サンエイサンキュー単語

9件
サンエイサンキュー
4.1千文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

サンエイサンキューとは、1989年生まれの日本の元競走馬である。芦毛

人間のエゴと邪な感情に振り回され続けた悲劇の

通算成績17戦5勝[5-5-0-7]
な勝ち
1992年:クイーンカップ(GIII)、札幌記念(GIII)、サファイヤステークス(GIII)

概要

に駆けた根性

小柄な芦毛体。
血統的にもそれほど期待されずにデビューした。
しかし、彼女は並外れた根性の持ちだった。
過酷なローテーションを課せられながらも
懸命に走り続けた。
だが、その先に待っていたのは栄ではなく、
哀しすぎる結末だった。

週刊100 vol.18 サンエイサンキューより

~4歳夏

年齢で表記する。

ダイナサンキューグロリーサクラシーホークという血統。ノーザンテースト産駒で、デビュー3連勝でデイリー杯3歳Sを制したがその後屈腱炎から復帰できなかった経歴を持つは5代旗=クレオパトラトマスから繋がる由緒正しい牝系だが、この時期には活躍は全くいなくなっていた。一応3代ハクチカラの全である。

3歳7月札幌競馬場デビュー新馬戦を2着に敗れるが翌週に折り返し新馬戦で初勝利(当時は同じ開催中なら新馬戦に複数回出走できた)。さらに3連闘でGIII札幌3歳Sに挑んだが13着に跳ね返される。その後もほぼ1回のペースで出走し続け、3歳までで7戦を消化。GIII函館3歳Sで2着、OPいちょうSを勝ちGI阪神3歳牝馬Sでもニシノフラワーの2着に突っ込む。

明けて4歳になってもほぼ休養せず、2月GIIIクイーンSの接戦を制して重賞勝利。その後何故か皐月賞トライアルGII弥生賞に出走し6着、さらに何故か戦線に戻るが桜花賞で7着と結果を残せず。ここで業を煮やした馬主函館3歳Sから騎乗していた東信二を降ろし、上に田原成貴を迎える。初コンビとなったオークスでは人気を落としたが後方から末脚に賭ける競馬で2着に善戦。田原は「こんなに走るならもっとその気になって乗ればよかった」と振り返ったという。

北海道に移動。エリザベス女王杯(当時は4歳限定、現在秋華賞ポジション)に備えて休養・・・と思いきや、札幌記念に出走。やや手薄なメンバーで軽ハンデだったとはいえ、め先頭上がり最速という強い競馬で圧勝。初の4歳(現3歳)による札幌記念勝利を成し遂げる。しかしここまでデビューから12戦。均して1戦とはいえ、休養をほとんど挟まない若には酷なローテーションで、サンエイサンキューの調子は下降線をたどり始めていた。しかし馬主騎手田原や厩舎スタッフの反対も無視して出走を継続函館記念に転戦するが8着と惨敗してしまう。

なおも馬主は反省するどころか、トライアルとして施行されていたサファイヤSローズSの両方に出走させると決定。関係者は「ローズSに出す必要はない」と反発したが聞き入れられず双方に出走。しかも幸いなのか不幸なのか、サファイヤS勝利ローズSも2着と好走する。なお、ローズS後に馬主は「まあ使い得でしょう」というコメントを残している。

サンエイサンキュー事件

トライアルの好走で本命サイドにはなったものの、使い詰められたサンエイサンキューは明らかに不調。田原は最終追い切りの後、テレビの取材に「状態は最低」「こんな出来では勝てない」と、GI騎乗前としては異例とも言えるネガティブな発言を繰り返した。田原は元々に衣着せぬ言動が立つ破天荒騎手だったが、しかしさすがに否定的になりすぎたと思ったのか、取材の録画が終わった後でこうつぶやいた。

「こんなに悪く言って、これで勝ったら頭丸めなきゃあかんな」

取材終わりの何気ない冗談の一言だったが、これが事件の引き金になる。

この時、サンケイスポーツ競馬記者が取材に間に合わなかった。個別でサンエイサンキューについて田原に取材しようとしたが、田原は「見たらわかるやろ」とコメントを拒否(田原は元々サンスポと確執があった)。そこで記者テレビディレクターから上記の取材内容とつぶやきを伝え聞き、翌日の新聞でこう見出しを打った。

田原、2着以上なら坊主になる

読みようによっては「田原は2着以上になる気がない」という八百長も疑われかねない内容であった。この11年前に「サルキング逆噴射事件」で八百長の疑いを持たれた田原としてはたまったものではなかった。記事に対してしっかりと「誤解を招くような記事は勘弁してほしい」と言明したが、今度は「田原謝罪」と見出しを打たれる。この対応に田原は不信感を募らせ、この年の有馬記念前にサンスポの取材を拒否。別の競馬に「事実められたらどうしようもない」と取材を拒否した理由についての手記を寄せ、この競馬サンスポ抗議を入れるという末をたどった。これが後々「サンエイサンキュー事件」と呼ばれる騒動である。

この一連のサンスポの不実極まる動きに対し、サンスポ競馬担当記者だった片山良三は『Sports Graphic Number』に一連の騒動について自社を批判する記事を寄稿するが、サンスポはこれに対し片山記者解雇するという二次災害的な事件も発生。これに抗議する意図でサンスポの複数の記者が退社し、フジサンケイグループの体質を巡り特集記事が組まれるほどの問題に発展した。なお、問題の発端となった記事を書いたサンスポ記者は表だった処分を受けることなく長きにわたって競馬記者を続け、自身の名前を冠したコラムも複数連載している。

4歳秋

人間たちの大騒動もにとっては知らぬこと、サンエイサンキューはエリザベス女王杯に出走。絶不調でも踏んり5着と掲示板に残る。田原は「これでやっと休めるな」とを掛け、厩舎サイドも放牧の予定を立てていた。

・・・しかし、またしても馬主プランをひっくり返し、有馬記念出走を決定してしまう。この時にはサンエイサンキューは身体にも変調を来しており、エリザベス女王杯の頃から痛めていた橈調教の度にむ音が鳴るという有様。もはやまともに走れる状態ではなく、厩舎スタッフも「有馬なんて走らせたら終わりだ。あまりにむごい」としたという。

田原は「こんな状態の責任は持てない」と騎乗を断り(トウカイテイオーの騎乗予定もあった)、加藤和宏のへの乗り替わり。それでもオーナーの意向には逆らえないのが競馬。サンエイサンキューは有馬記念に出走した。関係者は「順位なんてどうでもいいから事に回ってきてくれ」と願い、上の加藤も後方でそっと騎乗した。

・・・しかし最後の直線、サンエイサンキューの足は止まった。右橈手根骨折レース後、トウカイテイオーに騎乗していた田原は「が止めなきゃいけなかったのに何もしてやれなかった」とくしたという。

その後

サンエイサンキューの故障は通常ならその場で安楽死になるレベルの重篤なものだったが、馬主は延命治療を決断。しかしその理由もへの情ではなく「繁殖に上げればになる」というものだった。脚にボルトを埋め込む手術が行われたサンエイサンキューは長い闘病生活で一時は回復することもあったが徐々に衰弱。元々430kg程度と小さかった体は300kg近くまで痩せ細り、蹄葉炎も併発。それでも2年近く辛抱強く生き続けたが、1994年10月心臓麻痺尽きた。

馬主は後に「競馬ビジネスである以上稼がなければならない」とコメントした。実際この馬主育成牧場を所有しており、安くて見込みがある牧場で鍛えてとにかく競走に使うというスタイル。2歳トレーニングセールの創設者でもあり、競馬ビジネスで大きくなった人物であった。一方で当時から資繰りに行き詰まっていたといわれており、サンエイサンキューの酷使の一因もそこにあったとコメントする関係者もいた。後に馬主銭を巡り逮捕(脱税とも詐欺ともいわれるが詳細は不明)されている。

競馬においてサラブレッド馬主の所有物であり、決定権は馬主にある。ゆえに稼ぐために馬主がどう使ってもそれは所有者である馬主自由である。また、人知れず過酷な扱いを受けて人知れず消えていった数に存在するのもまた事実であり、サンエイサンキュー、あるいはテスコガビーなどはたまたま活躍した後に事故に遭ったから議論上に上がるのであって、彼女たちの関係者だけが玉に上がるのも間違っているかもしれない。
しかしサラブレッドは生きている。そこにある生命の尊厳を無視してけの具として利用することが正しいのか・・・。サンエイサンキューが投げかけた問題は経済動物サラブレッド人間の関係の根本に今なお残り続ける。

血統表

ダイナサンキュー
1984 栗毛
*ノーザンテースト
1971 栗毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic
1954 黒鹿毛
Natalma
1957 鹿毛
Lady Victoria
1962 黒鹿毛
Victoria Park
1957 鹿毛
Lady Angela
1944 栗毛
メルシーダイナ
1979 栗毛
*ボールドアンエイブ
1968 栗毛
*ボールドラツド
1962 栗毛
Real Delight
1949 鹿毛
スイートターフ
1965 栗毛
*ガーサント
1949 鹿毛
アリエツタ
1961 鹿毛
グロリーサクラ
1984 芦毛
FNo.16-h
*シーホーク
1963 芦毛
Herbager
1956 芦毛
Vandale
1943 鹿毛
Flagette
1951 栗毛
Sea Nymph
1957 芦毛
Free Man
1948 鹿毛
Sea Spray
1947 栗毛
ジァガーサクラ
1979 芦毛
*ラフィンゴラ
1965 芦毛
Grey Sovereign
1948 芦毛
Cameo
1955 青毛
ヤシマキパー
1961 栗毛
トビサクラ
1942 栗毛

1944 栗毛
競走馬の4代血統表

クロスLady Angela 5×4(9.38)

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サンエイサンキュー

80 ななしのよっしん
2023/09/22(金) 01:34:21 ID: 3qLZt8E8hy
>>79
を産むガチョウ」の童話を地で行く話よな
👍
高評価
7
👎
低評価
0
81 ななしのよっしん
2023/11/12(日) 03:53:01 ID: +X0yJ6QP6h
サンエイサンキューシンコウラブリイ。どうしても記憶がかぶってしまう。なんでだろ?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
82 ななしのよっしん
2023/12/09(土) 11:49:40 ID: 2aBxs+TA2H
この馬主の考え方ってどう見てもギャンブル狂のそれだよね

人間としてもビジネスマンとしても失格レベルなんだから馬券買って1人で大損すれば良かったのに馬主になって名拷問死させるなんて酷すぎる
👍
高評価
2
👎
低評価
1
83 ななしのよっしん
2023/12/10(日) 09:07:21 ID: xqlAWCcL+0
品性の問題っていう過去レスにとても考えさせられた。
いろんな意味で
👍
高評価
0
👎
低評価
0
84 ななしのよっしん
2023/12/10(日) 20:58:07 ID: KEjEKabnIK
競走成績だけ見ると、使い詰めたのにこれだけの成績残せたなと思えるくらい残酷な使い方。
年4、5走くらいでゆとりを持たせたローテなら結構勝てたのでは?と思えるんだよなぁ
👍
高評価
1
👎
低評価
0
85 ななしのよっしん
2024/01/14(日) 19:07:17 ID: 5DZeVbSrt5
>>82
馬主を擁護する気は全くないが産は実際ギャンブルみたいなものなのよ

ゲームと違って因子やステータスも分からない、血統や成績で判断するしかないから一歩間違えたら狂い堕ちしかねない

それでも扱いが酷かったのは確か
👍
高評価
2
👎
低評価
0
86 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 02:07:30 ID: +FOEX/fUue
当時のダビスタ攻略本にも載ってたくらい悲しい事件、悲劇のというのを覚えている
ゲームではめちゃ強かったんよね。懐かしいな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
87 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 12:52:15 ID: qomPVLuLbW
前年のイイデセゾンとか、もっと凄いローテで走ってた印
あとシルクジャスティスとかナリブラインもダービーあたりまでサンエイサンキューと同じくらいのペースで走ってる
まあだけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
88 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 12:53:33 ID: qomPVLuLbW
脱字してたナリタブライアン
👍
高評価
0
👎
低評価
0
89 ななしのよっしん
2024/04/04(木) 23:17:38 ID: jLpXnoQuaA
天罰が下った悪徳馬主に対して、ゴミ記事をサンスポ水戸が、何の罰も報いも受けずにその後ものうのうとしていたのが本当に胸糞過ぎる
👍
高評価
1
👎
低評価
0

急上昇ワード改

ニコニコニューストピックス