編集  

サリエル単語

サリエル

サリエルとは、

  1. ユダヤ/キリスト教の伝承に登場する天使、あるいは堕天使。この記事で説明する。
  2. ダンサリエル - 「神曲奏界ポリフォニカ」の登場キャラクターの1人。
  3. Sariel - 東方Projectの登場キャラクターの1人。第1作東方靈異伝 ~ Highly Responsive to Prayers.」で登場。
  4. サリエル - PSPゲームGOD EATER」に登場するアラガミと称される生物のうちの1つ。女性を合わせたような見たをしている。
  5. サリエル(エルシャダイ) - エノク書を元にしたPS3及びXbox360用のゲームエルシャダイ」に登場する堕天使の1人。人間のに魅了された堕天使で、蝙蝠を使役する。 
  6. サリエル - 漫画及びアニメよんでますよ、アザゼルさん。」に登場する天使の1人。
  7. サリエル三月) - ライトノベルはたらく魔王さま!」に登場する天使の1人。
  8. サリエル - ニンテンドーDSゲームキモかわE!」に登場するメインキャラクターの一人、種族は「てんし」。
  9. サリエル(生放送主) - ニコニコ生放送放送主の一人。


概要

サリエル英語表記Sariel)とはユダヤ教/キリスト教の伝承に登場する天使あるいは堕天使である。しかしその名称については混乱しており、スリエルSuriel)、アラジエル(Araziel)、サラカエルまたはザラキエルまたはゼラキエルSaraqael、Sarakiel、Zerachiel、Zerachiel)、サムイル(Samuil)・・・等々の多くの異名も伝えられる。

名の意味も、「の命令」を意味するとされる事が多いものの、異説が多く確定的でない。

聖書正典および関連文書におけるサリエル

聖書正典にはそんな名前の天使は登場しない。

キリスト教聖書である新約聖書旧約聖書にも、また旧約聖書の元となったユダヤ教典タナハにおいても、現在広く正典とされている文書の中には、サリエルという名前の天使は全く記載されていない。

 

……と切って捨ててしまうのも味気ないのでフォローすると、聖書偽典の一つであるエノク、および死海文書には登場する。

エノク書

エノク書はユダヤ教キリスト教から偽典とされてはいるものの、エチオピア正教(および1993年エリトリア独立時にそこから分したエリトリア正教)では旧約聖書正典とされていたり、また偽典にもかかわらず新約聖書正典(ユダ手紙)に引用されているという、特異な位置にある。

そのエノク書においてのサリエルは、シェムハザという長に率いられていた「見り番」(ギリシア語で「γρήγοροι(エグリゴリ)」。「見る」の意。スラブの「第二エノク書」ではそのまま音訳され「グリゴリ」となっている)天使200名の一員である。

その200名の中でもリーダー格の者たちは「タミエル」「トゥレル」など個人名が挙げられているが、末尾において「サリエル」の名も挙げられている。ただしこの部分はエノク書のバージョンによる違いが大きい部分で、サリエルにあたる「末尾に名を挙げられた天使」も翻訳者によっては「アラジエル」などとされていることもある。

この200名の天使たちは地上に住まう人間たちを見るうちに人間のたちに欲情してしまい、も裏切らぬように密約を交わした上で、断で人間を妻に迎え子供までもうけてしまう。そして無知だった人間たちに自分たちの知識を伝えた。幾人かの天使は何を教え伝えたのか個別に記載されており、サリエルも「の運行についての知識を与えた」との記述がある。

その後の末の詳細については「アザゼル」の記事を参照していただきたいが、唯一神Y・H・V・H・)に逆らったわけなので当然ろくなことにならない。ここから、後の伝承における堕天使という扱いが生まれたものと思われる。

サラカエル

なおエノク書において、上記の部分より少し後に七人の特別な「なる天使(栄天使)」たちについて記載されている箇所がある。そこではウリエルラファエルミカエルガブリエルなど現在でもよく知られた天使たちの名前に混じって、「サラカエル」という名も挙げられている。このサラカエルサリエル同一視する場合もある。

しかしエノク書を素直に読むだけでは、に逆らって罰せられた天使サリエルとこのなる天使サラカエル同一視する理由が見当たらない。よっておそらく、後述の死海文書内の記載などに影を受けてサリエルを大天使とみなす視点から、後世に生じた解釈ではないかと思われる。

サムイル

エノク書には様々なバージョン違いが存在するが、特にその違いが顕著なスラブの「第二エノク書」においては、に遣わされてエノクを導く天使として「サムイル」が登場し、このサムイルは時に「サリエル」と記載されることもある。こちらのサムイル/サリエルの方は、特にに逆らうような描写はない。

死海文書

ムランの洞窟で発見された文書群、いわゆる「死海文書」にもサリエルの名が登場するという。この死海文書ユダヤ教の一エッセ」が遺したものであると考えられている。

死海文書は多数の文書の集合体であるが、そのうちサリエルが登場するのは「息子たちと闇の息子たちとの戦い」という、なんだかすごそうなタイトルの書である。詳しい内容は「死海文書」の記事を参照。

同文書の中において、サリエルヘブライ語でשריאל)という言葉は兵士たちのに刻まれた四つの名前のうちの一つとして登場するという。他の三つの名前はミカエルラファエルガブリエルとなっている。これが正しければ、この文書が執筆された当時、サリエルはこれらの特別な天使たちと並び称される立場、言わば「四大天使」の一として認識されていたことになる。

その他の伝承・俗説・創作 


※ここから以下は聖書正典・偽典や聖書関連文書には記載のない、民間伝承や俗説となる。ある程度歴史のある伝説から、グリモワールなどのオカルト本の記述、さらには最近の創作作品の影まで新旧雑多なものが含まれる。


「鍵」がシンボルとされることがある。

人の魂を見守り、人間が過ちを犯して魂を汚さない様に監視する役を持っており、死者の魂を秤に掛けて天国に送るべきかどうか裁定する天使とされることもある。また、の掟に背いた天使の運命に責任を持っているといわれ、の法を軽んじた天使を裁き堕させる役も持っているとされることもある。

二宮を支配しているとも言われ、その場合は第六ゼブル(Zebul)を支配していたという説もある。

法学者のラビ・イシュマエルに詳細な衛生知識を与え、モーセに様々な知識を与えたとも言われ、一説ではラファエルの右腕として医療に知悉していた「癒し天使」として信仰されていたとも言われる。

堕天使として描かれる場合、上記のエノク書のいきさつの影からか堕前はの支配者であったとされることもある。サリエルの運行に関する禁断の知識を知り、その知識を人に伝えたことで自ら堕したとされる。 その際、彼は何もることなく優美にを去っていったという。堕した後は地獄の七君の一人であるとされることもある。

大天使、熾天使(セラフィム)

上記のように死海文書などでミカエルなどと並び立つ大天使として扱われる場合もあった。それが影してか中世以後の天使階級観を反映して熾天使セラフィム)の一員とされることがある。

旧約聖書イザヤ書に登場するセラフィムの傍に天使であるためか、「の玉座近くに付き従う権利を持ち、の意思を執行する令官的な役割を持つ」「サタンの戦いの際は天使の有な一員でもあった」等と設定されることもある。

死の天使

時に「死の天使」として扱われることがある。

ユダヤ教の伝承で「死の天使」として扱われる「サマエル」と名称が似ているため混同されたか。また、上記のようにエノク書では翻訳バージョンによってはサリエルにあたる天使の名が「アラジエル」となっていることがあり、この名がイスラム教における死の天使アズラエル」と似ていることも混同の元になった可性がある。

「死の天使」として扱われる場合、いわゆる西洋の「死神」のイメージに影されてか絵画などではマントを羽織り、魂を狩る大を持った姿で描かれることもある。これまで裁いてきた天使たちを思い、血の涙を流していると設定されることもある。

邪視

邪視evil eye イービル・アイ)とは、見つめただけで相手を呪い、身動き出来なくしたり怪病気不幸を与えたり、果ては死に至らしめることまでもできる魔の事である。紀元前数世紀の古代ギリシャにはすでにその概念があったようだ。ヨーロッパオリエントアラブ世界において人々の恐怖の対であり、邪視から逃れる為の護符も存在した。

サリエルオカルト秘学の伝説上で「邪視を退けるを持つ」とされることがあり、その名を記したものが邪視避けの護符として使われることもあったと言われる。

しかし「堕天使」や「死の天使」等のネガティブな印で言及される場合には、「邪視から護る存在」という伝説から反転した影を受けてか、サリエル自身が「邪視を持つ存在」として描写されることもある。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%AB
ページ番号: 1150606 リビジョン番号: 2146484
読み:サリエル
初版作成日: 09/01/28 04:16 ◆ 最終更新日: 15/01/16 22:55
編集内容についての説明/コメント: 大百科内手動リンクから「http:~jp」を省略等、html微調整 「大天使、熾天使(セラフィム)」の項で文章の小修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サリエルについて語るスレ

2 : nanasi :2010/11/26(金) 17:33:58 ID: NEb+Sz353X
めちゃくちゃガリガリじゃねーかwww
一人称」だし
3 : ななしのよっしん :2010/11/27(土) 00:17:36 ID: n/o4D3pTKJ
ばいきんまんにしか見えない
4 : ななしのよっしん :2011/05/17(火) 08:24:28 ID: I3IF4AkMHT
よんでますよ、アザゼルさん。ちんこ
5 : ななしのよっしん :2011/12/20(火) 10:21:27 ID: yU5vUPS7P2
喰いのサリエルショート使い殺しだわ・・・
6 : ななしのよっしん :2012/08/28(火) 22:10:11 ID: z1m0tYbpjO
>>5
ボルグ・カムランよりはまだマトモだぜぇ…
7 : ななしのよっしん :2013/07/08(月) 03:34:49 ID: +gFQ8XGSg8
この天使って倭人って説もあるらしいね。

そう解釈してみると、そこはかとなく漂う社畜っぽい性格は何ともソレっぽい。

まぁ時期的には邪馬台国あたりになるだろうから、現代の日本人べるのはまた違うんだろうけど。
8 : ななしのよっしん :2013/08/29(木) 13:59:08 ID: RtV8w2SPW6
>>5ショートサリエルは簡単だったぞ?
リア的な何かを展開しているときにギリギリ当たらないところから補食するの楽しかったわ
9 : ななしのよっしん :2013/12/09(月) 22:42:52 ID: f+id95zkYF
>>7
今更だが、倭人ってあまり日本人て意味で使わないと思う。
10 : ななしのよっしん :2013/12/24(火) 21:16:17 ID: 7ZjrNHXo64
>>7
倭人じゃなくて、人(小さい人)だったりしませんか?
11 : ななしのよっしん :2015/07/08(水) 16:45:24 ID: Doh9z0D4oW
サリエルが死の天使として扱われてるのは混同とかじゃなくてが死と密接な関係があるとか死者の霊魂を運ぶ役割を元々担ってたからとかじゃなかったっけ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス