サヴァリッシュ単語

サヴァリッシュ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ヴォルフガング・サヴァリッシュ(1923年8月26日-2013年2月22日)はドイツ揮者・ピアニスト。

概要

幼少期からピアノ作曲を学び、揮をハンス・ロスバウトに師事する。1947年にアウクスブルク歌劇場でフンパーディンクのオペラヘンゼルとグレーテル」で揮者デビュー。またピアニストとしても、にリートの伴奏者として活動を開始する。1971年からはバイエルン国立歌劇場音楽監督に就任。退任後はフィラルフィ管弦楽団音楽監督に就任した。古典ロマンから近代までのドイツ音楽正統派王道とも言うべき曲レパートリーとしているが、とりわけシューベルトメンデルスゾーンシューマンリヒャルト・シュトラウスなどロマン作品の演奏が名高い。2013年2月22日バイエルン州の自宅で死去。

評価

NHK交響楽団への関わりなどから、日本クラシックファンからは高い人気を得たが、楽壇の評価は残念ながら高いとは言い難い。色々な理由が考えられるが、一つウィーン・フィルベルリンフィルメトロリタ歌劇場といった伝説的な団体での仕事に縁がかったことが挙げられよう。また、レコーディングよりもライヴ価を発揮するタイプなので、残されたディスクからはその熱気が伝わりにくい事も挙げられよう。更に日本の楽壇の特徴として楽付き作品より交響曲が重視されること、これまた日本の楽壇の特徴であるが交響曲より協奏曲が格下に扱われることなどは、交響曲よりむしろオペラコンチェルトの合わせにずば抜けた統率を見せるサヴァリッシュの技量が評価されにくい原因となっている。残されたライヴCD化などによって、再評価の機運が高まる事が期待される。

エピソード

1994年2月11日フィラルフィアが大に見舞われ、オーケストラ団員が会場に来られなくなった時、オーケストラパートフルスコアを見ながら即ピアノで弾き、ゲストらと共演した。徒歩で来られる全ての市民無料で門を開くことを経営に提案し、大成功を収めた。このエピソードフィラルフィ管弦楽団伝説的なコンサートの一つとして今でもり継がれている。

2001年9月11日米国同時テロが発生した際、ミュンヘンの自宅で休養していたが、すぐにフィラルフィアに飛び、フィラルフィ管弦楽団と一緒に追悼コンサートを開いた。「大変悲しくて苦しい時に、オーケストラみんなと一緒にいてあげたかった」とっている。

1964年11月NHK交響楽団の招聘で初来日以来、ほぼ毎年のように来日した。1967年以来名誉揮者、1994年からは、同楽団冠名揮者となった。サヴァリッシュは「日本の他のオーケストラとは共演したくない」と言うほどNに惚れ込み、Nもまたサヴァリッシュに惚れ込んだゆえに長い蜜の関係となった。 元Nコンサートマスター徳永二男によると、バロック時代のコンチェルトのソリストを務めた際、カデンツァは自分で書くよう勧められ、自作のカデンツァで演奏したと言う。演奏者の自発性を重視するサヴァリッシュの姿勢がうかがえるエピソードと言えよう。 また同じく元Nコンサートマスター正文はサヴァリッシュがNに果たした役割を「初代音楽監督と呼んでいいと思う」とっている。厳密には初代音楽監督シャルル・デュトワなのだが、サヴァリッシュはNにたいして初代音楽監督と呼ばれてもおかしくないほどの貢献をしたのだ、と言いたかったのだろう。

関連動画

サヴァリッシュに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

サヴァリッシュに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

サヴァリッシュに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サヴァリッシュ

1 ななしのよっしん
2013/03/02(土) 20:51:35 ID: M/SpNO/Qf3
サヴァリッシュは好きでしたが、こういうオモシロ記事は「1999年f1ヨーロッパgp」だけで充分です。

編集者さん、一度ご自分のユーザ記事をご覧になることをお勧めします。
2 ななしのよっしん
2015/02/26(木) 06:43:51 ID: MRVZiuQw+P
この人、協奏曲の合わせがほんとうまかったな
ロンマンとのシューマンピアノ協奏曲」、フランク・ペーター・ツィンマーマンとのブラームスヴァイオリン協奏曲」などなど
NHKCD化してくれないかなぁ…

急上昇ワード改