シアトルスルー単語

シアトルスルー
7.6千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

シアトルスルー(Seattle Slew)とは、1974年産のアメリカの元競走馬種牡馬である。
1977年アメリカ三冠を達成、種牡馬としても巨大な勢を創り上げるなど、20世紀後半のアメリカでは屈を持つと言える。 
名の由来は2組の夫妻が共有していたことから、それぞれにゆかりのある土地シアトル、フロリダの湿地帯スルー名前を組み合わせたものである。 

20世紀のアメリカ名馬100選」第8位。

概要

後に栄られるシアトルスルーだが、最初はケンタッキー牧場でひっそりと生まれていた。
ボールドリーズニングはシアトルスルーが初年度産駒だったが、この少し後に種付け中に蹴飛ばされ、それが元で翌年死亡するというなんともトホホなで、種付け料はなんと日本円にして14万円。安い。これがどうやら配合された決め手だったらしい[1]
しかし、は直近の世代こそ地味であるが、遡れば一大系の祖に突き当たり、後にさらにGⅠを生むマイチャーマーという名であった。当時はまだ見出されちゃいなかったが。

そういう環境で生まれた彼は、セリに出されはしたのだが、良い血統や体を誇るが出られるキーランドセールからはお断りされ、安御用達の一般セリに回ることとなった。
なんせ体は曾祖ボールドルーラーに似て大きいのだが、顔がやたらデカく尻尾ポニーのごとく短いアンバランスさ加減。そんなものはまだ可愛い方で、あろうことか右後脚が外にひん曲がっていた。これが本の見たの印を悪くした最大の決め手だった。牧場でついたあだ名醜いアヒルの子。ひどい。
そんな彼も一応ちゃんと落札希望額以上の額で落札され、2組の夫妻の共同所有馬となった。
ちなみにシアトルスルーにはもう1つ名前補があって、それはビッグジョンテイラーだった。さすがにそれはどうかと思うのでシアトルスルーに決まってよかったといえる。

しかし実際に調教してみると、ダート6ハロンなりのまま1:10.0と2歳のということを考えなくてもを疑うタイムで走り、レースに出ればいつでも勝てるレベルになっていた。ただそのときに足をひねってしまったのでデビュー9月とやや遅れた。
実際に競走に下ろすとやはり強い。猛に強い。その強さたるや、戦のジャンクリュゲ騎手が前年の2歳チャンピオンであるオネストレジャーの全という良血のフォーモーメントというGⅠを差し置き「今年の2歳にはシアトルスルーっていうヤバいのがいるぜ!」と吹いて回るほどであった。
結局2歳時はデビューから3連勝。3戦は当時最も格の高い2歳GⅠシャンペンステークスだったが、先に名前が出たフォーモーメントを約10ぶっちぎって逃げ切り、2歳レコード叩き出して圧勝。この活躍で全最優秀2歳に選定された。
誰だこいつを醜いアヒルの子なんて言った大正解だよ白鳥だったよ。

3歳になっても勢いは止まらない。初戦の一般競走でいきなり7ハロン競馬場レコード叩き出すとその後GⅠ2連勝。6戦敗でケンタッキーダービーへ乗り込んだ。
そのケンタッキーダービーではスタートゲートに頭をぶつけてしまう。Oopsしかし気を取り直してハナを奪うと1身3/4差つけて逃げ切る。強い。プリークネスステークスでは2番手に控え3コーナーで後続を振り切るとそのままこのレースも1身3/4差の快勝。のまま三冠最後のベルモントステークスに挑戦することになったのであった。
敗の三冠挑戦は、8年前にザ・プリンスことマジェスティックプリンスプリークネスステークスで負傷しながら強行出走し2着に敗れて以来の挑戦である。果たして醜いアヒルの子……もとい白鳥と化したシアトルスルーにそれが出来るのか?
結果から言うと出来ちゃった。しかも4身差と一番楽にぶっちぎって圧勝。クリュゲ騎手ゴール前からガッツポーズするほどの余裕勝ちである。白鳥どころかなんかとかキマイラの類だったようだ。敗の三冠馬アメリカ競馬史上初の快挙である。なお、その後の敗の三冠馬の登場は41年後のジャスティファイまで待つことになる。
ちなみに一般セリ出身の三冠馬は現時点で彼のみである。アメリカドリームなんてのは競馬にはそうそういようだ。現実は厳しい。

しかしアメリカ三冠は詰まったローテになるためさすがに疲れ切っていた。夏休みを提案した調教師に対して馬主サイドは「西海に持って行くんだ! 自慢したいし!」ということでハリウッドパークGⅠスワップスステークスに向かったがなんと4着惨敗。連勝は9で止まってしまう。
このあと調教師との確執が深まり転厩するが、その転厩先での高熱を出しシーズン後半を棒に振ってしまった。因果応報なのだろうか。いやシアトルスルーには何の罪もないが。
ちなみにこの年、全年度代表馬・最優秀3歳を受賞している。

さて、4歳の5月にようやく復帰し一般競走を勝つがまた3ヶ休みでを棒に振り、本格復帰したのは8月。再び一般競走を圧勝し、次戦への叩きとして9月GⅡパターソンハンデキャップに出走したがここで2着に敗れ、クリュゲ騎手は降となってしまう。
新たにアンヘル・コルデロ・ジュニア騎手戦に据え、マールボロカップハンデへ向かう。ここには1歳下の三冠馬アファームドも出走してきていた。まさに一騎打ち
どっこい、シアトルスルーは軽くひねる。3身差つけて。しかし競馬ファンは冷めたもんだった。「強いのはわかるが強いだけで面がねぇ」ってな意見ばかりであった。
強くて何が悪い? って話だが、日本でもテイエムオペラオーがこういうに言われていたのを見ると、ただただ勝つだけじゃ人気にはなりにくいのかも知れない。
そして次走のGⅠウッドワードステークスもまた圧勝し、当時の最大標と言えたジョッキークラブゴールドカップを迎えた。再戦とは言え前走で格の違いを見せつけたアファームドと、前走で破った欧州から移籍してきた一流エクセラーとその他3頭。正直、またただ勝つだけの簡単なお仕事……のはずだった。

ゲートが開く前に飛び出す嬌を見せたがアクシデントはあったものの気を取り直してスタートが切られるとアファームドと同ペースメーカーが飛び出す。シアトルスルーは逃げ体勢に入りたかったがアファームドペースメーカーは退くつもりはない。
ならばぶっ飛ばすまでだ! とばかりにハイペースでぶっ飛ばすシアトルスルー。ペースメーカーが向こう正面で尽き後退していく。アファームド必死で食らいつく。三冠馬の意地である。しかし3コーナーあたりですでに離されつつあった。シアトルスルーはホッとしたのか、息を入れて直線に備えようとした。その刹那である。
後方にいたエクセラーが猛捲りを仕掛け、息を入れようとを抜いたシアトルスルーに襲いかかる。その煽りアファームドがズレて万事休す。沈没して行く。 慌てて追い出すシアトルスルーだったが、
やはり余はエクセラーの方があったようで、エクセラーが抜け出す。三冠馬2頭を負かしての金星か! と思われたが、ゴール前で再びシアトルスルーが薄する。観客騒然。しかしハナ差エクセラーが残し切り勝利、エクセラー大金星ゲット
しかし、シアトルスルーも負けてなお凄まじいインパクトを残し、名を高めた。人生万事塞翁がである。
その後、「やっぱチャンピオンなら斤量を背負って勝たなきゃな!」というファンに応えたのか、ハンデGⅢスタイヴァザントハンデキャップ134ポンド(約60.8kg)で登場。もちろん快勝し引退、最優秀古タイトルを手土産種牡馬入りした。通算成績17戦14勝。十分立だが、やはり3歳の時の熱病がちょっと悔やまれる気はする。

母マイチャーマーと弟たち

余談になるが、シアトルスルーの大活躍で大牧場へ栄転し大種牡馬と言われる種牡馬を付けられ始めたイチャーマーは、ノーザンダンサーとの間にイギリスクラシックである2000ギニーを勝ったロモンドを輩出しさらに人気が高騰。
ニジンスキーとの間に生まれた*シアトルダンサー1985年のセリでなんと1310万ドル(約31億円!) で落札され、世界の度肝をぶち抜いた。
シアトルスルーの落札額1万7500ドルの数倍なのはもちろんだが、高額のが動く種牡馬入りの際のシンジケート額としても、1000ドルオーバーは血統がいいのはもちろん実績も相当挙げないとつかない額である。参考までに1986年最強*ダンシングブレーヴシンジケート日本円に換算すると総額約33億円である。すげぇ。

ところがこの*シアトルダンサー競走馬としては5戦2勝で引退となってしまう。稼いだ賞がたったの16万ドルガッカリ
まあ、レースだけで1000ドル以上稼ぐとかゲームですら難しい話、当時はドバイワールドカップみたいな高額賞レースブリーダーズカップ・クラシックくらいしかないからなおのこと回収は難しく、事に走ってGⅠたくさんとっても2割に行かないだろう。
ということで本番は種牡馬としてだ!……と思ったら、代表産駒欄に当時ローカルGⅠでしかないNHKマイルカップを勝ったタイキフォーチュンが筆頭格で名前を連ねる有様。つまり1310万ドル(約31億円)駄になったということである。南。 

種牡馬として

現役時代も凄いが、種牡馬としてはもっと凄いだった。1200万ドルシンジケートが組まれると初年度からジョッキークラブゴールドカップなどGⅠを複数制覇したスルーゴールドを輩出。2年は二冠を取ったが折したスウイルを出し、でも折したランダルースら強を多数輩出しており、1984年には北リーディンサイヤーとなり種牡馬としての才でも抜きん出たところを見せた。
その後、2000年まれのヴィンディケーションまで息長く活躍し多数のGⅠを出したが、一番重要なはやはり1992年ベルモントステークスBCクラシックなどを勝ったエーピーインディであろう。
このエーピーインディ現在アメリカ競馬軸をなす種牡馬群の一つの核と言える存在であり、ミスタープロスペクターやその分枝、ストームキャット・デピュティミニスターエルプラドらの末裔からなる北ノーザンダンサー系集団に並ぶ第三極を形成している。
要はシアトルスルーは種牡馬としてだけでなく、種牡馬としても一流だったということである。このを備える種牡馬は選ばれた極一部の存在である。ハンパなさすぎるぞ、醜いアヒルの子。
セクレタリアトスペクタキュラービッドらその他のボールドルーラーの子孫がにばかり活躍が固まったりパッとしない中、の有後継を多数輩出したシアトルスルーは一躍ボールドルーラー系の救世主となった。2002年まで現役種牡馬として活躍したが、種付け中に持病が悪化し死亡した。享年28歳であった。

一旦じっくり息を入れる日本競馬と、ひたすらバリバリぶっ飛ばす彼の系統は相性がよくないが、外国産馬として輸入された数少ないから、タイキブリザードダンツシアトルという2頭のGⅠやヒシナタリーやマチカネキンノホシといった重賞級を輩出したのはさすがの一
しかしタイキブリザードダンツシアトル種牡馬としては成功出来なかった。輸入されたエーピーインディ息子たちもイマイチぱっとしないし、日本はやっぱり向いてないのかも知れない。 

極東のライバル?

同じ年に3歳を迎えたとして、日本マルゼンスキーがいる。マルゼンスキーの圧倒的な走りっぷりから、もしアメリカに残っていたらシアトルスルーの三冠は難しかったかも知れないと言われることもある。
個人的にはもしアメリカに残っていたとしても、欧州志向の馬主が好んで買っていたニジンスキーなのでやっぱり交差することはなかったと思う。

が、もしアメリカ三冠で出会ったとしたら……わからないが、シアトルスルーが気楽にこなしていた三冠達成が難しくなった可性はあるかも知れない。血統的にはニジンスキーの子もアメリカダートはこなせるし。
いずれにせよ、生まれる前に彼らのは別れたし、マルゼンスキーの直系はすでにほぼ滅亡しており子孫がアメリカ三冠で雌雄を決する機会もないため永遠のである。 

血統表

Bold Reasoning
1968 黒鹿毛
Boldnesian
1963 鹿毛
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Alanesian Polynesian
Alablue
Reason to Earn
1963 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Sailing Home Wait a Bit
Marching Home
My Charmer
1969 鹿毛
FNo.13-c
Poker
1963 鹿毛
Round Table Princequillo
Knights Daughter
Glamour Nasrullah
Striking
Fair Charmer
1959 栗毛
Jet Action Jet Pilot
Busher
Myrtle Charm Alsab
Crepe Myrtle

クロス:Nasrullah 4×4(12.5%)、War Admiral 5×5(6.25%)、Baby League 5×5(6.25%)

主な産駒

日本国外の産駒に関しては「GI3勝以上ないし三冠競走またはブリーダーズカップ優勝した」「自身がGIかつ、日本に輸入されたか繁殖としてGIを輩出した」を記載

1980年産

1981年産

1982年産

1984年産

1986年産

1987年産

1989年産

1990年産

1991年産

1993年産

1996年産

1997年産

2000年産

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ちなみによく大百科よくわからない馬の骨とか酷い言われ方をされてるが、自身もGI級の勝ちはないが重賞を2勝している。また2年産駒のスーパーコンコルドがモルニ賞などGI2勝、その曾孫世代にBCフィリー&メアプリント勝ちの*ミュージカルロマンスを輩出した他、息子ビッグシャッフルドイツでリーディンサイアー6回と大暴れしてシアトルスルーとはまた違ったラインをつないでいるなど、ボールドリーズニング自身の成績に対して種牡馬として大成功を収めているレベルである。

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%BC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シアトルスルー

9 ななしのよっしん
2022/04/04(月) 21:39:28 ID: H3qQ4IROKb
アファームド相手にハンデ与えて2回も完封してるっていうのが本当にヤバい
正直3歳までしか走っていないセクレタリアトよりこいつの方が最強に近いんじゃないかって思う
10 ななしのよっしん
2022/04/13(水) 06:09:09 ID: wjNuTlM430
最強はいつもお前の心の中にあるんや ヨソをバカにせんと、自分の好きなで続けなされ
11 ななしのよっしん
2022/04/14(木) 07:31:14 ID: H3qQ4IROKb
>>10
馬鹿にしたわけではないが確かにその通りや
ただ圧倒的なレース内容とかライバルとの死闘とか手なエピソードの多い2頭とべて競走馬としてのコイツはなんか軽んじられとる気がしてたんや、すまん
12 ななしのよっしん
2022/04/14(木) 11:46:56 ID: AMQBWpPKNP
まあセクレタリアトアファームドべると単純なインパクトでは劣るのは間違いないが戦績自体はこの二匹とべても謙遜ないレベルだし種牡馬成績で言えばこの二匹はシアトルスルーの足元にも及ばない
生産界での評価ならシアトルスルーの方が上
あまり悲観する必要もいと思うぞ
13 ななしのよっしん
2022/05/06(金) 12:31:59 ID: jd5dcPK4Jc
そんしょくない だぞ
14 ななしのよっしん
2022/05/07(土) 01:07:57 ID: AMQBWpPKNP
シアトルスルーの二十年忌に摘されるのめっちゃ嫌なんやけど
15 ななしのよっしん
2022/06/07(火) 20:30:25 ID: o91K7fVnYD
間違えるのが悪い
それはともかくビッグジョンテイラー系は残りそうだな
16 ななしのよっしん
2022/06/14(火) 14:13:26 ID: AMQBWpPKNP
いやもう少しさぁ…記念日なんだからそれ以外にコメント欲しいじゃん

ビッグジョンテイラーという名は馬主二組の内一組がテイラー夫妻だからなのかねぇ
17 ななしのよっしん
2022/06/14(火) 14:16:36 ID: 8jKreJaNxH
あっそう
じゃあを「一匹二匹」と数えるな
「一頭二頭」と数えるもんだ
18 ななしのよっしん
2022/06/14(火) 14:25:25 ID: AMQBWpPKNP
間違えたのは悪かったがそんな横から喧嘩で言われても…

急上昇ワード改