ザクII単語

ザクツー
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ザクII(MS-06 Zaku II)とは、アニメ機動戦士ガンダム』及びその関連作品に登場する架人型ロボット兵器 / 人型機動兵器ジオン公国軍モビルスーツ(MSMobile Suit)である。
又、同作品のシリーズにあたる『機動戦士ガンダムSEED』においても同名・ほぼそっくりの外観で登場する。

ザクⅡのバリエーションについては「ザク」を参照。

概要

戦いに疲れた隊長機

ザクという名のモビルスーツは、ザクII以前にMS-05 ザクI(いわゆる『旧ザク』)が存在する。1年戦争の序盤以降は基本的にザク作業用に使われ、ザクIIがモビルスーツとして量産されたために一般的にザクと言えば『MS-06 ザクII』の事をす。

名前の由来は軍靴の「ザクザクッ」という足音と「雑魚」を組み合わせた造からきているという。

アニメ作中のバリエーション機としては≪赤い彗星シャア・アズナブルの乗る『シャア専用ザク(MS-06S)』と、一般兵士用のザクが有る。それ以外のバリエーション機はアニメ後に後付された設定である。

初期宇宙用(F)、地上用(J)などなど様々なバリエーションオプション装備がある。武器ザクマシンガンザクバズーカ等の射撃武装と、兵戦用のヒートホーク。初期は核バズーカを使用可で、地上戦用のJでは、3連装ミサイルポッドやマゼラトップを装備したものも。

様々な環境、用途に適応できる大変優秀な機体でファンも多いが、この機体が優秀すぎた為後継機の開発が遅れたとする説もある。

第一話「ガンダム大地に立つ」で動パイプを引きちぎられるシーンは当時の子どもたちに衝撃を与えた。

活躍

宇宙世紀0074年、ジオン軍は初の軍用モビルスーツであるザクⅠを誕生させた。ザクⅠを運用しつつ研究を重ねた結果、様々な問題や欠点が浮かび上がってきた。ジオン軍はこれらを善した後継機の開発に着手し、0077年に本機ザクⅡが誕生する。ザクⅠではミノフスキー・イヨネス核反応炉の排熱が上手く行かず、稼働時間に制約が課せられていたが、ザクⅡでは大胆にも外部に熱伝導パイプを露出させる事でこの問題を解決。稼動時間の制約を取っ払った。他にもジェネレーター出兵戦の向上が施されており、ザクⅠから正統進化した後継機として見事デビューを果たした。ザクⅠの生産ラインは全てザクⅡに充てられ、軍備拡とともに大量生産されていった。

宇宙世紀0079年1月一年戦争が勃発。数こそまだ少なかったが、ジオン軍は積極的にザクⅡを最前線に投入。手始めに各コロニーに駐留している連邦軍を蹴散らした。続くブリティッシュ作戦、ルウム会戦でザクⅡは猛威を振るい、連邦宇宙軍を一掃。制宙権を一気に奪取し、ジオン軍の大勝を支えた。地球連邦べて30分の1以下にも関わらず、大戦初期にジオンが快勝し続けたのはザクIIのおかげと言っていい。ザクIIがもたらした大戦果は連邦軍の思想にもし、レビル将軍は「モビルスーツくして勝利し」と唱えた。

3月1日ジオンは第一次降下作戦を開始。万ザク地球の大地に降り立ち、連邦軍を追い散らす。18mに及ぶ鋼の巨人は敵兵に多大な恐怖を与え、61式戦車ですらザクの前では及びだった。対MS特技兵やからの攻撃には弱かったが、そんな事は瑣末だと思えるほど各地で破の快進撃を見せた。しかし地球侵攻に伴って何機かのザク鹵獲されており、連邦軍はの根を掻き分けるかのようにザクを研究した。研究が了したザクは一部の実戦部隊に配備され、対MS戦闘データ採集に使われた。

長らくザク地球の王者であったが、11月頃になると連邦軍もMS開発に成功し、ジムが出現し始める。ジムザクより優れた性を持っており、劣勢を強いられる。MSの運用に関してはジオンに一日の長があるので、ジムを返り討ちにする事もあったが、連邦の物量の前ではだった。ジオン軍も後継機種として様々なMSを投入するが、前線の多くの部隊は差もあり、常にザクを使わざるを得なかった。中には独自に改造を施し、ザクタンクライノサラスといった生機も作り上げたが、物量に任せて押し寄せてくる連邦には抗しきれず多くが撃破された。

末期になるとようやく後継機としてリック・ドムゲルググそれなりに配備され、ザクIIの役は終わったかに思われたが、やはりモビルスーツの絶対数不足のため終戦までザクIIが使われた。一説によるとエースパイロットは最新鋭機のゲルググより慣れ親しんだザクIIを選んだというが、それら後継機によるエース部隊も多く存在するため、諸説ある。

一年戦争地球連邦軍の勝利に終わった後の時代にも、ザクIIは特に残党組織に祭り上げられ、特に困窮のしい組織などは戦意高揚のためにザクの姿を模したMSを作り上げることすらあるくらいである。連邦軍の方も心理的効果を狙ってハイザックを開発したり、それに怒ったネオジオンが正当後継機ザクIIIを開発したりとザクの名は「新世代の兵器はたまた過去の栄」などの様々な徴として扱われ、後の時代にも大きくを残し続けることとなる。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B6%E3%82%AFii

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ザクII

133 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 12:01:37 ID: 3CEIS4DBIR
昔のアドベンチャーブックの表ザクⅡが描かれていて悪くいな、と思ってイラスト担当の名前確認したら小林さんだった
描いた時期が近いのか、マラサイっぽさがちらほら?
134 ななしのよっしん
2020/01/07(火) 06:24:16 ID: ppPUVplCU1
ザク見るとなんだかいい気分になってニッコリしてくるからな。元気をありがたとう!
135 ななしのよっしん
2020/03/22(日) 22:04:49 ID: kDXjBKuhxF
MSの中で、ザクだけはちゃんと兵器やってる気がするんだよな
次点でグフドム

グフはあの肩のがりの曲がりがダメ
ドムはなんか違うw
136 ななしのよっしん
2020/04/01(水) 16:48:54 ID: 7fG9dIbiYD
なんだって肩なんかにシールド付けちゃったんだろうな
普通に手持ちで良かったやん
137 ななしのよっしん
2020/04/13(月) 20:39:39 ID: ppPUVplCU1
>>136
手持ちじゃザクマシンガンやマゼラトップバズーカを持ちにくいし操作しずらいんじゃね?
138 ななしのよっしん
2020/04/14(火) 19:08:41 ID: 7fG9dIbiYD
その理由にしたって、あそこまで使いづらい位置につけるならいっそなくして軽量化したほうがいいと思う…
あるいは普通にコクピットエンジン部の装甲厚くするほうがマシかと
139 ななしのよっしん
2020/04/19(日) 09:11:03 ID: qOIRENHN/1
熱化しただけのヒートホークビームサーベルと鍔迫り合いをできる理由の一つに、熱化する時に生じるプラズマビームサーベルと反発するからという説があるそうだが、ヒートホーク熱時にはIフィールドでもまとっているのだろうか?
140 ななしのよっしん
2020/04/19(日) 12:30:26 ID: g+sW/EjEMF
プラズマフィールドじゃね
00でプラズマソードとビームサーベルつばぜり合いしてたし
141 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 17:51:09 ID: ppPUVplCU1
ポケットの中の戦争でも最後の戦いザクⅡ改ヒートホークアレックスビームサーベルが鍔迫り合いするあったが、衝撃で両機がふっとばされてたよな。
142 ななしのよっしん
2020/06/21(日) 11:10:06 ID: qOIRENHN/1
相手が一年戦争末期に開発されたザク改とはいえアレックスビームサーベルでもヒートホークを両断できないのが意外だった。
小説ガンダムではガンダムサーベルヒートホークごとザクを両断するシーンがあったが、アニメ版のガンダムサーベル小説版よりも出が弱いのか、それとも小説ザクヒートホークテレビ版よりも弱いからだろうか?

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ぐらんぶる 手塚国光 米津玄師 山鳥毛(刀剣乱舞) 山本美月 hyde 瀬戸康史 事故物件