編集  

ザンビア共和国単語

ザンビアキョウワコク

ザンビア共和国とは、アフリカ大陸にある国家である。

概要

基礎データ
正式名称 ザンビア共和国
Republic of Zambia
国旗
国歌 誇りと自由を胸に、ザンビアの歌を
15880
公用語 英語
首都 ルサ
面積 752,614k世界第38位)
人口 1659万人
通貨 ザンビア・クワチャ(ZMK)

ザンビア共和国英:Republic of Zambia)は、アフリカ大陸の南側に位置する内陸国家名は、南部に流れるザンベジが由来。

には、コンゴ、アンゴラ、ボツワナジンバブエ、モザンビーク、マラウィ、タンザニアがある。

面積75万km2日本の約2倍。人口は1659万人で東京都静岡県の人口を足したくらい。

73もの部族が住む多民族国家公用語はかつてイギリス領であったことからか英語と定められている。他にはベン、ニャンジァトンが使われている。

歴史

紀元前5世紀~紀元後10世紀頃までに、この地にバンツー族が西アフリカから移住し、原住民だったコサイン族を追放、同化していった。1600年代にはトンガ人が現在ザンビア南部に移住、その他の民族は押される形で現在のコンゴ辺りから南下してきたと言われている。

1798年にポルトガルがこの地に進出した。これを受け、19世紀にはイギリスもこの地に進出、1855年には、現地の人からは「モーシ・オワ・トゥーニャ(鳴のような煙)」と呼ばれていたを、イギリス人の探検兼宣教師であったデイヴィッド・リヴィングストンイギリス女王の名前にちなんで「ヴィクトリア」と勝手に命名した。

1880年代にはヨーロッパによるアフリカ分割に巻き込まれていく。ポルトガルイギリスによる対立がこのの周辺で化したが、1890年にはポルトガル軍が撤退、1924年には北ローデシア保護領としてイギリスが直轄植民地化した。

第二次世界大戦後の1964年10月24日には、前年のマラウイへの独立を経てさらに独立する形でザンビア共和国が誕生。この日の前後は日本東京オリンピックが開催されていたのだが、開催期間中にザンビアとして独立したことにより、開会式と閉会式で名が違うというしい現が発生した。

独立直後は隣との関係が一時的に断たれたことで経済的な危機が訪れるが、中華人民共和国の援助を受け、国家の資の一つである「」の輸出のための鉄道を建設し、何とか難を逃れる。ところが、1970年代価格が低迷。農業が栄えていなかったザンビア経済が大打撃を受け、この経済難は1980年代までもつれ込んだ。この経済難がきっかけで1986年には暴動が発生。市民がそれまで政治を率いてきた与党「統一民族独立党」による一党制から「複数政党制」への転換を要1991年に初めて複数政党制による選挙が実施されることとなった。

内政

1964年独立以来、特に立った内戦がないこともあり、アフリカ大陸の中では安全なとして知られている。大統領制かつ一院制を採用している民主主義国家で、複数政党による政治が行われている。1991年までは首相職が存在していた。

現在大統領の3選が憲法で禁じられている(1996年制定)。大統領民による直接選挙で選ばれるため、この辺はアメリカ政治体制と近いイメージがある。ただし、任期は5年である。

産業

要な産業は鉱業(コバルトなど)、農業トウモロコシ砂糖タバコ・綿オリーブ油)、観光である。

特に、鉱業はの産地で知られる「カッパーベルト」を擁していることからも経済的な率がかなり高くなっている。この状態からの脱却のため、他からの技術支援を受けながら農業にもを入れて経済の多様化をしている。また、観光業は世界三大瀑布の一つとして知られ、世界遺産にも定されている「モーシ・オワ・トゥーニャ(ヴィクトリア)」があることによってある程度の観光客は訪れている。

要な貿易品としては、コバルトタバコ・皮革類・綿コーヒーなどが世界に向けて輸出されている。また、要な貿易相手は高い方から順に、輸入はスイス中国・コンゴで、輸出は南アフリカ・コンゴ・クウェートとなっている。

日本との関係

日本ザンビアに対して積極的に技術協経済援助を行っている。ザンビアに在留している日本人300人前後で、毎年日本の特使がザンビアを訪れている。

今までに日本が行ってきた援助の一例としては、HIV対策や道路井戸の整備、農業技術の継承、教育機関の建設などが挙げられる。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%A2%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD
ページ番号: 5513172 リビジョン番号: 2552066
読み:ザンビアキョウワコク
初版作成日: 17/12/29 00:02 ◆ 最終更新日: 18/01/05 00:29
編集内容についての説明/コメント: ピコカキコ追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

誇りと自由を胸に、...

ザンビア共和国について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/01/04(木) 20:51:35 ID: VTWhES+4nS
ザンビア法の閲覧サービスにて、国歌法の条文の中に載っていた楽譜から書き起こし。
作曲者は死後100年以上経っているので日本ではパブリックドメインです。ちなみに作詞は6人の合作とのこと。
http://www.parliament.gov.zm/sites/default/files/documents/acts/National%20Anthem%20Act.pdf

タイトル:誇りと自由を胸に、ザンビアの歌を(ザンビア国歌)
Twitterで紹介する


2 : ななしのよっしん :2018/01/24(水) 07:19:07 ID: 5p+1KxV+9P
>>1
おすすめピコおめ
作曲者は1905年歿なので全世界的にPDかもしれない。
しかしPDFにある楽譜画質悪いなあ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス