編集  

サラディン単語

サラディン

サラディン西暦1137年または1138年生~1193年没)とはイスラームの大英雄である。

概要

キリスト教徒から聖地イェレサレム(エルサレム)を奪還、第三次十字軍と戦った。
エジプトを拠点とするアイユーブの創始者。

サラディン」とはヨーロッパ人による慣習的な名であり、アラビア語フルネームアルマリクアン・ナジルアブアル・ムサファサラーフ・アッディーン・ユースフ・ブン=アイユーブ(al-Malik an-Nāṣir ’abū al-Muẓaffar Ṣalāḥ ad-Dīn Yūsuf bun ’ayyūb)
このうち本名が「ユースフ(・ブン=アイユーブ)」で、サラーフ・アッディーンサラーフッディーンは「信仰の救い」を意味するカブ(尊称)である。

誕生と出世

ヒジュラ歴532年(西暦1137年または1138年)、イラク北部の都市ティクリート(タクリート)で、クルド人の両親の間に産まれた。
彼の産まれたティクリートはクルド、ペルシャ、トルコアラブといった、多種多様な人種や文化が複雑に入り混じる場所であった。

サラディンアイユーブは最初セルジューククルド人代官として働いていたが、サラディンが起こした諍いの罪を問われ、一家ともども追放されてしまう。しかしかつて恩義のあったシリアザンギの創始者・ザンギーに迎えられ、レバノン東部のバールベックに領地を与えられた。このザンギ二代君が、後にサラディンが仕えることとなるヌールッディーン・マフムードである。
当時のイスラームでは才知ある少年を寵童として取り立てるのが慣習となっており、サラディンも寵童として重用されたという。15歳にしてイクター(徴税権)を与えられるなど、若くして頭を現したサラディンシリア軍事訓練を積む一方、学問や政治に才を発揮。智勇を兼ね備えた武将として成長していった。

当時、聖地イェレサレムは第一回十字軍によってキリスト教徒の手に落ちており、聖地奪還はムスリムの悲願であった。
一方でイェレサレム王・アモーリー(当然キリスト教勢)はイスラームからイェレサレムを防衛するためにエジプトの古ファティを襲撃。これに対してヌールッディーン1164年から69年にかけて三度エジプトに遠征を試みる。
サラディンはこれに従軍し、活躍が認められた結果ファティの宰相に任じられた。このときサラディン32歳。

ファーティマ朝の宰相からアイユーブ朝創立へ

サラディンファティの宰相として、エジプトに色々な変化をもたらした。
軍制では、身内の者にイクター(徴税権)を与え、自身はマムルーク(奴隷)の購入を開始した。また旧弊に陥っていた奴隷兵団とアルメニア人軍団を解散させた。

ファティは以前からキリストアルメニア人とイスラームスンナ派の対立がしいであったが、サラディンは就任当初から反アルメニア路線をとり、修士の追放やアルメニア人の財産の没収などをして彼らを弾圧した。

サラディンの新エジプト軍の特徴は以下のようになる。

サラディンは自ら握した経済基盤を自分の支持者に分配することによって、軍隊を強化していったのである。

かつての栄は見る陰もないほどに衰えていたファティであったが、その宗教的権威は依然保っていた。そこでサラディンは簒奪者の汚名を逃れるためにイスラームの最古参にしてもっとも宗教的権威のある(反面、軍事存在感を失っていた)アッバースを支持することを表明。
またシーア派であるファティにおいてスンナ派を優遇し、着々と王建設の下準備を行っていた。

1171年にファティの最後のカリフアル・アーディドが病死し、250年続いたファティはここに滅亡した。
ファティ滅亡の直後はアッバースと、いまだにサラディンの上にあったザンギのヌールッディーンに恭順を示していたサラディンだが、政治的野心を疑われて関係は悪化。1174年にヌールッディーンが死去すると、新たなる王アイユーブの創設を宣言した。

しかしいまだエジプトはアッバースの影を強く受けており、西にはヌールッディーンの後継者がサラディンと対立するなど、情勢は安泰とは程遠かった。

サラディンの改革

政権を手に入れたサラディンがまず最初に着手したのは、ディーワーン(官僚機構)革であった。
官僚の頂点には宰相時代からサラディンの信任厚かったカーディー・アルファーディルが就任。彼は事実上の宰相として働き、の全予算の管理と公文書を起する責任を負った。

長いことファティの宰相として働いていたサラディンには、カーディーの他にも優秀な官吏がついていた。とりわけアリー・マフズーミーイブン・マンマーティ行政と財政に関してアイユーブを大いに助けた。
サラディンは彼らやエジプト人官僚の助言によって検地・定・税制革などを次々と行った。またクルアーンによって禁止されていたザカート(喜捨)の他、ハラージュ(地租)・異教徒へのジズヤ(人頭税)以外の全てのマスク(雑税)を止し、民衆に喜ばれた。

またサラディンは宰相時代から続けていたイクター(徴税権)の再編成を更に進めていく。
彼はファティの元高官や人、アルメニア人の土地を没収し、部下にその土地のイクター(徴税権)を与えて軍事制度を維持した。なおここで部下に与えられるのは徴税権のみであり、自治権がない点で封建制とは趣きを異にする。

防に関してはサラディンカイロおよび周辺を塞化させようと計画していたようだが、これが現実になるのは次のマムルークになってからのことであった。しかし彼の計画した塞は有効性が高く、以後700年、20世紀になるまでその効を保つこととなる。

そしてもちろんムスリムの義務として宗教施設の建設も怠っていない。
サラディンファティシーア派の残滓を取り除くことと優秀な人材を育成する的で、スンナ派のマドラサ(宗教学校)を25軒も建てた。

聖地奪還、vs十字軍、最期

サラディン治世の初期はほとんどが十字軍ではなく、ヌールッディーンの後継者たるイスラームとの戦いに費やされた。単に武に訴えるだけでなく、彼の側近はサラディンのジハド(戦)の宗教的正当性を訴えるため、宣伝活動にもを注いだ。

1187年、アイユーブから13年後、ついにサラディンはイェレサレム王を陥落させ、聖地奪還を成し遂げた。
メッカメディナに続くムスリムの「第三の聖地」を取り戻したサラディンは、その威イスラーム社会全土に拡げることとなる。

かつて十字軍がイェレサレムを落とした際にはを覆いたくなるような虐殺があったため、イェレサレムのキリスト教徒たちは同じように復讐されるのではないかと戦々恐々としていた。
しかしサラディンは身代を徴収することによって、キリスト教徒を寛大に解放したのである。また身代を支払えない捕虜の兵士には慈悲をかけ、何を奪うでもなく彼らも同様に解放した。

サラディンはイェレサレムに入すると、キリスト教化していたイェレサレムを再度イスラーム化させることに心を砕いた。マドラサ(宗教学校)、ハーンカー(修院)、ビーマーリスターン病院)を建設し、人々が世俗と宗教の両面において活動する場所を多く建築していった。

一方、イェレサレムが陥落したことを知ったキリスト教徒は、教皇グレゴリウス8世の号令の下に第三次十字軍を結成。諸の王が聖地奪還をして大軍を率いて攻め寄せた。
サラディンはこれに対抗。とりわけイングランド国王獅子心王(ライオンハートことリチャード1世との戦い、そして交渉は熾を極めた。
「イェレサレムをキリスト教徒とムスリムの共同統治にしよう」というサラディンの提案は拒否され、宗教戦争は更に凄惨さを増していく。戦に次ぐ戦の後、最終的にイェレサレムへの聖地巡礼権をキリスト教徒に与えることによって、遂に両者は停戦へと至った。

停戦を迎えた翌年の1193年、熱病に倒れたサラディンはダマスクスで逝去。
生涯戦場を駆け巡った男にしては、寝床の上で家族に見守られながらの安らかな死であった。

その後の評価

サラディンの業績は数え上げればきりがない。

十字軍戦争の勝利、聖地イェレサレム奪還、エジプトでのスンナ派確立。彼が行った教育政策によってハディース学、イスラーム法学は復を果たした。
また4つの古都(フスタートアスカル、カターイア、カイロ)は統合され、後にアフリカ最大の都市圏カイロ(アルカーヒラアル・クブラの基礎となった。

サラディンとその生涯はイスラーム世界だけでなく、西洋においても伝説化された。
高潔さを讃える逸話についても多く、敵であるリチャード1世が病に倒れると、万年で作った氷菓子などの奇な贈り物で労わったり、捕らえた捕虜を身代の有を問わずに助命・解放したり、ムスリムを誘拐されたキリスト教徒の母親の訴えを聞き入れ、部下に命じて奴隷になっていたを取り戻させたなど、枚挙に暇がない。
ただし全てにおいて寛容だった訳ではない。たとえばフランス騎士ルノー・ド・シャティヨンは対イスラム強硬であり、休戦協定を反故にして隊商を襲撃・虐殺するなどの非を働いた。これを知ったサラディンの怒りはしく、後にルノーを捕らえた際、彼と配下の騎士団員を全員処刑している。

一方でサラディン宗教正義にこだわりすぎたあまり、内を安定させることは怠ったと見なされている。ジハド(戦)に費やされた戦費は大だった一方、本人が清貧を心掛けていた為に蓄財も僅かだったとも伝えられている。事実アイユーブサラディンの死後50年後に滅亡している。
加えてサラディン中東から十字軍国家全に排除するには至らなかった。それを為すには、キリスト教徒のそれにべてがあまりに非力だったのである。

現在中東の情勢においてクルド人を取り巻く状況は極めて厳しい。イラントルコイラクの三に囲まれたクルディスタンにおいて独立運動を続ける一方、イラクのフセイン政権下では迫を受けてきた民族である。そんな彼らは今でも英雄としてサラディンを崇め、心の支えとしているという。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3
ページ番号: 5434673 リビジョン番号: 2560105
読み:サラディン
初版作成日: 16/07/29 21:14 ◆ 最終更新日: 18/02/06 21:36
編集内容についての説明/コメント: 逸話について加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サラディンについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 18:28:00 ID: OSjiNXz7lo
ライバルリチャード1世とは、戦費の調達に困った点が共通している。
2 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 18:46:11 ID: rrtakVFAVk
戦費の調達に苦労しない武将なんて滅多にいないんだよなあ
3 : ななしのよっしん :2017/05/08(月) 15:15:35 ID: wZ63N7DhT0
個々の戦いではボードアン4世とかリチャード1世に結構負けてるよね
第三回十字軍キリスト教徒への領土割譲を認めてるし
4 : ななしのよっしん :2017/08/09(水) 08:59:30 ID: ZJ+4D1QKk0
そもそも作りたての王という不安定な足場でジョンにツケ払いで突撃かましてきたリチャード1世相手に停戦まで持ちこたえていたのがすごいと思うわ、少なくとも存命中は突貫工事のを崩れないよう維持してたわけで
5 : ななしのよっしん :2017/09/09(土) 12:04:43 ID: OSjiNXz7lo
個人的には、戦術ではリチャード>サラディン
      戦略ではサラディン>リチャードという印だな。
6 : ななしのよっしん :2018/01/09(火) 18:31:36 ID: JJy4HRPOpD
これを当事16歳かつハンセン病でボロボロの状態、さらに375vs26000で追い返したボードアンは何かがバグってる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス