、賛否両論を呼んだ。

・その影か、同年に起きた長崎小学六年生殺人事件に配慮したという理由によって、先行販売されるネオジオカセットROM版への絶命義演出の削除が行われたのだが、この削除が予約した購入者への事前告知が一切行われていなかったことで、騒動となってしまう。

・しかも、自粛システムを既存の基に上乗せする形でマスターアップしたためか、アーケード版では起こるのないバグが発生することとなった。加えて、アーケード移植するという高額なネオジオROM版であったために、購買層は当然、高級志向を望むネオジオファンであったこともあり各地でファンの怒りが爆発。署名活動にまで発展した。

個人情報の保護を理由にSNKプレイモアは署名をも受け取らないとしたが、バグを取り除いた修正ROM無料で交換し、お詫び状と共にナコルルキーホルダーが添えられ各購入者の手へ届けられた後、バグ修正をしたROMを再販売した。ただ、あくまでバグの修正であって、残虐演出の修正はされたままである。

アーケードそのままに遊べる高級ハードであり、ロングセラハードとなったネオジオの最終作の本作が、結果として最後の最後で販売理念から大きく逸脱してしまったこの事件は、ネオジオを知るゲーマーの間ではSNK倒産の経緯と共に印に残る思い出として、現在となっている。

・なお、前述の通り残虐演出の自粛をするシステムを新たに上乗せしているため、交換を受け付ける前の修正前のROMであれば、ネオジオ本体を改造することによってこれらのバグ、残虐自粛システムがすべて解消され、アーケード移植状態になる事が後に発覚し、出荷数の少なさや騒動後の回収騒ぎのせいもあって、現在中古市場ではもれなくとんでもなく高額な値段で取引が行われている(修正後すら定価より高く、修正前に至っては2倍近い値段になっている)。

・騒動後、本作品とこの一件は社内でも重く受け止められたようで、サムライスピリッツ公式サイトから絶命義の記述が削除されたり、PS2「六番勝負」への未収録などといった対応が取られ、一時期本作は半ば封印作品的な位置づけになっていた。直後の作品である「サムライスピリッツ下一客伝(サム)」もドリームマッチで、本作以上のボリュームであることから、一部のファンからは「サムはSPのリベンジなのでは?」という憶測も呼んだ。

・但し、その後SNKプレイモアSNK称しパチスロ事業から撤退してからは、ゲーム販売一本に方針転換したからか、はたまた本作の根強い人気が再び見直されたからなのか、周知の通り海外向けDL販売を経て、内でようやくアーケード移植となるPS4版・PSVita版のDL配信現在は行われている。

「完全版(赤スペ)」騒動

サム発売前、インターネットにリークされたの続編に関する騒動。


SPと同じく開発をエンタープライズ、販売をSNKプレイモアが担当した「サム」発売の少し前、アーケードネオジオ用にスペシャル完全版と釘打たれた作品が一部のゲームセンターで見られた。ロゴの「」の色がいことからスペ」と呼ばれることもある。ロゴをはじめとした配色の変更やシナリオ文章、システム難易度マイナーチェンジしたものであった。実際に東京都内でプレイした人間拠画像と共に開する形で発覚していた。

・しかし、この知らせを聞いたと思われるSNKプレイモアスタッフコラム「ユサ日記」上で、作品名は伏せたもののそのゲームに関して言及した。SNKプレイモアは全く認知していないとともに、「海賊版みたいなものだったら大変だ!通報通報!」「サムの発表前だというのに、を差すような話題だね」といったような形で、警告を勧告する旨の発言をした。

・これを受けてなのか、程なくして当のゲームも当該店舗から撤去され姿を消した為「ユサ日記」で述べられたように「やはり海賊版のようなものだったのでは」とファンからは囁かれていた。

・しかし2017年5月、当時本作に関わった開発者の人間により、この「赤スペ」に関する詳細な情報が暴露された。exitそれによると、「スペ」は当時のアーケード業界の卸売り会社(かつてネオジオサードパーティだった某企業)が本作の売り上げに満足していなかったために、プレイモアには断でエンタープライズに開発を発注し作らせた"契約違反"の商品なのだという。SP騒動で本作に関してプレイモアが慎重になっていたため、ビスコが断で開発させ、プレイモアには出来た物を後から知らせるという思惑だったが、プレイモアはその事実激怒し、結果当時既に発表を控えていた「サム」の販売権を有利に進めるに至ったとされる。また、この一件がサムスピチームエクサム独立への切っ掛けになったとしていて、実際「サム」以後、プレイモアエンタープライズに開発を委託することはなくなっている。ちなみに「スペ」は試作品が1枚のみ製造されたのみ、としている。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E9%9B%B6special

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サムライスピリッツ零SPECIAL

26 ななしのよっしん
2017/11/21(火) 16:30:24 ID: 7OU/PvRhpA
移植の矢先にキャラデザの和先生児童ポルノ法違反で逮捕とかね…
本気で呪われているとしか言いようがないな。
27 ななしのよっしん
2017/11/21(火) 16:32:40 ID: el0XF1I308
>>26
だから何?
28 ななしのよっしん
2017/11/21(火) 16:36:44 ID: HTUzN+XjRb
「だから何」ってだけレスされてもそれこそ「だから何」なんだよなぁ
29 ななしのよっしん
2017/11/21(火) 20:14:05 ID: el0XF1I308
>>28
先生逮捕されたら何?
先生逮捕されたら、SPが「呪われてる」?
意味が分からんのだが?
ただゲストキャラに関わってた人というだけで。だから何?
何か「呪われてる」と疑われるようなマズイことでもあるの?

爆笑
30 ななしのよっしん
2017/11/21(火) 20:19:18 ID: el0XF1I308
ひょっとしてタイミングが悪いとでも言いたいのかな
もし和先生の事件で風評被害受けるものが仮にあったとしても
サムスピに結び付けようとするのはこじつけにしても理やりすぎる
たまたまという事実に、面がって言っているとしか思えないわな。
しょうもな。
31 ななしのよっしん
2017/11/21(火) 20:28:16 ID: X0+Rz+2MVi
流れを変えよう
絶命義は個人的に旺のが好き
ボスだった時の鎧武者の姿が見れるから
皆はどの絶命義が好き?
32 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 19:16:09 ID: pOh6dRBEcw
(ざんぎゃくレベル2の)
33 ななしのよっしん
2018/02/04(日) 09:57:21 ID: 5WvIFG5/X5
>>24
そりゃ、サムスピドット絵断面なんかも塗りだからある意味では断面まで書いてるヴァンパイアセイヴァーよりマイルドだけど
モーコンは最新CG内臓も筋繊維もばっちりドアップで映すから…
34 ななしのよっしん
2018/02/11(日) 23:46:54 ID: O+fhmSZIJf
SVC隠しボスとか
なぜかこの時期のSNKゲーはやたらボス戦の条件が厳しくなっていたような
35 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 19:40:47 ID: p3JmWw9adY
2017年PS4/vita移植版と、最近発売されたアケアカNEOGEO版って何がちがうの?

急上昇ワード

2019/08/18(日)10時更新