ザクIII単語

ザクスリー

ザクIII(AMX-011 Zaku III)とは、アニメ機動戦士ガンダムΖΖ』及びその関連作品に登場する架人型ロボット兵器 / 人型機動兵器モビルスーツ(MSMobile Suit)である。

概要

AMX-011
頭頂高 21.0m
本体重量 44.2t
全備重量 68.3t
ジェネレータ出 2,150kW
ラスター推 172,600kg
武装 ビームサーベル兼用ビームキャノン
ビームサーベル
メガ粒子砲
銃剣付きビームライフル
バズーカ
クラッカー

ハマーン・カーン率いるネオジオン軍が第一次ネオジオン抗争期に開発した汎用MS地球連邦軍の開発したハイザックマラサイザクの後継機と認めずに開発を行ったという経緯があるらしい。

かつてザクIIの活躍した一年戦争から年を経た事もあり、較するとかなりの大ボリュームとなっている上、デザインも様変わりしているため、あまり正当なザクの後継機という印を受けない。そもそも連邦製とはいえかなり難にザクらしいMSハイザックに怒った位なので一々保守に留まるつもりはかったのかもしれない、軍時代のデザインに固執しがちなジオン残党としてはしい方と言える。なお、それでも化け物いのネオジオンモビルスーツの中では較的シンプルな方ではある。

しかし中身の方はザクらしく汎用性を非常に重視しており、バックパックなどを始めとした非常に多オプションが用意されているとされ、ザクIII仕様もその一つである。なんでもデザイン段階ではもっと多数のオプションを検討していたらしい。

汎用性重視故か性能面で同時期開発となったドーベン・ウルフべて劣っていたため(スペック上はスラスター推が大幅に勝っているのだが…)次期MSの座を争うも敗れてしまっている。

ちゃんと量産されていないため、ザクの名を冠しながらも登場数は少ないが、ドーベン・ウルフの登場数もスペースウルフ隊の6機のみだったため、結果的に同じかそれ以上かくらいの数が登場している。
ノーマル仕様のザクIIIで一番立つのは、ダブリンの戦いでラカン・ダカランが搭乗した機体である。

また『機動戦士ガンダムUC』では「袖付き」の所属としてザクIIIが登場しており、こちらの機体には袖の装飾が付いた他にフロントスカートビームサーベルの付いた隠し腕が装備されるなどの修が施されている。

派生機

AMX-011S ザクIII
ザクIIIに高機動オプション換装を行った指揮官用の機体。色や頭部形状が従来のザクに近いものになっている。口の固定ビームがなくなり、代わりにヘッドバルカンを装備、ハイドボンブが追加されている。
劇中ではマシュマー・セロが搭乗した機体がに登場し、クィン・マンサドーベン・ウルフと交戦、未知のパワーを発揮した。
「何のぃー!?
以前はMCマシュマーカスタム」などと呼ばれることもあったが、近年その呼び名はほとんど見なくなっている。
1999年から始まったガンプラHGUCシリーズにおいて、最初にガンキャノン、次にギャンと発売されての3番で脈絡もなくザクⅢが選ばれている。4番[1]キュベレイと絡められる+将来的に一般機とが流用できる[2]、といった理由だとは考えられる。
AMX-011S ザクIIITwilight AXIS版)
機動戦士ガンダム Twilight AXIS』に登場するザクIIIバックパックや脚部などがザクIIIの状態のままになっている等、マシュマーのザクIIIとは一部の仕様が異なっている。
シャア・アズナブルの搭乗が想定されていたとされており、カラーリングが施されている。
AMX-011 ザクIII(A.O.Z Re-Boot版)
『A.O.Z Re-Boot』に登場するザクIII。 火星独立ジオン軍ジオンマーズ)が使用する火星重力下の陸戦仕様機。機体のシルエットカラーリングが従来のザクIIしく寄せられているのが特徴。
AMX-011EW ザクIII強行偵察
『A.O.Z Re-Boot』に登場するザクIIIの強行偵察仕様。 各部がカメラレドームに換装されて索敵性が大きく強化されている。
AMX-011C ザクIII後期
漫画ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』に少しだけ登場する機体。
外見がギラ・ドーガに近づいているので原機の一つとしてそこそこ有視される機体なのだが、作品自体が触れられにくいような状態になっているため現在の位置付けは不明瞭で、あまり表立って話題になることはない。
スザク(S・ザク・ザクIII
漫画「機動戦士VS伝説 逆襲のギガンティス」に登場する、ザクIIIの胴体とスカートマラサイっぽい頭部とザクIIっぽい腕とゲルググ似の足を持つ、未知の系譜のモビルスーツである。漫画の記載は「スザク(S・ザク・ザクIII )」で、名前に一応ザクIIIと付いているものの前述の通りデザイン上の共通点は薄く、作品の立ち位置もあって設定的な繋がりは非常に怪しい。
劇中ではシャア・アズナブルが搭乗し、巨に立ち向かうアムロ・レイ達と共闘することになる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ザクⅢの翌に発売された。
  2. *通常機は1年後に発売された。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B6%E3%82%AFiii

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ザクIII

57 ななしのよっしん
2018/10/06(土) 16:20:17 ID: tmeL7FvwGI
ライバル機?のZZがその時代の『究極のガンダム』だから
ザクⅢ宇宙世紀最後のザクタイプMSとして『究極のザク』をしたんだと思う
ジェネレーター出の低さとか(低いといってもZガンダムと同格くらいだし)
中途半端な部分に着すると弱く感じるけど、脅威的なのはスラスター総推だよ
ノーマル17万kg、エースグレードアップモデルザクⅢにもなると
なんと21万kg(ちなみにザクⅢは出の低さも良されてて、一応ガルスJに匹敵する)
この性に匹敵する機体はGP01フルバーニアンしかない(リミッター時14万kg、リミッター外すと23万kg)

ちなみにサザビーのスラスター総推は13万kg
コンペを争ったドーベンウルフは8万7000kg
いかに脅威的機動性か分かると思う
もちろん、推が高けりゃいいってもんじゃないけど、確実に直線番長なかっ飛び系MSで、最高速サザビーすら上回るかと
ハマーンザクⅢシャアのために用意してたのも頷ける
58 ななしのよっしん
2018/10/06(土) 16:28:52 ID: tmeL7FvwGI
いわば宇宙世紀トールギス的な、『人間の耐G限界えちゃってる』
過剰性機だったんだと思う
火力の全振りしてる同時代のMSの設計思想に抗って、『機動性』に極端に全振りした
その設計思想は一年戦争時のエースMS高機動型ザクⅡ』を継承してたんじゃないかな
リア・パゾムリゲルグも、ローテクな機体だけど乗る人間が乗ればものすごく強かった(キュベレイ以前のハマーン用してたらしいほど)
リゲルグも高機動型ゲルググの直系の子孫だったのだと思う(ちなみにリゲルグのスラスター総推量も15kgと脅威的数値)

その代わり、マシュマーのように耐G限界まで強化したような
強化人間じゃないと乗りこなせない、まさにトールギスと同じく『命と引き換え』くらいの覚悟がいる機体だったんじゃないかと思う
スペック通りに引き出そうとした場合には

つまりエース向きすぎて、一般パイロットには普及させづらかったんだろうね
シャアみたいな異常じゃないとどんなに脅威的に速い、ロケット
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
59 ななしのよっしん
2018/10/06(土) 16:36:30 ID: kwA+now7ix
同年代の化け物シリーズべたら火力はないけどそれでも必要な分はしっかりそろえているし駄に複雑な機をなくしてシンプルさを追求した本機はシロッコの考えたジュピトリスMSジ・オに通じるものがある
どの勢も考えることは同じか
60 ななしのよっしん
2018/10/26(金) 00:55:17 ID: vOdPXm+xuK
オンでは連邦異常優遇の煽りの一時期以外は常にトンデモナイ産廃兄弟にされちゃってるけど
もし実際に自分がパイロット、それも少しでも操縦に自信があるとなったら
絶対にドーベンよりはザクⅢ乗りたいな
主人公補正かかりまくりのオカルトリアった連中除けば、どうせビームライフルサーベルが一撃でも当たれば落ちるし落とされるんだったら、
巨体でもいざって時やとっさの生きるか死ぬかって間に入力一つでカッ飛んで回避出来る可性が少しでも高いほうがいいに決まってるし
61 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 09:30:35 ID: Qe/QQEE2yh
コンセプト的にも開発系統的にもゲルググ2というべき機体だが、ネオジオンの懐古厨の手により理やりザクっぽい外装を取り付けたことで性低下を招き、ドーベンウルフに負けたとか。
62 ななしのよっしん
2018/11/27(火) 00:16:57 ID: enpf7nLCkL
>>42
そのコスト差が大きくなかったんだろうかじゃないかと思う。
本体のコストだけなら差は大きかったのかもしれないけど、オプション兵器スカートアーマーの換装辺りもコストに加えるとドーベンウルフとのコスト差は確実に縮まる。この当時の価値観ならどっち量産するよ?って考えたらドーベンのほう選ばれちゃうよな。UCでもザクⅢだけでなくドーベンも袖付きが使用してるし。ガザシリーズ並みにコストが安ければ話は違ったんだろうけど・・・
63 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 13:00:17 ID: +UqC0dZ6VK
元祖ゲロ
64 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 22:59:28 ID: ykrNCjznTY
やたらにスペックのアクシズ開発部とは言え、
グリプス後期のMS群とべてもだいぶ製作、運用にがかかりそうな機体になっちゃったのは、
ガンダムドーベンウルフのせいというより「ハイザック絶対殺すザク」を
是が非でも作らねばならぬという暗い情熱の結実のような気がしないでもない
65 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 00:23:35 ID: 1kYUYTHRkz
ザクなのにゲルググ的な立ち位置の印
66 ななしのよっしん
2019/05/22(水) 08:06:29 ID: +UPkSwUfXA
こう言っちゃ身も蓋もないけど、グリプス戦役以降のMSは全機ガンダムゲルググに違った特化装備施したようなモンだし・・・

急上昇ワード

2019/08/19(月)08時更新