ザ・コクピット単語

ザコクピット
3.5千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ザ・コクピットとは、漫画作品『戦場まんがシリーズ』を基にしたオムニバス式のOVAである。

概要

株式会社徳間書店が発売し、株式会社ハピネットが販売を担当したセルアニメ作品。全3話で、尺は1話24分(計72分)。原作は、宇宙戦艦ヤマト銀河鉄道999を描いた松本零士氏の『戦場まんがシリーズ』。

1969年1977年にかけて週刊少年サンデービッグコミックで不定期連載されていた本作の中から3作品を厳選し、1993年OVA化したものが「ザ・コクピット」シリーズである。オムニバス式となっており、話の繋がりはい。製作マッドハウスが担当。要人物は論、セリフが一言二言しかないモブにまでベテラン声優を起用、各話ごとに劇中BGMを変更し、メカニックデザインカトキハジメを招くなど入魂の逸品に仕上がっている。監督製作スタッフも1話ごとに更新しており、スタッフの本気度がえる。

主題歌は、松田博幸氏が歌う「悲しい時はいつも」。

作品

第一話「成層圏気流」

ドイツ空軍エースパイロットエアハルト・フォン・ラインダース大尉任務中にイギリス航空機部隊と遭遇。僚機が撃墜され、三機のスピットファイアに追撃されたラインダースは、反撃も撤退も不可能と判断し止むく落下で脱出した。だが被弾すらせず自機を捨てた事実は、味方から臆病者とのそしりを受ける原因となった。

汚名返上の為、鹵獲B-17をペーネミュンデまで護衛する任務を命ぜられたラインダースは、その乗客がかつての恩師-バフスタイ教授と、そので元人のメルヘンナーであることを知る。出発直前、彼女は自分たちがここにいる本当の理由と、ある一つの願いを旧知の男へ明かす。それはラインダースにとって苦渋の選択を強いるものであった。

二つの相容れない名誉を両に抱え、英雄は再びへと発つ。悪魔の前にして、彼が最後に下した答えとは原作者が同じなせいか、メルヘンナーがどう見てもメーテルにしか見えない。

第二話「音速雷撃隊」

もしも戦争にならなかったら、せめてあと30年生かしてくれたら、あのまでロケットを打ち上げる」
「この戦争で死んだ世界中の若いのが、あと30年生きていれば…色んなことをやったんだろうなァ」

人間爆弾桜花」と、その搭乗員である野上少尉焦点を当てた話。戦場まんがシリーズ全体で見ても、特攻兵器役となったのは本話だけである。

時に1945年8月上旬。日本アメリカ機動部隊に対し、桜花を懸架する一式陸攻隊が迎撃に出る。しかしどの機も桜花を射出する前にヘルキャット隊の襲撃を受けて壊滅。機長の計らいでパラシュート降下させられた野上少尉だけが一生き残る。偵察の二式飛行艇に救助された彼は内地に戻ったが、すぐに次の出撃が控えていた。出撃前、飛行場に流れる琴の音…。まるでかに別れを告げるかのように流れる悲しい音色とともにが明けていき、8月6日を迎えた。零戦紫電改の護衛を受け、再び戦場へと向かう野上少尉。今度こそ敵艦に突入するために。

までロケットを打ち上げる野上少尉は、24年後の1969年7月に果たされる事になる。

登場人物

第三話「鉄の竜騎兵」

「たまらんものは、どこまで行ってもたまらんのだ!」

1944年レイ。日戦区となったこの地で行われるバイク乗り同士の戦いを描いた物語

主人公古代一等兵が所属する第28独立野戦連隊は、師団命により300kmの後退を行う事になった。慌しく撤退準備が行われる中、砲兵将校が放棄予定の重火器を使って連合軍地に1発撃ち込んだ。結果、連合軍の熾な反撃を招いてしまい、連隊の拠点は撤退を待たずして壊滅してしまった。塹壕に飛び込んで九死に一生を得た古代であったが、そこへ破損した陸王に乗った一人の日本兵が現れる。どうやら撃に巻き込まれたようで陸王満身創痍日本兵も気絶していた。

古代を飲ませて気付けを行い、幼さが残る日本兵を起こした。彼は宇都宮一等兵で、陥落寸前のカラケチル飛行場から救援をめにやってきたという。しかし連隊部は既に壊滅していたため、古代は一緒に撤退する事を薦めるが、飛行場の仲間約束したからには必ず戻ると言って聞かなかった。と疲労から宇都宮は寝入った。その間に彼の陸王は後退中の自動車備中隊に修理され、側には機関銃中隊が置いていった機関銃が装備された。機関銃を撃つ人間が必要という事で古代宇都宮と同行する事にし、新しく生まれ変わった陸王を走らせて飛行場をすが…。

登場人物

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ザ・コクピット

8 ななしのよっしん
2014/11/10(月) 23:33:18 ID: 3NNZ/83vwh
作画が凄いアニメ
そういや桜花ってロケットなんだよなぁ
9 ななしのよっしん
2015/03/08(日) 18:20:36 ID: yTI3RlIgXx
米軍の艦長が桜花の特攻を受けた直後に広島原爆の報告を聞いて
「狂ってる・・・敵も味方も皆狂ってる・・・」って台詞がかなり頭に残ってる
3話だけとはいえ名言の宝庫だよなぁ
10 ななしのよっしん
2015/10/12(月) 09:11:24 ID: dKMfX9jAan
タイトル話忘れたが、兵器溜め込んで孤立してる陸軍兵士と、不時着した陸軍航空隊のパイロットの話。
にはコレしかないんだ!』って叫びのシーンは今でも覚えてる。
戦争の中で自分を見つけてしまう、自分を見つけたと思い込んでしまうってのはこんな感じなんだろうな。
11 ななしのよっしん
2015/11/06(金) 05:14:33 ID: ECo2R3h9Yl
>>10
戦場まんがシリーズ第1巻収録の『パイロットハンター』。

個人的にOVA鉄の竜騎兵」は日本戦争アニメの到達点の一つ、原作監督役者アニメスタッフ、みんなに恵まれる。面くで格好よくて悲しみの物語である。
特にあのような泥臭い陸戦話をアニメするのは今でも高橋良輔監督の右に出る者はいないだろう。
12 ななしのよっしん
2016/03/17(木) 17:41:32 ID: hWWFFXKVjL
パイロットハンターの話は居場所を見つけてしまったというか、もうそうと信じるしかなくなってしまった男の話だと思っている。
話の中の「海外のもっと良いを持たせてやりたい」と主人公に返した「にとってはこの三八が世界で最高のなんだ!」「海外にもっと良い兵器があると知っていたなら、なんでそんなを相手に戦争を始めちまったんだ…」っていう言葉がすべてを表している。

もう戻れない所まで来てしまって、それでも今更自分達の兵器を最高だと信じて、それを心の支えにして戦うしかない。
何故なら自分達の兵器が最高じゃないなら、行くとこまで行って責めても今更責任を取るもないを責めなきゃいけなくなるし、何より死んでいった者たちは最初から死ぬと決まっていた戦争で、自ら死したことになるから。

愛国心とかみたいな綺麗なものじゃなくて、もう最後に残った敗戦間際のの「意地」なんだよ。
13 ななしのよっしん
2016/05/30(月) 09:54:42 ID: a5RuLJC8Pj
>>sm23498956exit_nicovideo
14 ななしのよっしん
2017/08/19(土) 22:04:24 ID: uhCwVTefLP
レンタルしたVHSにこのシリーズ予告が入ってて
BGMと合わさってすごくかっこよかったのを覚えてる
15 ななしのよっしん
2017/12/16(土) 10:32:04 ID: t9MLL6ATJ4
アニメ見て興味を持った方は原作漫画も読んでほしいな
16 ななしのよっしん
2017/12/16(土) 17:27:59 ID: 0pKAr+OoXH
今の松本先生は見てて悲しい
17 ななしのよっしん
2021/07/18(日) 20:13:35 ID: ROFsg2RSt2
ところで、「鉄の竜騎兵」の古代ヤマト古代進の御先祖様ってマジなの?

急上昇ワード改

2021/10/21(木)04時00分 現在