ザクウォーリア単語

ザクウォーリア
2.4千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ザクウォーリアとは、機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するザフト軍のモビルスーツである。
形式番号ZGMF-1000。ウォーリアは「戦士」を意味する。

概要

ユニウス条約締結後に開発されたニューミレニアムシリーズの1機。本来はニュートロンジャマーキャンセラーを搭載する予定だったが、ユニウス条約の「ニュートロンジャマーキャンセラーの軍事利用禁止」に抵触するため取り消された。そのため従来機同様、バッテリー駆動の機体である。

これまでザフトを担ってきたジンゲイツに代わる新機として開発され、1機で様々な戦局に対応出来るようウィザードシステムが採用された。ブレイズ(機動重視)、ガナー(戦重視)、スラッシュ(近接重視)の3種のバックパックが存在し、状況に合わせて選択する。これはストライクガンダムストライカーパックから構想を得ている。また、ユニウス条約に定められた連合ザフト双方のモビルスーツ保有数を制限する条項の対抗策にもなっている。コスト面の問題からフェイズシフト装甲は採用されていないが、スペック上では地球軍のGAT-Xシリーズ駕しているとされる。ゲイツ同様ビーム兵器が標準装備になっており、ウィザードシステムによる汎用性の高さも相まって、まさにザフト軍の新しいを担う機体であった。ただ、大気圏内での単独飛行は有しておらずグゥルによる補助が必要となる。

またウィザードパックは上記の3種以外にも作製され、ケルベロスウィザードイージーウィザードが存在している。ザクウォーリア以外にもバクゥハウンドやドムトルーパーウィザードシステムに対応しており、スターゲイザーにはケルベロスウィザードを装着したバクゥハウンドが登場した。一方でエターナルに強奪されたドムトルーパーウィザードシステムを使用していない。

ザクウォーリアはエースパイロットに優先的に配備された。物語終盤ではザフト兵も搭乗している。上位互換のザクファントムと呼ばれる亜種も存在し、これは指揮官に配備された。ザクウォーリアは左腕にが装備されているがザクファントムは両腕にが装備され、頭にはブレードアンテナが付けられている。

ザクウォーリア・ザクファントムともども機体の色はであるが、エースパイロットには機体の色を自由に変えられる権利が与えられており、思い思いの塗装をしている。これまでにカラーに塗り替えたザクが登場している。一方で通常カラーで使われ続けるザクファントムもある。

劇中の活躍

1話からいきなり登場している。ファントムインによるガンダム強奪に遭遇したアスランが成り行きで乗り込み、ガイアガンダムと交戦している。アビスガンダムにもタックルを喰らわせたがカリドゥスによる反撃に遭い、左腕を吹き飛ばされている。が、離脱には成功した。

他にもルナマリア・ホークレイ・ザ・バレルディアッカ・エルスマンイザーク・ジュールハイネ・ヴェステンフルスなど名だたるエースが搭乗し、戦果を上げた。ルナマリアディアッカはガナーを、レイハイネブレイズ用していたようである。エースの中でスラッシュを使っていたのはイザークだけである。その後、ディアッカを除くエース全員別機体に乗り換えてしまい、出番がくなってしまった。

物語序盤はエースパイロットにしか配備されていなかったが、物語が進むごとに一般兵にも機体が行き届いたため色んな作戦に参加している姿が見受けられる。ヘブンズベース攻防戦以降の要な戦闘には必ずと言っていいほど顔を見せている。しかし一般兵の乗るザクファントムはど見受けられず、ヘブンズベースのニーベルングに焼かれる機体の中に1機が混ざっている程度である。また何故かガナーザクファントムもど居ない。相性が悪いのだろうか。一方で後に発売されたリマスター版では一般機のザクファントムが描き足されており、数こそ少ないものの指揮官機として前線で戦う場面が増えた。

ピンクザク

ミーア・キャンベルのライブ用に用意された特別仕様のザクウォーリア。武装は取り払われている。全身をピンク色に染め、胴体には「LOVE」の文字が、左肩にはハロの絵が塗装されている。初登場は慰問ライブとしてミーアディオキア基地に訪れた時で、ハイネ専用グフディンに守られながら上より地上へ降り立った。ミーアピンクザクの手のひらを舞台としてパフォーマンスを行い、基地要員のザフト兵たちを熱狂させた。その後、しばらくは出番がかったが終盤でミーア死亡したためかピンクザク戦闘用に回され、最終決戦の時にはブレイズウィザードを身につけてメサイアから出撃していった。が、何故かリマスター版ではピンクザクが消され、代わりに通常カラーザクが出撃している。不自然だったからだろうか。

なんと連合vsZ.A.F.T2に参戦。しかし武装はハンドグレネードのみで、ビーム突撃機ビームトマホークは装備していない。そのためビンタや回し蹴りで戦う。通常のザクと違って挙動が女っぽく、ハンドグレネードを撒く時の動作はブーケを投げる新婦のようである。戦闘に劣るピンクザクであるが彼女(?)の最大の特徴として、特殊格闘で即席ライブを行い、自分の覚醒ゲージを味方機に渡す事が出来る。ライブを行うと地上ではピンクザクが軽快に踊り始め、中では右手を振りながら左手ミーアを乗せてライブを行う。水中だとミーアが潜ヘルメットを被るという手の込みよう。そして戦闘BGMをQuiet Night C.E.73に上書きする。

関連商品

ザクウォーリアに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ザクウォーリアに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ザクウォーリア

53 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 13:24:21 ID: xPSjzhnT0C
レイザクキター
他のと差別化で無反動砲が付属か
54 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 23:17:32 ID: 5CMa8k/kft
レイザクはウォーリアパーツつかない代わりに
ザフトの汎用大砲追加か
いちおう水中戦で使ってたし上手いこと考えるもんだな
レイザクから強奪してMGジンに装備するという手もあるやつ
ハイネザクミゲルジンと同時発売とかしてくれてもいいのですよ?
55 ななしのよっしん
2021/02/26(金) 20:56:09 ID: xPSjzhnT0C
レイザク売で2次行ったと思いきや
今度はダムべでミーアザクが来てザクヲ三昧だなオイ!
56 ななしのよっしん
2021/10/29(金) 20:22:18 ID: 1dMUJlktmk
ザクヲってザクの丸パクリみたいなあんまよくないイメージあって、なんとなく触れちゃいけない雰囲気あるけど、初代と直接繋がりあるユニコーン産だったとしたらかなりしっくりくるデザインだし普通人気出てた気がしてならない
57 ななしのよっしん
2021/11/13(土) 14:07:06 ID: TOFi1Nk8nj
ザクウォはジンの意をかなり引き継いでるからUCに出したらめっちゃ浮くと思う
並べてみたらわかるけど、ザクと全然違って驚くくらい ちゃんと見たら全然違うのにパッと見だとザクっぽく見せてるいいデザイン
よく見るとザクウォもグフイグドムトルーパーザフト系のデザインの要素をちゃんと持ってるで
プラモジンザクウォ並べてみるとザクウォがジンの系譜なんだなってのが実感できる
ザクって名前つけたのは商業的な理由なんだろうし、ジンに先んじてMG出て商品展開もあったからバンダイの判断も正しいんだろうが
58 ななしのよっしん
2021/11/25(木) 13:17:00 ID: Mlr4arr5km
>>57
もう何億回も言われてるけどデザインだけ見たらザクウォの後継機がジンみたいに見えるんだよね…

MSを系譜的にみたいマンが死ぬ程嫌う理由も当然分かる残念デザイン(まぁ普通カッコよくはあるけどね)
59 ななしのよっしん
2022/01/20(木) 23:21:55 ID: pUBf0M9zBt
たまに思うのはSEED DESTINYザフトMSザクグフドムが使われなかったらどんなMSになっていたのかな。
ジンゲイツとかのデザインを踏襲したものになっていたとは思うけど。
60 ななしのよっしん
2022/01/20(木) 23:57:57 ID: YYxDaxXO2r
記事のドムトルーパーの項
ウィザードシステム使用してないってあるけど
専用のナイトウィザード止しただけで
イージーウィザード使ってるよね
61 削除しました
削除しました ID: 1FoAw45Lk4
削除しました
62 ななしのよっしん
2022/09/25(日) 21:48:11 ID: YTGka5Seh+
上でパクリだから人気出なかったとか言われてるけどプラモめっちゃ売れたからな
そもそも経緯としてジンがよく売れたからザクみたいなの出せって偉い人が言って、じゃあザクそのものを出そうって監督が半ばヤケクソにやって生まれたのが種ザクで、それもよく売れた
ネットじゃ作品自体への当たりが強いから宇宙世紀見てたオッサンには嫌われてると思われがちだが、以外とその頃の層が買い支えててやっぱザクスゲーなって製作が言ったエピソードがある