ザ・ハングマンⅤ単語

ザハングマンファイブ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ザ・ハングマンⅤとは、朝日放送松竹芸能の共同制作1986年2月7日8月22日までテレビ朝日系列で放送された『ハングマンシリーズ』の第5作である。全27話。

OPナレーション

一番はじめは一宮
二は日光東照宮
三は讃岐羅さん
四は信濃善光寺
おかあちゃんが子供の頃に教えてくれた手歌や
あの頃は色んなさんが人の心の中に住んでた
今はさんがどこへ行ってしもうたんか
えげつないことやりよるらが増えてきた
しゃくに障って「いてもうたれ!」と思うけど
どないも(こないも)なれへん
ホンマにな世の中や!

ナレーター中山(第4話まで)、やすこ(第5話以降)
※(こないも)の部分はナレーターやすこに変更になってから追加された部分

概要

ハングマンシリーズ初の女性リーダーが登場した作品。また、本作からゴッドが登場しない。
ゴッドの代理人と旧知の女性が、その誘いを受けてパートハングマンリーダー)をやるという設定であり、ハングマンの任務を遂行しつつも事のことが気になっているというシーンが随所に見られた。

メンバーは4人で、そのうちリーダーパピヨンを除く3人が実行部隊だが、前線で頼りになるのはファルコン一人であり、他の2人はメカニックもしくは危なっかしい若造と、シリーズで一番不安になるようなメンバー体制であった。

本作の特徴としては、テレビ電波ジャックして悪党の自を中継し、それ見た一般庭の人たち(素人)の「こいつ悪いやっちゃなあ」など棒読みで感想を述べるシーンがある。

本作終了4年後には本作の設定を活かした山本陽子演の『女ハングマン』も製作された。しかし、共通しているのは出演者が山本陽子と野太作というだけで、本作の続編ではない。
佐藤浩市松下一矢(現・一矢)、火野正も本作終了13年後に発売されたオリジナルビデオザ・ハングマン MISSION-2000』に本作とは別人のハングマンおよび元ハングマンとして出演している。

第9話は2時間スペシャルであり、過去作のハングマンマイト黒沢年男(現・黒沢年雄))、タミー(陽子)、オショウ植木等)、チャンプ(山)、マリア早乙女)、ヌンチャク小林竜一)、?女(三島ゆり子))7名が、かつての生死を問わず(殉職したのはタミーのみ)ゲスト出演してパピヨンたちと協して悪人を追い詰めた(厳密には?女はハングマンではなくゴッド秘書)。

前の台詞は、パピヨンレッツゴー!」、ファルコンエジソン、バニーハンギング!」

なお、本作より「ザ・ハングマン」のフォントが違っている。

また、第4話までは中山ナレーターを務めていたが、参議院議員選挙に出のため降し、第5話から漫才師のやすこが務めることになった。やすこのは途中から悪に対する怒りを露わにするような喋りとなっていた。

第7話はシリーズ最高視聴率を取っており、均視聴率でも歴代1位である。

メンバー

順番はオープニングでの登場順。

パピヨン / 英(はなぶさ)子(演:山本陽子)
本作のリーダー
ゴッドの代理人・前尾とは知り合いであり、かつては前尾が経営していたクラブママをやっていたが、疑事件で前尾と共に殺されかかった事がある。現在は英則と結婚して主婦として暮らしていたが、前尾と再会し、前尾に誘われてハングマンとなった。コードネームはかつて自分がママをやっていたクラブの名前から。ちなみに第1話の悪人はその疑事件の黒幕だった。
ハングマンとなってからも事と夫のことを気にしており、特売日のときには事を優先させるほど。
毎回のように変装をしており、時たま変装後の姿で夫の則と遭遇することもあるが、則はその女性が自分の妻だとは気づいていない。
悪人が罪を告白し終わってから悪人の前に姿を現し、「私は闇に舞うパピヨン。さあ安らかに眠っていただきます」の台詞の後、バラに仕込んだ睡眠ガス悪人を眠らせる。
最終回では、それまでのギャラを夫が出した欠損を埋めるためにほぼ全額使った。
ファルコン / 伊吹(演:佐藤浩市
本作のサブリーダーかつ、実戦部隊のリーダー
大学院の農学部を出て植物の研究をしており、オーストラリアの農場を買う資を得るためにハングマンとなった。
アジトとなる「美園」もその知識を活かして任されている。前作のクレイと同じくボクシングの心得があり、第1作のデジコン以来となる化学者でもあるため、チームで一番頼りになる人物である。
最終回では農場は買わず、大トラクターを買って乗り回していた。
バニー / 若清志(演:松下一矢(現・一矢))
かつては前尾の部下であった、チーム最年少の青年。彼にとってハングマンの掟は絶対であり、時々脱線しようとするファルコンエジソンに向かって大で掟を唱和しては彼らを閉口させていた。中の人の関係かダンスが得意であり、よくディスコに行って踊っている。最終回ではギャラでオープンカーを買っていた。
その後、『ザ・ハングマン6』第7話(2時間スペシャル)で何故かマイトの部下として登場していた。その時は美園で引き続き働いていたようである。バニーヨガ死亡後に登場し、そしてヨガを討とうとしたが、乗り込んだ屋が爆発し生死不明となった(ヨガには死亡描写があったがバニーには明確な死亡描写がないため)。
エジソン / 星野良一(演:火野正
メカニックで盗聴器、盗撮機の他、パピヨン用の武器を製作している。
武闘でないため、そちらの担当は当初はファルコンたちに任せていたがのちに参加するようになった。
ケチであり、メカ制作費を渋ってはそれが失敗することもある。

前尾大輔(演:土屋嘉男)
ゴッドの代理人であり、かつて子がママを務めていたクラブでパトロンをしていた、ハングマンスポンサー
前作の?女のように変装してパピヨン仕事を依頼することもある。

主題歌

心会はバニー役の松下一矢が所属しているダンスグループで、正式名称は「劇男心会」。
旧・劇男心会解散後に二に別れ、二のうちの一つがこの心会で、もう一つが一世である。

なお、心会は本作だけでなく、前作『ザ・ハングマン4』のエンディングでも踊っていた

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%B3v

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ザ・ハングマンⅤ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ザ・ハングマンⅤについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード