ザンヤルマの剣士単語

ザンヤルマノケンシ

ザンヤルマの剣士とは、富士見書房から富士見ファンタジア文庫レーベルで出版された、麻生小説ライトノベルシリーズおよびその第一巻のタイトルである。ジャンルは著者によれば現代SFっぽいもの(あとがきより)。表及び挿絵の担当は

本編全9巻と、ドラゴンマガジンに掲載された短編をあつめた短編集1巻が刊行されている。

概要

内向的でメガネ高校生、矢が、謎の男”裏次郎”から奇妙な短を渡されたことで、その短を含む「文明イェマドの遺産」にまつわる、そして戦いに巻き込まれていくストーリー

レーベルスレイヤーズシリーズや、魔術士オーフェンシリーズなどと異なり、刊行中、メディアミックスなどはほとんど行わなかったため、一般的な認知度はそれほど高くない。しかし、それらの作品にはない現代を舞台にした伝奇的物語は、独特な暗さを持った雰囲気や、丁寧に描写されたキャラクターたちによって上手く紡がれている。ライトノベルの中でも、とくにい時期に「学生日常生活」と「特殊な技兵器による戦闘」を両立させた作品であるため、いわゆる学園バトルものと呼ばれる、ライトノベルの中でも人気のあるジャンル分け的存在でもある。

しかし、孤立する現代人、他者の命を理解出来ない子供、優しさを心の均一化にすり替える宗教集団、自分は傷つかずに他者を傷めつける大人etc…と、とことん社会問題軸をおいたストーリーであるため、かなり暗い。主人公も根暗なので本当に暗い。思わず「ダークファンタジー」とジャンル付したくなるくらいに、どんよりとした雰囲気を持った作品であるため、マイナーかつカルト的な人気でありアニメ化できなくて、いやしなくて正解だといえる。

ともあれ、単にバトルものとしても描写が分かりやすく、それでいて読み応えのある作品である。勝気な幼なじみ万理絵も毎巻活躍するが、主人公にふさわしい朴念仁との関係はまったく全然なんにも進行しないため、プラトニックかつKENZEN小説でお宅のお子様にもオススメです。人はバンバン死ぬけど。

関連商品

基本的にストーリーは一巻完結式。とはいえ前巻の伏線キャラクターの関係はつづいているため、第一巻から順に読み進めるのが適切と言える。巻順は以下の通り。(リスト作成のさい、Wikipediaのザンヤルマの剣士のページを参照させていただきました)

  1. ザンヤルマの剣士
  2. ノーブルグレイの幻影
  3. オーキス救世主
  4. フェニックスの微笑
  5. フェアリースノウの狩人
  6. リーガルの孤影
  7. モノクロームの残映
  8. ファイナルの密使
  9. イェマドの後継者

外伝にあたる短編集「放課後士」についてはだいたい3巻までの知識があれば読み進めるのに問題はない。

関連動画

文明がイェマドの段階に到達していないため存在しません。

関連コミュニティ

イェマドの高度な文明は他者とのコミュニティをもはや必要としません。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%81%AE%E5%89%A3%E5%A3%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ザンヤルマの剣士

13 ななしのよっしん
2013/08/11(日) 20:39:03 ID: +Ql/In2l9F
フェニックスのあとがきかwww
14 ななしのよっしん
2014/10/06(月) 10:47:10 ID: rphAyRbp5V
おー、大百科できてたんだなあ……

>>11 でも出てきてるけど、が戦う理由って「遺産を持った悪人を殺すこと」ではなく「遺産を手に入れてしまって人生が狂った人を救うこと」だからこそ辛いを自ら選んでいるし、そこにヒーローらしさがあるんだよね。
遺産の持ちを殺すだけならもっと簡単だった展開なんていくらでもあるし、それこそ、狂った人間を殺すならラストバトルの相手だった沢木君と同じになるわけだから。
実際、ダークファンタジーとは言うけど、本当にダーク小説ってテーマを訴えるために主人公も登場人物もも救われない悲惨な終わり方なんてのがたくさんあるわけで(戦争の悲惨さを訴える作品にそういうのが多い)ザンヤルマは応援したくなるっていう内容なだけに、まだまだ明るいほうだと思う。

自分一人だけが正しいと思っていても、そののために命をかけて戦う、っていうのは後の作品のミュートノートでも描かれていたけど、今のラノベにはないものだと思うなあ。
今だからこそみんなに読んで欲しいし、キンドルで再販して欲しい今日この
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
15 ななしのよっしん
2015/06/18(木) 21:34:47 ID: qauZfHAjc/
手元に残ってる数少ないラノベ(´・ω・`)
16 ななしのよっしん
2015/07/05(日) 02:28:44 ID: idBEij59dC
 ヒロインがすごくかっこよかった覚えがある。記事読んで思い出したが、確かに主人公との関係はさっぱり進んでいた気がしないがw
 あと、作者さんがラスト卒業式までやろうとしていたけど、ページの都合で諦めたんだっけ? なんとなく、あわただしく完結した印を受けていたので、あとがき読んでなるほどと思った覚えがある。
 それにしても、何年たっても割と覚えている、いい作品だよな。こういう作品こそアニメ化してほしいけれど。されたらされたで、大いに不満も出るんだろうな
17 ななしのよっしん
2015/07/22(水) 15:39:59 ID: AC6cvoJ2/N
今思い返すと、裏次郎はすごく良くできた悪役だったな
18 ななしのよっしん
2015/08/02(日) 19:35:20 ID: /kSRlr2Rlx
すごい好きな作品だけど、それだけに最後の最後が未だひっかかるんだよなー。
19 ななしのよっしん
2016/05/22(日) 20:32:21 ID: ymW4ZyPyX0
悪意を持ったドラえもん現在に来たら、って感じの作品だったな。
ザンヤルマのの正体が実は○○でした、ってオチすごい好き。
現在日本でも同じこと起きたら滅亡しちゃうんじゃないか。
20 ななしのよっしん
2016/06/14(火) 15:41:31 ID: rphAyRbp5V
あまり小説家になろうを悪く言いたくないけど「自分が一切傷つかない世界自作して、その中で登場人物のマッチポンプを続ける」っていう感じの小説とかが幅を利かせている今の時代って、どこかイェマドが到達した世界に近いような気がして怖い。

かの優れた意見を採用するなら、少数の利益が少ない意見を切り捨てる、現実を見て自分の弱さを認める、っていうのも今の時代を生きる人には受け入れがたくなっているように見えるしねえ……

この辺の人間の心理を予測しきっていたんだとしたら、ガチ麻生さんは優秀だったんだと言わざるをえないわ……
21 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 21:36:03 ID: 1cWBQ7vYxV
主人公正義感が独りよがりだと作中でしっかり論破される。
狂言回しの裏次郎もキャラが立ってた。
イケメンの丈太郎も成長する。
ヒロインうざくない。
名作ですわ。
22 ななしのよっしん
2017/04/13(木) 16:17:10 ID: 4sDrZC4Oaj
ウン十年ぶりに読み返してみたけど、普通に楽しめた。名作ですな。