サモンナイト単語

サモンナイト
祝!サモンナイト6 Lost Borders 失われた界たち 」
    
     PS4/PS Vitaの2機種マルチで発売決定!!

サモンナイト(Summon Night)とは、バンプレスト現在バンダイナムコゲームス)から発売されている
SLGサモンナイト」およびそのあとにシリーズ化された一連の作品をす。
略称は「サモン」や「サモナイ」など。

シリーズ各作品の内容は、公式サイト「サモンナイト オフィシャル ウェブ」exitWikipedia記事exitも参考のこと。

概要

主人公2人とパートナー召喚獣4人組

異世界聖地「リィンバウム」を舞台にした、
召喚術をめぐる物語

全作を通じて主人公の住まう界「リィンバウム」とそれをとりまく
4つの異界が関わっており、リィンバウムと異界に起こる様々な
ごたごたを主人公仲間たち、そして召喚された異世界の住人
たちと共に解決することが物語子となる。
初代である1の主人公(4人から選択式)もまた、「名も
世界」から召喚術で召喚された異邦人であったりする。

登場人物や召喚されてくる召喚獣がかっこよかったりかわいかったりするのでキャラゲー的側面があり、特に全作品で採用されている「会話」システムは、主人公男女選択可)と登場人物との親を深める(作品によってはEDフラグを立てる)というイベントであるため、ギャルゲー乙女ゲーの要素もなくもない。

右画はシリーズ中でも人気が高いサモンナイト2主人公2人
トリス&マグナ)とそのパートナーとなる4世界から来た異種族たち。彼らとも会話で仲良くなれ、を深めれば終局で何かが起こる・・・?

一時期、開発会社であるフライト・プラン倒産ブランド消滅も危惧されたが、バンナムに権利が譲渡されていたらしく、2012年7月サモンナイト5が発表された(詳細後述)。 

リィンバウムと四界、無界

リィンバウ
サモンナイト作品の中核となる世界。この界を取り巻くように四界が存在し、ここに暮らす"人間"はリィンバウム人とよばれる。リィンバウム人のなかで才を持つ人間が四界から生物を召喚・使役できる。特に召喚した生物軍事利用せんとする"帝国"にまつわるストーリーが多い。また、ほとんどの作品でリィンバウム人の傲慢さや身勝手さにより四界の存在が虐げられる描写がある。
機界・ロレイラ
科学技術が発達した世界。しかしかつて起こった機界大戦により純なロレイラル人は絶滅し、生き延びるために機械融合した融機人(ベイガー)や疑似知性を持った機械兵しか存在しない。機界の地上に存在するのは暴走した機械兵器機械兵士とそれを自動的に量産・メンテナンスする工場だけだという。悪役兵となることが多く、特に4では界と共に物語子を成している。
妖界・シルターン
独自の武術や妖術が発達した世界。その名の通りつまり頭にツノのついた種族が多い。サムライ忍者といった独自の戦闘集団も存在し、聖地を守り龍神に仕える巫女や、昔話に出るような妖怪も存在する。日本中国を足して2で割ったような世界であり、最もリィンバウムに似ている世界のため親和性が高く"シルターン食"なども知られている(米飯等)。
霊界・サプレス
天使悪魔、亡霊などが住まう魂と精世界天使人間の清らかな心を育てるのを何よりの喜びとし、悪魔は人の怒りや憎しみ・悲しみを増幅させるのを何よりの喜びとする。天使と悪魔は霊界にてしい戦いを繰り広げているという。2では「悪魔」が悪役、3も「亡霊」が大きく関わるという、やたら黒幕が多い界。
幻獣界・メイトルパ
獣人幻獣が住む自然豊かな世界。しかし幻獣はいわゆる玩用とみなされ、獣人は労働の確保に向くため、リィンバウムに理やり召喚されて苦役を強いられ、界に帰れなくなった野良召喚獣も多く、それをテーマに使う作品も多い。しかし本編では召喚獣の効果やシナリオ上の登場頻度が高めで、何かと優遇される界でもある。
名も世界
未だ知られざるもう一つの界。「色」とも言われる。いくつかの作品の描写により、この界は複数の界を包含していること、中にはリィンバウム人にきわめて近しい知的種族が暮らす界も存在すると言うことだけが分かっている。しかし四界以上に不安定な界であり、石やといった意思のない物も召喚されるため制御が難しく、この分野での研究はなされていない。

クラフトソード物語

外伝的な立ち位置にある「クラフトソード物語シリーズは、召喚獣や召喚術に頼れない多くの人々を守る「士」の存在がクローズアップされ、タイトルどおり鍛冶による強化が軸となっている。召喚獣鍛冶助手や付加のためのパートナーと位置づけられている。ゲームボーイアドバンスソフトとして三作品発売されたことから、サモGBA三部作などとまとめられて呼称されることも。

ソフトラインナップ

発売機種やジャンル、登場人物やキャラクターデザイナーを大きく変えながらも、統一された世界観の中で物語が展開されている。
(※ツインエイジ、X、グランテーゼについては、舞台はリィンバウムとは全く異なっている)

タイトル ジャンル 機種 初版発売日
サモンナイト ファンタジックシミュレーションRPG PS 2000年1月6日
サモンナイト2 ファンタジックシミュレーションRPG PS 2001年8月2日
サモンナイト クラフトソード物語 武器創造バトルRPG GBA 2003年4月25日
サモンナイト3 ファンタジックシミュレーションRPG PS2 2003年8月7日
サモンナイト クラフトソード物語2 武器創造バトルRPG GBA 2004年8月20日
サモンナイト エクステーゼ ファンタジックアクションRPG PS2 2005年8月8日
サモンナイト クラフトソード物語~はじまりの石~ ファンタジックバトルRPG GBA 2005年12月8日
サモンナイト4 ファンタジックシミュレーションRPG PS2 2006年11月30日
サモンナイトインエイ 新感覚タッチアクションRPG DS 2007年8月30日
サモンナイトリメイク ファンタジックシミュレーションRPG DS 2008年4月24日
サモンナイト2リメイク ファンタジックシミュレーションRPG DS 2008年8月7日
サモンナイトX ~Tears Crown~ ファンタジックRPG DS 2009年11月5日
サモンナイト グランテーゼ 滅びの約束騎士 ファンタジックアクションRPG PS2 2010年3月11日
サモンナイト3(リメイク) ファンタジックシミュレーションRPG PSP 2012年10月4日
サモンナイト4(リメイク) ファンタジックシミュレーションRPG PSP 2012年11月15日
サモンナイト5 ファンタジックシミュレーションRPG PSP 2013年5月16日
サモンナイト6 ファンタジックシミュレーションRPG PS4PSV 2016年3月10日

召喚戦記サモンナイト Summon Night the Stories(漫画)

同作を題材にした漫画サモンナイトが、少年ジャンプ(現ジャンプSQ)にて2000年2月から01年11月まで連載されていた。全21話で全4巻。

漫画:宮知 漫画原案:神子整 協フライト・プランバンプレスト

召喚師達の闘争『万色の大戦』から年。
世界滅亡のを持つ魔導書<呼びの書>を巡る闘いで師を喪った新米召喚師フロルドは<書>に召喚されたアシタルと共に、危険な魔導具を始末する冒険に立った!!

この漫画版は打ち切りのように(まさに俺たちの戦いはこれからだ!的な終わり方で)終了してしまったが、ゲームとは関連が結構多いのでサモンナイトファンの方は読んでみるといいかも。

サモンナイト本編との関連性

製作会社の倒産とシリーズ復活

シリーズ開発元 株式会社フライト・プラン倒産

2010年8月頃、かねてより経営不振の気配があったフライト・プラン公式ホームページが繋がらなくなったことを発端に、有志によって自社ビルの閉鎖exitが露呈し、さらにその自社ビルも老朽化により速やかに解体された。
これにより開発元であるフライト・プラン事実倒産したと見られている。
2011年1月5日公式サイト上でクリエイターコメント更新があり、バンダイナムコゲームス開発プロデューサー企画&開発担当、シナリオライターの都狩、イラストレーター飯塚武史らの4人は前向きなコメントを残しているものの、以前あったフライト・プラン関係者のコメントや名前は削除された。その後サモンナイト公式サイトコミュニティ2011年2月に一時閉鎖してしまった。
フライト・プラン解散後、中核を成していた一部スタッフは「フェリステラexit」というソフトハウスを立ち上げ、別のスタッフは「アポロソフトexit」というソフトハウスに移ったという。

サモンナイト5の発表、過去作のリメイク、他

上述の倒産が正式に発表されることはなく逃げ同然であったため、権利関係がメチャクチャになってシリーズ継続は困難だろうとファンはお葬式ムードになっていたのだが、フェリステラ設立あたりから希望が見え始める。

そして2012年7月Vジャンプ9月号にて、正式なナンバリングタイトルの続編であるサモンナイト5が発表された。機種はPSPで発売日は未定(※発表当時)。スタッフは都狩、飯塚武史などオリジナルメンバーっているとのこと。
同時に「サモンナイト3」「サモンナイト4」がPSPリメイクされることも発表され、「サモンナイト」「サモンナイト2」もゲームアーカイブスで配信されることが決まった。他にバンダイナムコグリーが提携したのを受け、2012年秋でのソーシャルゲームへの導入も発表exitされるなど、ファンには怒涛の吉報ラッシュとなった。

その後アーカイブスリメイク版は予定通り発売され、本年2013年Vジャンプ4月号にてサモンナイト52013年05月16日発売が正式発表された。同時に5発売確定記念(?)公式ニコ生が放送されるなど制作側はかなり本気なようだ。
祝・全復活!

関連動画

関連生放送

関連静画

関連商品(ソフト)

トリスの新作祈願の短冊

関連商品(ドラマCD・書籍)




関連コミュニティ

関連項目

関連サイト

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サモンナイト

2548 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 22:12:04 ID: f5jqtSqnNn
どうだろう、3のや2の護衛召喚獣のように普段接する対に関しては友人に近いが
ベズソウやパラダリオみたいな召喚に関しては主人公側にも使役感は結構ある
自覚の有に関わらず、誓約による召喚術で戦うこと自体が召喚獣にとっては拒否不可の一方的な命だからね
自分が相手を友人と思っていたとしても、実際やってることは自分の都合で呼び出して拒否権のない命
奴隷と思っていなくても奴隷扱いはしているかと。少なくともこの関係は友人関係ではないと思う
2549 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 22:28:23 ID: G/ADFbKfO5
>>2546
>>2548
だからそういう矛盾も含めてサモンナイトシリーズの作だと思ってるんだけどな。
作中ではぐれ召喚獣の非な扱いを否定してる主人公側も
そもそもはずれ召喚獣が生まれる原因の召喚術を使ってるし
はぐれ召喚獣以外でも色々な理由で作中批判されてるけど
それでも生活の為だったりで召喚術は捨てられないってのは
環境破壊に反対しながら、環境が壊れる事をしている現実世界にも当てはなるのかなとか思ってるんだよな
2550 ななしのよっしん
2018/12/14(金) 12:35:58 ID: Wnc3JylEwK
歴代主人公たちが原発反対運動とか米軍基地反対デモやってる人達と被って見えてきた
2551 ななしのよっしん
2018/12/24(月) 20:59:59 ID: 8tbCuPcVed
世界観は農制やってた旧ロシアドイツ帝国の形が近いね
はぐれ召喚獣のあり方なんかは米国メキシコ不法移民と重なるし
2552 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 06:30:17 ID: x10h5I/iRK
シリーズ記事はリダイレクト解除して中身書ける人を募集しています。
2553 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 09:52:00 ID: XLbPPPSXba
6はまだ勇気が出なくてやってないんだけど、
せめて魔法タイプ主人公は一人でSランク召喚獣ぶっぱできるようにしてほしい。
4はPS時代からせっかく魔法タイプにしたのに主人公はAでとまってたし、リメ3は固定キャラいないと使えなかったのは正直う~んって感じだったから。
2554 ななしのよっしん
2019/03/19(火) 09:26:44 ID: Zu3pG+j2Wa
vitaアーカイブスで2を落としたが初代もやっといた方がいい?
2555 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 21:19:51 ID: bs2DzP5yQ3
初見プレイしたけどなんか難しくて味方死にまくってふつうにプレイしたはずなのに見事にバッドエンドワロタ
2556 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 21:46:57 ID: kVgLxRSOMd
バノッサが生き残るやつね。
悪人的な選択肢たくさん選んだり、仲間死なせまくったりするとなるね。(108体とか聞くね。)

ディスガイアよりは楽だと思うよ。
2557 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 20:00:11 ID: N4Jg4hfasB
>>2551
2のカザミネの話で「戦の助っ人として呼び出されて、用が済んだら返してもらえたが、呼び出した相手が死んだから帰れなくなった」って言ってネスティも典的なはぐれの誕生の仕方ってあったよな。

召喚術のタチ悪いところは術者が死んでも契約解除されて、帰れず、契約かかったままはぐれになるとこだよな・・・