シェンムー単語

シェンムー
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

シェンムーとは、セガが開発したコンピューターゲームシリーズ、またはその一作す。

概要

リアル再現された80年代横須賀の一舞台に、主人公が、青銅鏡を巡って活躍する、オープンワールドアドベンチャーである。

当時製作70億円を掛け、2008年グランド・セフト・オート4が100億円で記録を更新するまで、ギネス記録ものの大作であった。実際に、第一章はドリームキャストダイレクトでの事前売り上げ30万本と、店頭売り上げ70万本を売り上げミリオンヒットは達成しているが、続編の2では売り上げが芳しくなく、シリーズ中断、すなわち、ストーリー未完の憂きを見ている。

大量のフラグモーションキャプチャーボイス、ロケーションを作りこみ、現代の日本リアル再現している。これは当時、NHKで特集が組まれるほどの画期的な取り組みであった。

現代に近い世界3D再現したオープンワールドゲームの先駆け的存在であり、ファンタジー世界舞台としていたTESシリーズや、2DグラフィックだったGTAシリーズなどのそれまでのオープンワールドゲームとは一線を画す内容で衝撃を与え、2001年発売のGTA3や、その後セガが世に放った龍が如くシリーズなどに多大な影を与えた。

当時としては画期的だったその自由度から、新ジャンルFREE』を自称していた。

現在の最新タイトルべると、行動範囲は狭く、グラフィック美麗さでは劣るものの、写真駄菓子の一つ一つを手に取って見られるほどの細部までが作りこまれている。特に、NPCは実に数人いるにも関わらず、それぞれ多種多様な動きがモーションキャプチャー再現されているうえ、フルボイスで会話する。また、一人一人が生活習慣をプログラムされており、非常にリアル再現している。

時間経過との変化の描写も評価が高い。さらには、ゲームセンターSEGAアーケードタイトルをそのままプレイ出来ると言うアイデアも当時としては画期的であった(第一章ではスペースハリアーIIではアフターバーナーなど)。

このように、作りこみという点では、現在ビッグタイトルにも引けを取らない作品である。

海外ではスティーブン・スピルバーグが絶賛するなど評価も高く、発売から10年以上を経た現在もなお続編をめるがやまない作品である。

その後

開発者によると、『シェンムー2』の時点で全11章の内6章までのストーリーが描かれている。つまり、シェンムーはまだ完結していない。

シェンムーの開発には相当な予算がかけられており、1作だけで実に約64億円の製作費がかかっている。これは、MGS455億円)やFF13(36億円)など、現代のHDゲームの予算さえもえる額であった。製作費については1作しか公式にその額が明かされていないため正確な額は不明だが、2作合計で90億円程度の製作費がかけられたとされている。その一方、販売数は2作合わせて約75万本程度と、どう見積もっても40億円以上の巨額の赤字を出したことになる(ただし、この開発費の大半はゲームエンジンオープンワールドのノウハウを1からすべて作らなければならないことから生じたものであり、1作べて2作では大幅に製作費が減少している。作られたノウハウの運用やゲームエンジンの販売等、ゲームの売り上げ以外でもかなり大きな収入があったので40億円がそのまま赤字になっていた訳ではない)。

このような結果と、セガドリームキャストからの撤退もあって、シェンムーの続編は、ファンからの根強い要望にも関わらず、10年以上もの間実現しないままとなっていた。

シェンムーオンライン

2004年MMORPGとして「シェンムーオンライン」を開発することが公式発表され[1]クローズベータテストまで実施されたが、その後開発会社が変更、そして2007年にはセガ中国オンラインゲーム市場からの撤退を発表し、事実上の開発停止となっている。

生みの親である鈴木裕は当初「シェンムー3」の制作を熱望していたようで、2006年以降はシェンムーオンラインにてシェンムーの物語完結させる手段も考慮しているという噂が海外メディアによって伝えられていた。

シェンムー街

2010年10月yahoo!モバゲーにて、ソーシャルゲーム「シェンムー」のリリースが正式発表されたが、2011年12月26日サービスを終了した。[2]

シェンムーⅠ&Ⅱ

「シェンムー 一章 横須賀」と「シェンムーII」をカップリング移植したもので、2018年11月セガゲームスから発売された。

英語版ベースSEGA Europe移植作業を行っている。テクスチャは基本的に当時のままで、実在企業とのコラボについてはすべて架企業、製品に変更されている(セガアーケードゲームについてはそのまま残されている)。PS4版とPC版が存在するが、日本ではPS4版のみ販売されている。[3]

シェンムーIII

シェンムーIIが発売されてから14年経過した2015年6月16日日本時間)のE3にて鈴木裕氏が登壇し、シェンムーIII製作を発表した。対応機種はPCPlayStation4

開発資を集めるためのクラウドファンディングKickstarterキックスターター)にて同時にスタート、わずか8時間で標額の200万ドル(約2億4000万円)に到達した。

Kickstarterでの募集は2015年7月18日に終了、調達額は633万3296ドル(約7億8千万円)で、延べバッカー数は69,320人、五十嵐氏の『Bloodstained: Ritual of the Night』をえ、ビデオゲームカテゴリにおける最高調達額を記録した。[4]

Kickstarterは終了したが、現在https://shenmue.link/order_jp/exit にて予約購入の受付は行われている。予約販売の売上とキックスターターでの調達額の合計に連動したストレッチゴールも設定されており、額に応じてゲーム内容が追加される。

鈴木裕く「皆さんの思いもありますし、世界はなるべく広げておきたい。なので、皆さんの協が必要になります。資があればあるほど、期待に添えるようなものになっていくと思います。」とのこと。

2019年11月19日に発売される。→ シェンムー3

関連リンク

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *http://game.watch.impress.co.jp/docs/20040803/shen.htm
  2. *http://www.ysnet-inc.jp/shenmue-gai/index2.html
  3. *[TGS 2018]開発者すら諦めかけていた「シェンムーI&II」移植。国内スタッフに制作の裏側を聞いたexit 2018.9.26
  4. *http://www.gamespark.jp/article/2015/07/18/58654.html

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シェンムー

355 ななしのよっしん
2019/07/04(木) 00:26:24 ID: gKTRcCqeUp
shame on you
356 ななしのよっしん
2019/09/27(金) 05:25:11 ID: /btX9Okxj8
1年後のSteamキー配布の確約出来ないってもうこれダメなんだろうな
357 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 23:39:20 ID: 4U2xeCVgSq
今考えるとプレステを打倒するために生まれた作品が
プレステの独占タイトルになるなんて物凄い皮だよな・・・
ターミネーターみたいだ
358 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 09:02:03 ID: 3n/O2WAfY1
予告編見る限りじゃやっぱりPS2ゲームリマスターって感じだわ
359 ななしのよっしん
2019/11/05(火) 20:30:42 ID: OBDxfqMHOq
11月6日 15:50
シェンムーRezゲーム・オブ・スローンズなどのクリエイター集結!MAGIC Kyoto 2019生放送
https://www.youtube.com/watch?v=6qYyoCzRhvQexit
360 ななしのよっしん
2019/11/05(火) 21:16:39 ID: /btX9Okxj8
今度こそ発売されそうだが、結局中途半端なクオリティーからは抜け出せず仕舞いだったな
とシェンファが並んで歩いてるあの画像は何だったのか
361 ななしのよっしん
2019/11/13(水) 17:49:01 ID: GbMtg1kZea
主人公たちのモデルこそドリキャス時代のままだがNPCマップ龍が如くレベルではある。んまぁ延期が続けばユーザーの要準も上がってどんどん中途半端なクオリティーになってしまうわな。
362 ななしのよっしん
2019/11/20(水) 19:19:08 ID: 505epKflim
復活おめでとう
363 ななしのよっしん
2019/11/21(木) 09:19:49 ID: MbLOGe34VV
シェンムー3、思った以上にシェンムーらしさ満点で驚いてる
良くも悪くも全然雰囲気変わってないぞ、個人的にはかなり嬉しいプレイ感覚だけど
ただ正直、新規プレイヤーは古臭くて困惑するテイストだなw
364 ななしのよっしん
2019/12/04(水) 01:48:06 ID: pq1frKuwzc
シェンムー3感想。
良いところ:これはシェンムー
悪いところ:これはシェンムー

ラスト辺りの演出が酷すぎるのは何とかならなかったのか。
若い頃の鈴木裕ならこんな気の抜けた演出なんてやらなかっただろうに…。

急上昇ワード

2019/12/12(木)10時更新