サム・ライミ単語

サムライミ

サム・ライミ(Sam Raimi、1959年10月23日~)とは、アメリカ映画監督である。またプロデューサーとしての活動も行っている。

概要

本名、サミュエルマーシャル・ライミ(Samuel Marshall Raimi)しい苗字だが、祖先は東欧出身のユダヤ人だという。
1959年ミシガン州にて生を享ける。5人兄弟の四男として生まれ、次男アイヴァン脚本家テッド俳優として活動している。
10歳の時に8ミリカメラ映画を作るなど、くから映画に対して興味を示していた。ミシガン州大学で英文学を専攻していたが、映画の魅に取りつかれて中退1978年大学の友人であるブルース・キャンベル、ロバート・タパートらと共に自主制作映画『Within the Woods』制作。これを長編化したのが、1981年デビュー死霊のはらわたである。
低予算ながらも過、かつ革新的なスプラッタ映画として多くのファンを獲得し、80年代のスプラッター・ブームの火付け役となった。同作は熱狂をもって迎えられ、続編が作られるほど人気を博した。なお当初は正統派寄りのホラーだったが2作ではコミカルな要素が立ち、3作からは全にコメディホラーとなっており、そちらでも多くのファンを獲得している。

90年代に入り、リーアム・ニーソ演のスーパーヒーローを描いたダークマン』をきっかけとしてユニバーサルの役員に就任。以後、シャロン・ストーン演の西部クイック&デッド』、ビル・パクストン演のサスペンスシンプルプランケビンコスナー演の野球映画ラブオブ・ザ・ゲームなど、多様なジャンルでの作品を発表。特に『シンプルプラン』はアカデミー賞の複数部門でノミネートされるなど、評価を得ている。

2000年代に入って彼を一躍有名にしたのは、映画スパイダーマンシリーズである。
トビー・マグワイア演の本作は全世界ヒットを記録、全三部作が製作されたこのシリーズをして、ともすれば「カルト映画監督」として認知されていたサム・ライミの名は更に大きく高まった。

映画に限らずTVドラマも多く手がけており、2015年から放送の『死霊のはらわた リターンズ』でも、原作および企画として参加。その後も監督として多忙を極めており、一つのジャンルにとらわれない多な作品を多く世に送り出し、ヒットメイカーとして認知されている。

プロデューサーとしても辣腕を振るい、日本で大ヒットしたホラー映画呪怨』をリメイクした『THE JUON/呪怨』(原題:The Grudge)2004年に発表。
また2016年ホラー映画ドント・ブリーズ』(原題:Don't Breathe)では、盲目ながら恐ろしい戦闘力を持つ元軍人のに窃盗に入った若者を襲う恐怖が描かれている。

関連動画




関連商品



関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サム・ライミ

1 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 13:51:07 ID: RfSVzpobdy

急上昇ワード