サートゥルナーリア単語

サートゥルナーリア
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

サートゥルナーリア(Saturnalia)とは、2016年まれの日本競走馬である。

町・ノーザンファーム生産、東・居勝厩舎所属(※)、キャロットファーム。
な勝ち
2018年ホープフルステークス(GⅠ)、2019年皐月賞(GⅠ)
2019年神戸新聞杯(GⅡ)
2020年金鯱賞(GⅡ)

名前は古代ローマの農耕サートゥルヌスを祝した祭に由来し、現在キリスト教圏においてイエス・キリストの顕現を記念する祝日である現祭での行事の基礎となった。
2018年7月2019年1月にかけて、居師の飲酒運転による調教停止処分により中和也厩舎へ一時的に転厩している。

出自

ロードカナロアシーザリオスペシャルウィークという血統。

香港スプリント連覇をはじめ、GⅠ5勝を挙げた日本史上最高ランクスプリンターで、サートゥルナーリアは2年の産駒である。2005年優駿牝馬を制し、その後米国へ遠征しアメリカオークス優勝した名。詳しくは個別記事を参照のこと。
シーザリオは繁殖としても大活躍を収め、本の半エピファネイア(シンボリクリスエス)は菊花賞ジャパンカップを、同じく半リオンディーズ(キングカメハメハ)も朝日杯FSを制している。

かしこの一族には旺盛な闘争心が備わっている代わりに、それ故の折り合い難やかかり癖が見られた。エピファネイアリオンディーズも上は折り合いをつけるのに苦労していた。サートゥルナーリアは、育成段階においては折り合いに不安はかったという。

達と同様にキャロットファームにて募集がかけられると、1口35万円×400口の総額1億4000万円で募集された。2016年産のキャロットの中では最高額タイである(もう1頭はレイデオロ)。

競走生活

2歳

やはり達と同様に、東の居勝厩舎へ入厩。仕上がりは非常にく新戦が始まった2週阪神デビュー上はミルコ・デムーロレースでは最後の直線で窮屈なシーンもあったが進路が開けると一気の脚で抜け出し、最後はデムーロが流す余裕もあるほどの楽勝であった。
場を休養に充てて萩S(OP)で復帰すると、直線で持ったまま内から抜け出して、最後までちょんちょんと促すだけで快勝。

2歳シーズンの最後に年末のホープフルステークスを選択。当日は単勝1.8倍の1番人気に推され、相手はルメール上のアドマイヤジャスタ、勝浦正樹で重賞2勝のニシデイジー等々。
レース本番では好スタートダッシュを決めて2番手を追走。好位のインで脚を溜めて直線を迎えた。
しかし直線入口で前がとなり内に包まれる展開となる。だが、中山の急坂に差し掛かったところで前のアドマイヤジャスタ、ブレイキングドーンの間が僅かに開いたところを一気に抜け出す。内でるアドマイヤジャスタを交わして更に1身半差をつけて快勝した。これには上のデムーロも「今年一番強い2歳です」と絶賛。但し抜け出した際に進路妨があったとしてデムーロが制裁(過怠3万円)を受け、開催最終日に大逆転で制裁リーディングとなった。

年明けの年度表において、朝日杯FSを勝ったアドマイヤマーズと最優秀2歳を争って一騎討ちとなったが、30票差でアドマイヤマーズが最優秀2歳となった。

3歳春

年明け々、競馬界はデムーロの行き先に注視していた。何しろサートゥルナーリアもアドマイヤマーズ騎手はデムーロである。どっちに乗るのか、使い分けて両方か、と色々推測も飛んだが、結果年明けから2週間も経たずしてサートゥルナーリアはクリストフ・ルメールに乗り替わる事が発表され、それから数週間後にはトライアルを使わず皐月賞へ直行する事が発表された。

さて、本番の皐月賞では単勝1.7倍の1番人気に推された。相手は最優秀2歳アドマイヤマーズ共同通信杯勝ちダノンキングリー、若駒Sと若葉Sを連勝したヴェロックスが上位人気となっていた。
レースが始まると毎日杯勝ちランスオブラーナがハナに立ち、サートゥルナーリアは群の中程からやや前に位置取り追走する。直線に入ると外へ持ち出して先に抜け出したヴェロックスと競り合いになり、更に内ラチ沿いを進むダノンキングリーと3頭もつれた混戦となった。結果ヴェロックスをアタマ差下して1位入線を果たす。
直線半ばでルメールがサートゥルナーリアに左をいれた事で内にもたれ、ヴェロックスの進路を狭めたとして審議が行われた。後にルメールは制裁(過怠5万円)を受けたものの着順通りに確定しクラシック初戦を制覇。この勝利上のルメールクラシック競走全制覇を達成した。

次走は東京優駿(日本ダービー)。しかし3週前のNHKマイルカップグランアレグリアに騎乗していたルメールが直線で斜行し、折しも3月にも同様の不注意騎乗を行っていたことが加味されて制裁が重くなり、開催16日間の騎乗停止、つまりダービーに騎乗できなくなってしまった。

代打としてオーストラリアから短期免許でやって来たダミアン・レーンが選ばれ当日を迎える。当日は単勝1.6倍の1番人気に推され、ヴェロックス、ダノンキングリーと皐月賞上位3頭がそのまま上位人気となり、3番人気のダノンキングリーが4.7倍に対し、4番人気アドマイヤジャスタが25.9倍と、戦前の評価は皐月賞組で決まっても仕方ないといったであった。
レースが始まるとサートゥルナーリアはスタンド前出走の洗礼、大音量のオイオイ援にやられたかテンションが高く立ち上がるようなスタートとなる。中は中段の後方に位置していたが、横山典弘騎乗停止により息子横山武史に乗り替わった青葉賞馬リオリオンが一昔前のテレビの如く大逃げを打つ。その為群はかなり縦長になる。直線に入ってリオンリオン逃げ潰れロジャーバローズが先頭に立つ中、サートゥルナーリアは外に出して追い上げるものの前が止まらない。先団から好位に立ったダノンキングリーと事実上の単騎逃げとなったロジャーバローズが追いべる中、サートゥルナーリアは残り100mから脚が鈍り、一度交わしたのヴェロックスに差し返され、4着。自身初の敗戦となった。

レース後、事前登録していた凱旋門賞への挑戦を断念する事が発表された。

3歳秋

シーズン神戸新聞杯から始動。ここではに辛めたヴェロックス、ソエ(端的に言えば成長痛)で全休明けの素質ワールドプレミア京都新聞杯勝ちレッドジェニアルなどが参戦したが例年にべかなり少ない8頭立てとなった。論1番人気である。
今度は出遅れる事く発を決め、押し出されるように逃げシフルマンを見ながら2番手を追走する。前半1000m634とかなりスローな展開となり、4コーナー手前から動くと直線入口に入る頃には既に先頭に立ち、阪神の坂を登る時にルメールが少し押す程度でヴェロックスを3身突き放す快勝となった。

次走は天皇賞(秋)を選択。ここでルメールが前年の年度代表アーモンドアイに騎乗するため、短期免許で来日していたクリストフ・スミヨン上となった。天皇賞(秋)アーモンドアイほか、ダノンプレミアムワグネリアンなど有名どころが集まり、出走16頭のうち10頭がGⅠというメンバーとなった。
1番人気こそアーモンドアイに譲ったが、2番人気はサートゥルナーリア。戦前アーモンドアイにサートゥルナーリアやダノンプレミアムがどこまで食い下がれるか、が焦点となっていた。
しかしゲート入り前から異様にテンションが高く、発は決めてインの好位につける事は出来たものの、スミヨンが「終始みっぱなし」と言うようにちぐはぐな競馬となる。前半1000m590とアエロリットが緩みペースを刻む。直線に入ると、残り300m付近で内からアーモンドアイアエロリット、サートゥルナーリア、ダノンプレミアムが横一線になる。しかしアーモンドアイがスッと抜け出して後続を突き放す一方。サートゥルナーリアはダノンプレミアムアエロリットと競り合いを演じるも残り100mであっぷあっぷになり、追い込んできたワグネリアン、ユーキャンスマイルにも差されて6着に敗戦した。

シーズン3走には有馬記念を選択。上には引き続きスミヨンが務めることとなった。前走天皇賞(秋)以上にメンバーい、アーモンドアイリスグラシュースワーヴリチャードなどGⅠ11頭が集結。中山競馬場をはじめ右回りでは敗である為単勝7.8倍の3番人気に推された。
小雨降る中山競馬場府中で行われたダービー天皇賞(秋)よりも落ち着きがあり、きっちりと発を決めて中団後方につける。外アエロリットハナして逃げる展開となり、1000m585とハイペース逃げ、更にみないラップを刻み続ける。残り600mを通過した辺りで外に回して進出を始め、直線入口で5~6番手につける。伸びがないアーモンドアイに抜け出しを図ったが、更に外からリスグラシューが抜け出すと中山の急坂を登り終えてなお突き放す剛脚に敗れ、サートゥルナーリアは5身差をつけられたものの2着を確保。スミヨン騎手居師は「いかに発走までに落ち着いているか」を本の好走条件に挙げ、実際落ち着きがあれば内上位の実である事を示した。

この好走が評価されたのか海外含めGⅠ2勝だったアドマイヤマーズとは僅差で最優秀3歳に選出された。

4歳春

明けて4歳となったサートゥルナーリアの初戦には金鯱賞が選択された。昨年のダービー天皇賞での敗戦から左回りがどうなのか、58kgはどうなのか、という点が注されたが、出走がこれまでにべ数本落ちる面子だった事もあり最終的には単勝1.3倍と一本被りの人気となる。上にはルメールが帰ってきた。
レースが始まるといきなり人気の一ロードマイウェイが出遅れの上不利を被る波乱のスタート。サートゥルナーリアは中団につけて追走。ダイワキャグニーが刻むペース1000m636と緩々でお誂え向きの展開となる。直線でスーッと外に出して坂を登り終えた段階で追い出し、一旦抜け出せばあとは突き放すだけで2身差をつけて快勝。左回りと58kgを共に問題にしない走りを見せた。

次走に優先出走権を得た大阪杯ではく、宝塚記念へ出走。例年少頭数傾向のある宝塚記念にはしく18頭フルゲートとなり、GⅠ8頭が集まった中1番人気に支持された。阪神の芝コースは稍重発表ではあったものの15時前にスコールのような大があり、馬場は非常に重たくなっていた。
レースでは発を決めたがホームストレッチでのポジション争いがしく、それを静観する形で中団のインを追走する。4コーナー前でキセキクロノジェネシスがまくり上げてロングパートを仕掛ける中、それに少し遅れる形で外へ持ち出される。直線に入ってそこそこ伸びていたものの先に仕掛けた組には届くほどではく、残り200mの時点で勢いが鈍り、4着に敗れた。レース後に上のルメールは敗戦理由を2200mがギリギリという距離適正と、重たい馬場にあると摘した。

その後はジャパンカップへの出走を予定し、ルメールのお手アーモンドアイの同競走出走が決定したため池添謙一上に据えることも内定していたが、レース6日前になって左前脚の腫れのためこれを回避。一旦は有馬記念標を切り替えたものの、万全な状態で出走出来ないと判断され12月初旬に々に回避が決定した。その後、2021年1月15日引退が発表され、社台スタリオンステーションで種入りすることとなった。

特徴、その他

血統表

ロードカナロア
2008 鹿
キングカメハメハ
2001 鹿
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ
Manfath
*ラストタイクー
Last Tycoon
Pilot Bird
レディブラッサム
1996 鹿
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
*サラトガデュー
Saratoga Dew
Cormorant
Super Luna
シーザリオ
2002
FNo.16-a
スペシャルウィーク
1995 鹿
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
*キロフプリミエール
Kirov Premiere
1990 鹿
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Querida Habitat
Principia

関連動画

関連項目

親族の方々

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サートゥルナーリア

61 ななしのよっしん
2020/12/23(水) 22:53:55 ID: 7L3rVNFqch
こいつに限らず中山2000が古レースにあれば・・・って結構いるからそろそろどっかに作ってくれんもんかね
62 ななしのよっしん
2021/01/15(金) 15:57:56 ID: 7L3rVNFqch
結局体調が戻らず引退社台で種へ・・・

令和怪物と呼ばれたダービーからケチがつき晩年は何ともさみしい競走生活だった・・・
としてもは絶好調のカナロア も絶好調のシーザリオ良血だがそれゆえに同じ血を持ったライバルが多すぎるがいったいどうなるのやら
63 ななしのよっしん
2021/01/15(金) 23:46:56 ID: uTRlA38yjT
色んな意味で振り回されまくった結果、『GⅠ2勝してるけど微妙』という評価になった感が…

同じキャロットレイデオロ戦被りのせいで出たいレースに出られなかったり乗り換わりの影を食らったこともあったが、サートゥルの場合はより弊モロに受けた気がする。

そもそも最初はデムーロ騎手だった(ホープフルもデムーロ)
➡️デムーロがマーズに乗るため一番信頼できるルメール騎手チェンジ(皐月賞はルメールで制覇)
➡️ルメールグランちゃんでやらかして騎乗停止食らったためレーン騎手チェンジ(ダービー4着にしくじる)
➡️レーンが帰ったため再びルメールチェンジ(距離適性を誤魔化し神戸新聞杯勝利)
➡️ルメールが最アイちゃんに走ったためスミヨン騎手チェンジ
(天皇賞(秋)6着に惨敗、有馬記念なんとか2着)
➡️年が明けてようやくルメール騎手固定…(金鯱賞快勝したが宝塚記念同期クロノボロ負け)
➡️調教中に怪、結局体調戻らず引退
64 ななしのよっしん
2021/01/16(土) 09:34:47 ID: 9ccRDM/s5S
引退か…令和で1番良いだった
65 ななしのよっしん
2021/01/17(日) 10:26:30 ID: h1IO92iFmt
最近はが強いと言われるが、同時に世代一番扱いされるが順調にいけないことも多い気がする
サートゥル世代なんてクラシック勝ち皆うまく行ってないし
66 ななしのよっしん
2021/01/18(月) 05:58:40 ID: 7L3rVNFqch
の活躍とか以前に二冠以上簡単に取れる化け物クラスじゃないとクラシック勝ちが世代を引っったまま上手くいくパターンがそんない訳で 
それでも前の世代筆頭のフィエールマンとやレイデオロ大人の都合や虚弱な体に翻弄される中よく頑ってたと思うよ
67 ななしのよっしん
2021/01/18(月) 14:07:57 ID: pPt8qtxaDH
令和怪物も結局故障には勝てなかったか
いつの時代でもやっぱりサラブレッド最大の敵は故障なのは変わらんな
68 ななしのよっしん
2021/01/18(月) 17:37:46 ID: wSW3xmeQQb
皐月賞引退しなかったタキオンのようなイメージ
69 ななしのよっしん
2021/01/21(木) 11:07:12 ID: 5aCYXjiEzw
お疲れ様でした。
社台スタリオンステーションで名が誕生するコトを祈ってます。
70 ななしのよっしん
2021/01/22(金) 22:20:59 ID: KN5ZX/zYLx
フィジカルお化けなのは違いないし血統も素晴らしい
では大成功すると確信してる

おすすめトレンド