ザ・ハングマン6単語

ザハングマンシックス
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ザ・ハングマン6とは、朝日放送松竹芸能の共同制作1987年2月20日6月5日までテレビ朝日系列で放送された『ハングマンシリーズ』の第6作である。全15話。

OPナレーション

総理府の調べによると、日本の人口121,048,923人
うち男59,497,316人、女61,551,607人
営々と働いて家族を養い、庭を守り、学校で勉強する
褒められもせず、罰も受けず、ほとんどいい人ばかりです
しかし、ほんの一握り悪い人たちがいるようですね
が立ってやっつけたいと思いますけど
悪賢くて、口が上手で、他人のせいにするのが上手くて、偉い人と繋がっていて
ほんとにどうしようもありませんね、現実
ザ・ハングマンは、そんな悪党達をやっつけたいと思う私達のメルヘンです、おとぎ話です
さあハングマンの皆さん、出番ですよ、お願いします!
HANGMAN trying your God, Let's play get to actihon!!

ナレーター小林克也

概要

ザ・ハングマン4』以来、2作ぶりとなる名高達郎(現・名高達男)演のハングマン

パソコン通信」で送られてくるゴッドを下に、フラッシュリーダーとする4人のハングマンが行動を開始するという内容だが、本作ではゴッドどころか秘書・代理人の類が登場しない。

ハンギングの時に悪党の前にモルモット小父さんと呼ばれる人物が実験台になり、その実験台の恐怖を悪党達に植え付けて自させる手口が本作の特徴となる。

キャスティングとしては、「ハングマンの顔」である名高以外では『必殺仕事人シリーズで何でも屋の加代を演じたいずみが加代と似たような役どころで出演している。

第7話は2時間スペシャルで、アンクル役の梅宮辰夫が欠席した代わりに、初代ハングマンマイトが前作スペシャルに引き続いて登場し、他にもヨガ(『ザ・ハングマンⅡ』)とバニー(『ザ・ハングマンⅤ』)がマイトの部下として登場した。

名高が女性がらみのスキャンダルを理由に降したため、本作は全15話と最短話数で打ち切られた。

合い言葉は「Say Cheese

メンバー

下記4人の順番はオープニングでの登場順。

フラッシュ / 矢吹良介(演:名高達郎)
本作のリーダー
日本ロバート・キャパと呼ばれたジャーナリストで、いわゆる戦場カメラマンであった。
ゴッドからのパソコン通信で受け取り、メンバーと行動を開始する。
これまでの名高キャラとは違い、他のハングマンの存在を知らなかったようである。
第15話(最終回)では本業の依頼を優先することになり、戦列を離れた。
アイリス / 立花(演:いずみ
矢吹とは写真学校同期で、現在では芸プロダクションを営んでいる女性
モルモット小父さんを呼び出すのは彼女で、事件終了後はモルモット小父さんにはいくらかピンハネした残りの額をギャラとしてあげている。また、スポットにを紹介して結婚させようとして彼を閉口させている。
最終回でのフラッシュ離脱後は、新たなリーダーを迎えてハングマン業を再開する。
スポット / 間哲(演:川野太郎
矢吹後輩となる新鋭カメラマンで、風景を撮っている。
カメラの三脚の一本を使った棒術を得意としているが、某格闘ゲームキャラクターの様に棒がないと何もできない状態となる。アイリスを紹介されているが、迷惑に思っている。
最終回でのフラッシュ離脱後は、新たなリーダーを迎えてハングマン業を再開する。
アンクル / 本次郎(演:梅宮辰夫
矢吹先輩となるエロカメラマンで、コードネームの由来はローアングルを得意とするところから付けられたらしいが、本人は「おじさん」という意味で付けられたのではないかと思っている。
メンバーに引き入れた人物であり、ハンギングの時の実験台(モルモット小父さん)の発案者でもある。
戦闘時には怪力を活かした戦いかたをしている。
最終回でのフラッシュ離脱後は、新たなリーダーを迎えてハングマン業を再開する。

マイト / 日下部孝介(演:黒沢年男(現・黒沢年雄))
第7話に登場した初代ハングマンリーダーだった男で、本作では「ゴッドが代替わりしたことでハングマンを休業」し、探偵業のようなことをやっており、フラッシュ達とは別に同じ事件の悪人を追っていた。偽の情報に引っかかってヨガバニーを失ったことで、フラッシュ達と協して悪党を追い詰めた。
アジトに来た時、ゴッドパソコン通信で送られてくることに驚いていた。
ヨガ / 高原(演:沖田さとし
第7話に登場した男で、『ザ・ハングマンⅡ最終回ではの巣にされて死んだはずだが、本作では普通マイトの部下として活動している。マイト示で悪党を探っていたが、にかかりコンクリートに押しつぶされて死亡した。
バニー / 若清志(演:松下一矢)
第7話に登場した、前作『ザ・ハングマンⅤ』のメンバーだが、本作では屋を続けながらもマイトの部下として活動している。ヨガ死亡後に、を討とうとして悪党を追い詰めようとしたが逆ににかかり、屋に入ったところでその屋が爆発し、生死不明となった。

モルモット小父さん / 高田元(演:稲川淳二
文字通りモルモットなるために登場したキャラ
普段はお寿司屋さんだが、アイリス)に惚れており、そのの頼みとあればどんな事もやってのける。
ギャラはいくらかアイリスにピンハネされているようである。
OP前の稲川スタッフとの丁々発止が本作の見どころの一つ……なのだろうか?

主題歌

シリーズ全作品の音楽担当の若恵が主題歌編曲を担当している。若恵はアニメ重戦機エルガイム』でも音楽を担当しているが、CM入り・明けのアイキャッチBGMは第1~2作のオープニングにそっくりである。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%B36

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ザ・ハングマン6

1 ななしのよっしん
2016/12/03(土) 09:56:02 ID: 6z7dFhFLt9
名高達郎の婚約解消事件とこの番組の降打ち切りは関係ないよ。

名高達郎は1986年5月末に婚約発表して10月8日結婚式の予定だったけど、9月21日に婚約解消会見。

これがスキャンダルになったのは事実だけど、ハングマン6は1987年2月からの番組。スタートの半年近く前の出来事。

名高達郎についてはもう一つの出来事があって、スナックでの喧で怪をさせたとして書類送検されている。これが放送中の1987年4月(示談成立で8月に寄与猶予処分)。おそらくこっちでないかと思う。
2 ななしのよっしん
2017/01/11(水) 22:56:47 ID: rSv/RrSrjR
チャンネルNECOで視聴中。ナレーションの「私達のメルヘンです」に違和感がある。それで間違いってことはないけど、この時代はまだ「ファンタジー」って言葉は普及してなかったのかね?